5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グレングールドは神!! Part4

1 :1 ◆Gould6C.YU :03/10/31 00:24 ID:SFMvyW3+
グレングールドが実にエキセントリックな
ゴールドベルグヴァリエーションでレコードデビューしてから
半世紀が立とうとしている。
しかしグールドの演奏美学は今なお他者と一線を画している。
グールドがバッハの鍵盤作品群より構築したミクロコスモスは
今日も我々に様々な憶測をふるい立たせてくれる。

過去ログ
>>2-3

2 :1 ◆Gould6C.YU :03/10/31 00:28 ID:SFMvyW3+
グレングールドは神!! Part2
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1026423176/
グレングールドは神!Part3
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1046874294/



3 :1 ◆Gould6C.YU :03/10/31 00:30 ID:SFMvyW3+
グールドってどうよ! 全国のヲタ集結せよ! 542レス
http://music.2ch.net/classical/kako/1013/10139/1013995440.html
Glenn Gould 156レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/975/975936951.html
語るに語れない♪グレン・グールド♪ 80レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/993/993730841.html
なりきりグールドだけどなんか質問ある? 47レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/993/993207830.html
女性から見たグレン・グールドって? 35レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/992/992657448.html
★★★グールドに感謝★★★ 11レス
http://piza2.2ch.net/classical/kako/1003/10030/1003072532.html
グレン・グールド 65レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/966/966434404.html
グレン・グールド? 最高! 23レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/986/986931699.html
グレン・グールド? 最悪! 277レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/986/986358644.html
グールド 80レス
http://piza.2ch.net/classical/kako/966/966860987.html
グレン・グールドについて 179レス
http://piza2.2ch.net/classical/kako/999/999952747.html
さて、グレン・グールドを語ってみましょうよ。 16レス
http://music.2ch.net/classical/kako/1022/10225/1022582180.html
グレン・グールド 30レス
http://music.2ch.net/classical/kako/1009/10098/1009801310.html
グレン・グールドのスレってないの? 39レス
http://music.2ch.net/classical/kako/1005/10059/1005993525.html
グレン・グールドはだめだと思う人の数→  87レス
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1003/10035/1003541936.html
伝説のピアニスト グレン・グールド
http://music.2ch.net/test/read.cgi/legend/1010645855/

4 :名無しの笛の踊り:03/10/31 00:38 ID:fRKdm1AR
おつつかれ>>1

5 :名無しの笛の踊り:03/10/31 00:39 ID:Lfz8Ihy2
さっそくおじゃまします。
まずはおめでとうございます。

今バッハのピアノコンチェルト1番を聞いています。


6 :名無しさん@無人島:03/10/31 00:55 ID:W2pwLqvz
ヒンデミットの《金管とピアノのためのソナタ集》が好き。


7 :1 ◆Gould6C.YU :03/10/31 00:59 ID:27KpsjhY
○経とうとしている。
×立とうとしている。

>>5
私は、いまだにグールドのチェンバロコンチェルトを
聴いた事が無いんです。
この30年間グールドによるバッハの独奏曲ばかり追求していました。

8 :名無しの笛の踊り:03/10/31 01:01 ID:W2pwLqvz
《フランス風序曲》もいいな。

9 :名無しの笛の踊り:03/10/31 01:04 ID:77mNOx2C
とりあえずタワレコ通販で十数枚大人買い敢行しますた
はやく届かないかなあ

10 :名無しの笛の踊り:03/10/31 01:09 ID:Lfz8Ihy2
>>9

「大人買い」という響きが面白いですね。
届いたら聞きまくって下さい。

あ〜、おれもいろんな物を大人買いしたい!

11 :名無しの笛の踊り:03/10/31 01:10 ID:W2pwLqvz
実は「エリザベス朝期ヴァージナル音楽集」が一番好きです。

12 :きっこ:03/10/31 01:35 ID:DQXxKo/1
>>11さん、私も結構好きです。
ひとりでドライブする時は浸ってます・・・

やっと、グレングールド演奏術の本が届いて読んでます。
演奏に関してはこれしかないという事だそうですけど?
どうなんでしょうか?
創造の内幕は読み終えました!!
主観的な本でしたが真実に一番近いと思いました。
グールドが亡くなった時のグルオタ亡父の語り通り!!

13 :名無しの笛の踊り:03/10/31 12:43 ID:2j4vqpRQ
初心者・ファンスレ化の責任の一旦を感じていた者として
前スレの結末は少々ドキッとしましたが、ともかくPart4おめでとうございます。
「ポカーン」だの「やられた」だの稚拙な表現からの脱却を努力します。

昨晩ゴルドベルク('81)のアリアを聴いて、昔見た映画「街の灯」の
エンディング、たった一語の字幕をフト思い出しました。
「シンプル・静謐さの美」つながりでしょうか。
ゴルドベルクを聴くと作曲家の意図通り寝入ってしまうので
連休は腰すえて聴き込みます。

14 :名無しの笛の踊り:03/10/31 14:37 ID:aFUOHu0R
新スレおめでとうございます。1さん乙です。
着々とグールドスレ続いていて嬉しい限りです。

>13さん
責任感じること全く無いですよ。
グールドスレがいつも論議活発なわけではないですし、
こちらもむしろ、Evans情報いただいて勉強になってます。
週末は新盤を楽しんで下さいね。




15 :名無しの笛の踊り:03/10/31 15:22 ID:drN882e4
スレ立て>1さんの寡黙さには常々好感を持っていましたが、
やはりきちんと新スレ立てて呉れる。
前スレでの
>自分を初心者だと思っている上級者や上級者だと思っている初心者が入り乱れて
>スレッド本来の存在意義が損なわれる場合が多々ある点。
という述懐には思わず笑ってしまいました。

しかし、自分を初心者だと思っている上級者って…?
このスレだといるかもね。


16 :名無しの笛の踊り:03/10/31 18:32 ID:fRKdm1AR
グーるどの父ってまだ生きてるの?

17 :名無しの笛の踊り:03/10/31 23:25 ID:BtwrgH1G
もう亡くなってる筈だと思ったけど。

18 :名無しの笛の踊り:03/11/01 02:26 ID:KxRzoAa7
「27歳の記憶」見て興味持ったのですが、これ音源は出てないんでしょか?
この映画に近い感じだとどのアルバムがオススメだか教えていただけないでしょか
皆さんよろしくおねがします

19 :名無しの笛の踊り:03/11/01 11:35 ID:zpiwdeNn
18さんの答えじゃありません。

私もOFF THE RECORDの方で質問があります。
大好きな場面なんですが、
グールドと誰か別の音楽家が対話をしています。
  グールドが、赤ちゃんを誘拐して完全に他の音楽が聴けない環境で、
  シェーンベルグのような完全な12音技法の曲だけを聴かせる。
  そうすると、子どもが成長したら、12音技法の曲を歌うだろうか?
  別の音楽家は、そうは思わない。
  自分で新しい音楽を作り出すだろう。
というような場面です。
とても興味深いですね。
で、その別の音楽家とは誰なんでしょうか?
分かれば教えて下さい。

20 :名無しの笛の踊り:03/11/01 13:02 ID:h5NEHty9
うるさい客のような名前だったかな

21 :名無しの笛の踊り:03/11/01 14:40 ID:dwI0/Sl0
八王子のタワーレコードでグールドの在庫処分やってます。
(@1,190/二枚組みは@1,690で輸入盤のみ)
お近くの方、行かれてみては?

22 :名無しの笛の踊り:03/11/01 19:20 ID:JOzWFBHT
>>19
それはたぶん、Franz Kraemer のことでは。詳細は、↓
http://www.glenngould.org/mail/archives/f_minor/msg04491.html

23 :亀太郎:03/11/01 23:00 ID:YuahtFLb
ゴルドベルグ変奏曲のザルツブルグライブ版に一緒に入ってる
インベンションとシンフォニアはメロディアの録音ですかね??

最初違和感があったけど、CBS/CBCの録音につきものの
ワウ・フラッタがほとんど感じられなくて快適。

24 :名無しの笛の踊り:03/11/01 23:38 ID:b5eB+dNk
秋になるとグールドのブラームス間奏曲を聴きたくなる。グールドといえば
バッハのイメージがつおいけどこのアルバムも凄くよい出来だと思う。
グールド自身も言っていたように本当は非常にロマンチックな人だったと思う。

25 :名無しの笛の踊り:03/11/01 23:47 ID:JOzWFBHT
>>24
あのブラームスはグールドの最高傑作のひとつでは。アファナシエフ盤ともども、
秋の夜長には欠かせません。

26 :名無しの笛の踊り:03/11/02 12:07 ID:Nou5aP3i
ベートーヴェンのソナタは三枚組のやつ二組とテレーゼとハンマークラヴィア
がカップリングされたやつの他にもまだあるんでしょうか?
32番の1楽章聴いてぶっ跳びました。

変奏曲&バガデル集もいいですね。

27 :名無しの笛の踊り:03/11/02 18:26 ID:gGUWsiBQ
>>26
19番と28番はCBCで出ています。(それから4番の抜粋も)
ttp://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B000003XTU/

28 :名無しの笛の踊り:03/11/02 18:58 ID:UrfyPSJD
>>27
情報ありがとうございます。
でもそのディスク輸入盤屋で一度も見たことないなぁ。アマゾンで買うしかないのかな。


29 :名無しの笛の踊り:03/11/02 23:35 ID:TMf+VCWK
>>1
新スレ乙
>>26
ハンクラに限って言えば俺はバックハウスのほうが好きだな。迫があって。
この難曲をさらっと弾いているあたりはさすがグールドだが。

30 :名無しの笛の踊り:03/11/03 08:23 ID:e6jawk34
>>22

情報ありがとうございました。
確かに Franz Kraemer さんみたいです。
Off the Recordにゲストで出たとあるし、
シューベルトの話をして、グールドがシンフォニーの5番をピアノで弾いた。
とあるので間違いないですね。
ミュージシャンであり、作曲家であり、プロデューサーであり、
グールドとはカナダテレビのプロデューサーとして会っていたようですね。



31 :名無しの笛の踊り:03/11/03 11:02 ID:NNGmhjHU
ブラームス間奏曲を今聞いてます。 
これバッハの次にマジでグールド向きな曲。 
サイコー!!!!!!!

32 :名無しの笛の踊り:03/11/03 11:04 ID:4cWEEZBm
アファナシエフも聞くが吉

33 :名無しの笛の踊り:03/11/03 13:22 ID:Xu6aQwFw
しりとり面白かったのに。前スレ998-1000!タイホ!

34 :前スレ997-1000:03/11/03 19:01 ID:gZ0vawr2
>>33
ソマソ。
ビバルディの後が出ないし、
みんな新スレに移ったと思ったもので・・・

35 :名無しの笛の踊り:03/11/04 23:12 ID:LTVH3FX+
>>31
インテルメッツォ、カコイイ!
特に118-6なんか信じられないくらい美しいよね。

36 :名無しの笛の踊り:03/11/05 15:45 ID:W5It/X6O
フーガの技法欲しい
抜粋でなくてグールドが弾いたのができるだけ入った音源ってどれかわかります?

37 :名無しの笛の踊り:03/11/05 15:49 ID:W5It/X6O
>>25
うん。秋の夜長にはグールドのブラームスは欠かせない気持ちになります。
アファナシエフは冬にも聴きます。

38 :名無しの笛の踊り:03/11/05 17:38 ID:G7rZnEKq
>>31>>35
ホントに良いネ。深い叙情が心に直接滲みる希有な演奏。
コロンビア盤紛くした時はどうしようかと思ったけどソニー盤で出てほっとした。
そしてそれも紛くして今はCDの2代目。
それにしても荒涼とした音風景なのになんであんなにも安らぎがあるんじゃろか?

39 :名無しの笛の踊り:03/11/05 18:01 ID:dRG/kSEg
>>36
あれってオルガンだよね。
CD318が落っことされて壊れたから
オルガンにしたんだっけ…

ピアノのが聞きたいヨ!ビデオのやつ最高
(答えになってなくてスマソ)

40 :名無しの笛の踊り:03/11/05 18:50 ID:nkFG4Wxc
グールドエディションに収録されている以上の音源あるの?フーガの技法。

41 :名無しの笛の踊り:03/11/05 19:08 ID:3Fcvx7Ka
>>39
CD318落っことされて弾いたのはチェンバロで、ヘンデルのハープシコード組曲。
平均律も少し入れたみたい。

>>40
ビクターからのモスクワ・ライヴ・レコーディング('57か)で1、2、4が入ってるけど。
他はわからないなぁ。

42 :名無しの笛の踊り:03/11/05 20:03 ID:/vU6wZBl
アマゾンさん「ベートーヴェン:悲愴・月光・熱」って何ですか?

43 :名無しの笛の踊り:03/11/05 20:57 ID:Q6+7Y0ph
>>42
熱にうなされてるようなへろへろ感がただよう、テンポのおそ〜い《熱情》
という意味では?

44 :名無しの笛の踊り:03/11/05 21:54 ID:0RaZOID/
雨の降る日に、部屋で一人でグールドのブラームス間奏曲集を聴いて、
背中がぞくっとしますた。 思わず周りを見回して、孤独感をかみしめます。
この世のものじゃない美しさがありますね。

45 :名無しの笛の踊り:03/11/06 00:12 ID:9Mh/GxoZ
ブラームスもいいけどワーグナーの
ジークフリート牧歌のピアノ版もクラシックっぽくなくていい!!
マイスタージンガーは無理矢理ピアノ版にした感じで笑えるけど

46 :名無しの笛の踊り:03/11/06 00:42 ID:3t5mowTK
>>45
ジークフリート牧歌はいいよね。私も大好きだな。
死を前にした静寂というか、なんというか……

47 :名無しの笛の踊り:03/11/06 11:49 ID:qUchn+fz
>>41
> CD318落っことされて弾いたのはチェンバロ

お恥ずかしい/訂正どもです。

48 :名無しの笛の踊り:03/11/06 14:08 ID:gZFs/N8v
家の犬はグールドが大好き。
グールドの演奏がかかると気持ちよさそうな顔をする。
そしてグーグー大きないびきをかいて寝始める。
こんなことはグールドだけ。他の演奏家だと微妙に嫌そうな感情をみせる。
昨日もブラームスの間奏曲をかけていたら幸せそうに眠っていた。

いったい何を聴いているんだろう

49 :いつか名無しさんが:03/11/06 18:13 ID:S76bdk4z
>>48
素敵なわんこですね! かわいい!

50 :名無しの笛の踊り:03/11/06 21:13 ID:Gk5Q5gj4
Off the Recordの最後に弾いてる
ブルックナーの弦楽五重奏のアダージョ、すごくイイ。
ラストまで弾いた録音ホスィ・・・たぶんないんだろうけど・・・

51 :名無しの笛の踊り:03/11/06 21:35 ID:E0XuF0eP
あの質問です。2002アニヴァーサリーエディションのゴルトベルクヴァリエイション
はニューリマスターですが、他のバッハの曲もニューリマスターなんですか?

52 :名無しの笛の踊り:03/11/07 07:55 ID:nc+J7Wzi
>>36 あまり詳しくありませんが、私が持っているCD(SONY/SRCR1854)をご紹介します。
「フーガの技法BWV1080(抜粋)」
コントラプンクトゥス第1〜9番(オルガン、'62トロント、NYC)
同1,2,4、14番(ピアノ、'81トロント、CBCスタジオ録音)
同9,11,13番(ピアノ、'67トロント、CBCスタジオ録音)
BACHの名によるプレリュードとフーガ BWV898('80トロント)

53 :名無しの笛の踊り:03/11/08 07:56 ID:BuHnJ1oz
久しぶりにショスタコ、タネイエフ 、プロコフィエフと聴いてるけど
(・∀・)イイ!
たまらんすね。
さて古いビデオでもひっぱりだすか。
スクリャビンのがいいかな。

54 :名無しの笛の踊り:03/11/08 18:52 ID:q4abOz9A
フィリップスの「20世紀の偉大なる〜」シリーズが出たときはあの中のグールドのCDに見向きも
しなくて今になって物っっ凄く後悔しているのですが、あの中に入っているモーツァルトの
「幻想曲(前奏曲)とフーガ ハ長調K.394」ってこの曲のCDって他に出てますか?
どうも見つからないのですが、どなたかご存知の方教えてください。お願いします。

55 :名無しの笛の踊り:03/11/08 19:49 ID:qx8qXfkj
モツコン24番がメインで入っているCD
(The Glenn Gould Edition SMK52626)
のなかに入ってますよ。
他にハイドンのソナタとモーツァルトのソナタK330が入ってます。



56 :54:03/11/08 22:51 ID:Ze03uSkr
情報サンクスです。やっと探し出すことが出来ました。
ところで、CDの内容はどうでしょうか?この曲って結構珍しいと思うのですが。

いや、実は今懐具合が寒くて購入をためらっていまして、
感想を聞かせていただければ参考になります。なんどもすみません。

57 :名無しの笛の踊り:03/11/08 22:57 ID:y3To877c
>56
演奏いいです。
同曲異演のギーゼキング辺りとは、全く別の「彫りの深さ」です。

58 :名無しの笛の踊り:03/11/09 00:13 ID:+c7MQPe0
相当昔から既出ですが、新スレなので未だご存じない方の為に

http://www.gould.nlc-bnc.ca/egould.htm
http://www.glenngould.com/gg/

59 :54:03/11/09 12:54 ID:LyCnWPWv
>>57>>58 まじサンクスです。知りませんでした。役に立ちます。

60 :名無しの笛の踊り:03/11/11 13:38 ID:qxJTmum1
amazonにUK版のbrahmsの4ballads 10 intermezziというのがありますがこれは2枚組ででているものとは録音が全然違うのでしょうか?sony classicalのHPではよくわからなかったもので.

61 :名無しの笛の踊り:03/11/11 14:50 ID:0R8TViwP
>60
同一録音。
Op79の「2つのラプソディ」を抜けばCD1枚に収録できるので、編集したと推測。
バラードは1982年2月8〜10日録音で「グールド最後の録音」として初出した。ピアノはヤマハCFIIIS。
インテルメッツォ集は1960年11月21日録音。スタインウェイ。

62 :60:03/11/11 16:55 ID:qxJTmum1
>>61
有難うございました

63 :名無しの笛の踊り:03/11/11 20:32 ID:0o+kKKFh
>>61
最後の録音は'82年9月に入れたR.シュトラウスのピアノ・ソナタでは?
その数日後ジークフリート牧歌(指揮)の録音を完了。
あと、ピアノはCFIIって聞いた気がするんだけど。CFIIISだと現行モデルでしょ?

64 :名無しの笛の踊り:03/11/12 03:07 ID:zeKE4GHb
>>63
まー商売と言えばそれまでですが、死後にブラームスが出た時は
「最後の録音」と銘打ってました。つまり>>61氏の「グールド最後の
録音」として初出した、は嘘ではありません。

その後、R.シュトラウスが出た時は「最後の録音がまだあった」あるいは
「本当の最後の録音」とかのキャプションで出たと思います。

65 :名無しの笛の踊り:03/11/12 12:52 ID:5rMqkYGo
前スレでご推薦のあったパルティータ全曲とブラームスの間奏曲をようやく聴きました。
マイナー調好きの私としてはパルティータは2,6番が気に入りました。
(5番の迫力にも圧倒されましたが)
目覚めにイタリア協奏曲を聴くとやたらに元気が出て、午後息切れします。
ブラームスは親近感あふれる温かみを感じ、これも愛聴盤に加わりました。
好奇心に勝てず買ったショパンはベートーベンに聞こえ唸っています。

パルティータもブラームスも抜粋盤購入後に2枚組のグールドエディションを
見つけ、悔しい思いをしています。今後はググってから買おうと反省しきり。
しかし入門したてのクラ、本家のジャズ以外にも、ボーカルが聴きたくなると
エルビスコステロを探し、音楽自体に飽きると志ん生全集の買いもれがないか
ウロウロしと、ショップ巡りも趣味にしている私の場合、思わぬ買い物が出来る
反面、無駄金も使ってしまう宿命のようです。


66 :63:03/11/12 23:31 ID:tJ3PxNti
>>64
なるほどなるほど、そうことでしたか。

>>65
参考ですが
www.glenngould.com/albums.html
ここに、グレン・グールド・エディションのリストが載ってます。

67 :きっこ:03/11/13 00:49 ID:PSWDuTf4
65さん、私もエバンスのCD「Warutu・・・」購入してうっとりしたので
季節に合わせてTRIO 64を購入しました。
これからの夜長に合います

随分グレン・グールドのCDを聴きましたが最初の刷り込みかなあ?
やっぱり、平均律の2巻の1番のフーガが最高です!(昼間は・・・)
これは宇宙にも漂っているんでしたっけ??


68 :名無しの笛の踊り:03/11/13 01:49 ID:kfk0lcg/
グールドは、川上敦子さんと勝負できるくらいの技巧を持っていたのか?

69 :名無しの笛の踊り:03/11/13 01:52 ID:Dtv6UBks
>>68
氏ねや、カス!

70 :名無しの笛の踊り:03/11/13 18:22 ID:RT3Ci8Ko
>>66さん、ありがとうございます。今後の参考にします。
かねてより'50/60年代ジャズのレコード化ポリシーの低さを
嘆いている身ですが(輸入盤は地雷だらけ)、クラ盤も同じ録音が
多々別盤に収められているようで違った難しさがあるようですね。

>>67きっこさん、Waltzの次にTrio64とは渋いトコせめましたね。
「サンタが街に」好きです。クリスマスソングがお好きなら
マーカスロバーツの"Prayer for Peace"というブルース調の
ソロピが結構いけますよ。

しかしスレ違いの発言が多くてすみません。
決して新手の荒らしではありません。念のため。

71 :名無しの笛の踊り:03/11/14 00:59 ID:jRrurP6Q
ボイジャーの金のレコードに載っているグールドの演奏は平均律だったのか

72 :名無しの笛の踊り:03/11/14 02:59 ID:XJZFWyMm
>>71
そういえばそんな話もあったね。ボイジャーって寿命がきて廃棄されちゃうんだっけ?
結局あのレコードは聴かれなかったんだね。残念。

73 :きっこ:03/11/14 11:24 ID:2KYgdf+a
十億年飛びつづけるらしいです・・・
グールドの生存中の出来事だと思うんですが、
それに関する本人のコメントが見つからないです・・・

74 :名無しの笛の踊り:03/11/14 15:18 ID:N6xMeaEK
平均律1巻の1番では?

75 :名無しの笛の踊り:03/11/14 20:04 ID:08NAu2gS
>>74
私もそれだと思った

76 :きっこ:03/11/14 23:49 ID:2KYgdf+a
没後20年に復刊された「グレングールドの生涯」に
平均律1巻の1番は誤りで2巻の1番と書いてありました・・・

77 :名無しの笛の踊り:03/11/15 00:11 ID:+ix0UZW4
>>72
前々スレぐらいだったっけ?しかしみんなよく知ってるな

78 :名無しの笛の踊り:03/11/15 00:19 ID:BHvMghCi
>>70 >かねてより'50/60年代ジャズのレコード化ポリシーの低さを
嘆いている身ですが(輸入盤は地雷だらけ)

これってどういう意味なんですか?いや、状況がよくわからなくてすいません。

あー。私もボイジャーに乗せてほしい。10億年くらい漂っていたいね。

79 :名無しの笛の踊り:03/11/15 02:26 ID:7V/MtaFu
http://voyager.jpl.nasa.gov/spacecraft/music.html
第2巻の1番ですね。
日本からは尺八の演奏が宇宙に行ってますね。

80 :名無しの笛の踊り:03/11/15 03:11 ID:iuQUDpZf
>66
げろげろ、vol.8って出てたんだ。初出はぜん49タイトルでvol.7
までだったはず? 苦節10年、全7巻で全て揃えたつもりだったのに。

81 :74:03/11/15 11:20 ID:0vaO8UHa
第2巻だったんだ!!初めて知りました。ありがとう。
個人的には、第1巻の1番のほうが名曲で名演だと思うけど…

82 :名無しの笛の踊り:03/11/16 23:43 ID:WBFK62Ft
>81
グールドは第2巻も名演なんですが、、、

83 :名無しの笛の踊り:03/11/17 02:04 ID:Jkt9KI2I
この人のゴルドベルグを聞いて、ピアノに未練が無くなった
無理、この人天才過ぎ

84 :名無しの笛の踊り:03/11/17 05:15 ID:C0CzKSkH
ずいぶんとうぬぼれ屋さんですね

85 :名無しの笛の踊り:03/11/17 12:15 ID:3ib730hs
>>78
ミュージシャンが薬代に困って、やっつけ仕事のアルバム出したり、
音源がひどい海賊盤がそちこちで出回る...てとこですかね。
70年代以降はジャズ盤が売れなくなったので、そういうことも
減っているようだと思われます。

86 :名無しの笛の踊り:03/11/18 18:39 ID:6fBwFDyd
グールドのトッカータって、凄いなぁ・・・。
この難曲ぞろいを・・。どうなってるの・・・指

87 :名無しの笛の踊り:03/11/18 21:16 ID:49X6wnF7
>86
>この難曲ぞろいを・・。どうなってるの・・・指

「俊敏性」&「個々の指の独立」が素晴らしいです指です!


88 :名無しの笛の踊り:03/11/18 21:17 ID:cI7WEA3p
「俊敏性」&「個々の指の独立」

もしあなたがそれを求めるのなら、
方法があります。(それも複数)
まずはメトロノームを友とすることです。

(らしい。伝聞。)

89 :78:03/11/18 21:51 ID:Yvt9GpZd
>>85 ああ、そういうことでしたか。レスサンクスです。スレ違いですいません。

90 :きっこ:03/11/19 00:40 ID:2C3xc8e7
昨日、18日のお昼の3時頃にFMNHKから、凄くきれいなロマンチックなピアノの曲が流れてたので
誰が弾いてるんだろう??と聴いてたらグールドでした!!
多分、ショパンのソナタだと思いますが、
仕事しながらだったので曲名がはっきりわからないのです。
どなたか、知っている人いませんか??

91 :名無しの笛の踊り:03/11/19 00:47 ID:Ym/v8BX4
>>90
3番ならnyで拾った。終楽章の最初は笑えた。

92 :名無しの笛の踊り:03/11/19 01:42 ID:fybsjT65
>>90
番組は聴いていませんが、NHKは数日前まではHPから検索出来ますよ。
15時頃だとジークフリート牧歌流していたのかな。
http://www3.nhk.or.jp/hensei/fm/20031118/frame_05-29.html

93 :きっこ:03/11/19 08:15 ID:2C3xc8e7
>>92さん、レスありがとうございます。
 検索したら、今、再放送してるので、早速ラジオをつけて聴いてます。
 ジークフリート牧歌だったんですね〜CD探してみます

94 :名無しの笛の踊り:03/11/19 12:46 ID:vwpURDgK
ザルツブルグ・ライブ聴く。シェーンベルク、さっぱり分からない。
ゴルドベルクは第25変奏まで聴かないと'55年盤と区別できない。
他にも平均律1巻1番とアヴェ・マリアが結びつかない等々...
楽器の出来ないオッサンの前に立ちはだかる厚い壁に_| ̄|○

ブラームス、メンデルスゾーンとサリンジャーの初期短編集との相性が
良いことを発見。寂寥感、控えめなユーモア、無口な優しさが際立つ。
こんなところで満足しておくか。

95 :名無しの笛の踊り:03/11/19 22:23 ID:1Jsi7LmA
>>86
多重録音に決まって(ry

96 :名無しの笛の踊り:03/11/19 22:59 ID:zhlGV+Q9
トッカータは多重録音じゃないだろうよ・・・

97 :名無しの笛の踊り:03/11/19 23:23 ID:SfBjCOlT
アホなシェフの間奏曲集、あざといと思うの俺だけ?


98 :きっこ:03/11/19 23:33 ID:2C3xc8e7
多重録音は「マイスタージンガー」と「田園」だけって
本で読みましたけど??

>>94さん、平均律1巻1番の前奏曲はグノーのアベ・マリアです。
  伴奏をよく聴いて見ればわかりますよ・・・

99 :名無しの笛の踊り:03/11/19 23:43 ID:+dZ2z6AT
>平均律1巻1番とアヴェ・マリアが結びつかない

楽器が出来る出来ない以前に
ハーモニーがわからないってことじゃ・・・

100 :名無しの笛の踊り:03/11/19 23:55 ID:0XdT+BT5
>95
>98
>多重録音は「マイスタージンガー」と「田園」だけって

「マイスタージンガー」と「運命」が正しい。
「運命の該当箇所は、グールドが演奏したリスト編曲
ブライトコプフ版のリプリント版であるドーヴァー版の
P208の下2段の右手トリルの箇所が多重録音。
耳を澄ませると誰でも聴き分けられます。

101 :きっこ:03/11/20 00:02 ID:7chXqE0S
>>100さん、訂正ありがとうございます!!

では、今から「田園」をじっくり聴きます

102 :名無しの笛の踊り:03/11/20 00:15 ID:wCy+Pm61
この人のプロコフィエフかっこいい!
べったりしない感じがぴったりきますね。

103 :名無しの笛の踊り:03/11/20 00:30 ID:wCy+Pm61
プロコフィエフピアノソナタ第7番第3楽章は
この人よりもいい演奏がありますか?ありそう・・・

104 :名無しの笛の踊り:03/11/20 17:32 ID:l8g/v2YK
>>99
確かにメロディ、リズムに比べハーモニーは無自覚に聴いていますね。
分からないのを何でも楽器音痴のせいにする悪癖改めます。
シェーンベルクやプロコフィエフが理解出来ないのは別に原因が
ありそうですが、ま気長にいきます。

105 :名無しの笛の踊り:03/11/20 22:48 ID:JZN9ZMwT
>103
私はグールドが良いと思います。参考までに

・リヒテル
・ポリーニ

を挙げておきます。きっと「グールドの方がよかった」と思うんでしょうが、、、

106 :埼玉大学卒(ワラ:03/11/20 23:00 ID:3YP9ZDR1
105はキチガイ大家
晒しage

107 :名無しの笛の踊り:03/11/21 12:07 ID:l3pV+R24
グールドが好んだ小説や戯曲を知りたいのですが。
何冊かグールド本斜め読みしましたがニーチェ、
草枕くらいしか分かりませんでした。
ご存知な方、よろしくお願いします。

108 :名無しの笛の踊り:03/11/22 01:18 ID:ZnqB2IuW
イタリア協奏曲の第3楽章!!!!!!

グールド好きな香具師は、もうコレだけでお互い何も言わなくとも
判りあえるよな!!

109 :名無しの笛の踊り:03/11/22 01:22 ID:ZnqB2IuW
「グレン・グールドが弾く、ブラームスの間奏曲が好きなんです・・」
ああ、こんな女性と付き合えたらどんなに幸福だろう・・・・。

 若い女の子で、熱烈なグールド・ファンっているのかな?
 なんか、ムサイ男ばっかって気がするのは気のせいか・・・?

110 :助さん ◆T/zJ5n5OIQ :03/11/22 01:46 ID:onskTRaN
>>109
沢山いるよ。漏れが、「グールドのブラームスの間奏曲集は、28歳の
時に録音したんだよ。28歳で、こんな真似出来る奴なんて、おそらく
二度と出現しないだろうね」と、部下の女性に説明してやったら、
「ああ・・・・もう駄目・・・・」といいつつ、股開いた。
ぐちょんぐちょんに濡れた万個に、ぶち込んでやったら、
あっという間に、逝ってしまった。
ちなみに、22歳の女性。グールドは、そういう意味でも、死して尚、
女性の性感帯をくすぐりつづけているのだよ。格さん。

111 :名無しの笛の踊り:03/11/22 02:44 ID:8PIvId5S
>>107
パラパラっと脇にある本見ただけだけど、
シェイクスピアの「十五夜」、「聖書」、アドルノ「プリズム」なんかが目に付いた。
「十五夜」は若い頃これに触発されて作曲もしたそうです。(「孤独のアリア」より)
「聖書」「プリズム」は書き込みがいくつかあるみたいだから好んでいたといって良いでしょう。
あとマクルーハンとは実際に付き合いもあったみたいだから、著作もきっと読んでいたかと。

112 :助さん ◆T/zJ5n5OIQ :03/11/22 07:15 ID:1oHYkq0O
グールドの読書好きは有名だからね。
又、新聞批評も必ず読んでいた。
ニューヨークタイムスのショーンバークの批評を徹底して嫌っていた(苦笑)
ショーンバークのことを、「なんたらシベリウス」と名付け、馬鹿にしていた
のは、笑える。
バーナード・ショウも好んでいたようだね。とにかく、哲学書から、とるに足りない
駄本まで、凄い読書量だったようだ。
でなければ、あんな見事な内容のライナーノーツは書けないだろう。
フルヴェンやクレンペラーに匹敵すると思われますが。ご隠居。

113 :名無しの笛の踊り:03/11/22 15:52 ID:U0cT9J+Q
>>107
「十五夜」じゃなくて「十二夜」ね

114 :113:03/11/22 15:53 ID:U0cT9J+Q
間違えた。
107じゃなくて111でした。

115 :名無しの笛の踊り:03/11/22 16:59 ID:UNVbdKeB
>>111さん >>112さん、ご親切にありがとうございます。
バーナード・ショウは私も好きなので嬉しい感じですね。
テネシー・ウィリアムズが似合うと思っているのですが。
シェイクスピアは高校以来読んでいませんが、読み返そうと思います。

今、兼常清佐の随筆集「音楽と生活」を読んでいるのですが
これが面白い!私と同じく楽理コンプレクスを持つ方にオススメ。
これ読んだ演奏家の方は憤慨ものでしょうが...

116 :名無しの笛の踊り:03/11/23 01:28 ID:P70BmP+K
>109
いまやお姐の熊本マリだが、グールドの自宅まで追っかけしたそうだね。

117 :名無しの笛の踊り:03/11/23 05:53 ID:bKBsUd51
>>115
グールドの好んだ著作を追体験するよりも、
グールドが創ったラジオ・ドキュ・ドラマ(北3部作)を聴いた方が早いのでは…
対位法的手法がピンと来るかどうかは分かりませんが

118 :名無しの笛の踊り:03/11/23 23:42 ID:xlMpICoj
グールドヲタの彼が
グールドは超美男子!顔だけで存在価値あり!
と豪語してるんですけど(内面とかテクニックとかは抜きにして)
どうも、私にはそうは思えないんですが・・・
それだったら、パックンマックンの
パックンの方がハンサムだよって
いったら激怒されました。


119 :名無しの笛の踊り:03/11/23 23:44 ID:SzzTLhe6
>>118
末期症状です・・・

120 :名無しの笛の踊り:03/11/23 23:46 ID:IyWC+JC/
                       ._,,,,,,。,,、       广'x、   ,,、._    」'゙''i、      
     ,,,,,_.,,,,、广゚┐     .,,,v―冖"~゛   ゙'i、      .ト  ,|,_  riゃ .}   .,i´ '冖i、    
     .] ` f゙,l° ,i´     .゙l_ .y-┐ 'や'゙"゙’    _,,,vr"   .゙ト.゙'x,,,,广 ィ・'''゙~  .._,,v・゚ヒ''''・x、 
     入、rУ ,iレ-v,,,、   .,r°."'''l゙  ,|√゙゚'i、   匸 ._  .y・'゙゚,,,v―-,  .:゚ーa  .√ ._,rll_  :}
  .,r''y|゛゙゙l..,i´ ,i"゙l,  .゙ト  ,r°,,,  ..,  ._,,vぐ    .`√ .,i´l广._,,,,,,,,i´  ,,i´ ,i´ ,「 .:| .~''''″
 .r″ .|゙l、 “ .,i″.yi入-イ  il∠i、.` .,メ|  |   」'ト   .,,i´ .,i´ ,, ̄      .[  .,i´.,,,,,,! .]_    
 .゙l_,i´,レ  .'_,,,,レ ~''┐   .,r°.,i´.|  .|   ,l゙ :゙l、 ,,i´ ,i´ l゜.゚L__   .:―ヤ゚″_   :~''=、 
   .,r″.,x=,,      .,i´  ,x'".,,x'″ .゙l、 ゙冖''″ .] |  .,i´ .゙l,    .~1   .゚L '゙〃 ,n, .,,}  
  .,l彡'''″  .゙~"''''''''''"゜  .テ''~゛    .:゚'―---―・° ―″   .~''¬―'″    .:゚=_,r″  ̄


121 :名無しの笛の踊り:03/11/24 01:16 ID:3CVPU52u
>>118
若い頃はまぁ…まぁまぁですか。
でもありゃ美男子とは言わんだろう
な訳で>>119に同意。

しかし、on the recordを一緒に見ていた母親が
この人シルエット綺麗ねと言ってました。
自分の録音聞き直してる所。

122 :名無しの笛の踊り:03/11/24 01:42 ID:u+jxRq3r
若い頃は治虫之伝吉みたいだった

123 :名無しの笛の踊り:03/11/24 07:22 ID:f7SkGdjc
唸りあげ

124 :107:03/11/24 07:30 ID:LMM6eKyj
>>113
テヘッ、間違えちゃった・・。

125 :名無しの笛の踊り:03/11/24 17:15 ID:wHSVUnLk
>>117
活字中毒者なもんで。
On/Off the recordだけは見ましたが、ラジオ番組も入手できるんですね。
そのうち聞いてみます。

126 :名無しの笛の踊り:03/11/25 22:07 ID:OvhalFSC
やはり、グールドのシェーンベルクはすごいな。シェーンベルクの
構想をなんとよく理解していることか。
タッチの微妙さも、絶品だ。絶句だよ。 

127 :名無しの笛の踊り:03/11/25 23:11 ID:u3H1WygS
>126
歌曲集もいいよ
ヴァイオリンとの幻想曲もいいよ
買った?

128 :名無しの笛の踊り:03/11/26 01:12 ID:onJghLmJ
勿論。
これも素晴らしいなあ。とにかく、シェーンベルクの音楽が「美しく」
聞えてくるんだ。絶句。

129 :名無しの笛の踊り:03/11/26 19:49 ID:xtwoNQsD
>>126
シェーンベルク理解できるのも凄いね。
おれはあの手のはからきしダメだ。
プロコフィエフでなんとか楽しめるぐらいだな。
やはり何回も聴いてると気持ちよくなってくるのかね?

130 :名無しの笛の踊り:03/11/26 22:25 ID:Br5jQxZO
>>129
違うね。何回とかの問題ではない。
それに「気持ちよくなる」という表現は不適切だな。
一回聴いて、魅せられるのだよ。

別に、シェーンベルクがからきしダメなら、それでいい。
要は、グールドのシェーンベルクは「美しい」。
それだけわかれば、充分だよ。ポリーニと聴き比べてみれば、
如何にグールドが凄いか、わかるというものだ。
君は、プロコフィエフを聴いていればそれでいいじゃないか。



131 :名無しの笛の踊り:03/11/26 22:41 ID:ZuI25bb6
シェーンベルクか
やたら評判いいな

132 :名無しの笛の踊り:03/11/26 22:45 ID:Br5jQxZO
一回、聴いてみなよ。聴かなきゃ始まらん。

133 :名無しの笛の踊り:03/11/27 01:44 ID:szp7sCDW
ツ工−ンベノレクなんぞをありがたがってる既知外は耳と脳が腐りきってるから
さっさと死んだほうが地球のためだね
酸素や食い物がもったいないよ 無能な気違いは必要無いよ

134 :名無しの笛の踊り:03/11/27 15:40 ID:zABqd5/q
プロコフィエフのピアノソナタ7番第2楽章を聴くと
ホワイト・クリスマスを聴きたくなるのは私だけ?
仕事から疲れて帰った時に聴きたいのは現代音楽
じゃなくてバード、ギボンズだなぁ

135 :名無しの笛の踊り:03/11/27 22:33 ID:MhSd9brT
>>126
私も好きですね。シェーンベルクの音楽理論はよくわかりませんが、
それでもグールドのそれは調性の無い音楽世界をありのままに素直に
表現しているように思え、お気に入りの一曲となりました。

稚拙な感想スマソ。

136 :名無しの笛の踊り:03/11/28 15:19 ID:ScAUnkQv
a

137 :名無しの笛の踊り:03/11/29 13:44 ID:9VcdCwu8
常人の手が届かないように思える楽曲の深奥を
驚くべき説得力を以てまざまざと開示できたのは
マクルーハンの発想の影響も多少はあるのかな。
比喩的に言えば、硝子玉演技がグーテンベルグの銀河系を通過して
濾過再生産されたような

138 :名無しの笛の踊り:03/11/29 20:05 ID:j9fxABlr
あげてみる

139 :名無しの笛の踊り:03/11/30 19:40 ID:M05OkvbM
age

140 :名無しの笛の踊り:03/12/01 14:22 ID:OaxezAjV
ベートーヴェンのピアノソナタ買ったんですが、
欠けてる部分は誰で補ったほうがいいんでしょうか?

141 :名無しの笛の踊り:03/12/01 16:03 ID:+teEKCgz
>>140
定番といえばやはりバックハウスかなぁ
冒険心があるなら(?)グルダ

142 :名無しの笛の踊り:03/12/01 16:29 ID:R+bQv6KV
>>140
ヴェデルニコフはいかがでしょう

143 :名無しの笛の踊り:03/12/01 23:32 ID:Pd7qoHMg
ケンプも。

144 :名無しの笛の踊り:03/12/02 12:54 ID:yFxaWFXs
今日立川で仕事があったついでに、ちょっとサボって
前から行きたかった国立のレコード店アポロに行く。
大抵は隅っこで小さくなっているクラ盤が堂々と並んでいて気持ちが良い。
リスト編曲の運命・田園を買い、ベト・ピアノソナタ24番を注文。
週末入荷して今日みたいに天気が良ければ、街路樹がきれいだったので
女房子連れて散歩がてら買い物に来よう。でも予報は微妙だな。
独り言すみません。

145 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:05 ID:GeFMXHTw
>140
自分で弾く。これ最強。

146 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:13 ID:sK8jPnLr
>>145
君は譜めくりは得意みたいだけどね(プゲラ

147 :名無しの笛の踊り:03/12/02 23:25 ID:yEoFpLag
弁当便のソナタという時点でプゲラ

148 :名無しの笛の踊り:03/12/02 23:39 ID:+vpeY602
>>145
ほうほうほう、いよいよ川上さんとは決裂してタカモトヒデユキ独演会じゃかなった、リサイタルですか??

今度はチケットは500円?

149 :名無しの笛の踊り:03/12/03 23:02 ID:Aht4sSDQ
先日の塔のセールで注文した、ザルツブルグリサイタルのCDが
届いたので聴いています。
最初のスウェ−リンクから強烈に引き込まれて、
続くシェーンベルク、モーツァルト、バッハと、
演奏会を追体験する思いです。感激しっぱなし。
1959年の演奏会の記録を自室で聴けるなんて、本当にいい時代だなとしみじみしております。
アンコールも入ってたらもっと良かったのになあ。

150 :名無しの笛の踊り:03/12/04 00:50 ID:jlCMVCYt
>>149
これのことかい?
ボってるよな。もうだいぶ放置されとる。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f11362380

151 :名無しの笛の踊り:03/12/04 02:12 ID:gPt74NRe
そう、それのことです。ジャケ写は違いますが。
しかしそれは酷いなあ。ちょっとボりすぎですね。

152 :名無しの笛の踊り:03/12/04 11:28 ID:c2GE6ql5
フーガの技法
高いのと安いの2枚あるけど
中身は同じ?

153 :名無しの笛の踊り:03/12/05 03:15 ID:YhFRKAR6
ピアノ協奏曲というスタイルの良さが全くわからなかったが
THE ART OF PIANOでグールドが弾いてるバッハのチェンバロ協奏曲1番の一部分見て
いっぺんにハマってしまった
とりあえずバッハのピアノ協奏曲だけでも全部聴いてみるか・・・

154 :名無しの笛の踊り:03/12/05 09:14 ID:HwOgYvPC
>>149 アンコールは何演奏したの?


155 :名無しの笛の踊り:03/12/05 18:46 ID:iOpbUaF5
>>150
これはヒドイ。
確か中古屋で1000円以下で買ったよ…

156 :名無しの笛の踊り:03/12/05 18:49 ID:k8gFc6hW
>>153
俺は室内楽の良さがわからなかったが
グールドの弾くピアノ四重奏曲を聴いてハマった。
グールドのスリリングな演奏を聴くと他の人の演奏がぬるぽだ。

157 :名無しの笛の踊り:03/12/05 20:27 ID:DwG8Lun8
>>153
漏れも。バッハのピアノ協奏曲1番って何年のがいいんだろ?(グールドの)何種類かあるらしいけど。

158 :名無しの笛の踊り:03/12/05 23:19 ID:wj2LUErR
>>154
アンコール、何をやったか分からないんです。
CDのライナーにも書かれていないし、伝記の演奏会記録も今見てみたけど、
記述はなかった。
ライナーは、実際にリサイタルを聴いて、それを評した批評家の言葉を部分引用して
書かれているんだけれども、その批評家も、アンコールについては
言及していなくて、結局分からないみたい(斜め読みなんで・・・間違ってたらスマンです)。
分からないとなると、余計知りたくなるね。

159 :名無しの笛の踊り:03/12/06 01:43 ID:sl2DjoYU
吉田秀和が記述していた旧ソビエトでのデビューコンサートはCDになっているの?
最初は客がまばらだったけど、後半に進むにつれて口コミで客が増えたっていうコンサート。


160 :名無しの笛の踊り:03/12/06 05:54 ID:JrgEhz9G
ライブといえば、ストックホルムの1958があったね、あれのOp110が相当イイらしいんだが、
高くて買えん。

>>156
ガッ(ry

161 :名無しの笛の踊り:03/12/06 10:27 ID:uDK9XQWv
>>158 レスサンクス。
'59/8前後のスタジオ録音だとパルティータ1、2番があるけど
このサラバンドなどであれば確かに幻の逸品だね。


162 :名無しの笛の踊り:03/12/07 08:39 ID:ScExIVnh
>>140 遅レス
昨日聴いたポミエが意外に良かった。
音が軽くてきれい。BGMになる熱情は初体験。
そんで安い。俺が買ったのは21-27番の2枚組で¥980
ERATOレーベルでポミエの綴りはJean-Bernard Pommier
全曲あると思うよ。音質は値段の割りに上等。
なんせグールドの遺していない曲を全集買わないで埋められるのはお得。


163 :名無しの笛の踊り:03/12/08 11:43 ID:WYXDZGHl
「ハイドン 後期6大ソナタ集」
「スクリャービン/プロコフィエフ」
「グリーグ/ビゼー/シベリウス」
などは、どんな感じですか?

164 :名無しの笛の踊り:03/12/08 13:20 ID:mV7Cznqg
>>163
ハイドンはいいですよ。
休日の午後にはこれとかベートーヴェンのバガテルをよく聴きます。
リラックスして聴けるグールドって感じですね。
他はまだ聴いてません。

165 :名無しの笛の踊り:03/12/08 17:41 ID:+R40kB/D
キース・ジャレットのゴールドベルクを聴いてチェンバロは
敬遠していたのですが、スコット・ロスのパルティータを聴き
考えを改めました。前奏曲やサラバンドはグールドのピアノが
良いですが、ジーグはチェンバロの方が好きだなぁ
グールドのヘンデルも聴きたくなりました。

166 :名無しの笛の踊り:03/12/08 21:45 ID:pAVE8UnH
質問ですが、グレングールドコレクション(6枚組の)って日本語字幕ついてますか?
グールドの「クラシック・アーカイブ・シリーズ Vol.9」の輸入版を買ってから
間もなく日本語版が出て_| ̄|○だったことがあります。

167 :名無しの笛の踊り:03/12/09 00:04 ID:htTzoWod
>>166
コレクションの日本語字幕については存じませんが、
アーカイブシリーズの日本語版というのは、日本語の字幕付きなのですか?
字幕ではなく、日本語の解説書がついているだけだと思っていましたが、
私の勘違いでしょうか。

168 :166:03/12/09 00:24 ID:T7k4dGqe
>>167
そういえば国内版DVD見つけた時はショックのあまり
日本語字幕の有無まで確認しなかったな。
値段\4700もするから字幕あると思うのだが…。
確か輸入版は\3000しなかった。
ググったらそれらしき情報なかったがこんなもの発見。
「グレン・グールド エクスタシス」 価格: ¥4,800
もっている人いる?

169 :名無しの笛の踊り:03/12/09 02:02 ID:XwN86u2p
>>167
日本語字幕ついていますよ。リモコン側で字幕切り替えできる筈です。
かくいう自分も、輸入盤買った後に国内盤が出て、結局買ってしまったクチです。
 
>>168
エクスタシスは前スレで一時話題になっていました。
パッケージにもあるように、本当にグールド入門編といった感じです。
関係者の証言が殆どで、グールドの演奏している姿は断片的なものが
全編にわたって挿入されています。
伝記にもしばしば出てくる関係者がどんな人なのか確認できる点は
面白いし、映像処理等も頑張っているとは思うけれど、
如何せんグールドの演奏が少ないのが物足りないですね。
その辺を割り切って見れば、そこそこ面白いかもです。
しかし残りの映像、早くDVD化してくれればいいのに・・・・ぶつぶつ。

フト思ったのだけど、2005年がデビュー50周年に当たるから、
それまで待たされたりするんだろうか。


170 :名無しの笛の踊り:03/12/09 03:27 ID:n2UPeef/
グレングールドコレクションって、DVDでも出ているのですか?

171 :166:03/12/09 08:40 ID:T7k4dGqe
>>169
レスサンクス。
俺は去年、没後20周年でDVD化されると思ってた。
デビュー50周年には気がつかなかったなあ。
これで出なかったらやはりLD買うしかないね。
プレイヤー買うのが鬱だ。

>>170
LDしか出てないよ。中古やで\12,000〜\15,000かな。
ソニーDVD化きぼんぬ。

172 :名無しの笛の踊り:03/12/09 12:41 ID:zm1CzgMx
以前のタワレコセール、さんざん待たされた挙げ句
半分くらい在庫切れでキャンセルされたよ鬱鬱鬱

173 :名無しの笛の踊り:03/12/09 19:28 ID:/Q59msDd
>>159
周知というほどでも無いようなので、ご存じの方はスルーして貰うとして。

グールドのサイトによると、
>1957 On May 3, he begins his first European tour,
and, on May 7, gives his first concert recital in the Soviet Union
in the Moscow State Conservatory.
となってますから、
この時の音源はソニーからザルツブルクとのカップリング編集で出ている
> Three Part Inventions (Sinfonias) BWV 788-800
Recorded May 7, 1957 at Moscow でしょう。

なお、これとは別に昔メロディア音源を日本ビクターが出したシリーズの中の
GLENN GOULD in Moscow [VDC-1215 発売 1987年]では
57年5月12日にモスクワ音楽院小ホールで行われた学生の為の講演付きリサイタル
が聴けます。
ベルクのピアノ・ソナタ作品1で始まり、グールドの『新ウィーン学派』についての
簡潔的確な解説[3分半」を挟んで、ウェーベルンの管弦楽の為のパッサカリアの
一部分などを演った後、再びグールドがクシェネックを語り[45秒]、
ピアノ・ソナタ4番の1、4楽章。再度グールドが1分程挨拶して最後のバッハの
フーガの技法1、4、2と、ゴルドベルク6曲ほどという内容。
冷戦の最中の当時演奏が禁止されていた『新ウィーン学派』を採り上げたのは
2次大戦後ソ連を訪れた初の北米大陸からの文化使節としての使命感というよりも
単に自分が極めて大事だと思う音楽を紹介したかったんでしょうが、
解説(小林利之氏)によると、音楽院教官と覚しき2,3人が抗議の意志表示?で
退場したそうです。
尚ライナーには 講演内容の翻訳もついています。
しかし、今はクラウン盤や日本ビクター盤は入手困難かな。

174 :名無しの笛の踊り:03/12/09 20:15 ID:ECyb13Q9
>GLENN GOULD in Moscow [VDC-1215 発売 1987年]では
>57年5月12日にモスクワ音楽院小ホールで行われた学生の為の講演付きリサイタル
>が聴けます。

先日雑誌WAVEのグールド特集を入手したのですが、
その表紙裏に上のCDの宣伝が載っていて、大変興味をそそられました。
自分は比較的近年のファンなので、講演付きのCDは見たことさえないのです。
173さんが羨ますぃ・・・。
そのCDも、再発してもらえたらいいのになあ。

ところで、持っている方はとうにご承知なのでしょうが、
WAVEは、非常に中身の濃いグールド特集をしていて読み応えがありました。
掲載された大半の原稿は、現在何らかのかたちの関連本で読むことができますが、
80年代に国内のみで出版された関連本としては、大変充実していて驚きでした。
(宮澤先生の貢献が大きかったようにも思う)
それに比べると、近年のグールド本はなんというか・・・(涙)。
もう大方のところが言い尽くされてしまった、ということなんでしょうか?



175 :名無しの笛の踊り:03/12/09 23:40 ID:LMKOURQR
早く発言集が出ないかな。
宮澤先生のグールド論も読んでみたい。

176 :名無しの笛の踊り:03/12/09 23:53 ID:jj2Z99Lt
>>159 >>173
グレングールド大研究(春秋社)のP.291に、最初ガラガラ
終わり超満員の'57/5/7モスクワリサイタルの記述がありますが、
そこには「フーガの技法から1,2,4,8(?)、パルティータ6番、
ベートーヴェンop110、ベルクのソナタ、アンコールに
ゴルトベルクの一部」となっています。レコード化されていないのでは?
又、ザルツブルクのカップリングのインヴェンションは
モスクワというのは誤りだと、何かで読んだ記憶があります。
どちらも中途半端な情報ですんません。

>>174
中古CDサイトじっくり探せば入手出来ると思いますよ。
あと図書館は盲点ですね。新しいのが少ない反面
現在廃盤になっているお宝を結構見つけました。

177 :名無しの笛の踊り:03/12/10 02:29 ID:AyMHYmMm
>>176
フォローありがとさんです。
173ですが、>>159さんの質問へのレスが無いようなので
グールドのウェブ・サイトだけの情報で述べたのでちょっと気になっていました。
>>174さんのレスにWAVE編の特集に私が述べたビクター盤の広告があるとの事で
引っ張りだして観てみましたが、
ペヨトル工房発売のもの[89年5月31日発行]で初版では無いのか、
広告は一切ありませんでしたが、替わりに、
宮澤さんの纏めたバイオの中[118頁]に、176さんが仰る通りの記載がありました。
春秋社の『大研究』はまだ引っ張りだしてませんが、多分同一ソースだと思います。
[フーガの技法から1,2,4,8番(?)…と、?がついているのも全く同じ]
おそらくこちらが正しいのではないかと思います。[なんせ宮澤氏です]

充実した図書館にアクセス出来る方はそれこそ羨ましい。
CDはグールドのような特別なもの以外は所有しないで聴ければ
それに越した事は無いと考えるほど邪魔に成って来ますんで。
因みにビクター盤の録音は結構良質です。

178 :名無しの笛の踊り:03/12/10 02:55 ID:AyMHYmMm
173ですが、↑の補追です。
気になったので、春秋社のグレン・グールド大研究[91年7月10日発行]も
引っ張りだして見てみました(w
巻末に近い「タイムテーブルと人物相関図」は(宮澤淳一編)と記載されてました。
WAVE編もこの本も、入門書風ながらいずれも編集が秀逸で飽きさせず
しかも大事なところは落としていないスグレ本だったと思います。>174さん

179 :176:03/12/10 14:35 ID:kbAv6xcU
× op110(こっちは'58ストックホルムだった)
○ op109
  >又、ザルツブルクのカップリングのインヴェンションは
  >モスクワというのは誤りだと、何かで読んだ記憶が
坂本龍一と浅田彰の対談が載っているムックだったと思うが
ずーと前に人から借りたもんなんでこれ以上は分からないや。
勘違いかも知れないし。

180 :名無しの笛の踊り:03/12/10 22:18 ID:kQMK0s9f
グールドは株式取引をしていたらしいがどんな銘柄を買っていたのか気になる。
スタインウェイ、ヤマハとか?

181 :名無しの笛の踊り:03/12/10 23:19 ID:WzxnW5Zs
174です。

>>176さん
図書館というのは盲点でした、探してみます。
グールドの他にも、存外面白いものがありそうですね。
助言ありがとうです。

>>173さん
言葉足らずだったようですみません、
モスクワリサイタルの広告が載ったのは
「WAVE16 グレン・グールド特集」(1987年11月25日発行)です。
「WAVE編 グレン・グールド」(1989年5月31日発行)には、仰る通り
何の広告もありません。
因みに、WAVE16に掲載された原稿の約半数、それも比較的頁数のあるものが、
WAVE編のほうに再収録されています。16の方にも面白いものがありますが、
やはり後者のほうが、より充実しているように思います。
その後改丁版も出たようですが、それは持っていません。

182 :名無しの笛の踊り:03/12/13 09:58 ID:flyoIVbs
>180
「カナダ北部の石油会社」
というのは、グールド自身のネタでした(ワラ

183 :名無しの笛の踊り:03/12/13 11:48 ID:7PtVpX0Y
あれだけ凄い演奏して、思想・哲学的にも興味深いこといってたりするのに、
一方で嬉々として変装しまくってたり、パロディ作ってたりするんだから
可笑しいよねぇw



184 :名無しの笛の踊り:03/12/13 14:26 ID:sBAU/nSU
質問です。
シルヴァー・ジュビリー・アルバムのイタリア協奏曲の録音はいつのものですか?
私のは旧CBSレーベルで、この1曲のためだけに買いなおすかどうか迷ってます。
又、同曲は'48/3 '52/10 '59/6 '79/10の録音があるという認識で正しいでしょうか?

185 :名無しの笛の踊り:03/12/13 18:51 ID:+gAUOPVS
>184
シルヴァー・ジュビリーのは'81の8月だったっけ。彼自身はこの録音の発売を却下したという話ですが。
'79はちょっと疑問です。'48、'52はわからないです。

186 :名無しの笛の踊り:03/12/13 20:07 ID:RIrfJCAH
グレングールドが弾く、「ゴルトベルク変奏曲の第5変奏(旧い方の)」!!
つっただけで、オレら共感するもんがあるよな!!

187 :名無しの笛の踊り:03/12/13 20:36 ID:XbUTSO+8
>>184>>185

手元のCDを調べたら
「若き日のグレン・グールド(廃盤)」のは'52/10 (11:59)
「未完のイタリアン・アルバム」のは'59/6 (13:11)
「シルバー・ジュビリー」のは'81/8 (15:41)      でした。

'48のは知らないです。本当にあるの?
ちなみに「若き日〜」に収録されているウェーバーのコンツェルトシュトゥックは凄すぎです。


188 :名無しの笛の踊り:03/12/13 22:38 ID:JT6TYob+
>>185 >>187 レスサンクスです。
晩年の録音なんですね。ぜひ聴きたい。
あわてて中古屋で買ってしまったのは失敗でした。
私があげた4つの録音記録はG.ゲルタン編・複数の肖像を見てのものです。
48/3のはVAIAレーベル(VAIA 1198)のGlenn Gould His First Recordings(1947-1953)という
CDに収められています。私は先月普通に塔で買いました。
他にもお師匠さん(ゲレロ)との連弾(モツK.497/501/521/594)やタネーエフ(って誰?)等
面白い内容ですが音質は最悪です。

189 :188:03/12/13 22:42 ID:JT6TYob+
訂正
× VAIAレーベル
○ VAI audioレーベル
レコード番号はVAIA 1198で間違いありません。

190 :187:03/12/13 22:57 ID:XbUTSO+8
>>188
'48なんてあるんだ。明日買いに行こうかな。
ググたらこんなんありました。
イタリア協奏曲が偽作かどうかは己の耳で判断!?


http://www.geocities.com/Vienna/3739/news2001_5_12.html

以下のCDが大手輸入CD店に並びだしたようです:

"Glenn Gould: His First Recordings (1947-1953)"
(VAI Audio VAIA 1198)

「グールド10代のプライヴェート録音と,コロンビア契約以前にカナダの小レーベル,ホールマークで
録音した小品を集めたアルバム」と数日前に紹介しましたが,
ゲレーロについて論じた文章でも書いたように,
後半の「プライヴェート録音」は,“偽作”ですので,お求めになる方は,ご承知おきください。
1947年に師ゲレーロとともに演奏したとされるモーツァルトの4手ソナタは,
ジョン・ベックウィズやウィリアム・エイドの証言によれば,
ゲレーロ夫人と,ゲレーロの弟子のロバート・フィンチ(ともに故人)による演奏らしいのです。
それからイタリア協奏曲も,グールドの演奏なのか,ゲレーロの演奏なのか,
あるいは第三者によるものなのか,判然としないのです。
おそらく耳が頼りでしょう。
(ライナーノーツにはこういった問題の言及はありません。)

それはそうとして,前半のホールマーク録音(Hallmark RS 53)は
一聴くの価値がありますね。
原盤は25cmLPで,A面にベルクのソナタが,
B面にアルバート・プラッツ(ヴァイオリン)との共演が入っていました。
文字だけ記入された真っ黒いジャケットです。



191 :名無しの笛の踊り:03/12/14 03:34 ID:y7HVBjPq
なぜ田園はあんなに間違いが多いんだ?
take two人間のグールドなら直したと思うんだが。
謎だ。

192 :哀しみの笛の踊り:03/12/14 06:39 ID:GpY5zr3a
グールドは他アーティストと違って『貴重音源』は50年代のライブと
カナダのCBC放送音源位なんで、
ソ連他の若年時の未発表音源を探るのはコニサーに任せておいたら如何。
しかし、コニサーにとっては極めて残念ながら、
商品として発表された作品にはいずれも本人の『意図』が十全に開示されている。

昔日本コロンビアのパルティータLPに添付されていたライナーで
各楽曲の『曲想の統一性』について訊かれたグールドが
『考えた事も無かったがやはりあるだろうね。でも○番の○○の後に
別の○番の○○を弾いてみたらどうなるんだろうか。一回試してみようかな』
と答えていたのを想いだす。[半分冗談で半分興味ありと読んだが40年位前の事]
今ではピッチとテンポを独立で制御できるCD機も[10年以上前からのP社DJ用など]
ある訳けだし、グールドが『表向き』推奨していた
『リスナーが自分で自主的にコントロールすま音楽の享受方法』としては
こっちの方がスグレモンだと思うがね。

193 :名無しの笛の踊り:03/12/14 12:05 ID:lU0SitvF
iTunesのミュージックストアでStudio Outakes from the 1955 Goldberg Variationsというのを見つけたんですが、昨年発売された3枚組のCDの三枚目のアウトテイクと同じものですか?

194 :名無しの笛の踊り:03/12/14 13:12 ID:pwgwgwx4
>>190
げ。偽作?ですか。
演奏の良し悪しを書かなくて良かった。
何せ音が悪く、買った日に聴いてそれきりだったのですが
今聴いてみると、このグールド節は本人だと思うんだけどなぁ
でも第三楽章は'59の迫力が無いし...うーん分からん
聴かれた方、いかが思われます?

 >それはそうとして,前半のホールマーク録音(Hallmark RS 53)は
ちなみに↑の方はそんなに音悪くないです。
曲目はこの通り
ベルク  ピアノ・ソナタ第1番Op.1
プロコフィエフ  バレエ「シンデレラ」から冬の妖精Op.87
タネーエフ  ハープの誕生(歌曲集「10のロマンス」)Op.26
ショスタコヴィチ  3つの幻想的舞曲(H.グリッツマン編)Op.5
下3曲はこれでしか聴けないので決してコレクターズ・アイテム
ではないと思います。VAIの営業ではないですが。

>>192
コニサーって誰(または何)ですか?
パルティータをごちゃまぜにしたら、というD.ジョンソンとの対談は
面白いですね。試しにランダム再生してみたら無茶苦茶になりました。


195 :哀しみの笛の踊り:03/12/14 16:52 ID:s9cPA1dx
>>194
ありゃりれ?コニサーはConnoisseur[目利き]の事です。
別に韜晦して表現した訳けじゃなくて単に齢かな、勘弁ね。
こんな名前の有名なレーベルも昔ありました。
シャンカールなどの『民俗音楽』も含め現代音楽中心だったか、
録音の優秀性ではタイムと競ってたかな。

196 :哀しみの笛の踊り:03/12/14 16:58 ID:s9cPA1dx
>>194
大事な事忘れてた。
ランダム再生じゃ駄目です。>>192でわざわざピッチもコントロール付き機器が
出ていると書いたように、少なくともキーはあわせなきゃ。
P機[DJ用]はピッチ[キーの高低]を変えてもテンポはまま[同じ]に維持出来ます。
なんせDJ用マシンですからw

197 :名無しの笛の踊り:03/12/14 21:27 ID:Qn49wBE4
>>195 なるほどです。英語弱いんです、お恥ずかしい。
ちなみにランダム再生は半分冗談です(実際に少しは聴きましたが)。
グールドも「移調した上で」と言ってますしね。

運良く図書館でシルヴァーの再発盤を借りることができ、
'59年録音と聴き比べてみました。晩年の録音で自身が
発表を差し止めたいう先入観のせいかゴルドベルクの
再演とは違った切なさを感じました。
でも第二楽章は後者の方が好きですね。
あとライナーノーツでグールドがラジオ番組で好きな
レコードとしてエヴァンスのシンビオシス第一楽章を
かけたという情報も得られ、有意義な一日でした。

198 :名無しの笛の踊り:03/12/15 22:17 ID:CGk2WwBU
>197
2回目のイタリア協奏曲は切ないですよね。
あれを聴いたとき、同じ曲がこんなに切なく哀しく弾かれうるのかと、
ショックを受けた覚えがあります。今でも聴くと切なくなりますが。

でも、その後に入ってる「じゃあ、フーガを書きたいの?」はいつ聴いても楽しい。

199 : :03/12/16 00:23 ID:Ija3E9kO
じゃあ、マスをかきたいの?

200 :名無しの笛の踊り:03/12/17 23:48 ID:PjaPoLYU
ブラームスの別テイクにつられて、
国内盤セレニティを購入してしまった。
アダージョ・カラヤンじゃないが、いろんなところから曲を集めてくる
こういうアルバムはどうなのかと思っていたけど、
どんなかたちに「編集」されていても、やっぱりグールドの演奏に他ならないので
予想以上に楽しめました。
これはこれで、結構良かった。

201 :名無しの笛の踊り:03/12/22 21:21 ID:x8SOFYcf
グールドいいっす

202 :名無しの笛の踊り:03/12/22 21:35 ID:2cthyV2k
59年のザルツブルグリサイタル聴きました。 イイ!
「声」もしっかり入ってるんですね。

203 :名無しの笛の踊り:03/12/22 21:57 ID:BhwjFXsj
ザルツブルグリサイタル、あれは本当にいいよねぇ。
生で聴けた人が心底羨ましい。

204 :名無しの笛の踊り:03/12/22 23:28 ID:x8SOFYcf
>203
全面的に同意!

205 :名無しの笛の踊り:03/12/23 09:24 ID:VwaljHro

>>201 = ID:x8SOFYcf
  の楽しい書込み先がリストされています

【自称評論家】高本秀行のID・カキコ報告スレッド
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1069089875/94-

206 :名無しの笛の踊り:03/12/23 22:31 ID:QajDqrEd
グールドのCDやDVDって高いと感じています。
貧乏学生はなかなか手が出せません。
確かに、高くても買う価値のあるものだと思うのですが・・・。

それから、なかなか海外版のDVDが日本版にならないのは、一体なぜでしょうか。
例えばゴルドベルクのDVDとか。
(会話がほとんどないので、別に日本版でなくても構わないものですが)
そのあたりの事情をお分かりになる方、おられませんか?
既出だったらすいません。

207 :名無しの笛の踊り:03/12/24 13:43 ID:d0ogkefy
輸入盤買え
安いぞ

208 :名無しの笛の踊り:03/12/24 14:55 ID:XPpyrfNf
>>206
確かに没後20年以上経つというのに国内盤は一向に値下がりしないね。
人気が高い証拠でもあるんだけど。
旧レーベルの中古盤漁るとGould Editionとのカップリングの相違で結局重複買いになりそうだし。
ライナーを書籍で補っての輸入盤しかないね。俺はバイト代出たら尼でまとめ買いしてるよ。
(って今夜もイヴなのにバイトだ。グールドは好きだけど孤独はいらないよ、ハァ)

DVDも尼で結構買えるみたい。(俺は持ってないけど)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000050IL0/qid=1072244974/sr=1-13/ref=sr_1_0_13/249-9571536-4822719
表記はリージョン1だけどレビュー見るとリージョンフリーぽいね。

209 : ◆Keith./SXw :03/12/24 20:55 ID:HCTQHzds
シュトックハウゼンのボッタクリCDに比べりゃ安いもんだ。
お年玉で買え!

210 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:58 ID:jAj4nra0
ソニーが音源をどこかに売り払わないかぎり、
安くはならんだろうなぁ。そんなことは未来永劫ありえないだろうが。

211 :名無しの笛の踊り:03/12/24 22:34 ID:LL2dxFOv
グールドの本領はバッハ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンと思う。
長生きしていたら、古楽器厨房がはびこらなかったのに(泣

212 :名無しの笛の踊り:03/12/25 00:09 ID:75y4V/jK
バッハのピアノ協奏曲の演奏(指揮はL. Bernstein)を友人から借りて
聴いているが、1番は特に面白い。

Gouldの抑揚を抑えた演奏と、Bernsteinのロマン派を想起させる激しい
演奏とのギャップが見られ、興味深い。が、Gouldの側に立った私は、
とかくオケが五月蝿く感じる。

213 :名無しの笛の踊り:03/12/25 00:45 ID:Dg2XC+5C
>>211
ヴァカモトはクルナ!

214 :名無しの笛の踊り:03/12/25 12:34 ID:XBZvA9eM
ところでグールドの死因は自殺だった(軟弱者の言い分39ページ参照)
というのはほんとうですか。
誰か詳しい人おせーて。

215 :208:03/12/25 13:41 ID:RJDon1yz
>>206
尼のゴールドベルクのDVD、在庫切れだったね。
ごめん、意地悪じゃないよ。他の通販サイトあたって...

216 :名無しの笛の踊り:03/12/25 17:31 ID:e3LchvyH
>212
バッハピアノ協奏曲1番は特にいいね

レニングラードライブ盤(Sony SMK52686)も聴いてね。ライブ感が最高です。

217 :名無しの笛の踊り:03/12/25 18:29 ID:2ffw3M73
グールド・エディションって何番まであるんですか。
リストがあるサイトってあります?

218 :名無しの笛の踊り:03/12/25 19:08 ID:e3LchvyH
>217
手元のCDで番号は SMK52594 - 52688。
最初がゴルトベルク1955年盤で、最後がメニューインとのヴァイオリンソナタ2曲+α。

この間で検索してみたら。


219 :名無しの笛の踊り:03/12/25 21:00 ID:yAEnW1Mw
>>217 >>66参照
ちなみに http://www.glenngould.com/52646.html はOp.34が抜けている
http://www.glenngould.com/52603.html はDiscTwoが第一巻の記録になっている
全部持ってないけど他にもあるのかな

220 :名無しの笛の踊り:03/12/25 21:19 ID:pBAI5U+3
>>217
ここのサイトのをまとめてみたら43枚あった。
http://www.glenngould.com/albums.html

Bach: Concertos For Piano & Orchestra
Bach: Goldberg Variations 1955
Beethoven: 'Eroica' Variations, 32 Variations Woo 80, 6 Variations Op. 34, Bagatelles Opp. 33 & 126
Beethoven: 5 Piano Concertos
Beethoven/Liszt: Piano Transcriptions Symphony No. 5, Symphony No. 6 (First Movement)
Grieg: Sonata Op. 7, Bizet: Premier Nocturne, Variations Chromatiques, Sibelius: Three Sonatines Op. 67, "KYLLIKKI" - 3 Lyric Pieces Op. 41
Mozart: Piano Concerto No. 24, Sonata K.330, Fantasia & Fugue K.394, Haydn: Sonata No. 49
Strauss: Ophelia Lieder Op. 67, Enoch Arden Op. 38, Piano Sonata Op. 5, 5 Piano Pieces Op. 3
Hindemith: Sonatas For Brass & Piano
Glenn Gould Plays Contemporary Music - Morawetz, Anhalt, Pentland, Hetu, Valen
Bach: Two & Three Part Inventions
Beethoven/Liszt: Symphony No. 6 In F Major, Op.68 (Piano Transcription)
Brahms: 4 Ballades, Op. 10; 2 Rhapsodies, Op. 79; 10 Intermezzi
Bach: Goldberg Variations (1981 Digital Version)
Hindemith: Piano Sonatas
Byrd, Gibbons, Sweelinck: Consort Of Musicke
Handel: Harpsichord Suites Nos. 1-4, Bach: Prelude and Fugue in E Major & F-sharp Minor
Beethoven: Piano Sonatas Nos. 24 & 29
Schumann: Piano Quartet Op. 47, Brahms: Piano Quartet Op. 34
Bach, Beethoven, Schoenberg: Works For Violin And Piano


221 :名無しの笛の踊り:03/12/25 21:19 ID:pBAI5U+3
Bach: Partitas BWV 825-830, Little Preludes, Little Fugues
Bach: Well-Tempered Clavier, Book I
Bach: Well-Tempered Clavier, Book II
Glenn Gould Live In Salzburg And Moscow. Bach: Goldberg Variations, Three-Part Inventions Nos. 2-15
Glenn Gould Live In Leningrad 1957. Bach: Piano Concerto No. 1, Beethoven: Piano Concerto No. 2
Haydn: Piano Sonatas Hob.XVI, Nos. 42, 48-50
Bach: Toccatas
Beethoven: Piano Sonatas Vol. I, Nos. 1-3, 5-10, 12-14
Beethoven: Piano Sonatas Vol. II, Nos. 15-18, 23, 30-32
Wagner: Piano Transcriptions, Siegfried Idyll
Bach: English Suites, BWV 806-811
Bach: French Suites, BWV 812-817, Overture In The French Style
Bach: Sonatas For Violin & Harpsichord, Sonatas For Viola Da Gamba & Harpsichord
Mozart: The Piano Sonatas
Schoenberg: Piano Works, Piano Concerto, Fantasy, Ode To Napoleon Bonaparte, Pierrot Lunaire
Schoenberg: Lieder
Chopin: Sonata No. 3, Mendelssohn: Songs Without Words, Scriabin/Prokofiev:Sonatas
Berg/Krenek: Sonatas, Webern: Piano Variations, Debussy: Rhapsody No. 1 For Clarinet & Piano, Ravel: La Valse Hindemith: Das Marienleben, Krenek, Strauss: Lieder
Beethoven: Piano Concerto No. 5, Strauss: Burlesk
Bach: Art of the Fugue
Glenn Gould: Glenn Gould plays Bach
Glenn Gould and Chamber Music

ところで、質問ですがグレングールド・エディション版の「マリアの生涯」で国内版ってあるんですか?
旧版は中古でよく見かけるんですが…。



222 :名無しの笛の踊り:03/12/25 21:28 ID:pBAI5U+3
>>219
公式ページ(?)なのにいい加減なんだねえ。
誰か英語できる椰子教えれ。


223 :名無しの笛の踊り:03/12/25 21:28 ID:zNyAOWe/
グールドがチェンバロ弾いたヘンデル。あれは廃盤にしないと
グールドの格を下げてしまう超駄作ですね。

224 :グールポ ◆VcOkKpXBBQ :03/12/25 22:16 ID:Cn41ZZ6K
>>214
へ〜そうなんですか?初耳。
私はてっきりデタラメで不健康な生活が祟って衰弱死したのかと思ってたよ。

225 :名無しの笛の踊り:03/12/25 23:24 ID:8Doe9w8J
グールドのベトOp.10-1第二楽章は沁みるだろうなぁ、早く届かないかなぁ。

226 :名無しの笛の踊り:03/12/26 00:07 ID:9BShzLTi
>>218-221
ありがとうございました。

227 :名無しの笛の踊り:03/12/26 01:44 ID:fcTqOihI
若いグールドファンには辛いお知らせだが
Gould Editionでカバーしているのは全録音中約5割に過ぎない。
(平均律1巻全曲と>>200氏の言う間奏曲の別テイクを同じ1と
 カウントしての話だから重要度という点では必ずしも半分ではないが)
ブラームスのピアノ協奏曲等ソニークラシカルレーベルで入手しやすいものもあるが
ほとんどはDVD化が待たれる旧LDのグールドコレクションか>>173氏の言われる廃盤物。
又、CBCお蔵入りのベートーヴェン・ピアノソナタ19番なども僅かに残っている。
こういうのが埋もれているところを見ると欧米では忘れ去られつつあるのかなと思う。

http://www.glenngould.com/albums.htmlのあら探しをしてみたが
・モーツァルトソナタ全集の幻想曲ハ短調が×K457○K475
・シェーンベルク作品集のDisc2の1曲目が×ThreePianoPiecesOp.11○PianoConcertoOp.42
・ベルク/クルシェネックのベルクが×Berb...バーブて。ここであきれて中止。


228 :名無しの笛の踊り:03/12/26 01:54 ID:reBbbRwF
age

229 :名無しの笛の踊り:03/12/26 12:42 ID:jwGO4lxZ
>>221
マリアの生涯の国内盤は音楽出版社・クラシックCD総カタログ2004年版添付の
データCDを検索した限りでは再発売されてないようです。

>>223
ヘンデルは駄盤ですか。そう言えばフーガの技法のオルガンを酷評している
海外評論家もいましたね。オルガンの奏法とは言えないとかで。
刷り込み対策として最近は初めての楽曲は極力グールド以外のを
聴いてからにしているのですが、ヘンデルのハープシコード組曲はあまり
見かけないのでグールドも未聴ですが廃盤になると困るので買い求めます。

230 :名無しの笛の踊り:03/12/26 12:52 ID:xthrmO5m
>>229
半角ウザいよ…

231 :60:03/12/26 15:02 ID:W0VI2ZS/
>>214 >>224
脳卒中で死んだはずだが.

232 :名無しの笛の踊り:03/12/26 15:17 ID:YOHBevhU
レニングラード・ライヴ、シェーンベルク、コンテンポラリー
の3つを持ってないや。

233 :名無しの笛の踊り:03/12/26 18:43 ID:SIGi3KLS
>>229
調査サンクス。旧盤買う決心つきました。
>>230
ウザクナイトオモウガ…

234 :名無しの笛の踊り:03/12/26 19:41 ID:SS23JW3n
ヘンデルの組曲も演奏いいぞ
鍵盤ノイズは大きい。かつ、極端なオンマイク録音。
好き嫌いの原因かも。


235 :名無しの笛の踊り:03/12/26 23:03 ID:xxiqwpbA
ヘンデル、悪くはないと思うのだが、
やはり初めて聴いたときはびっくらした。
一般的なチェンバロ演奏とは随分違ってた。

236 :212:03/12/26 23:43 ID:7LYo75Ad
>>216
サンクス。



237 :名無しの笛の踊り:03/12/26 23:47 ID:pa6W54Ea
>>233
窓の腐ったフォントは半角だか全角だか
わざとあいまいになっているが、
まっとうな書体で表示すると
禿げしく読みにくいんだよ。
なんで21世紀になってまで半角なんだよ?

238 :名無しの笛の踊り:03/12/27 00:16 ID:PfvrgD/P
>>233
旧盤ってSRCR9877〜8のこと?

239 :名無しの笛の踊り:03/12/27 01:41 ID:neUyMBMk
>>237
パターン・マッチング苦手なのね(=IQ低い)

240 :名無しの笛の踊り:03/12/27 15:18 ID:DVe8Qg+X
>>230 失礼、非窓ユーザが周りにいないもんで。

>>234
録音状態で言えばシベリウスのソナチネはマイクを遠ざけて
録音しているような部分があり、幽玄さが面白いですね。

241 :名無しの笛の踊り:03/12/27 17:28 ID:8se+iEbc
>>229
フーガの技法のオルガンはいいと思う。オルガンだとしばしば教会の
長大な残響で対位法が台なしになるけど、グールドは乾いた音響が吉。

ヘンデルはやっぱりチェンバロの繊細な音色を台なしにしてるので
受け入れがたいなあ。彼のひねくれた性格が裏目に出るとこうなる。

242 :名無しの笛の踊り:03/12/27 20:00 ID:ZMYUhNKE
グールドは天才肌の演奏者に良く見られる排他的な唯我独尊とは縁遠い。
作曲もカルテット1曲でほぼ見極めつけちゃったし、オルガンもチェンバロも
盤に残したのは1回こっきり。実験して見て自分で冷静に判断して終了。
スクリャビンだったかでのマイク重層録音実験も1回で辞めちゃったけど、
今の5,1ch時代なら結構うけたかも知れない。
本人が意欲的だった指揮の行方が惜しまれる。

243 :名無しの笛の踊り:03/12/27 21:18 ID:bmhv6lf+
あのチェンバロのガチャガチャした騒音が「繊細」だって?(プププ
耳腐ってんじゃねーの(プププ
クツワムシの鳴き声のほうがよっぽど上品だっつーの(プププ

244 :名無しの笛の踊り:03/12/27 23:04 ID:AQPhcfra
>>243
クツワムシダッテ…プゲラッチョ

245 :名無しの笛の踊り:03/12/28 23:09 ID:YuqW9JRq
グールドのチェンバロはいいと思われ。
あれより良い演奏のヘンデルチェンバロ演奏CDあれば教えてほしい。

246 :名無しの笛の踊り:03/12/29 14:51 ID:JfBa3CmS
>>242
チェンバロについては分かりませんが、オルガンでの録音が
1回きりだったのは奏法の違いにより肩への異常を起こしたから
ではないでしょうか。フーガの技法の後半をオルガンで遺す
意思はあったかと思われます。(書簡集を読んで)
最晩年のワーグナーやベートーべンの指揮は映像を見たいですね。

秋からクラシックを聴き始め、思いの他ハマってしまいました。
苦手の現代音楽も映画の効果音的に聴けるようになりましたが
今はベートーべンの聴き比べを一番楽しんでいます。
そのうち機会を見つけコンサートにも行こうと思います。
ここで頂いたアドバイスに改めて感謝しつつ、皆様良いお年を。

247 :名無しの笛の踊り:03/12/29 21:56 ID:o6nStsff
久しぶりの書き込みです。

時々、National Library of Canadaで
(http://www.nlc-bnc.ca/glenngould/m23-700-e.html)
The Glenn Gould Archiveにある録音テープを
仕事しながら流しているのですが、
最近全然データにアクセスできません。
RealOne Playerで必ずエラーがでます。
なぜかなぁ・・・?
皆さんの所はいかがですか?

248 :名無しの笛の踊り:03/12/29 22:19 ID:q/gdVr89
>>247
サーバーのキャパ・オーバーだよ、とアラート表示が出ますね。
数ヶ月前までは普通に繋がりましたが…。
このリンク掲載で更に繋がりにくくなるかなw

249 :名無しの笛の踊り:03/12/31 13:14 ID:U95B84kI
>>247
よく弾いてる曲はお気に入りだったと思っていいのかな?
漏れもクォドリベット大好きさ〜

250 :名無しの笛の踊り:03/12/31 13:19 ID:4NqHnCBV
グールドのハイドン旧録音いいですね

251 :名無しの笛の踊り:03/12/31 13:23 ID:U95B84kI
ゴルトベルグ7変奏も多いな

252 :名無しの笛の踊り:04/01/01 02:11 ID:5gBO24N+
今年はDVD買えますように

253 :名無しの笛の踊り:04/01/01 16:25 ID:5SNi9H0t
あけおめ。
今年もたくさん語りませう。
どっかから音源が発掘されてきますやうに。

254 :名無しの笛の踊り:04/01/01 16:29 ID:fuS+2Xmv
GGのトロントが観たい!
DVDにして下さい

255 : :04/01/04 23:09 ID:WZp3yGZp
私もおながい

256 :名無しの笛の踊り:04/01/05 15:33 ID:iBwGQd+X
グールドはうまい!

257 :名無しの笛の踊り:04/01/06 01:18 ID:XNnk44ae
グールドの靴下

258 :名無しの笛の踊り:04/01/06 23:10 ID:HovNxxhg
穴があいている

259 :きっこ:04/01/07 00:16 ID:qAPNPMnx
左右、違う靴下

260 :グールドFUN:04/01/07 13:07 ID:6wQQv1FB
グールドの死因は自殺ではなく、脳卒中です。すべての本にそう書いてあります。

261 :名無しの笛の踊り:04/01/10 13:41 ID:p7YWldB8
このスレも根強いなあ・・・。
グールドの死因は、脳梗塞。2回目の発作で、脳死状態になったんだよなあ・・・。
グールドの死亡記事を朝刊で読んだ時の「頭からっぽ」状態が忘れられない。
あんな思いは二度としたくないなあ。

262 :名無しの笛の踊り:04/01/10 23:18 ID:0PLJ8ecF
死因発表があってからも、
関係者が心臓発作だと言っていた時期もあったね。
遺族で生命維持装置を外す決定をしたことにつき、
周囲から何か言われたことが、ひょっとしたらあったのかも知れない・・・と
想像してみる。


263 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:47 ID:fB/w0QNy
そうだなあ。反対したヒトいたかも。
でも、グールドは周囲から常に心配されてたから、
来るべきときが来たか・・・とがっくりされつつ、冥府へと旅立ったと思う。

264 :名無しの笛の踊り:04/01/11 04:56 ID:3LN+q/Zq
そうそう、周囲が心配してたのに、本人が薬の常用を
一向にやめなかったのも奇妙な話だったよね。
あんなに知識のある人だったのにね。

でも、死に方としては割と幸運だったように思うよ。
あれだけ自己コントロールを望んだ人だもの、
何年もベッドに拘束された挙句、人の手を借りなきゃ用も足せないとか、
そんな状況になっていたら、グールドにとっては地獄だったろうから。
しかし早死にだよなあ。もっと色々録音して欲しかったのに・・・。
(個人的にはハイドンをもっとと、あとやっぱりグリーグの
協奏曲が聴きたかった)

265 :名無しの笛の踊り:04/01/11 17:30 ID:JpNViszD
過去スレでも尋ねたことがあるのだけど

モツアルトのキラキラ星変奏曲ってCD出てるかな?
グールドのキラキラ星(ハミングつき)すっごく聴いてみたい


266 :名無しの笛の踊り:04/01/11 17:34 ID:f2LGERmY
>>265
GGのはない

267 :名無しの笛の踊り:04/01/11 18:08 ID:v7WnLx1z
>>265

スレPART2での

>472 :名無しの笛の踊り :02/10/27 15:15 ID:???
> >>451-465
>モーツァルトの話題になっているけど、煽りにならない程度にこっそりと…
>
>モーツァルトって簡単に言うと弾きやすい。なんか音符の数の割には弾き易いと
>いうか、運指の指定も無理がない。必要最小限の労力で最大限の効果を出すよう
>につくられているって感じ。モーツァルトソナタを弾いてみた第一印象。
>
>曲想を重視して創ったというよりかは明らかに演奏家よりなんだよね。テクニッ
>クのための音楽というか…とにかく明らかにバッハとはスタンスが違う。これを
>演奏家におもねっているとみるか、洗練されているとみるかの違いだろうと思う。
>
>グールドはそんなモーツァルトを「小賢しい」とでも思ったんじゃないだろうか
>と想像してみる…い、いや、俺は好きですよ。モーツァルト。勉強になります。
>
>ちなみに俺は「きらきら星」の>>152ですが、グールドのきらきら星はやはりネタ
>でした。どっかで聞いたのをグールドを勘違いしたようです。
>先日、グールドのモーツァルトソナタ全集にきらきら星がないことの確認をしま
>した。今更ですがお騒がせして申し訳ありませんでした。

〜さんですか?

268 :名無しの笛の踊り:04/01/11 18:44 ID:JpNViszD
>>267
ちがいます
アテクシはそんな薀蓄オタではありません

269 :名無しの笛の踊り:04/01/13 21:07 ID:K7f6NAO5
ゴルトベルク旧盤前のCBC録音は悪くは無いが感動しない。
音質ではなく、テンポ設定などに拠る気がする。
主なライブ録音は大概ソニー正規盤で入手できる。

270 :名無しの笛の踊り:04/01/14 23:24 ID:Zvne/QdX
米デビュー前録音って、後年の録音に比べると、
全体的にさほど声に出して歌ってないよね。
や、だからどうと言うわけではないけど。


271 :名無しの笛の踊り:04/01/16 20:19 ID:56SGE0ff
グールドとラレードのバッハ『ヴァイオリン・ソナタ全集』が好きです。
晩年の『ゴルトベルク変奏曲』並の演奏だと思います。

『ゴルトベルク変奏曲』ばかりが注目されがちですが、仮に『イタリア協奏曲』だけでも、
グールドは偉大な音楽家といえると思います。


272 :名無しの笛の踊り:04/01/17 02:21 ID:WzGw4nnI

>271

>『ゴルトベルク変奏曲』ばかりが注目されがちですが、仮に『イタリア協奏曲』だけでも、
>グールドは偉大な音楽家といえると思います。

『ゴルドベルグ変奏曲』はグールド入門盤としては、良いですよね。
なんかコイツスゲーッって思いましたモン、自分。あれを初めて聴いた時。
やっぱ、彼はバッハの申し子だと思ってます。


273 :名無しの笛の踊り:04/01/17 18:31 ID:7bG5DZhs
最近、近所の古本屋で偶然発見して廉価で入手しました。
グレン・グールド(ピアノ)
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番、カラヤン指揮ベルリン・フィル(1957 MONO)
R.シュトラウス ピアノと管弦楽のためのブルレスク ニ短調、ゴルシュマン指揮トロント響(1957 STEREO)
(セブンシーズ KICC 2122)

これって今のネットのCD店で検索してもヒットしないし、たぶん廃盤。
でもってカラヤンとグールド共演の貴重な記録(こんなのがあったんだ…と思いました)。
ソニークラシカルのグールドエディションにもたぶん入ってない?
ということは。
もしもオークションにかけたら結構高値がつくのでは?しかもそれを550円くらいで近所でゲットしてしまった僕って…。
などなどのことが気になります。
グールドなんでも鑑定団の皆様、この品鑑定していただけますか?
品物の状態は並。高値がついても売る気はありません。

274 :名無しの笛の踊り:04/01/17 18:58 ID:sB76NTOD
>>273
廉価版だからジャケットにはグールドの顔は印刷されてない?

キング版のが2000円で落札されようとしているのを見ればわかるように
\2000-\3000の間で取引されているよ。
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g13306008

ちなみにおれはヤフオクで\3600で買ったから悔しい。
グールド祭りの時には\3000以上つくかも。

275 :274:04/01/17 19:00 ID:sB76NTOD
>>273
よく読むとセブンシーズだったね。
いいなあ。

276 :273:04/01/17 20:53 ID:7bG5DZhs
>>274
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g13306008
そうです、これと同じものです(KICC 2122)。
274さん、情報ありがとうございました。
これをきっかけに、もっとグールドを聴こうという意欲が湧いてきました(自分はこれまでオーケストラもの中心に聴いてきたので)。
このCDは神から与えられた宝物として大切にします。

277 :デューク東郷:04/01/17 23:47 ID:v8Dwm+3G
>>273
カラヤンとの一期一会のべトのP−コン3か。
漏れは、10年以上前にVIRTUOSOで購入した。
演奏は、最高の出来だよなあ。
カラヤン、シュテュッケンシュミットいずれも、「ブゾーニの再来」と
大絶賛、ベルリン中の話題を独占した。
いまだに、これ以上のべトのP−コン3には、聴く機会に恵まれない。




278 :名無しの笛の踊り:04/01/18 02:00 ID:/o3+cnrv
1さんへ。

いや〜それほどでも。

279 :グールドFUN:04/01/18 17:53 ID:S7r6FFco
僕がグレン・グールドで好きなのは、彼は自然的なものを持っているからです。
彼の音楽はまるで宇宙の音楽です。あの空間的な演奏は、宇宙的な要素も含まれて
いると思います。

280 :名無しの笛の踊り:04/01/20 08:14 ID:MvAfOJUC
>>273
なんかムカつく…
> 高値がついても売る気はありません。
なんて言っておきながら
オークションの話してるし

281 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:30 ID:68mFP9n7
平均律第2集買いました。

  最 高 で す

次はラレードのを買おう。。

282 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:32 ID:68mFP9n7
平均律第2集、他のお勧めを教えてください。

 ちなみに平均律だったかどうか忘れたけど、久しぶりにHMVでいろいろみてて
 A.シフのジャケット見て唖然とした。若くて。
 2,3年前実物見たときはかなーり爺さんだったんで。

283 :名無しの笛の踊り:04/01/20 21:10 ID:YM6C8TBb
ゴルシュマンとのブルレスケは1967年のTV放送録音だろうね。
これだけはSONYから性器盤が出てた(併録はアンチェルとの「皇帝」)
ただカナダって遅れてるのか音質が良くなかったのは残念。

284 :名無しの笛の踊り:04/01/20 23:29 ID:dLFscmDK
>>282
個人的には1巻も2巻もグルダが良かった。お薦め。
有名な盤なんで、もうとうに聴き知ってたらスマソ。

285 :きっこ:04/01/21 01:02 ID:cXhjIIAH
グールド本、たくさん読みました。
高額で泣きましたが
カズディンとピーターオストワルドの本は凄く納得!

演奏術は楽典用語はわかるんですけど、
音楽思想とかはさっぱりわからないので
睡眠薬がわりに読んでます。
それで、おまけにCDがついてたんですけど、
グールドのCDあさりの参考にもなって、損はしなかったです!
本を紹介してくれた方、ありがとうございます



286 :名無しの笛の踊り:04/01/21 01:03 ID:3efB3/tE
2032年のグレングールドという浅田彰と坂本の対談が乗っているのは
なんという本かわかるかたいますか?

287 :きっこ:04/01/21 01:08 ID:cXhjIIAH
あ〜それから、ペダルの使用についても、
自分が使いこなせる様になって
やっと、わかりました。バッハ以外は使用してましたです・・・

現在、ベートベンのソナタ30番31番と
シベリウスのソナタとキュリッキ??にはまって
聴き比べ、聴きまくってます。

288 :名無しの笛の踊り:04/01/21 01:15 ID:cfDh2w7u
塔でバッハの10枚組売ってるんだけど、
ずっと売ってた?それとも再入荷かな?
この前見たとき無くてがっかりした気がしたんだけどな。


289 :名無しの笛の踊り:04/01/21 01:36 ID:/1NwX2ms
録画しといた番組(オフレコ、オンレコとかいうの)
見ました。生き生きとしたバッハで、いいですねー。

自分もインヴェンションだけどバッハ勉強中なので、
あんな風に弾けたらなと思いました。指がついていかないけれど。
CDも買いたいです。お買い得のセット、前見かけたんだけど、
もうないみたい?

290 :きっこ:04/01/21 01:41 ID:cXhjIIAH
私はバッハ好きから始まって
迷わず、アマゾンでバッハ全集かったんですけど、
先輩方の意見も聞きたいです!

291 :名無しの笛の踊り:04/01/21 03:45 ID:KNQf7Z8v

大学生のおいらには同時代感覚がないんだけど
リアルタイムで聞いていた人がうらやましい

292 :名無しの笛の踊り:04/01/21 03:50 ID:PhuyeAMO
>>286
『文藝別冊 総特集グレン・グールド:バッハ没後250年記念』、河出書房新社、2000年
という本です。出だしのところをちょこっと引用しておきます。

 浅田: グレン・グールドの人気は衰えを知らなくて、とうとう最後の「ゴールドベルグ変奏曲」
   のヴィデオ・ディスクも出た、そういうのは嬉しいかぎりなんだけど、あまり喜べないこと
   もある。『グレン・グールドをめぐる32章』っていう映画とかさ。

 坂本: あれはひどい。あんなことをしてもらっては……。私のグールドがメチャクチャになっ
   てしまった(笑)。


この本、武久源造氏のグールドに関するインタヴューがあって、それがとてもおもしろかっ
たです。

293 :名無しの笛の踊り:04/01/21 11:24 ID:y8DJHDVD
武久の、おもしろかったね。

294 :名無しの笛の踊り:04/01/21 22:23 ID:Qkbq3y7a
うん、武久氏のインタビューは面白かったね。
熊本マリさんのエッセイとか、岡田敦子さんの文章も
興味深く読めた。
でも、全体としては玉石混交な印象の残る本だったなあ。
因みに、自分は上の坂本氏と浅田氏の対談はあまり感心しませんでした。
あくまで個人的な感想ですが。

295 :名無しの笛の踊り:04/01/23 11:41 ID:HBjIYzxM
>>264
薬って何を常用していたのですか?
麻薬とかですか?

296 :名無しの笛の踊り:04/01/23 11:49 ID:jIXflfsx
>>295
いえ、医者からの薬ですが
今は禁止になってるのもあるそーだ

297 :名無しの笛の踊り:04/01/23 12:16 ID:HBjIYzxM
さんくすこ

298 :名無しの笛の踊り:04/01/23 14:23 ID:30zBjJAQ
ウ〜ウ〜♪

299 :名無しの笛の踊り:04/01/23 19:02 ID:UK8KeZ07
>自分は上の坂本氏と浅田氏の対談はあまり感心しませんでした

個人的な感想を是非きかせてください。

300 :名無しの笛の踊り:04/01/23 19:19 ID:RS5GGkot
>>295
ネンビュトールとか言う睡眠薬だったかな。
他にも常用してたのかも知れないけど
「ネンビュトールをやめてからはラジオがなければ寝られなくなった」とか言ってたみたい……。

301 :名無しの笛の踊り:04/01/23 20:58 ID:3ItkKEji
バッハのピアノ協奏曲全集、完成させて欲しかったなぁ。
他の人なら一気に全曲録音してもおかしくないボリュームなのに、
随分とのんびり収録してるんだもん。
指揮者に死なれたのも大きかったようだけど、NYのオケを使ってた関係上、
途中で録音場所をトロントに移した(ピアノも移動)ってのも影響したのかなぁ。

302 :名無しの笛の踊り:04/01/25 21:49 ID:4q8A/LkT
>>301
え? 指揮者、途中で死んだの? レナード・バーンスタインじゃなかったっけ?

まぁモノラルなのはしょうがないとして、早く、映像をDVDで出してほしい。
ニ短調の一部がアートオブピアノで出たけど、マジで演奏中のグールド格好良かった。。。。
全部みたいよ。


303 :名無しの笛の踊り:04/01/26 23:13 ID:4hLyZHJD
最後の左手の動きがイカシすぎ
最高

304 :名無しの笛の踊り:04/01/27 00:43 ID:9drj9ZAp
ベートーヴェン作曲・リスト編曲「運命」
力強いグールドの演奏にぶっ飛んだ。これぞ名演。
恐るべし、グレン・グールド!

305 :名無しの笛の踊り:04/01/27 10:35 ID:IrxYSLaP
グールドはアンチェルが嫌いだった?

306 :名無しの笛の踊り:04/01/27 11:18 ID:bT5vW3XU
個人的には「グレングールドはRock!!」な気がするw
あくまで個人的な主観によるけど。

307 :名無しの笛の踊り:04/01/27 14:24 ID:nViMwu7x
ブランデンブルグ協奏曲のCDは出てないんだっけ?

308 :名無しの笛の踊り:04/01/27 23:21 ID:kZRH/eVS
>>302
途中で亡くなったのは、ウラディミール・ゴルシュマンのことじゃない?

309 :名無しの笛の踊り:04/01/27 23:26 ID:AYOZipq2
>>302
グールドとバーンスタインのどちらが先に死んだか復習しておいて下さい。


310 :名無しの笛の踊り:04/01/27 23:51 ID:9drj9ZAp
バーンスタインがホモだというのは超有名だわなw


311 :名無しの笛の踊り:04/01/28 03:55 ID:Wwvqeu99
>>307
映像での演奏ならあるぞ。
NHKで放映しただろ?漏れは撮ったけど。
CDで出ているかどうかは、知らん。

312 :名無しの笛の踊り:04/01/28 23:47 ID:Fnyo0MI1
>>311
昔、M&Aで出ていた。
Baltimore Chamber OrchestraでPeter Adler指揮の1962年のライブ

313 :名無しの笛の踊り:04/01/29 18:59 ID:hAxvhanT
>>307
>>312さん情報に追加
ステレオ録音なのは嬉しいけどテンポ遅いっす。
もっとキビキビした演奏が好みなのだが…。
>>311さんおっしゃる映像はグレン・グールド・コレクションに収録されていますか?


314 :名無しの笛の踊り:04/01/30 03:06 ID:PImaOJFK
バーンスタインがホモ

315 :名無しの笛の踊り:04/01/30 03:44 ID:OA9lGews
LDのコレクションが気になる人は多いのが当然だと思うけど
HPなどのどこかに載って無いのかな?
早期DVD化を促すためにも皆で内容把握共有した方が良いと思うが

316 :名無しの笛の踊り:04/01/30 09:41 ID:C6d4Of+x
>304
「田園」もいいよ。「運命」の最後に付いているのとは別テイク。
テンポが全く違う。5楽章収録盤の方が圧倒的に良い。
聴いてね。

317 :名無しの笛の踊り:04/01/30 10:09 ID:/nvTPxUO
>>315
WAVEの本に載ってなかった?

318 :名無しの笛の踊り:04/01/30 11:52 ID:Ix0WDjz7
>>315
「グレン・グールド大研究」にも載ってるよ。
web上できちんと載せられてるのは見たことないなあ。

319 :315:04/01/30 13:21 ID:OA9lGews
>>318
なるほど。「グレン・グールド大研究」観てみたが、『コレクション』Tの
元と成った『グレン・グールド・チクルス/グレン・グールド・プレイズ』の
内容が載っているね。宮澤氏の簡単な解説もついてるから概略はこれで分かる。
エピソードは26分ものが22までと53分もののラスト23で成り立ってるが、
LDコレクションTでは4エピソードが1枚の裏表だから6枚構成に成っている。

どこにも無きゃ、LD付属の解説本の目次をOCRでも使ってUPしようかと思ったが
LPサイズのハードカバーなんでスキャンも儘成らないw
コレクションの後続のUの方が何処にも無いならば、こちらの解説本は小さいから
そのうち暇を観てUPしましょう。

>>313
グールドのブランデンブルクは『指揮者グールド』シリーズに収録。
「大研究」でも分かるが、エピソードの10にあり、62年に5番を振ったもの。
因みにエピソード9にはあのカンタータ54番他を収録。
いずれもLDコレクションTではDISC3A面の、プログラム5「知られざる指揮活動」
に収録されている。

320 :グールポ ◆VcOkKpXBBQ :04/01/30 18:10 ID:hOze3InP
実家にLDがあるので今度帰ったらリスト作成しても良いよ。
いつ帰るかわからんけど。

321 :315:04/01/30 18:26 ID:IVTpjdUZ
>>320
お、頼もしい、皆のために是非ともお願いしたい。
要望の多さだけが早期DVD化を促すとは考えないが一助には成る筈。

LDコレクションUは2枚あるが、1枚目だけテストがてらにUPしてみる。
前にも触れたがパルティータ4番は必聴。

THE GLENN GOULD COLLECTION U
DISC 1/Vol.1
Side 1
プログラム13「ゴールドベルク変奏曲」
@イントロダクション:ブルーノ・モンサンジョンとの対話 (6:23)
Aバッハ:ゴールドベルク変奏曲BWV988(全曲)
  グレン・グールド(ピアノ)
   GLENN GOULD,Piano

Side 2                  
プログラム14「バッハをピアノで弾く理由(わけ)」
35バッハ:コントラプンクトウス第1番(「フーガの技法」EWVlO80より)(5:08)
36ブルーノ・モンサンジョンとの対話           (10:38)
 以下の抜粋を含む
 小プレリュード ニ長調BWV936
 ヴァイオリン・ソナタ第4番ハ短調BWVlO17より第2楽章 アレグロ
 バッハ:半音階的幻想曲(「半音階的幻想曲とフーガ」BWV903より)
37第1小節〜第47小節                  (3:19)
38ブルーノ・モンサンジョンとの対話           (1:46)
39半音階的幻想曲(第47小節〜第79小節)         (3:23)
〜続く〜

322 :315:04/01/30 18:29 ID:IVTpjdUZ
〜続き〜
40ブルーノ・モンサンジョンとの対話              (9:17)
 以下の抜粋を含む
 イタリア協奏曲BWV971より第1楽章.      −
 パルティータ第6番ホ短調BWV830より第5曲 サラバンド
 平均律クラヴィーア曲集第2巻よりフーガ第3番嬰ハ長調BYW872
 フランス風序曲口短調BYW831より第10曲 ジーグ
 パルティータ第5番卜長調BY「V829より第1曲 プレアンブルム
 パルティータ第1番変口長調BYW825より第1曲 プレルーデイウム
 パルティータ第2番ハ短調BWV826より第6曲 カプリッチョ
▼バッハ:パルティータ第4番二長調BWV828(全曲)
41第1曲 序曲                       (4:54)
42第2曲 アルマンド                    (5:40)
43箭3曲 クーラント               /    (3:08)
44第4曲 アリア                      (1:14)
45第5曲 サラバンド                    (5:14)
46第6曲 メヌエット                    (1:19)
47第7曲 ジーグ                      (1:28)

48 エンド・タイトル
 グレン・グールド(ピアノ)

323 :313:04/01/30 18:50 ID:i/oooWvJ
>>319
レスありがとうございます。
映像あるの知らないでこの前ヤフオクで6000円台で手に入れました。
あと、カンタータ54番収録された「グレン・グールドプレイズバッハ」も…。
廃盤ていう言葉に弱くて…。
最初からグレングールドコレクションを購入していればよかった。
既にLD買えるぐらい投資しているような気がする。


324 :グールポ ◆VcOkKpXBBQ :04/01/30 19:50 ID:hOze3InP
>>321
でも、実家に帰るの、ホントにいつになるかわからないよ?
早くてゴールデンウイーク、下手すりゃお盆w
というわけで他の人にバトンタッチ

325 :名無しの笛の踊り:04/01/31 21:45 ID:wpipi8bq
>>321-322
うおーーーーーーーーー
見たいよー見たいよー
DVD化激しくキボンヌ

326 :名無しの笛の踊り:04/02/01 09:00 ID:s9uvjUtq
LD って
http://www.glenngould.com/gg/vhs.html
これと同じ?

VHSなら今でも売ってるはず
漏れ2,3年前に数本買ったよ。
まあやっぱりDVDのがいいけど。

とりあえず出ないかもしれないのでVHSをDVDにしとこう。


327 :名無しの笛の踊り:04/02/01 15:04 ID:iarZQwzy
W大図書館のサイトにリスト発見(あまり細かくないが)
ttp://www.wul.waseda.ac.jp/CLIB/VIDEO/13.htm


328 :名無しの笛の踊り:04/02/01 15:11 ID:FFRT8Dt1
>>326
そうです。でも例えば、

>Program XIV: Glenn Gould Plays Bach
>"A Question of Instrument"
>Canadian VHS Video Catalogue Number: SLV 48425

>Composer: J. S. Bach
>Performer: Gould

これだけじゃ、この中に[LDでは上記COLLECTIONUの1枚目裏]後半、
パルティータ4番全曲の素晴らしいスタジオ演奏が入ってる事は分からない。

329 :名無しの笛の踊り:04/02/01 15:22 ID:FFRT8Dt1
>>327
素晴らしい!
これで十分内容は分かりますね。一件落着です。

330 :名無しの笛の踊り:04/02/01 16:07 ID:FFRT8Dt1
でもまあ乗り掛けた舟なんで、COLLECTION Uの2枚目の目次

DISC 2 / Vol.2
  Sidel
 プログラム15「フーガの技法をめぐって」
  ]X.AN ART OF THE FUGUE
@バッハ:バッハの名によるフーガ BWV898より   (4:24) 
ブルーノ・モンサンジョンとの対話
A「平均律クラヴィーア曲集」第2巻フーガ第9番ホ長調BWVV878より(6:25)
  ブルーノ・モンサンジョンとの対話
B「平均律クラヴィーア曲集」第2巻よりフーガ第9番ホ長調BWV878(5:07)
C ブルーノ・モンサンジョンとの対話             (1:19)
D「3声のシンフォニア」よりシンフォニア第1番ハ長調BWV787 (0:50)
E ブルーノ・モンサンジョンとの対話             (2:17)
F「平均律クラヴィーア曲集」第2巻フーガ第22番変口短調BWV891より(2:40)
  ブルーノ・モンサンジョンとの対話
G 「平均律クラヴイーア曲集」第2巻よりフーガ第22番変口短調BWV891(2:55)
H ブルーノ・モンサンジョンとの対話             (2:31)
I「平均律クラヴィーア曲集」第2巻より前奏曲とフーガ第19番イ長調BWV888(2:33)
J ブルーノ・モンサンジョンとの対話             (8:27)
 「フーガの技法」BWVlO80より
K コントラプンクトウス第2番               (2:17)
L コントラプンクトウス第4番               (2:53)
M コントラプンクトウス第15番              (12:20)
N エンド・タイトル
 グレン・グールド(ピアノ)

〜続く〜


331 :名無しの笛の踊り:04/02/01 16:13 ID:FFRT8Dt1
〜続き〜
 Side2
 プログラム16「20世妃音楽の探訪」
  ]Y. ON THE TWENTIETH CENTURY
Oスクリャービンについて語るグールド       (1:01)
 スクリヤービン:2つの小品作品57
P1.欲望                       (2:25)
Q2.舞い踊る愛撫                    (2:39)
Rシェーンベルクについて語るグールド           (5:13)
Sシェーンベルク:ピアノ組曲作品25より 間奏曲      (3:44)
〜続く〜

332 :名無しの笛の踊り:04/02/01 16:15 ID:FFRT8Dt1
〜続き〜
21ウェーベルンについて語るグールド            (4:39)
22ウェーベルン:9つの独奏楽器のための協奏曲作品別第1楽章より(1:49)
 ボリス・プロット指揮
23R.シュトラウスについて語るグ←ルド            (7:59)
 ハンフリー・バートンとの対話
 グールドは以下の抜粋を演奏しながら語る
 Rシュトラウス:交響詩「英盤の生涯」作品40より
 4つの最後の歌より「夕映えに」
 明日の朝作品27−4より
 ひそかなる誘い作品27−3
24ヒンデミットについて語るグールド             (4:06)
 ヒンデミット:トランペットとピアノのためのソナタ
25第1楽章 全力をあげて                  (5:04)
26第3楽章 葬送音楽                    (8:29)
 レイモンド・クリセラ(トランペット)
27さらにシェーンベルクについて              (8:19)
 ハンフリー・バートンとの対話
 グールドは以下の抜粋を演奏しながら語る
 シェーンベルク:8つの歌曲作品6より第1曲「夢の人生」/第4曲「捨てられて」
 5つのピアノ曲作品23より第1曲ひじょうにおそく
28シェーンベルク:ピアノ組曲作品25より メヌエット(トリオなし)(1:35)
29エンド・タイトル
  グレン・グールド(ピアノ)
 
以上[*映像の出自を一部割愛]

333 :名無しの笛の踊り:04/02/05 00:12 ID:XKiDfeP/
>>330-332
乙です!
しかし、本当に色々やってますね。
デビュー50周年の来年には出して欲しい。
来年といわず今年でも歓迎ですが。

334 :名無しの笛の踊り:04/02/05 03:09 ID:HB/j2Nav
俺が自殺する前にはDVD出してほしい
このままじゃ死ねない

335 :GG:04/02/05 04:13 ID:qbSEd5cp
>>334
ィ`

336 :グールポ ◆VcOkKpXBBQ :04/02/05 21:54 ID:ZUduaHvj
上野の東京文化会館音楽資料室で全部見られるよ。

337 :名無しの笛の踊り:04/02/05 23:25 ID:qqNDlpVv
>>334
グールドもあんな孤独癖抱えて、結構辛いときもあっただろうが自殺はしなかったんだし、
334も元気出せ。
そのうちきっといいことあるよ。


338 :名無しの笛の踊り:04/02/06 00:42 ID:XXRvRp6q
ちょくちょくROMっていたが、このスレ(゜∀゜)イイ!!!

>>334
氏ぬな。生きるってこと自体が既に悲惨なモノなんだ。
生き延びれば、グールド的音律の新解釈に辿りつけるやも知れぬ。

339 :名無しの笛の踊り:04/02/07 00:37 ID:kTbqsFno
>>337>>338
の励まし方に思わず笑ってしまったが、俺も取りあえず ィ`

「こんなに死にたくなるほど退屈なのは、世の中の何かが間違っているからだ」
「俺の成績が上がらないのは、制度上のどこかに欠陥があるからだ」
「俺があんな犯罪に走ったのは、社会が悪いからだ」
「俺が車で子供を跳ねてしまったのは、道路標識が見えにくいところにあったからだ」
これらの愚痴はすべて正しいと、俺は思う。
確かにシステムが悪いのだ。
世の中に完全なシステムなんて、たぶんありはしない。
しかし「そこで終わる」としたら、これは単なる、「システムによって生産された
欠陥ロボット廃棄」だ。

高品質ロボットを目指す人生もあって良い。
しかし、「そんなことを考えた」時点で、それはすでに高品質ロボットとしての
資格欠如の証明だ。
資格を欠いたからといって、目指していけない理由になるわけでもないのだが。
これは別な人生を目指すという、つまりは選択肢が増えたことを意味する。
考える力と意志を持った生身の人間としての人生、だ。
たしかにシステムは悪い。
すべてのシステムは欠陥だらけだ。
どこが間違っているのか、腐っているのか、徹底的に考え抜け。
何が何でも見極めろ。
そうして見極めたら。
ぶち壊せ。つくり直せ。全人生を賭けてこれをやり抜け。
これは勝負事ではないから勝ち負けはない。単なるあかしだ。
自分はたしかに考える力と意志を持った生身の人間であるという、そのことの、あかしだ。

GGのぶち壊し人生に、俺は敬意を表する。彼は決して神ではない。生身の人間の究極型だ

340 :名無しの笛の踊り:04/02/07 01:20 ID:AmaCbQuS
>>334
いや、ま、人間はほっといても寿命か病気で死ぬんだし、なにも死に急ぐ
ことはないと思うぞ。今あるピアノ曲を全曲マスターするか、この世の
CD全部集めてから死んでも遅くはないと思うな。

…俺なんかも欲が深いからなかなか死ねないな。とりあえず1000年
は生きたいね。お前の寿命を俺にくれとか思ってしまう。

341 :名無しの笛の踊り:04/02/07 17:15 ID:J+MYdqai
>>337
孤独癖っていうと、いわゆる、引きこもりってやつ??


342 :名無しの笛の踊り:04/02/08 00:21 ID:mHfvE2BG
>>341
ニアイコールだわな
ジミー大西が絵が描けなかったら
ただのキモイ香具師ってとこだろ

343 :きっこ:04/02/08 01:02 ID:1Gq1mZPl
>>334さん、そんな事考えてたら
DVDがでなくなっちゃうよ( ┰_┰) ・・・

次はいつなんだろうって首をながーくして待ってるの

344 :名無しの笛の踊り:04/02/10 00:40 ID:09ySadbs
最近出たバッハのボックス、どこが安い?
ちなみに塔は13990円、犬は13999円でした。
石丸あたりの値段知ってる人教えて下さいな。

345 :名無しの笛の踊り:04/02/10 00:46 ID:09ySadbs
自己レス。
犬ウェブは13857円とほんの僅かに安いみたい。

ついでにこれ、音質はどんな感じなんでしょう?

346 :名無しの笛の踊り:04/02/10 01:40 ID:09ySadbs
再び自己レス。
実はバッハのボックスじゃなかったのね…。

347 :名無しの笛の踊り:04/02/11 13:27 ID:WxGXB+v6
米塔が尼やネット配信に押され経営破綻だそうで...
LPからCDは抵抗なかったけど、ダウンロードが
当たり前になった時、ついていけるかどうか。
グールドの未発表が入手できるならともかく。


348 :JSB:04/02/11 22:58 ID:8ZP+jD0d
いつのまにかPROXY規制が解除されたようでで、書き込めるようになった記念

グールドのこれが聴きたい&読みたい&観たいマニアック5つ

1.グールド・オン・ザ・ムーグ・シンセサイザー
日本で初めてのグールド本だったペイザントの「なぜコンサートを開かないか」巻末リストに載っているが、
これを入手している人は全世界中に100人いないんじゃないかな。カセットテープの教則本だそうで、
どこかで聞いた話では、CBCの創立何年だかの記念カセットテープ(もちろん非売品)だという説もある。

2.論文「なぜ私はモーツァルトが嫌いなのか」
グールドがぽつりぽつりとモーツァルトのソナタを録音し、ついにソナタ全集としてまとまったときに
ライナーノーツに書いた論文。私の知る限り、これは邦訳されていない。ネタ元は同じくペイザントの著作。

3.TVドラマ「戦争」
確かフィンドレーとかいう作家の小説が原作で、カナダのどこだかのTV放送ドラマで、グールドが音楽監督
だった。このTVドラマは、私のかすかな記憶ではNHKで一度放送したような気がする。前日の新聞のTV欄を見て
「あー、しまったーー!!」と悔しがったのが10年くらい前だな

4. 映画「スローターハウス5」
 昔はLDでばしばし売ってたのに、いまだにDVDが出ないしビデオでも入手困難。グールドが音楽監督。

5. ベートーヴェンP協1番のカデンツァ楽譜
そこら中の輸入楽譜やカタログを探したが、お目にかかったことがない。グールド作曲のカデンツァ

349 :名無しの笛の踊り:04/02/12 11:53 ID:Cl02+5LR
スローターハウス5はレンタルビデオ屋にふつうに置いてるぞ

350 :名無しの笛の踊り:04/02/12 12:09 ID:Tms1zJF6
>>348
スロタ、中古で200円で買ったよ。
もう見ちゃったからあげたいぐらいだよ

351 :名無しの笛の踊り:04/02/12 12:48 ID:oqAE+r9p
おいおいロック厨が知ったかでクラシックを語ってるよ。
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1065947748/401-500
何でも、クラシックの一流のピアニストの演奏はリズムがグダグダなんだとさ。


352 :グールポ ◆VcOkKpXBBQ :04/02/12 21:24 ID:G4c6bDPw
グールドLDコレクション(1995)
高橋悠治
http://www.ne.jp/asahi/kerbau/kerbau21/text(j)/1995/19951.html

グールドのレコードをよく聴いたのは、一九六○年代だった。
その後聴かなくなったのは、、自分でバッハを弾いていたせいもあるが、
このLD集に再録された追悼文にも書いたように、
かれのほんとうの仕事は七○年にはほとんど終わってしまっていたからだ。
いま聴き直してみると…

続きは上記サイトで読んでね。
面白いです。

353 :名無しの笛の踊り:04/02/13 00:10 ID:rAntgIiU
高橋悠治は昔から一貫してグールドには厳しい処があったと思う。
尤も凡百のピアニストじゃないと思って論評を読むと腹立たないから不思議だ。
彼のパルティータのLPは2回位しか聴かなかったけどもう手元に無い。
70年代に昌文社から出した2冊『音楽の教え』『たたかう音楽』ももう手元に無い。
上記リンクにある『青空文庫』所収の文章の出だしだけは、NTTの戦略?季刊誌の
創刊号1992年春No.0が手元に残ってるが、読見返す気力はもう無い。
いつかどこかで彼が70年代の2冊に否定的だと聞いたような気もするが、
実にラディカル(根源的)な思索をさらけ出した血の吹き出ような本で
あっと言う間に読み切った記憶があるし、それに繋がる水牛楽団も素敵だと思った。

354 :名無しの笛の踊り:04/02/13 00:42 ID:rAntgIiU
↑補追
>彼のパルティータのLPは2回位しか聴かなかったけどもう手元に無い。

別に含む処は全く無い。それほど響かなかったのとLP全部人に預けただけ。
因みに
ギーゼキングのパルティータLPは4〜5回、(音悪いんで何回も聞き直したか)
ヴァルヒァのLPは数知れず(大昔グールドと並行して)
ジャレットのLPは0回、(平均律聴いて用心した所為か)
CHANTAL STIGNIANIとかいう良く知らない女性のは
最近10年程までCDはこれ位しか持ってなかったんで多数回。
ピノックは数年前にCD購って2回(音良過ぎるんでフレージング聞き漏らし)
なんていう、いい加減な聴き方の中での噺なんで寛恕。
シュナーベルやグルダも聴いたがあんまり昔なんで
平均律だったかパルティータだったかは全く自信無し。
結論は、自分の耳はグールド以外は受け付けない、のひとこと。

355 :名無しの笛の踊り:04/02/16 01:09 ID:N6m1BqMx
たしかにおもしろい
でも、リンクまちがってないか?
ttp://www.ne.jp/asahi/kerbau/kerbau21/kerbau(j)/archivej.html
あたりから行くのが妥当ではないかと

113 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)