5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヘルベルト・フォン・カラヤン

1 :最下級厨房 ◆Zm4TDVLYHM :03/10/06 19:51 ID:???
カラヤンスレが落ちてしまったようなので立てておきます。

<プロフィール>
1908年4月5日日曜日夜11時に生まれる
1935年ナチス党に入党(33年説もあり)
1955年4月5日フルトヴェングラーの後継として
         ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督及び常任指揮者に就任
1956年ウィーン国立歌劇場芸術監督に就任
1989年7月16日ザルツブルグ郊外アニフの自宅で日本人企業家と会談中に
            体調不良を訴え、日ならずして帰らぬ人に。
享年81歳

------------------------------------------------------
過去スレ

カラヤンのベストアルバム
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1051599089/l50

カラヤンのベストアルバム2(前スレ)
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1060313531/


2 :名無しの笛の踊り:03/10/06 19:52 ID:???
カラヤンのために2ゲト

3 :最上級消防:03/10/06 19:56 ID:???
わーお、わーお、ヤンカラだ


4 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:21 ID:???
>>1
乙。
願わくば荒れませんように。

5 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:25 ID:???
1989年7月16日ザルツブルグ郊外アニフの自宅で日本人企業家
                                    ↑
                                  だれ?

6 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:28 ID:???
やんから、やん、やん、やん♪
やんから、やん、やん、やん♪
秘密っ、戦隊!  ♪♪♪

では、問題です。
この歌、後いったいどう続くのでしょう?

7 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:32 ID:???
カラヤァァァァァァァァァァン

8 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:37 ID:???
むかしカランバって映画があった。

9 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:37 ID:???
>>7
だめ。問題外の外。

10 :名無しの笛の踊り:03/10/06 20:45 ID:???
マタンゴって映画もあった。

11 :名無しの笛の踊り:03/10/06 21:34 ID:ustJn2X9
>>5

ソニーの大賀典雄(おおがのりお)。
俺は>>1ではないが、この件はネタではないらしいぞ。

12 :名無しの笛の踊り:03/10/06 21:36 ID:???
本人が日経の私の履歴書でも詳細に書いてたぜ。

13 :名無しの笛の踊り:03/10/06 21:47 ID:???
>>11 >>12 産休
やはり、そうか。彼くらいしか、友達はいなそうだしね。

14 :名無しの笛の踊り:03/10/06 21:50 ID:MPyr5IBB
ブル7最高!

15 :最上級消防:03/10/06 21:57 ID:???
ブルッパチだべさ。
出でぐんなよ、宇野珍ポーコーさ。。


16 :名無しの笛の踊り:03/10/06 23:18 ID:???
>>14
DGだろうな。恵美は買いたくない。

17 :名無しの笛の踊り:03/10/06 23:26 ID:y4TwVP+7
ラトルのマーラーの第5のDVDを購入した。CDは購入したが余り聴かずに
お蔵入りになってしまった演奏だ。最近のベルリンフィルの様子が見たかったのが購入した
動機。カラヤン時代と違い、世の流れか女性団員が随分増えている。カラヤン時代の
方がいかにも猛者がそろっていたという印象がする。
 昔、レコード屋でカラヤン/BPOでマーラーの第5番の第1楽章、第2楽章を演奏する映像が
流れていた記憶がある(間違いなくテレビ画面で流れていた)。第3楽章のリハーサル風景は
見たことがあるが、ついぞその後、第1、第2楽章の映像は見たことがない。
この幻の映像について、誰かご存知の方教えてください。


18 :名無しの笛の踊り:03/10/06 23:26 ID:24QRVdP/
>>13
クラの巨匠なんて友達いない香具師ばっかりでしょ
フルヴェン、チェリ、グールド、ブーレーズ、カラヤン・・・

19 :名無しの笛の踊り:03/10/06 23:47 ID:???
>>18
リーダーは孤独だよなぁ、、、楽団人からも嫌われて。および変人扱いのたぐい。

20 :名無しの笛の踊り:03/10/07 11:27 ID:???
>>17
君の脳内制作映像と推察される。
に200グスタフ

21 :名無しの笛の踊り:03/10/07 12:18 ID:???
既に臭いつつありますが・・・

22 :名無しの笛の踊り:03/10/08 06:45 ID:nX3JMeyS
晩年のトラブルはともかく、楽員には病気になると医者を紹介したり
随分と気を使っていたといわれていますよ。
リハ聞いてもベームみたいに怖くはなくて和気あいあいとしているし。

23 :名無しの笛の踊り:03/10/08 07:43 ID:NkEf+/Z7
>>13 >>18
 
 あれ?と思ったが、カラヤンは、ケンペンという大の親友がいたよ。
 ケンペンはあまり知られていないかもしれないが、カラヤンの後任で
アーヘンの監督になった人で、戦後、ケンプとベートーヴェンのピアノ
協奏曲を録音している。

24 :名無しの笛の踊り:03/10/08 08:31 ID:CJlZU5jm
ケンペンくらいは知ってるんじゃないかな?

25 :名無しの笛の踊り:03/10/08 09:13 ID:P78ypjCv
LP版のセットが実家にあった
昭和40年代のやつだったかな?
プレーヤー無いから・・・・

26 :名無しの笛の踊り:03/10/08 15:15 ID:mRXeK0+e
このスレが全然伸びないのは、何か理由があるのですか?

27 :名無しの笛の踊り:03/10/08 16:27 ID:5mbEyaq0
>>26
前スレもこんな感じだったじゃん。
荒らし・アンチ襲来や、新譜発売時以外は。

28 :名無しの笛の踊り:03/10/08 18:37 ID:Axjo1Qru
普門館「第九」ライヴ盤のプラケース裏に載っている
演奏風景の写真は「第九」じゃなくて、同時期に演奏された
「レクイエム(ヴェルディ)」の演奏風景だね。

29 :名無しの笛の踊り:03/10/08 18:47 ID:zUG5fA0j
この人の指揮するモーツァルトのレクィエムはどうなんだろうか。
なんだかモーツァルトって感じがしないんだが。

30 :名無しの笛の踊り:03/10/08 19:29 ID:ObS4rQW/
>>29
でも、あの世代のモツレクってみんなあんな感じだよねえ。

31 :名無しの笛の踊り:03/10/08 21:35 ID:jXe0YWYx
乙!>1(でもpart3とか付けてくれてよかったのに)。
普門館ライブ、眉唾かと思いきやこの当時のベルリンpoの
底力が出ててスゴイですね。これで弦楽器がもっと切れ味
よく収録されてるといいんだが…ホールの特性なのか、
フルヴェンのバイロイトライブみたく思える時がチラホラ。

32 :名無しの笛の踊り:03/10/08 23:45 ID:CUgSjJ8z
何となく、このスレになってから書き込みしにくくなった。

33 :名無しの笛の踊り:03/10/09 02:08 ID:x2bCRR+Y
>>31
もしや、「そうでもない」スレの1=神?

34 :名無しの笛の踊り:03/10/09 02:24 ID:3k421XOM
>>33
それにしては論理的過ぎる・・・

35 :名無しの笛の踊り:03/10/09 15:30 ID:EKysCImb
>>29
結構好き

36 :名無しの笛の踊り:03/10/09 19:29 ID:B7db/llG
>>31

おいらが興味あるのは、77(?)来日時のベト全曲。FM東京で放送された。
録音を担当したのがオーディオ評論家としても有名な若林氏で、
リハ時のカラヤンとのやりとりとか雑誌で読んだことある。
マスターテープはどこに?


37 :名無しの笛の踊り:03/10/09 20:01 ID:+HQh50rk
個人的にカラヤンは好きな方なのですが日本人評論家の
中にカラヤンの音楽が嘘臭いと評する人間が多いのは
やはり宇野氏の影響なのでしょうか?あと玉木氏とかも?

38 :名無しの笛の踊り:03/10/09 20:15 ID:pL8O9w7a
いやアンチカラヤンは昔から多いよ。フルトヴェングラー信奉者は
ほとんどそうだと言っていい。宇野や玉木は小物。 

39 :宇野珍ポーコー:03/10/09 20:34 ID:y66chp9E
アバド、ラトル、ジンマンなど古楽器奏法が主流になりつつある今日に於いて
このような旧スタイルを聴くと懐かしさを禁じえない。10年前のぼくなら間違
なく無印だが、当時全盛を築いた一つのカラヤン・サウンドが日本で具現され
たことを、恥ずかしながら今となっては嬉しく思う。しかし第一楽章から歯切れ
の悪く重厚な響きが重苦しいだけといえよう。金管がうるさくなるがマイクの位
置が悪いのであろうか。スケルツォは尻軽、ムード的な第3楽章とあいかわらず
内容空虚な演奏が続く。フィナーレはごつごつしているといえよう。これがスタ
ジオ録音なら間違いなく無印だが、ライヴでも同じ完成度を示したカラヤンを懐
かしく思った。


40 :名無しの笛の踊り:03/10/09 20:37 ID:+HQh50rk
>>38
でもリヒャルト・シュトラウス、シベリウス、ショスタコは
カラヤンを高く評価していたんですよね。
やはりこのフルヴェンVSカラヤン論争は結局好みの
問題なのでしょうか?個人的には

フルヴェン=ロマン派的演奏
カラヤン=最大公約数的演奏

と、いういささか単純化しすぎと言われそうなイメージがあるのですが・・

41 :名無しの笛の踊り:03/10/09 20:53 ID:gkqn/d1i
>>39 これがスタジオ録音なら間違いなく無印だが、
???っで何点なの?

>>38 でもリヒャルト・シュトラウス、シベリウス、ショスタコ
っていうかコーホー氏らと↑らを比較する時点で問題外。

42 :名無しの笛の踊り:03/10/09 21:08 ID:m1TsCjzi
自分の年齢を考えた時に、カラヤンの未発表の新譜をグラモフォンレーベルで
購入できたことに演奏以上の価値を感じた。


43 :名無しの笛の踊り:03/10/09 21:26 ID:KOH5/1ul
カラヤンは他の指揮者からは尊敬されてたり評価されてたりしますしね。
エッシェンバッハなんかはカラヤンを手本(?)としてたような。

クレンペラーはカラヤンの芝居がかったジェスチャーなんかは滑稽だと切り捨ててますが
実演を聴いたブルックナーの第7などは高く評価してたようです。

それに対しチェリビダッケなんかはカラヤンを貶しまくってますよね。
カラヤンとチェリビダッケが大論戦を繰り広げた(?)のはいつでしたっけ?


いずれにせよイメージ先行でカラヤンは貶されてるような。
残念です。イイものもたくさんあるのに。

44 :名無しの笛の踊り:03/10/09 22:04 ID:1IoMjQZ4
ていうかチェリが評価した指揮者って
フルヴェンとシューリヒトだけじゃなかったっけ?

45 :名無しの笛の踊り:03/10/09 23:23 ID:+ssDpxhp
>37
あとロジャー・ヴォーンの伝記があるでしょう。あれの
結構最初の辺りで、外国の批評家でカラヤンに批判的な
評論も並べて紹介されてあって(ヴォーンとしては、それで
公平さをキープしたかったんだろうが)その辺りもアンチに
根拠のない自信を与えてるんだと思う。

46 :名無しの笛の踊り:03/10/10 00:50 ID:f5OqEMbx
>14
恵美のぶる7一度聴いてみれ。


47 :名無しの笛の踊り:03/10/10 01:18 ID:lEiets92
アンチの諸君。こんなところにいるより、是非
バハマンの「栄光の裏側に」を読んでみたまえ。
君達の敏感な抹消神経くすぐられることうけあいだよ。

48 :名無しの笛の踊り:03/10/10 02:27 ID:TBeexhm5
カラヤンとデル・モナコの「オテロ」ってまだデッカ・レジェンドになってなかったんだな。
初発のCDのピンホールが直径3ミリ位に拡大してCDプレーヤーでは音トビ
するようになったんでリマスター盤に買い換えようかと思ったのに。
つうかCDがたった20年ほどの寿命とは・・・。

49 :名無しの笛の踊り:03/10/10 07:12 ID:Nxx2aerA
【慧眼】石井宏【CDは腐る】

50 :名無しの笛の踊り:03/10/10 09:30 ID:DxpaN83J
カラヤンは良い! カラヤンは凄い! 他人の評価など気にせん。

同業者の意見ならともかく、小童自称評論家連れの戯言など聞く耳もたん。

ポーコーは一応同業者と言えるか(w

51 :名無しの笛の踊り:03/10/10 11:09 ID:Qg/v8+Rb
>>39
いかにも普門館ライヴに対して書きそうだな

>>43
指揮者でアンチカラヤンは多いよ。シノーポリもそうだし。たしかサロネンも嫌いだったと思う。
まあ俺が一番って思ってるのが多いから当然なんだろうけどね。


52 :名無しの笛の踊り:03/10/10 12:36 ID:u42dHNfk
BPOのローター・コッホのオーボエの
音がどうしても許せなかったおいどんは
唐ヤンも許せん。

53 :名無しの笛の踊り:03/10/11 00:18 ID:UNXMiiyM
あれ?サロネンってカラヤン支持者じゃなかったっけ?
俺の記憶違いなのか?

54 :名無しの笛の踊り:03/10/11 00:24 ID:2Xted8c0
von が付く人ってハプスブルグ系なの?副島隆彦の本で読んだような気おくが
ある…じゃあカラヤソ、ハプスブルグの人なの?って感じで。

55 :名無しの笛の踊り:03/10/11 00:25 ID:f8saqyXR
アルゲリッチ、そんなに良かったかあ?第1楽章の立ち上がりなんてかなり
悪かったと思うが。まあ、後半はさすがに持ち直したみたいだけど。

56 :名無しの笛の踊り:03/10/11 01:08 ID:IwJrjX8q
>>54
vonは確かドイツ語圏貴族階級の証だったのでは?

カラヤン家もオーストリーハンガリー帝国から正式に
貴族階級の位を受けた家だったからでしょう

ただしハプスブルク皇家と血縁関係があるわけではないようです

57 :名無しの笛の踊り:03/10/11 01:21 ID:gWTN5RW9
>>56
レスありがとうございます。そういえばvon は貴族階級の印だとか
大学時代にドイツ語の授業で習った記憶がよみがえってきました。
ベートーヴェンはLudwig van Beethoven なので
van は何者なのでしょうか?

58 :名無しの笛の踊り:03/10/11 01:53 ID:zgsHBXYN
>>57
ttp://www.google.co.jp/search?q=cache:CtxeJmQH2r4J:homepage3.nifty.com/ongaku-no-chanoma/name.htm+%E5%90%8D%E5%89%8D+van+%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3&hl=ja&ie=UTF-8

vanというのはオランダあたりの語源で貴族とは関係ないみたい
そういえば、指揮者ケンペンとか画家ゴッホもvanがついてたね

59 :名無しの笛の踊り:03/10/11 02:02 ID:JKHJYU2f
一応、カラヤンの祖先はマケドニア系ってことになってるよね
確か
ギリシャから移住してきて、国の富を増大させたから貴族の称号をもらったはず。

ただ、カラヤンの「ヤン」ってのはアルメニアで「〜の息子」
って意味になるから、もともとの祖先はアルメニア人だったらしい。

60 :名無しの笛の踊り:03/10/11 12:16 ID:vKCl2Bnz
60年代に撮影されたモノクロームの《ベートーベン 交響曲第5番「運命」》ベルリンpoの映像は、DVDになっていますか?


61 :名無しの笛の踊り:03/10/11 13:14 ID:RKj4Ffyh
>>60
なってない。
ユニテル(この映像はコスモテル)とユニバーサルの契約が切れたし、
もうDVDで発売されることはないんじゃないかな。
クラシカジャパンでたまに放送されるので、それを待つしかない。

62 :名無しの笛の踊り:03/10/11 15:22 ID:oqVR20Vq
Heriberito Karagianが本命でつ。貴族ではありません。ゲイ名っす。

63 :名無しの笛の踊り:03/10/11 20:46 ID:icjDj/+Y
フレデリカ・フォン・シュターデ・・も貴族? それとも源氏名?
・・おっとフリッカ、ごめんね。

64 :名無しの笛の踊り:03/10/11 22:49 ID:vvd/Dr6C
カラヤンゴールドシリーズまたまた限定盤で復活。完全限定盤ということで初回
の発売当時、買い集めた記憶がある。音質は、アルプス交響曲、悲愴等は、良く
なったと思う。当時、買わなかった「英雄の生涯、死と浄化」をカラヤンゴールド
にて本日購入。値段は、3,059円と高い。しかし、音は、人それぞれだが、こちらの
方が好きだ。


65 :名無しの笛の踊り:03/10/12 00:02 ID:AHQL7rTd
いいかげんにカラヤンを
'von'は芸名だとかアルメニア系とか言うのをやめたらどうかね
事実は1918年のオーストリア帝国解体で貴族制度が廃止されたために
'von'を名乗れなくなっただけであって
当時10才だったカラヤンは本物の貴族出身だし
'jan'はギリシア語の聖ヨハネのことだし・・・
だいたいこの時代の指揮者は親が音楽家か名門の生まれの奴しかいないよ
また〜anで終わる西欧人名だって他にもあるだろ(アルメニア系に限らずね)



66 : ◆w5pN6eyZpI :03/10/12 02:24 ID:5HHQpc58
vonが芸名説って岩城がエッセイに書いたからみんなそうだと思ってるんだよな。
真相はわしもわからんが。

67 :名無しの笛の踊り:03/10/12 07:32 ID:AZI5gZrw
オカヤン

68 :名無しの笛の踊り:03/10/12 11:54 ID:XmUyFPDv
それは似て非なるものといえよう

69 :名無しの笛の踊り:03/10/12 19:24 ID:MvYhSq0A
アルメニア人はカラヤンのことをアルメニア系だと思っていることは確か。

70 :名無しの笛の踊り:03/10/13 09:10 ID:Vl3xrYcd
アルメニア人は「アジアのユダヤ人」といわれるほど蓄財と商才に長けた民族として有名。
そういう意味ではカラヤン=アルメニア人説が出てくるのもさもありらん、とおもう。

71 :名無しの笛の踊り:03/10/13 14:33 ID:A2HkD/J9
>>67
アルメニア人はオカヤンのことを日系だと思っていることは確か。


72 :age:03/10/14 09:48 ID:21eeo8JZ
カロヤンのCMで役所広司が指揮者姿なのは
カラヤンを意識してなのか?

73 :名無しの笛の踊り:03/10/14 09:53 ID:ENL/rhsX
カラヤン・スレで「名前の由緒云々」に話題が固まると、立ち枯れていく…。


て、言ってみるテスト

74 :名無しの笛の踊り:03/10/14 09:54 ID:x3t0uqeZ
どーでもいい
そんなこと

75 :74:03/10/14 09:58 ID:x3t0uqeZ
>>72
へのこたえだが、ついでに
>>73
でもいいや。

76 :名無しの笛の踊り:03/10/15 02:05 ID:YOBvzAE2
>'jan'はギリシア語の聖ヨハネのことだし・・・
じゃ、「kara」は、なんのことなんでつか?

77 :名無しの笛の踊り:03/10/15 09:29 ID:8KdjgexQ




78 :名無しの笛の踊り:03/10/15 12:16 ID:tZ5XzG9h
おしえてくれよ!

何でタコは10番だけなのか!?

79 :名無しの笛の踊り:03/10/15 13:07 ID:frTym9FP
>>78
5番はムラヴィンスキーの名演があるからと本人も言っていた。
正直なところ、タコは好きではなかったと思われ。


80 :名無しの笛の踊り:03/10/15 13:54 ID:tIQMDmQf
>>79
それ6番の話しじゃナカタか?5番はカラヤソはあまり評価していなかった。

81 :名無しの笛の踊り:03/10/15 14:03 ID:AeChViUH
8番は録音の計画があったらしいが
売れないからだったか、死んじゃったからだったか、そんな理由で存在しない。

82 :名無しの笛の踊り:03/10/15 16:05 ID:frTym9FP
>>81
オズボーンの本によるとタコの他の曲の録音企画が出たのは
ニールセンなんかが録音された時期(80初期位?)らしい。
お流れになった理由は何も書かれていないね。


83 :名無しの笛の踊り:03/10/15 17:14 ID:aXMLg1Ls
バーンスタインがやってたしねえ。

84 :名無しの笛の踊り:03/10/15 21:59 ID:5qSkPxAY
マラ9で真正面から勝負した訳だから
逃げた訳では無い訳で・・・

85 :名無しの笛の踊り:03/10/15 23:19 ID:mJ1pqmw0
>>64
>>カラヤンゴールドシリーズまたまた限定盤で復活。

ある程度予想していたことだが、数年前と同様、
アンコールプレス分はジャケットがしょぼい「偽・ゴールド」。
カラヤンにはやはり初発時の金ピカ=リアルゴールドが似合う。
ちなみに海外盤なら純金ジャケ現役。ただしディスクはただのアルミ盤。

86 :名無しの笛の踊り:03/10/16 00:29 ID:QNqZxc4z
つまり、海外盤と国内盤を買って、
一つのゴールドと、一つのノーマルを作れと。

87 : ◆w5pN6eyZpI :03/10/16 00:34 ID:NDGc/51T
ゴールドCDって反射率が低いのか、15年前のオンボロプレーヤーでは
かからん。

88 :名無しの笛の踊り:03/10/16 00:35 ID:imzJQ+Ck
>>カロヤンアポジカゴールドシリーズまたまた限定瓶で復活。よっしゃ!

89 :名無しの笛の踊り:03/10/16 00:36 ID:imzJQ+Ck
>>87
ハイブリッドCDだからでは?

90 :名無しの笛の踊り:03/10/16 00:52 ID:yU3UnllZ
>>85
じゃ、国内盤と輸入盤と両方買って
輸入盤のジャケットと国内盤のディスクを
組み合わせるのが正解ですな!

91 :名無しの笛の踊り:03/10/16 01:07 ID:j9GMsdfW
>>カラヤンにはやはり初発時の金ピカ=リアルゴールドが似合う。
禿同
ベト全はなんたって後光が差して(ry

92 :名無しの笛の踊り:03/10/16 01:11 ID:3huDxoAa
普門館ライヴCD発売前にNHKがオリジナルテープを無修正のまま
(オケチューニング、後藤アナウンサーの実況入り)を
FMで放送したの録った人いる?

93 :名無しの笛の踊り:03/10/16 01:51 ID:SX3MZSpz
>>89 :名無しの笛の踊り :03/10/16 00:36 ID:imzJQ+Ck
> >>87
> ハイブリッドCDだからでは?

ハイブリッドCDが登場する前からゴールドCDは存在した。
記録面としてアルミではなく金を使用しているだけの話。

94 :名無しの笛の踊り:03/10/16 14:01 ID:R7AX0z/T
まあゴールドCDで音が良くなったって話は聞かない。単なる見た目だけの問題。

95 :名無しの笛の踊り:03/10/16 21:40 ID:iPNj5v3o
バーンスタイン指揮ベルリンフィル/マラ9→1979.10.4-5
カラヤン指揮ベルリンフィル/ベト9普門館→1979.10.21

近い!
レニーの影響あんのかな?

96 :名無しの笛の踊り:03/10/17 10:18 ID:B+B7zriY
>>95

ベト9に関しては影響無いだろう。解釈の基本線はユニテル映像のものと
変わらない。会場も大きくてデッドなので、メンバーの弾き方も大した
変更はない。(響く会場だとリズム進行に余裕を持たせたりしていたようだが。)

マラ9に関してはライブ録音のCDは影響を受けている可能性がある。
使用楽譜という点で。
最初のスタジオ録音では、バルビローリと演奏した書き込みが
パート譜にそのまま残っていたらしい。
問題はレニーの客演の時に彼が楽譜を持ち込んだかどうか。
他人の影響を避けるため、パート譜も含め新調して
持ち込むこともよくしていたようなので、
カラヤンの2度目のCDはレニーが持ち込んだ楽譜が使われた
可能性もある。どこかに有力な証言ないかなぁ。


97 :名無しの笛の踊り:03/10/17 10:47 ID:aA7D+nvt
>>96
あれ、俺がどこかで読んだものだと、
初回のスタジオ録音がバーンスタインの影響入りまくり(パート譜そのままとか)
で、バーンスタインの怒りを買い、カラヤン本人もあまり気に入った録音にならなかった、
という感じだったけど。

で、わずかな間しか置かずに、カラヤンとしては異例のライブ録音でリベンジを果たした、
ということだったかと。

個人的にはどっちも面白く聴いてるけどね。カラヤンのある種の「毒」「悪」っぽい感じが
マーラーの5,6,9番あたりには結構マッチしてるように思える。

98 :名無しの笛の踊り:03/10/17 10:57 ID:AZkTCmap
>>97
それ、バーンスタイン自身も云っている。はじめの80年の録音を
バーンスタインが聴いて「泥棒猫」とカラヤンのことを喧ったらしい。
でも漏れは、マラ9開眼はこの80年録音なんだけど。
それまでベルリン・フィルが泣いたはずのバルビローリを聴いても
バーンスタインのニューヨークのを聴いてもよくわからなかったけど
カラヤンの80年録音はグッと来た。

99 :名無しの笛の踊り:03/10/17 11:02 ID:AZkTCmap
因みに、金子ケンジか諸井誠かどっちだか忘れたが、80年の録音は
BPOでバーンスタインが客演したときのボウイングとそっくりだと
指摘していた。

すっごいね、録音を聴くだけでボウイングまでわかってしまうんだ。
正直漏れは全然わからん。

100 :名無しの笛の踊り:03/10/17 11:03 ID:zxrAz5b1
>>98
バーンスタインだって、べームが仕込んだウィーンフィルで
ベト全を録音しているのだから、人のことはいえない罠

101 :名無しの笛の踊り:03/10/17 11:07 ID:AZkTCmap
>>100
100とられた

だからそうじゃなくて、解釈がということ。

昔ある指揮者がベートーヴェンでVPOに向かって演奏の注文をしたらオケから「でも、
マエストロ、我われはベートーヴェンが演奏をしていた頃の昔からこういう風に演奏して
いたんです。」といわれたらしい。蛇足とりびあ。


102 :名無しの笛の踊り:03/10/17 11:12 ID:zxrAz5b1
べームがウィーンフィルと実演のベートーヴェン・チクルスをやった
直後に、グラモフォンがバーンスタインと録音させたのだ。
当然べームの解釈の残像が残りまくりということは、前田昭雄氏あたり
も指摘していたよ。

103 :96:03/10/17 11:14 ID:B+B7zriY
マラ9の録音は1979年の11月だから確かにレニーの客演の直後。
カラヤンはレニーの影響を嫌って(録音の予定ははるか前から入っていた)
楽譜もバルビローリ時代のものを使ったが
メンバーに刻印されたレニーの影響があまりに強烈で
(クリストなんか堂々と「誇らしい経験」とか言って
カラヤンの神経逆なでしていたし)
上手くいかなかったという話を読んだけど。
99さんのボウィングの話、1度目の録音はバルビローリと
同じだということで、多分読んだものは同じ物だと思われ。
(これがパート譜が1度目と2度目の録音で変わったという説の
根拠だったと思う。)

>耳の良いVnさん、誰か確認してみて。


104 :名無しの笛の踊り:03/10/17 11:25 ID:AZkTCmap
なぜかカラヤンが79年頃から82年くらいまで演奏旅行になると必ず
マラ9を入れていた。腦卒中で倒れた前後だったので何かそれとの因果
関係を語った記事が多かったように思う。曰く「珍しくカラヤンが感情
を移入して演奏している」とか。

105 :名無しの笛の踊り:03/10/17 12:11 ID:YXbX+36M
解釈が似ることだってあろうに。
同じ曲なんだし。

バーンスタインが持ち込んだ楽譜を注釈そのままカラヤンが使用した。
という証言が無い限りこの問題は結論出ないね。

106 :名無しの笛の踊り:03/10/17 13:21 ID:AZkTCmap
>>105
ナンの問題?

107 :名無しの笛の踊り:03/10/17 13:25 ID:YXbX+36M
>>106
>マラ9に関してはライブ録音のCDは影響を受けている可能性がある。
>使用楽譜という点で。
この可能性の問題。


108 :名無しの笛の踊り:03/10/17 14:19 ID:AZkTCmap
なるほど、この問題のゆくえを見守ろう。

109 :96:03/10/17 17:08 ID:B+B7zriY
>>105
マラ9冒頭部の主題のリズム進行は
バンスタとカラヤンとまったく違うが。
(拍子取りながら聴いてみそ。)

ちなみにマラ5冒頭トランペットソロの上昇音型も
指揮者によって流儀がはっきりする典型的な箇所だね。
(もちろんカラヤンはリズムを引っかけない。)

そういやスラットキンは全て持ち込みで、
ボウィング等の指示がきちんと書かれているのだそうだ。
他にもいるのかな?

「そこにある楽譜で演奏するもんですよ。版なんて関係ない」by朝比奈


110 :名無しの笛の踊り:03/10/17 17:31 ID:AZkTCmap
どうでもいいがバンスタといわれるとパンストみたいで吹き出してしまう。

111 :名無しの笛の踊り:03/10/17 18:37 ID:+MpokT/y
↑それは思いつかなかったよ!

112 :名無しの笛の踊り:03/10/17 18:52 ID:uWKj4hfe
くだらんことカキコせずにバンスカ書き込めよ。

113 :名無しの笛の踊り:03/10/17 19:10 ID:mqZ4dtRF
かの朝比奈御大は必ずパート譜を持ち込むそうだな

114 :名無しの笛の踊り:03/10/17 20:40 ID:oT6o1DR+
許氏の「マジヤバ」によると世界的な自家製録音のネットワークがあるとのこと。
カラヤンの自家製録音ネットワークってあるか?

115 :名無しの笛の踊り:03/10/17 20:45 ID:oT6o1DR+
許氏の「マジヤバ」によると世界的な自家製録音のネットワークがあるとのこと。
カラヤンの自家製録音ネットワークってあるか?

116 :名無しの笛の踊り:03/10/17 20:46 ID:oT6o1DR+
>115
失礼!乞う削除。

117 :名無しの笛の踊り:03/10/17 20:48 ID:VztzBMJO

            (´・ω・`)   ・・・・
       ____(_   )___
      / \     旦 ___\
     .<\※\______|i\___ヽ.
        ヽ\ ※ ※ ※|i i|.====B|i.ヽ /今日は今月新しくできましたNHKホールから
        \`ー──-.|\.|___|__◎_|_i‐> \カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニーの…
          ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄|
               \| テレビ台 |〜


118 :名無しの笛の踊り:03/10/18 00:41 ID:m9vAi2Ss
はたしてカラヤンがボーイングにまで言及していたかどうかは不明。
普通ボーイングはコンマスや各トップ奏者がつけるもので、
バーンスタインがボーイング指定していたのが残っている楽譜を
カラヤンが知らずにそのまま使った可能性もある。
カラヤンはマラ9は時間かけて練習し、研究したらしいから
ちょっとやそっとで他の指揮者の解釈真似るとは思えんが。

119 :名無しの笛の踊り:03/10/18 03:17 ID:lCZk8Jss
>>118
バルビローリの解釈に影響された、という説もあるよね。
話変わるけど、バルビローリ盤もベルリンフィルの団員が感激して、
レコーディングされたらしいね。

120 :名無しの笛の踊り:03/10/18 10:30 ID:dTRvRhQD
>>119
昔、帯に「バルビローリも泣いた、ベルリン・フィルも泣いた」と書いてあって
スッゴク期待して買ったけど(と言うよりはマラ9の音盤はクーベリックとレニー
とショルティーとバルビローリ、太古の昔のワルター/VPOとコロンビアで入
れたワルター盤、あとジュリーニ/CSOくらいしかカタログにナカタ。ハイテ
ィンクは廃盤、レヴァインとアバドがチクルスを始めたばかりのころ)全然ちん
ぷんかんぷんでわからんかった。でもカラヤソの1回目の疑惑のある録音を聴いて
初めて、マーラーの慟哭のようなものを感じれた。その後テンシュテットやベルテ
ィーニ、ショルティーの新盤、マゼール、アバドなどどれを聴いても最後まで聴
けたが、今でもバルビローリは漏れには泣けない。

121 :名無しの笛の踊り:03/10/19 00:04 ID:aw0nxD+E
昨日ドラマ出てたね。フジ子ヘミングの。
ちょっとだけ似てた

122 :名無しの笛の踊り:03/10/19 01:41 ID:bbEgi1ZL
>>120 私もバルビローリのマーラーの第9は全然いいと思わない。購入して
期待がはずれた一枚だ。そのため、今まで、バルビローリのマーラーは評価してこ
なかった。
しかし、昨日、期待しないで買ったBPOとの復活のライブは聴いて驚いた。1楽章
から素晴らしい演奏が続く。今、最終楽章が流れているが、本当に熱演だと思う。個人的
には、この曲は、テンシュテットと北ドイツ放送響との海賊盤がベストだと思って
きたが、個人的には、それに匹敵するのではないかと思う。聴きやすい演奏だ。
また、今後、3と6が発売されるとのことでそれも期待大だ(第3の最終楽章が聴きたい)。
 マーラーの第9は、カラヤン/BPOの1982年5月のBPO100周年記念ライブがいい。
私が中学校の時、FMでエアチェックし最初に聴いたマーラーの第9だ。バーンスタイン/
BPOやアバド/BPOも好きな演奏だが、私にとって原点は100周年記念ライブとなる。
正規盤として発売を切に望む。
(1楽章から雑音が入っているので難しいとは思う)

123 :名無しの笛の踊り:03/10/19 01:56 ID:rYS0W6XS
>>120 バルビローリは漏れには泣けない。

おらは、ヤン唐も好きだけどよぉ、
バルビの9には泣く感動というか、そういう人間的なものじゃなくてもっと
深いものを感じるのよ、おらは。
ヤンカラ<>バンスタだと思うけんどよぉ、
バルビは、もっと次元が違うような気がするだべさ。ちびっと、言いすぎだどもよぉ。

124 :名無しの笛の踊り:03/10/19 02:06 ID:bbEgi1ZL
122です。 バルビローリの復活は気に入りました。バルビのマラ9を聴いたのは
随分昔のことなので一度聴きなおしてみます。

125 :名無しの笛の踊り:03/10/19 10:50 ID:EHc+0VQ0
>>122
>マーラーの第9は、カラヤン/BPOの1982年5月のBPO100周年記念ライブ
そういや、なんで正規盤にしないのかねえ。

126 :名無しの笛の踊り:03/10/19 11:26 ID:EHc+0VQ0


127 :名無しの笛の踊り:03/10/19 14:12 ID:NMDzq2Jw
>>110
>>123

おらは、ヤンママも好きだけどよぉ、
バンビの9には泣く感動というか、そういう人間的なものじゃなくてもっと
深いものを感じるのよ、おらは。
ヤンママ<>パンストだと思うけんどよぉ、
バンビは、もっと次元が違うような気がするだべさ。ちびっと、言いすぎだどもよぉ。

128 :名無しの笛の踊り:03/10/19 17:57 ID:rYS0W6XS
>>127
正解

129 :名無しの笛の踊り:03/10/20 21:29 ID:0G1z0gEu
大阪では、唐橋、唐崎等の名字のヤシは
あだ名が「からやん」になります

130 :名無しの笛の踊り:03/10/20 22:29 ID:EIMTK/Oq
普門館ライブ、ボロクロにけなされたといえよう!

131 :名無しの笛の踊り:03/10/20 22:49 ID:QpA1ivnB
カラヤンは自分のレコードをきいていたのだろうか?ならなぜあんなに音響の
悪いフィルハーモニー製のレコードをOKしたのか?EMIのひどい音質を
OKしたのか?わしにはわからん。

132 :名無しの笛の踊り:03/10/21 09:52 ID:0KTLdJas
>>131
プレイバックはもっとマシだったのかもよ。
名盤といわれているEMIの「英雄の生涯」とか
おいらも音の悪さに萎えて嫌いだったのだが、
チャイ5&6のリマスターCDを聴いたとき考え方がちと変わった。
「まだ救いの余地はあるかも」って。


133 :名無しの笛の踊り:03/10/21 11:18 ID:FGO5yEvU
カラヤンは、時としてストコのように自分はミキサーの前にいて
指揮は別のヤシにやらせて録音するというのをやっていたという
証言を読んだことがある。

134 :名無しの笛の踊り:03/10/21 11:26 ID:PG8E4Pb0
よくしられたこと。それが?

135 :名無しの笛の踊り:03/10/21 14:09 ID:FGO5yEvU
良く知られたことだとは知らなかった。ただそう言う証言を読んだだけだけど
みんな知ってたんだ。

136 :名無しの笛の踊り:03/10/21 15:22 ID:0KTLdJas
>>135
今やアシスタントに振らせてバランス確認なんて常識だろう。
ライブ録音ならともかくスタジオ録音ならプレイバック聴いたり
アシスタントの演奏聴いたりして注文つけるのは当り前。
自分で機材を扱えるか他のプロに任せるかの違いでしかない。
それがパッケージに責任を持つ演奏家の態度だし、
指揮者、ソリストの別も無い。
スタジオ・会場の音響や録音機材の特性にあわせて
奏法変えたりするようなことはソリストだってよくやっている。

あなた、もしかして蓄音機で聴いてるの?


137 :名無しの笛の踊り:03/10/21 15:52 ID:FGO5yEvU
>>136
それで本番の録音をして汰のでつか?

138 :名無しの笛の踊り:03/10/21 16:09 ID:x5YJMMAu
例え部分的にそうだとして、そんなに気になる?
何が言いたいのかはよくわからないが、録音というのは>136が述べている通りだろうし、その結果がもたらす効果はともかく仕事それ自体に関しては我々に揶揄されるような不誠実があるとは考えにくい。

139 :名無しの笛の踊り:03/10/21 17:02 ID:0KTLdJas
>>137
プレイバックを聴きながら
「なんか音程上ずっちゃうね」
「運指変えてみる?」
「そうするとここでスラーかかった感じになっちゃうね」
「確かに」
「ブラームスがそれを容認しているとは思えないんだよな」
ってようなやりとりがあって、ミキシング変えてみたり
奏法変えてみたりするのが不誠実な態度だと思う?

例えばスタッカートの記号があったとする。
会場で聴くのと演奏家が感じるのとマイクに入った響きは当然違う。
「こうした方が良いね」
って、奏法変えたりバランスいじったりすることが歪曲だと思う?


140 :名無しの笛の踊り:03/10/21 17:19 ID:FGO5yEvU
>>138,139
別に不誠実だと云っていませんよ。ただそうやっていたのかと驚いただけ。
別に彼が音を出しているわけではないので、そう言うこともあるんだなあと。
歪曲なんてそんなおそれおおいこと一言も云ってません。

141 :名無しの笛の踊り:03/10/21 17:23 ID:F8ZykQLk
アンチに叩かれ続けた期間が長かったせいか
妙にピリピリしてるヤシが多いんだよな、カラヲタは。
もっと心にゆとりを持てよ。

142 :名無しの笛の踊り:03/10/21 17:29 ID:7Wf46I/X
うむ。
そもそも>>133は「不誠実」だとも「歪曲」であるとも言っていないのにな。

むしろ指摘されても居ない言葉を持ち出す側こそが、
腹の奥深くでそう思ってるんじゃないかな?

143 : 138:03/10/21 17:54 ID:z6xa58WQ
ばれた?えへえへ(^^;

144 : ◆w5pN6eyZpI :03/10/21 21:50 ID:txBG6koW
カラヤンはそうやって「作品」を仕上げた、それは真摯な態度からそうしたのだろうが、
しかし、だからこそカラヤンの裏青はおもしろい。

145 :名無しの笛の踊り:03/10/21 22:38 ID:eHWTBQRy
>>142
何が「ウム」だよキモイ奴(w
それにしてもゴシップを得意げに書く133は悪意がなければ阿呆だな。


146 :名無しの笛の踊り:03/10/22 12:27 ID:c8HxejP4
>>66
亀レスだけど、大町陽一郎もカラヤソのパスポート見たら
「ヘルベルト・カラヤン」としか書いてなかったと自分の
本に書いている。

147 :146:03/10/22 12:41 ID:c8HxejP4
スマン。記憶に頼ってしまった。違うかもしれん。
ただカラヤン来日時に大町が通訳とかしたのは確か。
それとごっちゃになったかも。

148 :名無しの笛の踊り:03/10/22 14:01 ID:suxrzAVd
その程度の話、その程度の記憶で得意げに語るな。

149 :名無しの笛の踊り:03/10/22 14:48 ID:qTpSl9/Y
フォンの話はもういいよ。
ところでアンダンテのライヴって買いなんですかね?高いから躊躇してるんだけど。

150 :名無しの笛の踊り:03/10/22 15:20 ID:y6YpoG9Z
ところで、生前来日の際こんな質問をされたそうだけど
「貴方のナチス党党員番号は何番か?」
実際、彼はナチ党から何番の党員番号を貰ったの?

151 :名無しの笛の踊り:03/10/22 16:02 ID:qmEQryvT
オーストリア 1607525

ドイツ 3430914

152 :名無しの笛の踊り:03/10/22 16:05 ID:TCxyPdoh
>>151
148に
>その程度の話、その程度の記憶で得意げに語るな。
っておこられるよ。

153 :名無しの笛の踊り:03/10/22 16:28 ID:eDtAdyRa
>>149
では煮込みにとりかかろう。

154 :名無しの笛の踊り:03/10/22 16:32 ID:VzVbmTLy
>>153 くだらねー

>>149 買いだよ

155 :名無しの笛の踊り:03/10/22 23:58 ID:25/q//0L
だれもアメリカライブ聴いたことのある香具師いないのか!
めちゃめちゃすごいのに・・・

156 :名無しの笛の踊り:03/10/23 00:01 ID:cDJwoZDE
出品中です。
「トスカ」&「ホフマン」。よろしくお願いします。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b43785486
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/61215971

157 :名無しの笛の踊り:03/10/23 16:12 ID:fheIFcU3
148があんなこと云ったから誰も何も語れなくなったね。反省汁。

158 :名無しの笛の踊り:03/10/25 10:22 ID:HCE3EGxO
保守のためageておきますよ

159 :名無しの笛の踊り:03/10/25 11:11 ID:LcjubVD/
>>158
保守ならsageろ。
sageても落ちる事は無い。

160 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:57 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ

161 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:57 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ 

162 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:58 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ  

163 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:58 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ   

164 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:59 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ    

165 :名無しの笛の踊り:03/10/25 14:59 ID:vUBPRXl9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ     

166 :名無しの笛の踊り:03/10/25 15:05 ID:5OuFxrJ0
はいはい、ワンパターンの荒らし お疲れさま
もう、低脳ぶりはよくわかったので、そのくらいになさいな

167 :名無しの笛の踊り:03/10/25 17:08 ID:mMmYCgbT
カラヤンOIBPで最高の出来のヤツ、買ってみたいんで教えて
ください。EMIのArtでもかまいません。

168 :名無しの笛の踊り:03/10/25 18:35 ID:LcjubVD/
>>167
両方聴き比べたのは「マイスタージンガー」と「サロメ」位しかないが
特に「サロメ」はARTで随分改善されてたな。
OIBPはカラヤンでは聴き比べてないが他のCDではどう聴いても悪くなってる
としか思えない。
痩せた音に不自然なエコーは耳障り。

169 :名無しの笛の踊り:03/10/26 00:33 ID:1lTUnzF6
>>168

OIBPの最悪例→クライバーVPOのベト5

170 :名無しの笛の踊り:03/10/26 14:13 ID:IiBF8XoN
カラヤンのドボ8は、似合わないようだが、すごくイイ!

171 :名無しの笛の踊り:03/10/26 14:14 ID:zdyKjLqq
>>170
それ、60年代からの定番

172 :名無しの笛の踊り:03/10/26 17:01 ID:X6Hv9o8y
カラヤンの普門館ライブ
コーホーは相変わらずけなしておるな。


173 :名無しの笛の踊り:03/10/26 17:32 ID:v20C4hCi
お布施が足りなかったといえよう。
今回ユニバーサルが包んだ額では、
ゲルギエフの「幻想」だけで精一杯だ。
ぼくに推薦してほしいなら、そのくらいのことは知らなくてはだめだ。

174 :名無しの笛の踊り:03/10/26 18:07 ID:oMUb5/Hq
予想はされていたが、カラヤンの普門館ライブについて、宇野氏は、レコ芸
(立ち読みした)でけなしまくっていた。第1楽章の最初からだらしないやら、
コーダの音は汚い。第4楽章は力づくやら。いつもの調子だ。私は、カラヤン
は好きだが、カラヤンのベートーヴェンはそんなに評価していない。しかし、
宇野氏がけなすほど悪い演奏とも思えない。スマートで迫力があり、BPOの技量も
推し量れる演奏だと思う(音楽観の違いといえばそれまでだが。フルトヴェングラー
の音をベースに比較すれば、カラヤンは上滑りで外面的な音を出すと表現できない訳
でもないが、それの何が悪いんだと私は思う)。
同じ号で推薦しているゲルギエフの幻想は、私はCD屋で試聴したが、もう
ひとつだったので購入しなかった。これについて、良いと思わなかったが
宇野氏は推薦されている。オケがVPOで、ゲルギエフの良さがでていない
演奏のように思えるのだが……。

175 :名無しの笛の踊り:03/10/26 20:47 ID:1i+hAwjm
カラヤンは大曲は総じてツマラン。こじんまりと小さい曲か、だれかのバック(ピアノ協奏曲のような)ならかろうじて聴ける。

176 :名無しの笛の踊り:03/10/26 20:50 ID:wZRlinLi
>>175
大曲か…。
「パルシファル」なんかいいと思うけど。
あ、これも“伴奏”なの? (w

もしかして、オペラ聴かない人??

177 : ◆w5pN6eyZpI :03/10/26 20:50 ID:QlTyGBPD
大曲がつまらんかは別にして、25分程度の曲に光る演奏が多いのは
たしかだ。モーツァルトの29番、35番、セレナータ・ノットゥルナ、
ハイドンヴァリエーション、ローマの松、テ・デウムなど


178 :名無しの笛の踊り:03/10/26 20:52 ID:4DVLFZuM
アルプス交響曲やタコ10等はいいと思うが(何れも大曲だ)。


179 :名無しの笛の踊り:03/10/26 21:24 ID:1i+hAwjm
たとえばベートーベンだと、交響曲1番とか2番は良いけど、3番とか(5番)9番なんか聞けたもんじゃない。

180 :名無しの笛の踊り:03/10/26 21:59 ID:ts0XGk7Q
BPO100周年記念ライブのエロイカは聴いたのか。あれだけは、いいと思うが。
ユニテルの運命もなかなか(擬似ライブなのが解るのが難点だが)。BPOとの
初来日の運命もそこそこ良かったと思うが。



181 :名無しの笛の踊り:03/10/26 22:07 ID:wZRlinLi
ユニテルのDVDが値下げされて再発売されるけど、カラヤンのブル8やブル9は
ラインナップに入ってないんだね。
多くの人に聴いてもらいたいんだけどな〜。

182 :名無しの笛の踊り:03/10/26 23:26 ID:a05BftNF
>>181
元々安いんだから400円値下げしても大して意味ないだろう。

UCBG-1045¥3,200(税抜)D G
2001.8.25 ブルックナー:交響曲 第8番 ハ短調
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
制作:1979年6月 リンツ近郊、聖フローリアン教会(ライヴ)/85分/片面1層/カラー/
ステレオ/リニアPCM NTSC/スタンダード・サイズ 4:3

UCBG-1053¥3,200(税抜)D G
2001.09.27 ブルックナー:交響曲 第9番 ニ短調、テ・デウム
アンナ=トモワ・シントウ(ソプラノ)、アグネス・バルツァ(アルト)、デイヴィッド・レンドール
(テノール)、ホセ・ヴァン・ダム(バス)、ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
制作:1978年5月 ウィーン、ムジークフェラインザール(ライヴ)
89分/片面1層/カラー/ステレオ/リニアPCM NTSC/スタンダード・サイズ 4:3


183 :名無しの笛の踊り:03/10/26 23:26 ID:ShtPX5sD
>>167
【OIBP成功例】チャイコ三大交響曲・・・特に「悲愴」
初出時はLP、CDともにフォーカスの定まらない劣悪な音で、
ウィーンフィルのアンサンブルもガタガタに聞こえた。
評論家はこぞって褒めちぎっていたが、さっぱり理解できなかった。
それが、1990年代にOIBP化された「カラヤンGOLD」シリーズでは、
非常にくっきりとした音像で楽しめるようになった。
アンサンブルの瑕疵もウソのように気にならなくなった。

【OIBP???例】アンダ&フリッチャイのバルトークP協
ありとあらゆる方法でCD初出盤と聴き比べたが、
差が全く分からなかった。

184 :名無しの笛の踊り:03/10/27 00:52 ID:S1mzcKgD
>>167 アルプス交響曲もOIBPで良くなった。

185 :名無しの笛の踊り:03/10/27 01:12 ID:GZTG6Yvv
>>183
GOLDシリーズのチャイコはいいよね。
4番と5番持ってるけどいい音だよ。
悲愴は初出の持ってるんだがこれ買いなおしたほうがいいのかな。

しかし酷評されることの多い晩年のブラームスだが、録音さえ良ければ(ry


186 :名無しの笛の踊り:03/10/27 01:23 ID:Yy4nJDcv
>>182
いや、値下げももちろんだけど、今じゃ店頭在庫のみで、置いてない所が多いでしょ?
このまま廃盤ではあんまりだ、ということです。

187 :名無しの笛の踊り:03/10/27 02:06 ID:LN0Rx5M/
>>181
8番は最晩年のVPOのCD(例のリッカルド・ムーティをして神の声と言わしめた
とかいうの)持ってるけどそれと比べてもコレクションに加える価値のある
一枚でしょうか・・厨房でスマソ。

188 :名無しの笛の踊り:03/10/27 09:11 ID:5kWokkR+
>>181
価値はあるよ。晩年の演奏とは随分違う。
第2楽章をはじめ。最晩年の録音の諦観に対し、もっと覇気や高揚感がある。
ライブにおけるカラヤン+VPOの良さを存分に味合わせてくれる。

ガイシュツだけど、映像的にも変な編集がほとんどないため、ライブのカラヤンの
技をいろいろと見ることができる。
終楽章では、高揚しすぎた弦セクションに対し「抑えろ抑えろ」と
必至にジェスチャーする場面があったりとか。

VPOとの9番+テ・デウムの方も同様ね。この2枚は入手できるときにしておくべきかと。
既に在庫は底を付きはじめているようだよ。

解釈としてはかなりオーソドックスで、いわゆる「宇野信者的ブルオタ」
にも抵抗は少ないものと思われる。
(恥ずかしながら、自分は昔宇野信者だったんだけど、今はこの2枚、愛聴してる。)


189 :名無しの笛の踊り:03/10/27 17:09 ID:TVJbpm7b
コウホウは別としてブルックナーファンにはカラヤンは不評だろう。
特にBPOのスタジオ録音はカラヤン臭がありすぎる。
ただ歳とって力押しでなくなったせいか晩年のVPOとのCDは自然体でいい。
あとカラヤンはライブは随分違うのも確か。
特にDGのウィーンフィル150周年アニヴァーサリーに入ってたザルツブルク・ライブ
の9番がオケが燃えまくりの神懸り的名演だった。
DVDのムジークフェライン・ライブのは映像収録もあったせいかやや安全運転
で物足りない。



190 :名無しの笛の踊り:03/10/27 20:35 ID:JwSmhDtj
ああ、このブル8&9はレーザーディスクで持っている。
とくに8番はマジで良い。

191 :名無しの笛の踊り:03/10/28 15:05 ID:AlABtrYd
BPOのブルックナー全集(DG)も気に入ると病みつきになる


192 :名無しの笛の踊り:03/10/28 15:53 ID:vNkRFHZr

     /  ;;; ;;;;;;ミミ ミミ  \
    /  ;;; ;;;;;; ミミミミミミミミミ \
   ( (( ( ( ( ( ( (   ミミミミミミミミ从ミ
  ///ノノノノノノ从   ミミミミミミミミミヽミ
  //ノノノノ 〓〓ノ   〓〓ミミミミノ从
  ノノ;ミ;ミミ -=・=-   -=・=- ミミノ从
   ミ;ミミミ      |      |ミミミ
    .ミミ从            /ミミ  
  .   ミミ:|. ヽ  . ∨    / |ミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ミミ  !  ー===-'  ! ./ミミ  < VPOとのブル9LIVE(DG)探してる
      ミミヽ     ̄   ノミミ    \________
            −−


193 :名無しの笛の踊り:03/10/28 15:59 ID:AlABtrYd
↑って誰?俺にはロッドスチュワートに見えるんだが。

194 :名無しの笛の踊り:03/10/28 16:16 ID:SWGFXmZX
>>193
草薙だってさ

195 :名無しの笛の踊り:03/10/30 16:02 ID:BnCMBe9f
なんか絶賛されてるようですが、実際にいかがですか。
Diskyなんで、ちょっと二の足踏んでます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=152573


196 :名無しの笛の踊り:03/10/30 17:48 ID:TfdUfoU8
>>195
音や演奏、リリースの経緯などについてはそのリンク先に十分書いてあるじゃん。
カラヤン・ファンを自認するなら必携の1組でしょう。
「悲愴」なんてコーホーすら推薦してる。

ただ、ライナーノートの類は何にも付いてないし、装丁は安っぽいね。
ま、実際安いからいいけど。

197 :名無しの笛の踊り:03/10/31 19:58 ID:AMsufaA9
>>192
ザルツブルクのブル9権利切れで廃盤らしいけどな。
海賊盤ならどっかで出してるかもしれんが・・・。


198 :名無しの笛の踊り:03/11/01 07:47 ID:/3emMFu6
age

199 :名無しの笛の踊り:03/11/01 08:33 ID:tA8gBuhq
>>179
フィルハーモニアのはまだ聴ける
最晩年の全集のはちょっと・・・


200 :名無しの笛の踊り:03/11/01 10:38 ID:TwevfZjd
宇野はこれまで、カラヤンのベートーヴェンでは第9だけは推薦していたんだよな。(カラヤンのベートーヴェンでは唯一見事なものと云えよう)
それが普門館のライヴでは打って変わってぼろくそにけなしまくっているな。
本質的にこれまでに出ていた演奏と違うわけではないはずなのにどういうわけ?
いったいどちらが宇野の本音かしらん?

201 :名無しの笛の踊り:03/11/01 10:41 ID:xNEOkahi
BPO100周年のエロイカ(ライブLD)が最高によい。

202 :名無しの笛の踊り:03/11/02 22:16 ID:TQ5uxPw8
>>200
御大もついに痴呆症が始まったと言えよう

203 :名無しの笛の踊り:03/11/07 00:03 ID:WmukWOmz
hosyu

204 :名無しの笛の踊り:03/11/07 17:04 ID:a3Xfcohh
カラヤンの娘達って今何しているの?


205 :名無しの笛の踊り:03/11/07 19:52 ID:GsLZhH80
俺様がおかしました。

206 :名無しの笛の踊り:03/11/08 21:22 ID:EleYbyRo
205は婆専

207 :名無しの笛の踊り:03/11/09 01:15 ID:/g+Wa+eZ
年上趣味といってください

208 :名無しの笛の踊り:03/11/09 14:30 ID:06HFkDLR
久々、1987年のニューイヤーコンサートを視聴。やはりユニテルの70年代の
DVDと比較すると老けているし、動きも痛々しい。クライバーのニューイヤー
と比較するとリズムが重い感があったのだが、今日聴くとカラヤンという長い
間楽壇の頂点で演奏し続けた指揮者の貴重なモニュメントのように思えてきた。
ワルツ「うわごと」は名演。

209 :名無しの笛の踊り:03/11/09 14:31 ID:soNyYKf6
あのときのオケのメンバーが必死になってヘッツエルを追っていたのが印象的

210 :名無しの笛の踊り:03/11/09 18:24 ID:drpyXPBm
諸君、
諸君がカラヤンのファンということであれば、さぞや極上のステーキのように
肉の厚い、汁のしたたるように豊麗な弦と、轟然と響きわたる金管と、その間
を埋める巧妙を極めた木管の絡みにエクスタシーを覚えるに違いない。
そのような名演をお教えしよう。
「パルジファル」? ノンノン。あれは確かに豊麗な演奏だが、管弦楽の美食
に浸る何せ曲が抹香くさい。
それは「トスカ」の旧盤である。ヌーヴェル・キュイジーヌに転じた新盤ではない。
冒頭から珍しく「う〜〜ん!」という乾坤一擲の気合が聞かれる壮年期のあのレコー
ディングこそ、帝王の真骨頂が聞かれる名演なのだ。
トスカの悲哀やスカルピアの野望に絡み合うオケがあざといって?それがプッチーニだ。
デ・サーバタのような凛とした張りと劇的な人間劇への洞察に欠けるって?それがカラヤンだ。
ああいう音を構築できる能力を持った指揮者は他にいない。
臭いので

211 :名無しの笛の踊り:03/11/09 20:20 ID:ZCEiBIPU
↑あんたも、スキ(もの)ねぇ。

212 :名無しの笛の踊り:03/11/10 04:13 ID:g4ygG3W3
>>210
ホント馬鹿丸出しだな(w
気の効いた事書いてるつもりなんだろうが恥ずかしすぎ。

>劇的な人間劇への洞察

ってなんだ阿呆。

213 :名無しの笛の踊り:03/11/10 18:11 ID:b/zEMD5R
>>209
87ニューイヤーにヘッツェルはいない。
キュッヒルとヒンクだ。

214 :名無しの笛の踊り:03/11/10 20:30 ID:2o0eC4SY
男子の6大欲望
オンナ
 ↓
カネ
 ↓
権力
 ↓
名誉
 ↓
名声
 ↓
後世にわたる名声

215 :名無しの笛の踊り:03/11/10 20:35 ID:2o0eC4SY
女子の3大欲望
享楽
 ↓
カネ
 ↓
安定


216 :カラヤンの新譜----ANDaNTE:03/11/13 09:13 ID:EI9pjJTb
*「マタイ受難曲」(ゼーフリート/フェリアー出演)
*「ファルスタッフ」(1957年ザルツブルク、トスカニーニの1937年ザルツブルクと抱き合わせになる模様)

詳しくは下記↓ページの「Upcoming releases from andante」を参照
http://www.andante.com/article/article.cfm?id=22503

以下、肝心な部分のみ抜粋

> the first release of a thrilling performance of Bach's Saint
> Matthew Passion conducted by Herbert von Karajan and featuring
> both Irmgard Seefried and Kathleen Ferrier

> a four-CD album featuring two Falstaffs, one from 1937 led by
> Toscanini and another from 1957 under Karajan

217 :名無しの笛の踊り:03/11/13 15:12 ID:AYFzbROV
カラヤンのチャイ4(EMI)はマスターテープに傷がついたというが、
何年の録音?

218 :名無しの笛の踊り:03/11/13 22:08 ID:cFGhA2mw
>>217
71年

219 :名無しの笛の踊り:03/11/13 23:56 ID:7i23aYcf
DVD78年の海ほかが曲のおもしろさはともかくとして、音がよかった。

220 :名無しの笛の踊り:03/11/14 08:53 ID:Vra/EBu9
>>218
どうもどうも。 

221 :名無しの笛の踊り:03/11/15 08:13 ID:AxHXNLuJ
age

222 :名無しの笛の踊り:03/11/15 09:57 ID:1fPTVk5z
>>217
この1971年録音のチャイ4は国内盤でのみCD化されているけれど、
音は酷いものがあるね。レコ芸の21世紀の名曲名盤300で2位なんだが、
一般にはお薦めできないなぁ。

223 :名無しの笛の踊り:03/11/15 10:18 ID:mP50WKn6
つうことは2088シリーズ?俺そんなに嫌なシリーズではないが・・・。
しかし2位というのもすごいな。ムラヴィンスキーではないのか・・・。

224 :名無しの笛の踊り:03/11/15 13:37 ID:xxQcRYTv
>>223
ムラヴィンスキーの60年DG盤が1位、カラヤンの71年EMI録音が
2位だったんだ。でもムラヴィンスキーがダントツ1位だったんで、
2位以下はドングリの背比べなんだけどね。
(ちなみにカラヤン84年DG盤は4位)

ご指摘のとおり、私が持っているチャイ4はHS-2088です。でも、
岡崎さんのリマスタリングがどーのこーのって言うより、マスターが
劣化していたのか、強音時にブラスの音とか割れて聴こえるのがイヤ。

念のため、今聴き直しているけれど、やっぱりいい演奏だな、これ。

225 :崇拝者:03/11/15 14:33 ID:Yhl+G67N
カラヤン先生、何故死んでしまったのですか。
もう小粒の奴らのCDは聴いておれません。
シベリウスの交響曲がすばらしいのが
ヴァントやベルグンドだそうです。
こいつら下手すぎて頭痛くなってきました。

226 :名無しの笛の踊り:03/11/15 15:03 ID:SBTTyeDw
名曲名盤300 '99では、ムラヴィンスキーの60年DG盤が1位、カラヤン84年DG盤は2位。
38点、18点で大差をつつけているが、いずれもランキングは恣意的、戦略的か?

227 :カール:03/11/15 22:19 ID:FctG2TDv
ベスト云々なんて毎号順位変えて
売上アップに貢献させるおかかえ本だからな
ムラヴィンはいらないな・・・・

228 :名無しの笛の踊り:03/11/15 22:32 ID:pLjS3zqh
>>225
カラヤソ&カムのシベ全(3CD)てどうすか?

229 :名無しの笛の踊り:03/11/15 22:39 ID:dCXpa0hf
カラヤンがBPOを指揮したチャイ4って正規盤で4種類ありますよね。
60年EMI、66年DG、71年EMI、(73年の映像もあり)、76年DG
なんだけれど、全部聴いたことある人っています?

230 :名無しの笛の踊り:03/11/15 23:59 ID:GaxWeUYZ
>>229

あるヨ〜
76年DGがいちばんヨイ

231 :名無しの笛の踊り:03/11/16 00:03 ID:qdc1EwQb
悲愴は全部で7つ?

232 :名無しの笛の踊り:03/11/16 08:32 ID:xEBZBDRa
俺的には悲愴は76年だな。
5番は71年がヨイ。

233 :名無しの笛の踊り:03/11/16 09:10 ID:+dWevTT4
映像チャイ4は73年のインチキライヴの演奏がヨイ。

84年の映像は、年老いたカラヤンの痛々しい指揮で
演奏を聴くのに集中できん!


234 :名無しの笛の踊り:03/11/16 09:34 ID:mKSqrB0N
おすすめDVD。
100周年エロイカ
ユニテル タンホイザー序曲
ユニテル チャイ4 5 6 ピアノ協奏曲
ユニテル ラフマニノフ ピアノ協奏曲
ユニテル ブラ1
ユニテル ベト7

ブルックナーは聴いたことがなく、買おうか迷っていますが、おすすめですか?

235 :名無しの笛の踊り:03/11/16 11:34 ID:RVOStCAd
>>234
ブル8(76/unitel)、ブル9+テ・デウム(78/unitel)ともに名演です。
手に入るうちにどうぞ。

236 :名無しの笛の踊り:03/11/16 11:54 ID:xEBZBDRa
>234
それに加えて
ユニテル ドンキホーテ
テレモンディアル 死と浄化
テレモンディアル ブル9
おっと、ブルはユニテル盤も名演に禿同

237 :名無しの笛の踊り:03/11/17 02:07 ID:Jkt9KI2I
父親が持っていたBPOとの「新世界より(確か68年版)」を聞いたが
俺が持っていたCDの77年版よりも遥かに良かった
特に有名な第四楽章では初めの金管の音色が、
77年版はわずかに低い気がするのだが、68年版は綺麗になっていた

238 :名無しの笛の踊り:03/11/17 02:58 ID:A9piuxwE
>>237

金管の音色が低い?
68年版は綺麗?

ちょっとよく意味がわかりません

239 :234:03/11/19 22:22 ID:M582emHn
ユニテル ブル8 ブル9買いました。
いい感じです。


240 :名無しの笛の踊り:03/11/21 22:52 ID:XapAMRe6
デパートの筆記具売り場で、カラヤンという名前のモンブランの
万年筆をはけーんしますた。

241 :名無しの笛の踊り:03/11/22 15:15 ID:sL7nL0gg
ウィーン交響楽団とのシューマン交響曲第4番のリハーサル映像は、
DVDにならないのかなあ。

練習風景がとても、見たいです。

242 :名無しの笛の踊り:03/11/22 15:56 ID:xmGv1JZw
ブル9のDVDをあえて選ぶとしたらユニ・テレどっち?

243 :名無しの笛の踊り:03/11/22 17:18 ID:axy11ts3
>>242
どっちもいいんだけど。
テ・デウムが入っているからユニ!
テレも捨てがたい。

244 :名無しの笛の踊り:03/11/22 21:14 ID:o/czzJs0
【ラ・ボエーム】ジャケットの謎
カラヤン・フレーニ・パヴァの「ラ・ボエーム」CD中古で買った↓
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g10646237
ジャケット左下に、何やらシールを剥がしかけた痕を発見。
完全に剥がしてきれいにしようと試みたところ・・・・ん??
なんと、それは「貼ってある」のではなく「印刷されている」のだった。
海外盤は正常なので、どうやら日本盤制作時のエラーらしいが、
どうしてこんなことに?

245 :名無しの笛の踊り:03/11/22 22:34 ID:xmGv1JZw
>>243
どうも

246 :名無しの笛の踊り:03/11/22 23:51 ID:+TWiUrnF
ヴォルフガングフォンカラヤンなる指揮者がいるのだが、この人って
正統カラヤンのいとこという設定?

247 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:10 ID:8MNiHE1r
>246
お兄さんです

248 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:14 ID:K24XdiUy
>>246
実兄。オルガニストでもあり
フーガの技法を全曲録音しているので有名。

249 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:31 ID:nTc5R1To
サンクスコ。ヘルベルトカラヤンは次男だったのね。
やっぱナチ党員だったのかしら?

250 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:34 ID:tXHkpnwx
カラヤンのブルックナー交響曲第7番の演奏が好きでラストレコーディングについては
愛聴している(BPOの演奏も負けず劣らず好きだ)。この演奏のイメージを抱きつつ
この前の17日にティーレマンの同曲を生で聴いた。結果は、最悪の演奏だった。
演奏後、拍手する気が起こらない演奏だった(ブラボーを言って大喜びの人もいたが…)。
美しくなく、運び、流れが悪い演奏。ウィーンフィルのブルックナーの生は初めてだったが
聴いて愕然とした。このオケもここまで凋落したかと思える演奏だった。
 ティーレマンのあのテンポを緩めたり、表情づけするのは音楽の流れ、運びを
阻害しているようにしか思われなかった。本人はこの曲が振りたかったのだと思う。色々試みをして
いたことは良くわかった。しかし、それにつきあわされたこちらはたまらない。
やはり、サバリッシュに振って欲しかった。少なくとも、アバドやハイティンクの方が
良かったと思う。もうカラヤン/VPOのような演奏は生では二度と聴けないのだろうか…。

251 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:34 ID:nTc5R1To
所詮、指揮者なんて威風というかルックスよ!
カラヤンはその点で○。あとは甘いマスク系ならカイルベルト。

252 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:48 ID:PGjQ/Yl0
>>251
カラヤンは見かけだけじゃないの?

253 :名無しの笛の踊り:03/11/23 01:11 ID:WIZwkb0Z
カラヤンはあのなんというか威風堂々な風貌からしてフォンが付いているのが
理解できる。ルックスでかなり信者を得ていると思う。

254 :名無しの笛の踊り:03/11/23 01:13 ID:86NwCqu+
>>240
カラヤンインフォに触れられてるね。69000円ではちょっとよう買わんな。

255 :名無しの笛の踊り:03/11/23 07:50 ID:fgM1IXyI
>>253
 チェリも若い頃はかなりイイと思うのは漏れだけ??

しかし、ベルリン・フィルのフルヴェンの後任は男前対決でカラヤンにケテーイ!



256 :名無しの笛の踊り:03/11/24 23:42 ID:PgeNVrsd
age



257 :名無しの笛の踊り:03/11/25 06:58 ID:9eKZjdW+
甘いマスク系ならカイルベルト。
って、ネタですかぁ?



258 :名無しの笛の踊り:03/11/25 17:54 ID:gaxO12OT
岩石男カイルベルトの顔を「甘いマスク」と思えるとは、非常に独特の感性をお持ちの
ようですね。

259 :名無しの笛の踊り:03/11/25 21:06 ID:PVJBWlfQ

カラヤンファンつーのは
分かってるやつと分かってねーヤシと半々だな



260 :名無しの笛の踊り:03/11/25 21:21 ID:Gfq4Dijo
>>259
そうでもない

261 :名無しの笛の踊り:03/11/25 21:46 ID:yeyde7iv
甘いマスクといえば、クナッペルツブッシュ。

262 :名無しの笛の踊り:03/11/25 22:07 ID:b/V5JOrK
>>261
クナ、若い頃は男前だったから、ネタとしてはもう一つだな。

263 :名無しの笛の踊り:03/11/26 12:52 ID:siEUksyo
ホルスト・シュタイン。栗まんじゅうを思わせる甘いマスク

264 :名無しの笛の踊り:03/11/26 13:01 ID:F/Nhs9VL
予想通り
つまらん

265 :名無しの笛の踊り:03/11/26 15:14 ID:szPJ5HFF
おおおおおお

266 :名無しの笛の踊り:03/11/26 15:54 ID:J+uU/Quo
カラヤンの60年代の録音(DG)のブラ2はいい。
あとリヒャルトはどれも完璧だ。素晴らしすぎる。

彼の演奏解釈には作曲者によって好き嫌いが分かれるが、
演奏そのものにずっこけたことは一度もないな。
カラヤンは音楽家として偉大です。


267 :名無しの笛の踊り:03/11/26 16:01 ID:LcYdZ9+W
ほほう
といいますと?

268 :名無しの笛の踊り:03/11/26 19:30 ID:mcvukfNU
>>266
ブラームスでは、2番と3番が得意だったよね。
4番なんか、似合う曲だと思うのだけれど、録音ではイマイチだったなあ。

269 :名無しの笛の踊り:03/11/26 23:37 ID:ELQm7F0U
ドヴォルザークの弦セレの2楽章の
音程がひどいのは既出?


270 :名無しの笛の踊り:03/11/27 01:53 ID:kxOStOId
この人の芸風で聞くと、他のが大抵古くさくと言うと語弊があるけど聞きづらくなるから
ある意味で最後に聞きたい指揮者ではある

微妙にスレ違いですが「新世界」のBPOとの録音だと
カラヤンのは相当に早くて滑らかで
(いろんな人の物と聞き比べてみて、最近如何にカラヤン指揮の物が滑らかかと分かった)
華麗でモダンな印象なんだけど
感傷的になれるというか、弱音で心が震えたのはクーベリックとの録音の方でした
カラヤンがもう少し弱音を深い音色でやってくれていたら自分の中では満点に近かった

271 :名無しの笛の踊り:03/11/27 01:56 ID:kxOStOId
↑のクーベリックのですが、勿論つっこみどころもあって、微妙なんですが・・・
第4楽章の有名な冒頭の所とか、オケが入りのテンポを早くしすぎて指揮者が押さえてる感じとか
(まぁこれはこれで面白かったりするんですが、70年代のBPOでさえ、って感じで)
全体にテンポが所々で崩れたり、アンサンブルが弱かったりと

総合点だとカラヤンに軍配が上がりそうですが、
余韻やらを求めて聞くなら多少の粗に目はつむってもクーベリックという感じかなぁ

272 :名無しの笛の踊り:03/11/27 02:06 ID:BEaN6CKm
カラヤンのエロイカは大好きだ。彼の芸風にはまってると思う。
DGの新しい全集に含まれてるものも素晴らしいが、
やはり100周年記念演奏会のライブDVDが最高だと思う。


273 :名無しの笛の踊り:03/11/27 09:25 ID:px7LFaAd
ふ〜ん。

274 :名無しの笛の踊り:03/11/27 20:30 ID:Z0qLx+m5
>>260
うんーーーにゃ
分かってねーヤシが多いんだよ




275 :名無しの笛の踊り:03/11/29 19:04 ID:ZZvmrCMN
             / ̄ ``ヽ、_  ,..、
             /    / 彡豸  \
          ,z¬"`ヽ ノ     彡 〃/〃 ゙!
       彡  ヽ  }/_,..ィ   //〃 / │
          イ i {/ ̄´   / / //' ′  ト、
         ヾ i -‐     L彡._  '′_  ミ,バ
          |     _    } / ゙!ミ|
         イ」ヽ=三"_     `′:.. |ミ.|
          7  ` ’´      '´ /| !
          /  ヽ       `‐' l/′
     ,. -―一'>f" ′、       /゙ヽ__
   /  / // 〉‐--ヽ      //::::// ヽ
 ,.イ   / //::::::::`!"    / /::::::/- '   ̄\
/ /   / /::::::::::::::::::`ー='‐ '´::::::/           }

保守しとく・・・。

276 :名無しの笛の踊り:03/11/29 19:10 ID:YtO1Fhwl
うほっ!似てる!

277 :名無しの笛の踊り:03/11/30 18:02 ID:C3/WcvJu
80超えて飛行機やスーパーカー乗り回してたけど
殆ど失明状態だったのに運転出来たのか?

278 :名無しの笛の踊り:03/11/30 18:05 ID:1w9v/XNp
カラヤン>>>>>>>>>>>>>>アバド>>>ラトル

279 :名無しの笛の踊り:03/11/30 19:35 ID:b0J5eub/
ヴァーグナー>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ビューロー>>>>>>>>>>>>>>ニキシュ>>>>>フルトヴェングラー>>(ry

280 :名無しの笛の踊り:03/11/30 21:51 ID:TO5R3zLx
>>278
何をいまさらわかりきったことを。

281 :名無しの笛の踊り:03/11/30 21:59 ID:YSzCR9uS
ビューロー>>>>>>>>>>>>>>ニキシュ>>>>>フルトヴェングラー>>
カラヤン>>>>>>>>>>>>>>アバド>>>ラトル


282 :名無しの笛の踊り:03/11/30 22:06 ID:b0J5eub/
ビューロー>>>>>>>>>>>>>>ニキシュ>>>>>フルトヴェングラー>>
カラヤン>>>>>>>>>>>>>>アバド>>>ラトル <<<<<<<<<<<<<俺(第7代)

283 :名無しの笛の踊り:03/12/01 00:38 ID:GfaCmtsA
>>275
イイ(・∀・)!!

284 :名無しの笛の踊り:03/12/01 02:08 ID:+YVTM2tf
>>275
カラヤンのダンディズムが投影されたAAだ。

285 :名無しの笛の踊り:03/12/01 22:07 ID:WQLd5vpU
>>275
たしかマラ9Liveのジャケだね。

286 :名無しの笛の踊り:03/12/02 11:47 ID:YlaqdfSi
>>285
             / ̄ ``ヽ、_  ,..、
             /    / 彡豸  \
          ,z¬"`ヽ ノ     彡 〃/〃 ゙!
       彡  ヽ  }/_,..ィ   //〃 / │
          イ i {/ ̄´   / / //' ′  ト、
         ヾ i -‐     L彡._  '′_  ミ,バ
          |     _    } / ゙!ミ|
         イ」ヽ=三"_     `′:.. |ミ.|
          7  ` ’´      '´ /| !
          /  ヽ       `‐' l/′
     ,. -―一'>f" ′、       /゙ヽ__
   /  / // 〉‐--ヽ      //::::// ヽ
 ,.イ   / //::::::::`!"    / /::::::/- '   ̄\
/ /   / /::::::::::::::::::`ー='‐ '´::::::/           }

他にもアダージョカラヤンとか、色々なものに使われているぞ・・・。

287 :名無しの笛の踊り:03/12/02 12:43 ID:3iXmI8aj
ウィーンフィルとのブルックナー・テデウムって今入手できますか?

288 :名無しの笛の踊り:03/12/02 14:27 ID:NxNLu5Nd
指揮真似の達人
http://f25.aaacafe.ne.jp/~yurambo/




289 :名無しの笛の踊り:03/12/02 19:01 ID:SdAaJMrA
>>287
晩年のドイツレクイエムの余白に入ってたヤツ?
オリジナルの2枚組CDは廃盤。中古も滅多に見かけない。
再発では、バチカンの戴冠ミサと組んだミッドプライス輸入盤(1CD)があった。
こちらも廃盤だがオリジナルに比べればまだ入手しやすいと思う。
中古屋のモーツァルトの棚にひっそり眠ってるかもよ。

290 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:54 ID:6Ynqgc/5
>>288
ショルティにワラタ!
でも、顔はレヴァインに似ているな。

291 :名無しの笛の踊り:03/12/02 22:14 ID:RsVApr0R
クラヲタはレヴァイン系多そうだもんな・・・

292 :名無しの笛の踊り:03/12/04 14:45 ID:JUdG/XVH
DVD管弦楽名演集がキター

なんじゃこの爆演ぶり
演奏後のカラヤンの( ̄ー ̄)フッってヤシに禿しく萌えてしまう

さて、噂のタンホイザーにチャプターゴー

293 :名無しの笛の踊り:03/12/06 00:41 ID:kYp22iEh
>>292
タンホイザーは名演だぜ。

294 :名無しの笛の踊り:03/12/06 20:13 ID:wclJnFvE
カラヤンで困るのは80年代にデジタルで残した録音が、
6,70年代のアナログよりも演奏的に劣るということだね。
選択に困るんだよな。特に最晩年のウィーンフィルが困る。
ウィーンフィルってのはどうして金管が下手なのかね。
途中でへろへろになるなよ、おまえはN響か!
ブル7、新世界、悲愴はストレス溜まって聴いてられない。
R・シュトラウスの英雄の生涯、ドンキホーテだって
演奏は70年代は緊迫感が違う。でも音が最悪で聴いてられない。
なんか中途半端なんだよなカラヤンの録音は。

295 :名無しの笛の踊り:03/12/06 20:25 ID:arcLC6/1
>>294
たぶんDECCAに残した一連の録音聴いたらもっと幻滅するかも


296 :名無しの笛の踊り:03/12/06 20:37 ID:anqRyKzd
>>294

うんそうだね、まったくそのとおりだね
最後の悲愴、出たとき期待して聞いてみてかなり落胆した
音がスカスカなんだもん
ウィーンフィルじゃだめじゃんと思った
なのにいまだにカラヤンの悲愴でいちばんイイとされているのはコレ
げせん
やはり70年代が最盛期
あくまでカラヤンとしての話ね

297 :名無しの笛の踊り:03/12/06 20:48 ID:GYk0/PPs
『悲愴』は最後の来日放送をAltusが発売⇒解決。

298 :名無しの笛の踊り:03/12/06 21:20 ID:7OFi2PAr
>>296
最初に出たのは音が悪すぎた。
OIBP&金CDで再発されたカラヤンゴールドは「同じ演奏?」と疑うほど鮮明。
問題のVPOのアンサンブルまでも整えられたように聞こえるから驚き。
それでも個人的には76年DG盤が最強だと思う。


299 :名無しの笛の踊り:03/12/06 21:34 ID:anqRyKzd
>>297

そうだね、アレが出れば究極の悲愴になるね
フモン館出たし、3公演全部そろそろ出そうなヨカンも

>>298

そうなのか、OIBPはそんなに違うんですか
こんど入手して聞いてみるね
現時点では76年DG盤最強はそのとおり
71年盤にはない凝縮された凄さがあるね

300 :名無しの笛の踊り:03/12/07 00:31 ID:zdEDNXaz
>>295
おいらはカラヤンのウィーンとのドボ8が大好きなんだが・・・
逝ってよしですか?

301 :「悲愴」に関して言えば、:03/12/07 00:36 ID:R2W0pmdC
>それでも個人的には76年DG盤が最強だと思う。

それは違うな。
もっとも「カラヤンらしい」名演は71年のEMI盤。
個人的に最高なのは64年のグラモフォン盤だよ。

302 :名無しの笛の踊り:03/12/07 00:38 ID:R2W0pmdC
>おいらはカラヤンのウィーンとのドボ8が大好きなんだが・・・

61年録音のロンドン盤のことなら、激しく同意。
おそらくセルと並んでこの曲最高の名演だよ!

303 :名無しの笛の踊り:03/12/07 00:46 ID:R9VEpZqR
でもあまりにも美しすぎて
途中でやめたくなる

304 :名無しの笛の踊り:03/12/07 01:48 ID:+iOZGPRh
>>302
クーベリック・ベルリンフィル(DG)のドボ8にはとても及びません。

305 :名無しの笛の踊り:03/12/07 01:51 ID:4cUAlxx4
>>301
71年悲蒼はイエスキリスト教会の響き過ぎる音響と、EMIの低音たっぷりの録音がカラヤンらしさをさらに強調していて、これに耳が慣れると他の演奏がみんな退屈に聞こえてしまう…

306 :名無しの笛の踊り:03/12/07 03:27 ID:8cqF5J3t
>297
FMで生中継してたやつですか?

307 :287:03/12/07 09:47 ID:3t+80myJ
>>289
遅まきながら、ありがとう。探してみます。

308 :297:03/12/07 10:17 ID:uL7Yp6tf
>>306
そーですよー。FMで聴いてて「くそぉ。生で今見たい!!」
と思ったのはあれが初めてだった。あの時の第4楽章こそ、
私の中でカラヤンへの追悼の念と今では等価なんです。
>>302
セルは3種ありますが…やはりコンセルトヘボウ?

309 :名無しの笛の踊り:03/12/07 12:52 ID:1ORCR+lR
悲愴の大阪公演生で聴きましたが何か?

310 :302:03/12/07 14:24 ID:R2W0pmdC
>>308
>セルは3種ありますが…やはりコンセルトヘボウ?

セルのドボ8についてですが、
クリーヴランドとの録音が最高です(特に最初の録音ですね)
第4楽章のジプシー音楽風になる有名な部分を聴いてみて下さい。
「これでもかの強靭なアクセント」は凄いの一言ですよ。

311 :名無しの笛の踊り:03/12/07 14:45 ID:PLSdif+Y
>>308

たしか最終日のブラ1をFMで聞いてて、途中から泣けてきた。
アンサンブルは全盛期の精妙さがなく、バランスもへったくれもなかったけど、
前に前にというカラヤンの意志がムキ出しになってる気がして、
老いぼれが歯をくいしばっている姿に涙が出た。
altusさん、たのんます(映像はないのでしょうか…?)

312 :306:03/12/07 18:35 ID:47rvmnUS
>308
録音したような気がする。

313 :名無しの笛の踊り:03/12/08 21:48 ID:qnx3nuB6
>>301
チャイコフスキーに関しては、第5番も1971年ベルリンフィル(EMI盤)がベスト
だと思う。(カラヤンらしさという点で。)
これと比べると、最晩年ウィーンフィルの演奏(DG盤)は、第2楽章の磨き抜かれた
美しさに感動するものの、第4楽章終結部の脱力ぶりに激しい憤りを感じた。
>>294の言うとおり、ウィーンフィルの金管群はあんまりだ。下手なだけでなく、
音が軽薄すぎる。何の感慨もなく、何の感情も込めずに、ただフニャフニャ吹いてます、
って感じ…。(この軟らかさが快感!という人もいるわけだけど)

314 :名無しの笛の踊り:03/12/10 23:52 ID:nJzZ8mfM
age

315 :名無しの笛の踊り:03/12/11 01:12 ID:e9ZwjRPa
>>294>>313
そうは言っても、亡くなる3か月前、最後の録音(ブルックナー7番)
にはいい所もたくさんあって感動するけどなあ。ウィーンの弦はきれいで、
第1・第2楽章もなかなかいい。もともとスケールの小さな第4楽章も、
さりげなく自然に盛り上げているし、妙に哀しい雰囲気。
曲の終わりのほうなんか、激動の20世紀を華麗に生き抜いてきたカラヤン氏
が一生を回想し、いよいよ三途の川を渡るのに豪華客船を自ら用意して、
この世へのお別れの挨拶として出港の汽笛を鳴らしているように聴こえて
しまうのは、思い入れしすぎ?(というか俺の妄想だな)
個人的には70年代のベルリンの同曲演奏よりも好きだ。

316 :名無しの笛の踊り:03/12/11 08:15 ID:NdW00ndz
晩年のVPOとの演奏。チャイコやドヴォみたいなのは寂しいけど、
ブル7とか「仮面」とか(ある意味「薔薇」も)寂しく豪華でいい!
「四つの最後の歌」とか残して欲しかったね、あの頃。

317 :316:03/12/11 08:16 ID:NdW00ndz
忘れたが、モツ29&39もいい!

318 :名無しの笛の踊り:03/12/13 19:36 ID:J4W+elff
 何を隠そうわたくすも…
 
チャイ5初体験はカラヤン晩年のVPOとのライヴだったが、
終楽章のラッパのあまりのカッコ悪さに当分チャイ5は苦手な曲ですた。

319 :名無しの笛の踊り:03/12/13 22:50 ID:QEGlWHEA
>>313-
俺はそうとは思わない。録音も含めて、カラヤン指揮のチャイコフスキー三大交響曲は晩年のウィーン・フィル盤が最も美しく磨きぬかれ、曲の本質をそのまま伝えている。
ブラームス交響曲全集とともにカラヤン晩年の貴重な遺産だと思う。

320 :名無しの笛の踊り:03/12/13 23:18 ID:jiXpBKUt
>>319

そっかなー?
チャイ4なんて木管の吹き間違いがそのままだったり隙だらけ

321 :名無しの笛の踊り:03/12/13 23:36 ID:UWsZReW0
カラヤンのチャイコはVPOよりBPOのほうがカッコイイ


322 :名無しの笛の踊り:03/12/14 00:05 ID:/BTYdPjX
カラヤン指揮のドボルザークの8番もBPOの方が
しまって聴こえるんだよな。
これも化け物揃いの金管のお陰か・・・・・・

323 :名無しの笛の踊り:03/12/14 00:34 ID:UM8CdmFQ
チャイコ、ドボルザークは晩年のVPOも70年代のBPOもどちらも好きだな。BPOの方が遙かに上手くて引き締まってるんだけど、哀しさというか切なさというか、胸を締め付けられるような瞬間は晩年のVPOとのやつの方が多い感じがする。ドボルザークの8と9は特に。

324 :名無しの笛の踊り:03/12/14 02:36 ID:n6OSwGZH
>323
それわかる、ウィーンの方が弦がキュンとする感じ(w

でも、全体のバランスは断然ベルリンかな
ウィーンのトランペットが下品すぎる(ww

325 :名無しの笛の踊り:03/12/14 10:13 ID:dq+Cr8XS
カラヤン&ベルリンフィルの金ピカ流麗な金管でなければ気に入らないという
ファンが多いんだねェ・・・
多分そういう人はコンセルトヘボウの重たいトランペットもダメじゃないかな?
ウィーンのトランペットもあれはあれで味があると思うが・・・

326 :名無しの笛の踊り:03/12/14 10:24 ID:gjWKcJXr
んなこたーない。
俺はカラベルの金管は好きだが、
ドレスデンのいぶし銀金管も好きだ。
嫌いなのは音色にオケのカラーが感じられない日本のオケの金管。

327 :名無しの笛の踊り:03/12/14 10:46 ID:6wEg6wmK
コンセルトヘボウのラッパってすげえビブラートかかってない?
バーンスタインのマラ9聞いてそう思った

328 :名無しの笛の踊り:03/12/14 13:49 ID:fX+qJdTb
VPO批判しちゃいけないよ
盲目信者がわいてきて不毛の争いになるだけ

329 :名無しの笛の踊り:03/12/14 14:22 ID:6wEg6wmK
実演を聞いたかんじでは、今年のウィーンフィルのほうが数年前のベルリンフィルより金管は凄かった。
特にホルン。
ラッパもウィーンのほうが威圧的かつテクニカルだった。
来日公演なのでベストメンバーかどうかはワカランが。
なにしろベルリンはホルントップが当時まだ団員ではなかったバボラクだったし。
オベロン冒頭のバボラクは嘆息もんだったけどね。

330 :名無しの笛の踊り:03/12/14 18:37 ID:+FzLQv6e
デジタル録音のカラヤンチャイコは、オケの技術でなく音色の魅力が忘れがた
く美しいから僕の中でベストになってるわけ。
ゲルギエフとウィーンのチャイ5もあるけど、ウィーンの音色の魅力を存分に
味わわせてくれるのはカラヤンだった。


331 :名無しの笛の踊り:03/12/14 20:23 ID:qJEG9IZu
話題になってるから今晩年のチャイ5を聴きなおしてみたが、やはり特に終楽章でトランペットが雑だし音程も悪くて気になるな。

332 :名無しの笛の踊り:03/12/14 21:01 ID:wV/WgJSh
>331
同意見。
 但し、VPOらしさが聴けるってのも分かる。
 漏れは絶対的なカラヤンの棒の許で驚異的な技術、合奏力を示した
 BPOが好きだが、晩年のVPOとの「隙」のある演奏も魅力を感じる。
 まぁしかし、チャイ5のあのラッパは残念どす…。

333 :名無しの笛の踊り:03/12/14 22:33 ID:Sy0SapYn
ラッパが話題になってるけど
BPOのラッパソロ聴いてだれが吹いてるのかってわかるひといる?
古くはホルスト・アイヒラーとか、
クレッツァーかグロードとか。

334 :313:03/12/15 00:03 ID:C5mpOpEb
>>333
おれ、そこまで厳密には分からない。
それに80年代のVPOと今のVPOは違ってきている(特に管)から、
当時のVPOを批判することが、そのまま今のVPO批判にはつながらない。
'84年チャイ5は弦セクションについては実に素晴らしい。第2楽章は最高。
こんなに優美で哀しい演奏は初めて聴いた。らっぱが第4楽章の肝心な所で
ハズしているのはスゴイが、魔術的な弦のおかげで価値は充分あると思う。
ブル7やモーツァルトも晩年のがいいね(>>315 >>316 >>317)。
もちろん>>319>>323>>330の主張にもうなづける。自己主張を抑えた自然な運び、
独特の哀愁とか諦観のような雰囲気、いろいろな点でVPO盤も魅力的ではある。

335 :名無しの笛の踊り:03/12/16 00:39 ID:xNEhyu0W
オルフェオから発売されたカラヤソのLIVE録音について質問でつ。
トリスタンは酷評する声が多いが、ドン・ジョヴァンニはどうよ?

俺は海賊盤で1968年のザルツ実況録音(paragon)を持ってるが、
こいつは良い演奏だ。オルフェオの1970年録音はステレオだし
演奏がよければ、買い換えようと思ってる。アドバイス求む。

336 :名無しの笛の踊り:03/12/16 16:42 ID:/eFyxz9z
カロヤンが今更のように指揮者姿の役所こーじを出演させてるのを見ると・・・

337 :カロヤンハイ:03/12/16 17:01 ID:Kb00Oiec
まーあれだおまいら。
アニフの墓に逝ってだな、墓穴堀のオッチャンに、
「 ほれ、そこだ! 」 と、やたら柄の長いスコップで
面倒くさそうに指し示してもらってこい。
話はそれからだ。

338 :名無しの笛の踊り:03/12/16 20:51 ID:xNEhyu0W
>>337
意味わかんね

339 :名無しの笛の踊り:03/12/16 22:07 ID:WJWLUUgi

>>337
墓参りしてから論評しろって?
六本木のカラヤン広場参拝で充分さ。自宅に私設霊廟を作ってもいいし。

>>335
ORFEOレーベルで欲しいCDを、最も短時間で入手する方法について
教えてください。ドン・ジョヴァンニも聴いてみたいんだけど。

340 :名無しの笛の踊り:03/12/18 22:24 ID:MMZAsEFt
ブル9、テ・デウムのDVD持っている人に質問

ブル9、3楽章の7分位にエラーでますか?

341 :名無しの笛の踊り:03/12/19 10:00 ID:ur6HnCGk
酔っ払った指揮真似の達人
http://f25.aaacafe.ne.jp/~yurambo/


342 :名無しの笛の踊り:03/12/19 21:15 ID:IIuyYO+F
>>341
顔はレヴァインに似ている。。。

343 :名無しの笛の踊り:03/12/19 21:29 ID:KlPvr/zv
>>340
LDなら持っておる。
輸入盤・・・


ごめん、答えになってなかった

344 :名無しの笛の踊り:03/12/19 21:39 ID:rvPRWVMO
>>340
今日買ったから明日あたり見てみる。

345 :名無しの笛の踊り:03/12/20 01:01 ID:uyN5nr/M
>>336
あのCMはダジャレである以上、役所広司はカラヤンに扮しなければならなかった。
何故に小澤征爾なのか?黒髪だからか?w

346 :340:03/12/20 16:34 ID:vR9gR37G
>>343
うん(ニガ

あっ、でも参考までに、
340で指摘した箇所付近、LDで何らかの不具合はあります?
DVDの不具合を製造販売元へ訴えたら、
「原盤のエラー」ってレスがきました。
それなら、LDにもありえるのかなぁ、と思ってます。

>>344
よろしくおねがいします。

340では情報不足なので、補完。
ブルックナーSym. No.9およびTe Deum
ウィーンフィルとのライブ映像(ムジークフェライン)で、
1978年収録、UNITEL製作です。

347 :344:03/12/20 17:40 ID:JFonEi74
うん、でた。
チェロのヒゲとメガネが並んでいる場面と
その少し後のヴァイオリンのオニイサンの場面。
あってる?

348 :340:03/12/20 19:50 ID:vR9gR37G
そうです。

はぁ〜、どうしようもないんかね〜…
イイ感じの所でエラーだから、
その後の音楽耳に入んなくなるヽ(`Д´)ノ

で、テデウムで持ち直すんだけど(w

このDVD、テデウム以外、聴かなくなる予感…(ウツ

349 :名無しの笛の踊り:03/12/20 19:54 ID:aKvgP62U
ド○ームライフあたりのDVDならよくあるんだけどね、そういうエラー。
要は転送レートを守ってないからDVDプレイヤーの処理能力越えて
コマ落ちするんだよね。ユニバーサルのやつでもあるなんて。

350 :343:03/12/20 22:30 ID:HyHsWV0X
まじめな質問だったのですね・・・

で、僕の持っている輸入盤(英国製)のLDで該当箇所を見てみましたが
とくに瑕は無かったです。

冒頭の主題が戻ってくる所の前ですか?

351 :340:03/12/20 22:39 ID:vR9gR37G
>349
PCと同じく、処理能力の高い(というのかな?)DVD再生機なら、
この盤も、実は、まともに見ることができるってこと?

ユニバーサルからの回答は
「マスター劣化が原因」だったんだけど、
誤魔化されたのかなぁ…

352 :名無しの笛の踊り:03/12/20 22:55 ID:vR9gR37G
>343
レスありがと

そうです。
冒頭のテーマが戻る前、
第2主題をチェロ>バイオリンで受け渡してホルンにいく所

353 :名無しの笛の踊り:03/12/21 03:42 ID:B2WG/qJn
>>352
うちではエラー出ないみたいだけど。
プレーヤーの時間表示(冒頭からの経過時間)ではチェロ(65小節)42分16秒→ヴァイオリン(67小節)42分29秒のあたりですか?

354 :名無しの笛の踊り:03/12/23 00:49 ID:uv1hdeL1
age

355 :名無しの笛の踊り:03/12/23 01:13 ID:Jl/7ZQbK
>>341
スウィトナーとノイマン以外似てない
バーンスタインとか全く似てない

356 :名無しの笛の踊り:03/12/23 01:14 ID:Jl/7ZQbK
>>341
クナはまあ似てるかも
フルヴェンとかひどいなあ

357 :名無しの笛の踊り:03/12/23 17:51 ID:BVYB1o46
山野楽器で一万円以上買ったときにもらった、
2004年ドイチュ・グラモフォンカレンダー。
一月はユンディで、イラネーてかんじ。
んで、特に好きなアーティストも出ないまま、12月でようやくカラヤン先生。
とりあえず、カラヤン先生だけ切り取って、
部屋にポスターとして貼っておこうかと思います。


358 :名無しの笛の踊り:03/12/23 22:34 ID:cSdHwOKc
1976年のDGのチャイコフスキーの悲愴を購入。これでカラヤンの悲愴はDGの84年盤、EMIの72年盤、
テレモンのDVD、VPOとのCDR、最後の来日公演のCDRと合計6枚目となった。聴いた感想だが、
何だか、今年の11月1日に東京文化会館で聴いたシカゴ響バレンボイムの演奏に似た演奏だ。
このコンサートはVPOの講演よりははるかに良い内容だった。バレンボイムはフルトヴェングラーを
目指しているはずだが、シカゴ響と演奏すると中和されてカラヤンの演奏に近くなるのか?
不思議だ。

359 :名無しの笛の踊り:03/12/23 22:38 ID:7lyiT7jL
てか、バレソボイムは隠れカラヲタとの説アリ

360 :名無しの笛の踊り:03/12/23 23:22 ID:sGArHoAc
ほんと?

361 :名無しの笛の踊り:03/12/23 23:47 ID:41wJV4ZL
有名なカラヲタ指揮者
クライバー
サロネン
小澤 
あと名前忘れた


362 :名無しの笛の踊り:03/12/24 01:29 ID:z7SqIrsl
キタエンコも

363 :名無しの笛の踊り:03/12/24 09:30 ID:ovPMfEC+
ムーチィもでしょ?

364 :名無しの笛の踊り:03/12/24 18:46 ID:MlJbPA9M
義理の父にカラヤンのチャイコフスキーの交響曲のCDを買ってきてくれと頼まれて
しまいました。カラヤンが好きで、チャイコフスキー(特に第5交響曲)が好き
らしいのですが、私はカラヤンもチャイコフスキーも得意でない(スミマセン)ので、
たくさん再録音されているものの中からどれを買ったら良いやらさっぱり分かりません。
外れはつかみたくないですし、録音にどれだけ差があるのかも知りません。
どれが大体どんな傾向のものなのか教えを垂れていただけると幸いです。
(たぶん難しいこと言わずに楽しめるタイプの演奏が良いように思っています。)


365 :名無しの笛の踊り:03/12/24 19:33 ID:lgxxtN67
>>364
今年話題だった、'70EMIの復刻
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=152573 ベストセラーの一位
を選ぶとよいかも。

366 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:01 ID:DRoOwIEI
ゲルギエフはカラヤンのレコード聞いて指揮の練習してたっていってなかったっけ?

367 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:18 ID:eAu656ol
レコードで練習なんてやってんのか? メジャーオケの指揮者が。
それじゃあ漏れと同じじゃん。

368 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:19 ID:HYQ1YaDv
クライバー「カラヤンの指揮には同業者なら嫉妬を禁じえないでしょう」
ムーティ「カラヤンのブルックナーからは神の声が聞こえる」

369 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:24 ID:tYEDkNDE
http://www.karajan.info/images/others/a321r.jpg
オーストリアの偉人の飛行機に、カラヤンが写ってる。

370 :名無しの笛の踊り:03/12/24 23:08 ID:z7SqIrsl
>>364

ストコ・ニューフィル盤わたして
「カラヤンも晩年は顔が崩れまして」


371 :名無しの笛の踊り:03/12/24 23:24 ID:9fKnhenC
じいさんの顔は崩れていない!

372 :名無しの笛の踊り:03/12/24 23:34 ID:NK9CS4Qw
アバド
「カラヤンの音楽は、今世紀(20世紀)において独特の輝きを持っている」
指揮者の言葉ではこれが最もカラヤンの音楽を的確にとらえていると思うな。
(少なくともムーティのゴマすりよりはイイ)

373 :通りがかりヲタ:03/12/25 00:11 ID:qJ4El8rX
>>357
毎年毎年、12月がカラヤン先生の指定席なのです(ほんとに)。
>>358
ぜひ1954年4月のN響盤もお買い求めください。N響とは思えないくらいですよ。
>>362
カラヤンコンクール系の指揮者は、程度の差はあれ、カラヲタでしょうね。
 ○オッコ・カム
 ○ペトル・ヴロンスキー
  '87年にヴロンスキー指揮読売日響のドボルザーク『新世界』コンサート
  を聴きましたが、とてもカッコ良く、カラヤンの'60年代の演奏に非常に
  似ておりました。

>>364
○楽しめるなら'84VPO(DG盤)録音も良い(>>319に代表される立場)
 弦楽群の美しさは比類がない(>>334)。諦観の境地。
○「不誠実なわざとらしさ」(Tchaikovskyの自己批判)を逆手にとって、
 完全に開き直った空前絶後の名演奏は'71BPO(EMI盤)パワー全開。
 孤高の人であることが良く分かるし、カラヤンに対してしばしばなされる
 「精神性がない」などという浅薄かつ陳腐な批判など一切寄せつけません。
 (>>313に代表される立場)
 これは>>365が紹介している演奏のことです。
>>369
前(右)から2人目ですか。
>>370
意地悪ね。

374 :名無しの笛の踊り:03/12/25 00:16 ID:lGzPC0AD
前から8人目じゃないの?

ちゃんと御影をみなさい!(w

375 :373:03/12/25 00:29 ID:qJ4El8rX
>>374
Merry Christmas 。
機体が円筒状だから(当たり前か)歪んでいて分かりにくいです。
髪型が違うような気がした(8人目)ものですから…
最晩年のからやんは、2人目にあるような柔和な表情も見せたので

376 :名無しの笛の踊り:03/12/25 11:14 ID:Z9wEweJ4
64、5年頃のBPOとのチャイコフスキー交響曲はどんなもんですか?
後年のものより落ちます?

377 :名無しの笛の踊り:03/12/25 17:16 ID:BAipocqB
>>375
70〜71年のEMIと似てるけど(同じイエスキリスト教会録音だし)、やっぱり70年代の方が磨き抜かれてる。

378 :名無しの笛の踊り:03/12/26 00:06 ID:1H+qrcta
>>377
あれ? チャイ5の1971年はEMI盤しかないでしょ。これまでLPやCDで何度も
販売されていたのと同じでしょ、演奏それ自体は。それをリマスタリングして音響を
改良したのが>>365、ってことじゃないの? 俺まちがってる?
>>369の機体に描かれたカラヤンって、本当に右から8人目でいいの?

379 :名無しの笛の踊り:03/12/26 00:09 ID:1H+qrcta
ああ、>>377>>376に対するレスですね。すみません。

380 :名無しの笛の踊り:03/12/27 15:35 ID:2G+gfQwv
カラヤン

381 :名無しの笛の踊り:03/12/27 22:52 ID:spvtCrCh
こんなのあるよ。

公開講座:大町陽一郎が語る指揮者が見た名指揮者「カラヤン」
1月24日(土)新宿住友ビル/朝日カルチャーセンター13時
3500円 рO3−3344−1998

参加した人講演内容と感想キボンヌ。

382 :名無しの笛の踊り:03/12/28 06:40 ID:3d5RN+Nv
>>381
これってタダの講演会ってことだよね?
3500円はちと高い気がする

383 :名無しの笛の踊り:03/12/28 19:01 ID:5b3Bw6+d
この講座前回はフルヴェンをやり、来年6月はベームをやるそうです。

384 :名無しの笛の踊り:03/12/28 19:22 ID:xQmgXjyT
>>382
ほとんどショバ代だろーね。

いわゆるカルチャーセンターねた。

385 :名無しの笛の踊り:03/12/28 21:55 ID:FDhgQ1XK
曲によって違うと思いますが、
カラヤンは棒は主にどれくらいの長さのを使用していたのですか?

386 :名無しの笛の踊り:03/12/29 02:31 ID:BSZ3ekMP
大町はいまでもそんなことやってるのか。バブル期にマキシムドパリで幇間
みたいなことやってたね。いくらお仕事無いからって、いいかげんにしろ。
東フィルでウィンナワルツでも振ってろ。

387 :名無しの笛の踊り:03/12/30 14:44 ID:cNOp/NWa
第九買いに行ったら下記の3種が大量に売ってたので購入した

    (感動順)
@テンシュテット/85年ライヴ
Aクレンペラー/テスタメント
Bカラヤン/普門館






388 :名無しの笛の踊り:03/12/30 16:41 ID:ntXNtITJ
極私的カラヤソBEST3

@ブル8/VPO(DG)
Aオペラ『ペレアスとメリザンド』/BPO(EMI)
Bシベリウス4番/BPO(DG)

389 :名無しの笛の踊り:03/12/30 18:13 ID:IXOisQRS
カラヤンのベストは、1950年代のオペラ録音でしょ。
それ以外は、もう誰も聴かなくなっているのよ。か
つての大衆的人気を考えたら、時の移ろいの早さを
感じるね。

390 :名無しの笛の踊り:03/12/30 18:59 ID:uaV1QLgl
俺的カラヤンBEST3(CD,LD,DVD混合)

@マーラー交響曲第9番BPOの裏青(1982.5.1)
Aベートーヴェン「英雄」BPOのDVD(1982.4.30)
Bブルックナー交響曲第9番VPOのDVD(ウニテルのやつ)

BPO創立100周年コンサートは凄過ぎる

391 :ドレミファ名無シド:03/12/31 05:46 ID:C+qAiQVG
オペラの序曲集とか間奏曲集は好きだね
その線でいくと

@ロッシーニ$スッペ序曲集
Aオペラ間奏曲集
Bウェーバー:舞踏への招待/序曲集

あとヴェルディの序曲集もいい

392 :名無しの笛の踊り:03/12/31 14:10 ID:a7NoI7Mb
カラヤソお似合いBEST3

@R・シュトラウス
A桶小品集
Bチャイコ



393 :名無しの笛の踊り:04/01/01 00:02 ID:RKE7wJ98
新年初カキコage

394 :名無しの笛の踊り:04/01/01 09:16 ID:LmSTd37a
さっき見終わったジルベスター、氏が生きていたらなんと見るだろう・・・。
プログラムが(・A・)イクナイ!!

395 :名無しの笛の踊り:04/01/01 10:52 ID:QgTrq3my
昨日はカラヤンの第9で大晦日ですた。
でも、ベトではなくてブルの第9+テ・デウムのDVDで。
これこそ粋だと思いますた。

396 :名無しの笛の踊り:04/01/01 10:59 ID:ixqd18aA
>>394
案外喜ぶんじゃないか。カラヤンはジャズ好きだったし。
ベルリンフィルのとリハーサルでドイツ人がリズム感が悪いことに業を煮やし
「どうしてこうリズム感が悪いのか。口直しにジャズでも聴いてくる」といって
飛び出してジャズクラブへ出かけていったことがある。

それにラヴェルなんかは得意中の得意だろう。


397 :名無しの笛の踊り:04/01/01 11:33 ID:5dkeTXUx
スミ・ヨーがカラヤソに適当にいたぶられたのは
ゆるさねばならねすか?
パワハラに屈す、無念だろうな・・・



398 :名無しの笛の踊り:04/01/01 12:52 ID:CTLrbdTO
カラヤンはジャズに偏見なぞなかった。
音楽にジャンルで偏見をもたず、あのビートルズやロック(当時流行のプログレ)
を高く評価したのもカラヤンだった。そんなカラヤンは偉大だと思うなりー。

399 :名無しの笛の踊り:04/01/01 13:02 ID:RE3GMXHK
>>397
スミ・ジョーのことかな?
それは初耳、詳しい話をきぼんぬ。。。

400 :名無しの笛の踊り:04/01/01 13:09 ID:tEFxIDmy
スミ・ジョーはカラヤンに発掘されたようなもの。
彼女はカラヤンに感謝してるよ

401 :名無しの笛の踊り:04/01/01 15:12 ID:5dkeTXUx
スミ・ジョーはカラヤンに楽屋かどかだったか一寸会話した後
聴いてやるから歌え、今すぐにここで歌え
彼女はためらったが「夜の女王」のアリアを無伴奏でウオーミングアップもできず
歌い始めた、そしてまもなくカラヤンは全く彼女を無視して立ち去るのである。
多忙であったのであろう、よくある話なんだろうがね。
でもなー  





402 :399:04/01/01 15:23 ID:on682tpr
>>400
と聞いているから、>>397は話が違うなと思って。。。
どうなんだろう?

403 :名無しの笛の踊り:04/01/01 15:42 ID:ixqd18aA
>>401
違うだろ(w

スミ・ジョーとバルトリが
ヴェルディのレクイエムのリハーサルをしているシーンで
「今度は何を歌うの?」とカラヤンが尋ねたら
「夜の女王を歌います。」と答えるジョー。
「じゃあ、ちょっと歌ってみて」
「いや、ウォーミングアップもしてませんから上手く歌えるかどうか・・・・」
「いいから。」
歌うスミ・ジョー。
カラヤンはじっと聴き入り、
「君はこれを私のために歌ってくれないのかね」
と言う。
スミ・ジョーはカラヤンとの録音は予定されておらず、(べつの指揮者で)
ザルツブルグ音楽祭?で歌い録音も行うと答えると
楽譜で自分の顔を覆うジェスチャーをするカラヤン。
不審に思ったジョーが尋ねると、
「いいかい、このアリアは喉を酷使する。キャリアを積み重ねていくことは大事だが、
自分の喉をもっと大切にしなくてはならない。あせらずにね。」と忠告するカラヤン。
ジョーはカラヤンの思わぬ暖かい言葉に涙ぐんでしまう。

という内容だったと思う。うろ覚えだが。ユニテルから出てる
「カラヤン・イン・ザルツブルグ」の一こま。


404 :名無しの笛の踊り:04/01/01 16:49 ID:CTLrbdTO
>>403
いい話だね。カラヤンは本当にいい人だ。

405 :399=402:04/01/01 17:34 ID:A0yZxfDJ
>>404
そーだねー
いろいろ毀誉褒貶があるにしても、基本的にはカラヤンは善意の人だもんね。

406 :名無しの笛の踊り:04/01/01 18:00 ID:tEFxIDmy
401は本当にこのドキュメンタリーを見てそう解釈したのか?
だとしたら相当なDQ(ry

まあ新年一発目だ。
相当DQ(ry な401におとそで乾杯、といくか。

407 :名無しの笛の踊り:04/01/01 19:25 ID:8roCq4Tr
まあまあマターリいこうや、カラヤンも千客万来と言っていたではないか。
>>394 クラシックがないのが不満でつか。
一生ベートーベンだけ聴いていなさい。
メガネムーティもがんがってるぞい。


408 :名無しの笛の踊り:04/01/03 10:56 ID:zWzHvAwE
なんでカラヤンを悪くいうの?
ナチ入党も映像に力を入れたのも時代の先取り。
ナチは失敗かも。
没後15年か、やはり人気者ですよ。
しかし我が家では1960年代のものしか
聴かないな。

409 :名無しの笛の踊り:04/01/03 12:03 ID:YJEa+qHz
これからCDの整理でもするよ。200枚くらいしかないけどね。
来年はDVDでも集めよーかなー。
みんなはカラヤンのCD、何枚くらい持ってるの?


410 :名無しの笛の踊り:04/01/03 13:54 ID:BxieVtjP
DVD 4 CD 100位か。まだまだCD売り場にはたくさんあるな。カラヤソ。
ジャケットが変色しているのとかもアル。


411 :名無しの笛の踊り:04/01/03 16:29 ID:h/O4GkOI
「管弦楽名曲集」のDVD買いそこねたー(泣)

412 :名無しの笛の踊り:04/01/03 19:47 ID:L9m2OFMD
>>411 さん
ビデオならもっているので、すぐに圧縮してnyに放・・・以下略。
ハッシュ 7afe542dge7c554gdcrbhac77ss デス。
夜11時以降からはじめますので。


413 :名無しの笛の踊り:04/01/03 20:18 ID:a+dt7Ev9
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/     }
   {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !   タイーホするよ!
         l     ヘ‐--‐ケ   }
         ヽ.     ゙<‐y′   /
      (ヽ、__,.ゝ、_  ~  ___,ノ ,-、
      )           ノ/`'ー-' <
    r'/,   _..   //  l、、、ヽ_)
      ゝ(_/_ノ´ /ヽ_ノ/  __,l ヽ)_)‐'
         {` ーニ[二]‐ク′
           〉   /  /_
         /   ´ ̄`ヽ  )
          (____ノ--'

414 :412:04/01/03 20:22 ID:L9m2OFMD
ごめんなさい。
もちろんハッシュは捏造です。ビデオは確かに持っていますが、
ジェムスターのコーピーガードが入っているので、うちのMTV2000plusでは
数分で録画が中断してしまいます。ダメダコリャ。

415 :名無しの笛の踊り:04/01/04 11:07 ID:DUJhMGWL
414 シネアホ、下らない事書き込むなよな。巨大AAも然り。


416 :名無しの笛の踊り:04/01/04 16:42 ID:Mm1ChFlr
DVD買い損ねた人いっぱいいるだろうけど
クラシカジャパンでも契約してみてみたら?
毎月カラヤンのビデオ放映してるし
ついに発売されなかった70年初期の第九や、
幻の大阪ライブも放映してたよ

417 :名無しの笛の踊り:04/01/04 19:49 ID:Nbc7C2OI
最初クラシックを聞き始めた人はカラヤンの威厳ある風貌に、これぞ指揮者!と思って
CDを買っていくがそのうち、他の指揮者に流れていくような気がする。おれがそうだ。

418 :名無しの笛の踊り:04/01/04 21:18 ID:jjGvVfMC
>>417 私は逆だが。学生時代から聴き始めて15年。所蔵CDが1000枚超えたが、
指揮者といえばカラヤンと思うようになった。評論家の許光俊氏もかえって
初心者には難しいといってられるが、その見解には全面的に賛成だ。

419 :名無しの笛の踊り:04/01/04 21:22 ID:Ttls3iGD
>>418

420 :419の続き:04/01/04 21:26 ID:Ttls3iGD
実は私も似たようなところがあって。
最近、カラヤンを聴くと、他の指揮者との差を感じることがある。
それを、指揮者としての技量の差なのかそうでないか、
それはまだわからないですが。

421 :名無しの笛の踊り:04/01/04 22:23 ID:Mm1ChFlr
俺の場合はカラヤンから入り、
カラヤンからはなれて、カラヤンに戻ってきた。
一般に嫌われているいわゆる「カラヤン節」が、
実はこの指揮者しか出せない、出そうと思っても
出すことのできないものだとわかったとき、
この指揮者の凄さが身にしみた。
これは決して表面的だとかいう次元のものではない。

422 :名無しの笛の踊り:04/01/04 22:37 ID:w219kDJ+
>>421
昔から言われている言葉に「釣りはフナに始まってフナに終わる」というのがある。
カラヤンも同じかも。カラヤンに始まってカラヤンに終わる。なんてな。

423 :名無しの笛の踊り:04/01/07 00:38 ID:yB8a5L+k
古いスレだけど、
>>389
 50年代のカラヤンのオペラはオペラというより、シンフォニック的な側面
が強くて、淡々と進んでいる印象がある。特にヴェルディを除く、EMIの
一連の録音がそうで、その上、あまり煮詰まって演奏していないので、中に
聴いていて飽き飽きするものもある(例えば「コシ」がそう)。
 バイロイトのライブはその中では出来のいいほうだけど(カラヤンはライブの
方が面白く聴けるから)、後のライブ録音の裏青盤(いいのは、R・シュトラウス
のサロメ)やプライベート盤(60年代のザルツブルグ音楽祭のライブ)と比較すると、
歌手がいいのを除くとイマイチかな?と思う。ただ55年のカラスとのドニッセイの
録音(ライブ)はいいと思うが。
 カラヤンのオペラの最盛期は60年代だと思うが、70年代も80年代もライブは聴いて
いて結構面白い(歌手のレベルが段々下がっていくのは仕方がないか?)。その意味
ではまんべんなくいい仕事をしていると思う。ただスタジオ録音は、段々とリハーサル
ぽくなってつまらなくなっているように感じたけど(特に80年代は全く聴かない)。


424 :名無しの笛の踊り:04/01/07 04:02 ID:0ZSEwTYy
新世界の第四楽章はカラヤン/BPOの60年代の録音が最高点、な私ですが、
(僅差でセル/クリーブランド)
カラヤンの音楽に不毛性というか音響としての音以外の奥行きが感じられない瞬間を感じることはある

(新世界の流れですが)
モルダウなんかも60年代のBPOとのより、音が揃ってなくて、リズムも悪いのだけれども、
85年晩年期のヘタれてきてしまったカラヤンとVPOの方が雰囲気は出てる
(勿論、BPO自体の総合的な音の傾向が、技巧的で繊細にして野太く強い・・・のだけれども、
それでもオケに合う曲を「選んでしまう」可能性があるのかな、とも思うのだが・・・)

カラヤンの音は好きだけど、それでも浅く感じる瞬間があると感じる人もいれば、
そうは感じない人も居るっていう、当たり前なことなんでしょうか・・・
カラヤンサウンドは滑らかで豪華なだけに、クラシックにさほど入れ込んでいない(笑)、
一般の「現代」人が聴くと、他の指揮者よりも好まれるというのはあるかもしれない、とは感じますね

425 :名無しの笛の踊り:04/01/07 06:59 ID:gfeTUGrh
新世界の第四楽章はケンペだろ

426 :名無しの笛の踊り:04/01/07 17:36 ID:aQ8oeB3A
カラヤンと言えばやっぱベトベンなのか?

427 :名無しの笛の踊り:04/01/07 21:11 ID:F7wVyMVZ
>>426
ベートーベンは、カラヤンファンの間でも評価が分かれるから、違うと思う。
ベートーベン以後のロマン派や、東欧・ロシアの国民楽派系の曲が、
最も評価が高い。あとイタリアオペラかな。

428 :名無しの笛の踊り:04/01/07 21:33 ID:Kxo8lpWg
個人的にはカラヤンといえば、マーラーやブルックナーが思い浮かぶ。
思いっきり叩かれるのはわかっています。でも、
まあ、カラヤンは時々やる難しい曲がうまいなあと思うわけでして。

429 :名無しの笛の踊り:04/01/07 21:39 ID:EyD5ctSM
オレのカラヤン・トラウマはキンキラキンの『大地の歌』から始まった。
おまけに吉田大先生の「まるでクリスマス・ツリー」のようだという酷評を
読んでしまって、「まるで浅はか」という固定観念が出来上がったのである。
もちろん、今ではかなりの程度「先祖帰り」を果たしているが、大地は
未だにノー・サンクスのままである。

430 :名無しの笛の踊り:04/01/07 21:54 ID:Ra+0WkIc
カラヤンといえばチャイコだが、
5番はどうしてもダメ。
4、6はいいのだが。
スヴェトラは4、5はいいが6がダメ。
ムラヴィンは4、5、6全部ダメ。
チェリは5、6はいいが4(海賊盤)がダメ。

431 :名無しの笛の踊り:04/01/07 22:17 ID:EyD5ctSM
しかしまあ、今ムラヴィンの5番終楽章聴いてるんだけど、チャイコ御本人が
吐き気覚えたというこの楽章、別にカラヤンが「名演奏」してくれなくてもイイワ。

432 :名無しの笛の踊り:04/01/07 22:20 ID:EnaVQxBg
オカヤンといえば、新ヴィーン学派の3CDを忘れておるな、ソチども

433 :名無しの笛の踊り:04/01/07 22:31 ID:0JPEkZL6
>>432

> オカヤンといえば、

悪い冗談だ。

434 :名無しの笛の踊り:04/01/07 23:04 ID:k0rRrCgt
最悪だよ。


435 :名無しの笛の踊り:04/01/07 23:08 ID:wEvW9X6a



       オ  カ  ヤ  ソ  の  『  運  命  』   /   『 未 完 成 』



                              ポリドーレKK





436 :名無しの笛の踊り:04/01/07 23:24 ID:iqtg6V8e
>>427
カラヤンのイタオペ皆が言うほど悪くないね。オイラは好きだよ。
但し、60年代前半まで。

437 :名無しの笛の踊り:04/01/07 23:45 ID:zkSA2iHt
フィリップ・ヘレヴェッヘいわく


「カラヤンの指揮したシューマンは
カラヤンであって、シューマンではない」

438 :名無しの笛の踊り:04/01/07 23:58 ID:k0rRrCgt
>>437
天国のカラヤンが返す

「ヘレヴェッヘごときに言われたくない」


439 :名無しの笛の踊り:04/01/08 00:02 ID:LIbrY6Qt
アルトゥス、88年悲葬@東京を出すくらいなら
前プロのモツ29と最終日モツ39、ブラ1を出しなさい。

440 ::04/01/08 00:27 ID:Yk2oLCkW
クラ初心者ですが、よくカラヤンが人工的とかわざとらしいとかいう意見をきくのですが自分はぜんぜんそんなこと感じません。とくにちゃい5なんかは繊細さと深い、精神的な迫力で圧倒されます。

441 ::04/01/08 00:29 ID:Yk2oLCkW
むしろバーンスタインのほうがずっと人工的でわざとらしいと思いますが、、

442 ::04/01/08 00:33 ID:Yk2oLCkW
私の耳は腐っているのでしょうか?

443 :名無しの笛の踊り:04/01/08 00:57 ID:s2yNVMAz
私もクラ初心者ですが、感じることありますよ。
人工的というか機械的というか。
冷酷な音楽マシーンといった感じを受けることがあります。
でも感想なんて十人十色なんだから自分の感じたことを
卑下する必要は無いと思います。

444 :名無しの笛の踊り:04/01/08 08:59 ID:n5tZRRHE
>>439
ていうか全部出せ
とちった展覧会も含めて

445 :名無しの笛の踊り:04/01/08 13:08 ID:VbzLfpnv
カラヤンが指揮したオペラの楽曲をちゃんと聴いてないからかもしれないが
正直ウィーンフィルとカラヤンのコンビは音がクド過ぎる気がするなぁ・・・
(ウィーンフィルのぴかぴかした金色の音に、カラヤンのネオンライトのような指揮・・・)

446 :名無しの笛の踊り:04/01/08 15:18 ID:2RIl0X8z
カラヤンの指揮する楽曲はとにかく速くて大音量ですよね。
彼が車や飛行機が好きでスピード狂だったからでしょうか。
また、彼はシベリウスには特別な愛着を持っていたようですが、
何故なんでしょうね?


447 :名無しの笛の踊り:04/01/08 18:19 ID:E9yhkasj
カラヤンは人工的なところもあるけど、バーンスタ員はばばっちいところが
いっぱいある。
カラヤンのシューマンはカラヤンであってシューマンではないなんて言うけど
バーンスタ員のシューマンはバーンスタインスレで盛り上がっているバンスタ
だよ(w

448 :名無しの笛の踊り:04/01/08 19:32 ID:9peJTKDU
>>447
論旨いまいち不明

449 :名無しの笛の踊り:04/01/08 20:51 ID:e+vLseZN
>>446
>とにかく速くて大音量ですよね
遅い演奏も、あることはある。特に晩年('80年代)には結構ある。
'60年代にウィーン交響楽団を指揮したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番も
遅いと思う。
ソリスト(リヒテル)に合わせているから、というわけでもないみたいだ。
晩年のキーシンとの同曲異演でも、カラヤン率いるベルリン・フィルの遅いテンポ
にキーシンは戸惑い、どこか不満気味なようす。

>彼はシベリウスには特別な愛着を持っていたようですが、何故なんでしょうね?
ひょっとして生まれ変わりだったのかも。実際、カラヤン氏はヨガの行者でもあり、
またゲーテやエジソンなどと同じく輪廻転生(りんねてんしょう)説を信じる立場
でもあった。何かを知っていたのかも…。
(欧米では reincarnation, transmigration, または metempsychosis などという。
 キリスト教会の公式見解とは、少なくとも形式上は衝突するはずだと思うのだが)

450 :名無しの笛の踊り:04/01/08 21:17 ID:iSK8RdAw
「私は自然を愛する」「シベリウスとブルックナーは似たところがある」などの
カラヤン自身の発言を参照すればシベリウスが好きなのも不思議ではない。
それにシベリウスとカラヤンはどこか相性がいいような気がする。
貴族的・俗受けもする美しさ・神秘主義的・金持ちで自然の側に家を建てて暮らしていた。など。
シベリウスもカラヤンのシベリウス演奏をラジオで聴いて誉めてたとか。
どっかで読んだよ。
まあいくらシベリウスでも生きているうちにカラヤンに転生することはないとは思いますが(笑)。

451 :名無しの笛の踊り:04/01/08 21:28 ID:6yhOPGH2
っていうかいつも、思うんだが、ライナー読むと、

「カラヤンは、チャイコフスキーにだけを愛して、、、とか、「ブラームスだけに対しては別格な想い、、、
とか、
「ベートーヴェンに対しては、最重要で、、、」とか、述べられているが、
ほんとうは、誰が大切やねんって思う。

まぁ、たしかに、モツ、バッハは、聴く気があまりしないし、力の入れ方は納得だけど。

おらは、カラヤンのシベも、ブル、好きだけどね。

カラヤンの本命は、チャイコか、ブラかな。
ベトは、フルヴェンにかなわないし、モツはベームかなわないからね。


452 :名無しの笛の踊り:04/01/08 21:43 ID:e+vLseZN
>>450
>まあいくらシベリウスでも生きているうちにカラヤンに転生することはないとは思いますが(笑)

そうでした(赤っ恥)!  ご指摘ありがとう。
メンデルスゾーンあたりなら可能性アリ?

453 :カラヤンってチンドン屋:04/01/08 21:46 ID:gN1UL0By
あのカラヤンを絶賛している人がこんなにいるとは驚き!
カラヤンにはバッハ、ベートーヴェン、マーラーだけは指揮してほしくなかった。
これら深い精神性を持つ音楽をあれほどまでに貶めるとは・・・
20世紀最大の汚点だね。
カラヤンはチャイコフスキーあたりがお似合いだよ。

454 :名無しの笛の踊り:04/01/08 21:50 ID:e+vLseZN
コーホー信者さんだか俵孝太郎の亜流だか知らんが、狭量な人が多いのう。

455 :カラヤンってチンドン屋:04/01/08 22:16 ID:gN1UL0By
カラヤンが指揮すると何故すべての曲が薄っぺらくなるのだろう。
カラヤンって本当に神を信じてたの?
本当に演奏前に瞑想してたの?
精神性のかけらでもあるの?

456 :名無しの笛の踊り:04/01/08 22:21 ID:eSzlznPV
>>455
薄っぺらい?
どこが?
貴殿の好む薄っぺらくない演奏とやらをご教授願おう。

457 :名無しの笛の踊り:04/01/08 22:22 ID:2O81UUDR
        | 
        |
        |
   ぱくっ |
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽ
 _ ム::::(,,゚Д゚)::| 釣りは海や川でやるべきだ!!
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::.:....|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'



458 :名無しの笛の踊り:04/01/08 22:41 ID:OnxqJtK4
>>437
シューマンでなくても、カラヤンだから好いのだ。

459 :カラヤンってチンドン屋:04/01/08 22:58 ID:gN1UL0By
ワルターやフルトヴェングラー、ベームはもちろん、
バーンスタインやクライバー、朝比奈隆でさえもカラヤンに比べれば
薄っぺらくなく深い精神性を持っている。

カラヤンはクラシックを軽音楽にしてしまった。。。


460 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:14 ID:9peJTKDU
>459
あはは。ステレオタイプな批判だね。あはは

【stereotype】 〔ステロタイプとも〕
言動が型にはまって固定的であること。紋切り型。

461 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:15 ID:rwb2og8n
>>459
中学生くらいが議論の勉強に来たのか?
煽り方に幅が無いし、精神論を主軸に置くと議論の形にすらならんぞ。
盛り上げたいならもう少し工夫を望む(゚Д゚)y─┛~~

462 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:18 ID:azId8hUb
つーか、「精神性」をエサとしている釣師とみた。

463 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:26 ID:9peJTKDU
ちょっとマジレスしちゃうね。
クラシック・ファンにはカラヤンの演奏は物足りないとか、全くだめだという方が
昔から大勢いらっしゃいます。漏れは未だに良く聴く方ですけどね。ただし、
カラヤンしか聴かないわけじゃないよ。他の人の名演奏にも耳を傾けます。私的な
ことを書くと、カラヤンの演奏(特に70年代の演奏)に音楽ファンとして育てて
もらったようなものですから、その感謝もあるんだよな。漏れだけかも知れないが、
カラヤンの演奏を聴いてから他の人の演奏を聴くと、その人の演奏がどういった
ポジションのものか理解しやすいということもある。レファレンスというんだ。
つまり、レファレンス足りうるだけの質量とも、あれだけのレベルで録音を残した
演奏家は唯一無二だった。この超人的な仕事ぶりと分かりやすさが一部のヲタと
評論家に嫌われていたって事実はある罠。カラヤンの演奏を貶める評論がたくさん
あるせいで、正統的クラシックファンの中には、カラヤンを褒めるのがダサイと見
られていた(今もそう思っている人が少なくない) 不当に評価が低くて、中古市
場で驚くほど価格が安い。漏れは、ファンとして逆に嬉しくなって、持っていない
カラヤンのCDを見つけると、どうでもよいようなものまで良く買います。

464 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:28 ID:7KZnsgoy
何回目のループになるのかといえよう。

465 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:31 ID:s2yNVMAz
こうだから薄っぺらいと言ってくれないと
反論もなにもあったもんじゃないよ。
誰もまともに相手になんかしてくれない。
ちゃんと議論の基礎を学んでからまた来てね。
ま、せいぜい高校生だろうな。

466 :名無しの笛の踊り:04/01/08 23:52 ID:6yhOPGH2
>>464
オカヤンとしては、5回目だが。

467 :名無しの笛の踊り:04/01/09 21:21 ID:9KrZLJB2
以前DVDのベルリオーズ「ラコッツィ行進曲」の事が書かれていましたが、
今日EMIに録音した同じベルリンpoとの同曲のCDを聴きました。
録音がやや悪いのが難有りですが、なかなか聴きモノだったと思います。
あれがDGの録音だったらねぇ…。カラヤンのダッタン人とか、すごく
イイんだけどなー。

468 :名無しの笛の踊り:04/01/10 00:25 ID:llpYcm9r
>>460
紋切り型かも知れないけど、自分も同じ事思うよ
軽音楽とまでは言わないけど、クラシックの中では異端に近いとは感じる
(リズムの一定さと滑らかな演奏法は現代音楽の香りさえする)

勿論だからといってそれが直ちに批判に繋がるわけでもないと思いますが・・・
70年代のBPOの均整の取れた絶妙なアンサンブルは随一だと思うし、美しい
それに>>463さんが言っているように、
カラヤンの作品を聞いてしまうと他の指揮者の作品の位置が掴みやすくなる、と言う点では
スタンダードと言うか、ある意味でのオーソドックスな位置には居るとも思う
(異端にしてオーソドックスと言うのも、我ながら矛盾してるような気もするけど・・・w)

演奏に於けるノイズが感情の起伏を表すのだとすると、カラヤンの作品にはノイズが非常に少ないと言える
他の指揮者を普通の小川に例えるとすると、カラヤンは護岸工事された川と言う感じか?

469 :名無しの笛の踊り:04/01/10 00:30 ID:AgyybBif
確かに美しい・・・
カラヤンのべトの良さが最近ようやくわかってきたような・・・
遅すぎた?

470 :名無しの笛の踊り:04/01/10 00:43 ID:I2T5Rp4e
>>459
 ベームは、目立ちたがり屋の堅物のような演奏が多いので、最近聴かない。
レコードも手放した。朝比奈隆はブルックナーは結構聴けるけど、それ以外は、
もう少し考えて演奏しろ!とクレームを付けたくなったぐらい。クライバー、
バーンスタインは、彼らと比べるとまだ聴き応えがある(ワルターやフルト
ヴェングラーはもちろんだけどね)。

 カラヤンは。。。スタジオ録音は何を考えているのか、リハーサルのような
演奏だし、本人が語っているように、全ての音がクリアな音で録音することしか
興味ないように見える。だから駄作が多いといえばそこまでだが、それでも、
聴けるものがある方が凄い。ライブはムラが大きい指揮者だけど、音楽祭や
xx周年といった記念碑的な演奏会では、非常にいい演奏を残している。
 
 ベームはライブのCD−Rも聴いたけど、オーストリア人の体質なのか、
堅物さがウケると思っているのか、それを前面に出す傾向がある。ただその
スタイル自体が時代遅れだし、演奏自体も、クルト・ザンデルリングやスウ
ィトナーの方が渋みがあって味わいがあっていい演奏していると思う。確かに
ベームは日本人好みの演奏家だと思うが。。。

471 :名無しの笛の踊り:04/01/10 00:48 ID:AgyybBif
ベームの演奏を「じゃがいも袋」と言って馬鹿にしたのは
チェリだったなあ・・・・。ついでにクナーも馬鹿にして、
カルロスが激怒した記憶が生々しい・・・。
でも、カルロス、カラヤンの後は「お断り」。(.ε.)

472 :470:04/01/10 00:58 ID:I2T5Rp4e
>>470
 ということで未だに分からないのは、なぜ日本ではベームが根強い
人気があるか?ということだけど。

 海外でベームの演奏のCDを見つけるのは苦労するよ。個人的には、
クルト・ザンデルリングやスウィトナー、ヴァントの方が面白く聴ける
し、モーツァルトはわざわざベームを選ぶ必要なんてない。逆に40番41番は
ベームの演奏から聴いたため、長い間、つまらない演奏だと思っていた。
ワルターの演奏聴いて考え方変えたけど。「ドン・ジョバンニ」もNHK
でカラヤンが演奏したライブを放映するまでは、全曲なんて聴きたいとも
思わなかった。

 自分にとってベームの弊害は多い。ただカラヤンもフランクの交響曲
は大したことはなくて、チェリビダッケとミュンヘン・フィルの海賊盤を
聴くまで、この交響曲は第1楽章ぐらいしか聴き応えがないと思っていた
(シベリウスの交響曲第2番もそうだったけど)。

 つまり自分は別にカラヤンの演奏の全てがいいと思わないが、少なく
ともベームは>>459の人のようにフルトヴェングラーやワルターと同列
に扱うレベルではないと思う。

473 :名無しの笛の踊り:04/01/10 01:09 ID:AgyybBif
ベームは、ライヴの人。職人気質のタイプだ。
スタ録が冴えないのは、事実だが、ベルリン・ドイツ・オペラとの「フィデリオ」
なんかのライヴは素晴らしいと思う。カラヤンとは全くベクトルの違う人。
しかし、そんなにベーム、人気あるのかなあ・・・・。



474 :名無しの笛の踊り:04/01/10 01:10 ID:IRT09xOy
>>453>>455>>459
おい! たくさん釣れたぞ。どう料理してくれる?
釣り逃げではつまらんぞ。

475 :名無しの笛の踊り:04/01/10 01:49 ID:6yoTeEvw
カラヤンを精神性がないって批判する人って大嫌い、宇野先生のもろ受け売りって感じで
興醒め


(愛知県中村区 32歳 男性)


476 :470:04/01/10 08:15 ID:I2T5Rp4e
>>473
 ベルリン・ドイツ・オペラのベートーヴェンの「フィデリオ」は持っていた
んですけどね。凄い演奏!と宇野先生も含め誉めていたけど、自分は逆の印象
をもった。
 一番問題なのは、テンポを場面に応じて変えすぎているため、原作のテンポの
良さが全く損なわれていると思う。同じ「フィデリオ」でもワルターとメトロポ
リタンの方がその点では完成度が高い。カラヤンのライブもザルツブルグ音楽祭
のものはテンポの良さがうまく生かされているが、フロレスタンが開放された後の合唱を
全て削っているので、お薦めできない(これは「フィデリオ」のコンセプト上、
一番大切な部分だ)。
 トスカニーニの演奏は、戦後の演奏は戦前の演奏と比較して、演奏内容もガチ
ガチでイマイチ楽しめない。戦前の演奏は、歌手も含め「フィデリオ」の演奏至上、
おそらく一番理想的な演奏だと思うが、今残っているのは第1幕の途中までなのが
惜しいし、録音があまりにも悪い。

 ただどちらにせよ、ベームの「フィデリオ」のライブは数回聴くのであれば、
いいかな?と思うけど、何回も聴くものではないと思う。それに、職人気質と
言っても、例えばスウィトナーのような内に秘めるタイプではなくて、どう聴い
てもその気質を前面に押し出す傾向がある(特にライブは)。カラヤンとは確か
にベクトルが異なるが、前面に自分の気質を押し出す傾向は共に同じだと思う
(だからカラヤンの対抗馬として成功したのだと思うが)。

477 :名無しの笛の踊り:04/01/10 08:50 ID:67C8D4kC
アッカンベーム

478 :名無しの笛の踊り:04/01/10 13:01 ID:m86t0pSU
大阪のライブのDVD化はどうなったんじゃろ?
もう立ち消えになってしまったのかなぁ・・・

479 :名無しの笛の踊り:04/01/10 14:42 ID:yyYBLDA3
スウィトナーとかザンデルリンク大好き。カラヤンも聴くけど。

>>454>>475 宇野先生や俵孝太郎の精神性の無さのほうが心配。

480 :名無しの笛の踊り:04/01/10 16:04 ID:p7YWldB8
「フィデリオ」なら、やはりフルヴェンか?
漏れは、意外とクナーの演奏が好き。
カラヤンのライヴDVD、買わなくっちゃ。めっちゃくっちゃ。

481 :名無しの笛の踊り:04/01/10 16:18 ID:FtFbRL65

ミーハーばっかだなー



482 :名無しの笛の踊り:04/01/10 17:15 ID:ujIrjobc
>>481
それでいいんだよ。所詮音楽じゃん?

483 :名無しの笛の踊り:04/01/10 18:20 ID:aK8EjsbK
好きなもの聴いて、リラックスするのがいいよね。
批評は自由にさせておきなさい。
自分にとっていいものがいいのです。

484 :名無しの笛の踊り:04/01/10 21:16 ID:QNaz5cNf
>>480
>カラヤンのライヴDVD、買わなくっちゃ。めっちゃくっちゃ。

カラヤンの何を買うのですか?

485 :名無しの笛の踊り:04/01/10 21:52 ID:bT8JU/9T
そもそも、精神性なる概念がどれほど意義があるのか怪しいもんだが、
体がろくに動かなくなってきても、なお指揮台に立ち続けられた人間のどこが
「精神性に欠ける」人間なんだろうな。

486 :名無しの笛の踊り:04/01/10 22:02 ID:rcRC7uxN
カラヤンと精神性?
たとえどのような論法といえども、カラヤンがある時代のある種の西欧の精神性を濃厚に反映していたのは事実。
それを受け入れるか受け入れないかの違い。
まあ、もっとぶっちゃけて言えば、その精神性を楽しめるか楽しめないかの問題なんだけど。

487 :名無しの笛の踊り:04/01/10 22:41 ID:xch8ffSG
とりあえず、べト全。

488 :名無しの笛の踊り:04/01/10 23:10 ID:1MiJWjdZ
>>487
評判は悪いが漏れは晩年のベト全が好きだ。そうしょっちゅう聴きたいとも
思わんけど。あのきらびやかなジャケットの
カラヤンゴールド全集を大事にしてまつw

489 :名無しの笛の踊り:04/01/10 23:14 ID:ITbG57FA
カラベトなら60年代が好きだな。

490 :名無しの笛の踊り:04/01/10 23:15 ID:xch8ffSG
わしは、LDで禅宗モットる。ライヴとスタ録のミックスだけど、
1967年の田園は、いい。

491 :名無しの笛の踊り:04/01/11 00:49 ID:5g+6Ji1S
カラヤンだったら、ブルックナー交響曲全集が一番だな。

492 :名無しの笛の踊り:04/01/11 00:54 ID:fB/w0QNy
ブルもええなあ・・・。

493 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:16 ID:jIObZ5j+
カラヤンのブル9はいい。
DGの1966年盤(BPO)
DGの1976年盤(VPO)
SONYのDVD1985年盤(BPO)
何れも好きだ。

494 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:22 ID:fB/w0QNy
POと、ブル8入れてたような記憶が。
記憶違いかなあ。
ブル7もいいねえ。1973年来日の折のブル7は素晴らしかった!

495 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:30 ID:G5a45Ibb
>>472
えー。カラヤンのフランクいいと思ったけどナー。

カラヤンはスタンダードというより今聴くとかなり異端なような
気がするわけだが。ベトにしろ、ブルにしろ、無機質なところが却って
面白い。ハイドンやシューマンなんかも含めて、変に情に走らないとこ
ろは、意地みたいなものすら感じるし。

なんつーか、フルベンのシューマンの方がよっぽど変だよ。

496 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:33 ID:fB/w0QNy
変というより、個性的過ぎる。
でも、4番だけは、脱帽だ。

497 :名無しの笛の踊り:04/01/11 01:53 ID:Xvv9foS4
>>494
1957年のEMI録音はBPO
1975年DG盤ほどの派手さはないけどね



498 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 13:43 ID:xZu3habE
カラヤンのベートーヴェン交響曲全集持ってるよ。
聞くたびに悲しくなる。
天の高みにある曲をここまで地上に挽きづり降ろしていいのかって。
ストコフスキーの第九とどう違うの?

499 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 13:54 ID:xZu3habE
モーツァルトの交響曲はベームでないと。
あの荘厳さが好きだ。
ベームのベートーヴェンはいただけない。

カラヤンはチャイコフスキーやブラームスあたりをしてれば別に文句はない。
もともと地上の音楽だからね。(笑)


500 :名無しの笛の踊り:04/01/11 13:56 ID:aRwscoEO
カラヤンのブルックナーは悪くない。
これは天上の音楽と思うけど。

501 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 14:09 ID:xZu3habE
別にカラヤンという指揮者がいたって問題はないのだけれど、
初めて聞いたクラシックがカラヤンだったってことだけはないことを願う。

こんなのがクラシックじゃないんだと言って回りたいよ。


502 :名無しの笛の踊り:04/01/11 14:14 ID:y3vnyAR0
ぱくっ…

お前の言うクラシックって何?どんなんだったらクラシック?

503 :名無しの笛の踊り:04/01/11 14:16 ID:fWt31IwU
>カラヤンってチンドン屋
なんか、すごく面白いヤツが現れたw。

どうせクラハマリ立ての厨房か公房だろうけど、
まあ、あと10年もすればよさに気づくよ。

504 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 14:25 ID:xZu3habE
フルトヴェングラーの第五、泣けるよ。第五で唯一。
ワルターの大地の歌、圧巻だね。
ベームのジュピターもだよ。
これがクラシック。>>502

100年経ってもカラヤンのよさに気がつくことはないね。
っていうか、そこまで落ちれば生きた甲斐がない。>>503

505 :名無しの笛の踊り:04/01/11 15:38 ID:mH4f6ecy
カラヤンってチンドン屋くんへ。
きみ面白いな。泣ける、圧巻、荘厳、チンドン屋・・・
ボキャブラリーの貧困さから察するに、君は高校生でしょ?
ぶっちゃけ大してクラシックに詳しくないでしょ?いいんだよ。
別に気にしないで。おじさんたちも、若い頃は背伸びして、
カラヤンはつまらない、モーツァルトはベームに限るぜ、
なんて言ってたものだ。誰もが通る道だからさ。
書いてる内容はともかく元気のあるのはいいことだ。
おじさんたちは、高本さんや岡田さんで、変わった人間には
慣れてしまっている。君はまともだ。むしろ期待の新人だよ。
期待してるよ!大学受験で大変だと思うけど、勉強もがんばれ

506 :名無しの笛の踊り:04/01/11 15:40 ID:+TBXoTw4
505 = 3流大学出身(w

507 :名無しの笛の踊り:04/01/11 15:46 ID:EH9DJfcF
チンドン屋を馬鹿にするとあとが怖いぞ……

508 :名無しの笛の踊り:04/01/11 15:59 ID:5TRZNv2E

カラヤンのベートーヴェンに
カラヤンならではの凄みを聴き取れない聴き手に
フルトヴェングラーのベートーヴェンの
フルトヴェングラーならではの凄みを
聴き取れるわけがない。

509 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:08 ID:a85HHlny
>>505
何か必死っぽいですね、縦読みではないですよね?

>>508

アバドのベートーヴェンに
アバドならではの凄みを聴き取れない聴き手に
空やんのベートーヴェンの
空やんならではの凄みを
聴き取れるわけがない。

510 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:11 ID:mH4f6ecy
>>509
おまえが一番つまんねえよ。チンドン屋以下。
頼むから消えてくれ。

511 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:13 ID:3kEDIrU2
たとえカラヤンはチンドン屋としても、最高のチンドン屋。
その最高のチンドン屋の至芸を楽しめない奴は不幸。

512 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:18 ID:1twjVcEs
教えて下さい
フルートのゴールウエイがベルリンフィルに在籍したのはいつ頃でしょうか?
アルルの女1.2組曲のグラモフォンでの2回の録音で第2組曲のメヌエット
のフルートソロですが、2回目のはゴールウエイではないでしょうか?
ご存知の方 ぜひ教えてください

513 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:40 ID:EmlJRsai
(`Д´) シラネーヨ

514 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 16:45 ID:xZu3habE
>>511さん
それこそ、カラヤンの本質を衝いた言葉かと思う。
多分、最高のチンドン屋なんでしょう。


515 :511:04/01/11 16:56 ID:3kEDIrU2
>>514
言っとくけど、漏れはアンチカラヤンじゃあないからね。

516 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:57 ID:Cm6YVnLx
カラヤン云々以前にストコフスキのような演奏にこそ顕れる
最も純粋なベートーヴェンの至福の世界が認められないような香具師に
ベートーヴェンを語る資格があるのかと小一時間(ry

幸福な人間の曇りなき憧れや喜びに心から寄り添うのがベートーヴェンであって
心に葛藤のあるような不幸で退屈な人間の心の慰みとなって涙を流させるのが
ベートーヴェンでは断じてない!

498はストコの3,5,7,9番をフルベンと100回聴き比べてから出直すべし。



517 :名無しの笛の踊り:04/01/11 16:58 ID:KFHCDYYI
何だかレコ芸や評論家諸氏に毒されすぎのような気がしてならないが。

いったいどれだけの演奏を聴き、どのようにしてそういう結論に至ったのか知りたいものだ。
名前で判断しちゃいけないよ。カラヤンに限らず、どの指揮者にしても。

それにしても「これがクラシック」って、何だか嫌な言葉だな。
カラヤンの演奏がクラシックじゃない、なんて紋切り型のカラヤン批判で嫌になる。
ちゃんと自分でどうしてそう思ったかを仔細に(←ここ重要)語れるならともかく。
宇野某とかがカラヤンを批判するときにいつも言ってるだけにねぇ。

518 :名無しの笛の踊り:04/01/11 17:04 ID:WMjoYkEy
>>カラヤンってチンドン屋

俺の工房時代そのものだ。丁度モーツァルト没後200年の頃だったな。
カラヤンの古典派は絶対ダメだと。。。
カラヤンでいいのはせいぜいR・シュトラウスくらいか、みたいに。。
それから10年、ずっとアンチカラヤンを通してたなぁ。
ま、違うのは俺の場合ヒストリカルではなく、古楽に染まってたということだが。
古楽の響きに親しんだ耳からすれば、特にカラヤンがチン問屋に聞こえてしまうのは無理からぬこと。
クラシックというものは、つまり歴史考証がしっかりしてる(と当時は信じていた)
ピリオドアプローチしかありえない、とかね。
しかし、最近は年食ったか、ガチガチだったのがかなり溶けてきてな。
モダンの古典派も聴くようになった。勿論カラヤンも。
そうなったら比較対照が違いすぎてな、
どちらがチン問屋かよく分からんようになってくることもある。
だが、ベームのモーツァルトが良いとは、今だによく解らんな。>モツはカラヤンも良くないと思うが。
糞だと思っていたカラヤンのベトベン同様、
いつかこれはこれでいいんでないかと思えるようになるかも知れんから、
大っぴらにダメだとは言いたくない。そういうのはどのような演奏に対してでも起こりうる。

519 :502:04/01/11 17:09 ID:xYH7n3DB
>>504
フルヴェンの第5、ワルターの大地の歌、
 名演であることに異論は無い。
 しかしながら貴殿の申される天の高み、荘厳さと
 拙者のそれとは相容れないもののようですな。
 好みで無い音楽を理解しろとは言わない…
 貴殿が単なる荒らしでないことを祈るのみなり。

520 :名無しの笛の踊り:04/01/11 18:52 ID:Se0gXTap
>>512
BPOスレで聞くべき話題だと思うのだが・・・
ジェームズ・ゴールウェイはツェラーの後任として1960年代に
BPOに入団。その後首席を10-15年?続けたのちに
1970年代にはソリストになりたいからと自主退団。その後
教職に就いていたツェラーが戻ってきて、彼は92年頃退団した。
後任で90年代に入団したのがエマニュエル・パユ。

2度目の録音というのがDG71年盤のことを指しているのなら、
ゴールウェイという可能性はあるだろう。
(もう一人の首席・ブラウについては俺は情報知らん)

これ以上のことを聞かれても、俺には分からんので
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1060347975/ か
フルートについて語り合いましょう!
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1073710974/ で

聞いてみてくれ。


521 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 19:06 ID:xZu3habE
>>515
もちろん、あなたの文章から『最高のチンドン屋』が褒め言葉であることはわかるし
あなたがアンチカラヤンでないことはわかる。
最高のチンドン屋の至芸は多くの人を喜ばせることも事実でしょう。

>>516
ストコフスキーの演奏にベートーヴェンの最も純粋な至福の世界が現れるという
あなたのご意見は今の僕には全く理解できません。
100回聴けばわかるのでしょうか。

>>519
荒らすつもりは全くないのです。
不快であればごめんなさい。
でも、カラヤンに対してはこうとしか言えない。


522 :519:04/01/11 19:48 ID:3Wvcf6XM
>>521
 貴殿には貴殿の、拙者には拙者の感性があるわけで、
 それをここで言い争うつもりは毛頭ござらん。
 ただ、拙者をはじめ、自分の感性に合う音楽を展開してくれるのが
 「カラヤン」という人も大勢いるのも事実。
 これを「音楽ではない」などとこの場で決め付けないで
 頂きとうない。その辺だけはご理解願いたし。では、ごめん。

523 :名無しの笛の踊り:04/01/11 19:50 ID:14Q7pPcf
カラヤンのDGから出ているシェーンベルク「浄夜」。
カラヤンは出来不出来が激しいと思っていた俺もこれはスゴイ録音だ。

524 :名無しの笛の踊り:04/01/11 20:15 ID:DP+/NVlv
ベートーヴェンが天の高み???
私がベトに感じるのは、人間臭さなのですが…
フルヴェンはそれを強調するようで、鼻につきすぎる
逆にカラヤンのベトは、この臭いを感じさせないから、
物足りなく感じるときが多い
そういう意味では、私感ですが、
ベトを地に引き摺り下ろしているのはフルヴェンで、
崇め過ぎているのがカラヤンではないでしょうか

いわゆるロマン派以降の作曲家は、人間味を出すことに主眼を置いているので、
カラヤンの演奏でも人間臭が出てくると思う。
そんな中で、ブルは異端に感じられ、
作曲者自身天上の音楽を目指している節があるように、
カラヤンの手にかかると、人間臭がまったく感じなくなる。
そこに凄みを感じます。

話が逸れましたが、
「フルヴェンの運命で涙する聴き手=ベームのモツで荘厳を感じる人=天上・尊厳・崇高を理解できる人間」
と勝手な価値観での自慰行為を見せ付けているように感じるのですが、
如何でしょう、カラヤンってチンドン屋さん。

525 :名無しの笛の踊り:04/01/11 20:15 ID:tYBe2wat
>521
どんな演奏も流石に100回も聴けば耳の方が慣れてしまうのでは?w


526 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 21:07 ID:cNUkUU86
>>524
なるほど。納得できる意見です。
確かに天上で鳴っているようなバッハやモーツァルトの音楽と比べると
ベートーヴェンは地上から天の高みを志向しているだけに泥臭いところが
あるかもしれない。
しかし、カラヤンがその臭いを感じさせないのはベートーヴェンを崇めているわけではなく
単に彼がベートーヴェンを再体験してないだけだとしか思えない。
彼の表面を撫でているだけのような演奏は魂を揺さぶらない。

また、音楽を体験するというのは個人に属していてあくまでも主観的なことで、
客観的な価値観なんて幻想だと思う。
そういう意味では、個人の感想を語る行為はすべてあなたのいう自慰行為でしょう。

527 :名無しの笛の踊り:04/01/11 21:41 ID:Gj8UNVAv
作曲家は絶対なのか?
モーツアルトなんてオーストリアのゴミだろ

528 :名無しの笛の踊り:04/01/11 21:45 ID:mH4f6ecy
>>527
そういうこと書くなよ。

529 :名無しの笛の踊り:04/01/11 22:23 ID:SBZ7BW6y
>>526
じゃあカラヤンについて感想を語っているオマイは一体何なのかと(ry

530 :名無しの笛の踊り:04/01/11 22:55 ID:QescluPl
>>499
 モーツァルトをベームで聞くというのは、ちょっと無謀だな。
 自分は絶対に薦められないな。

 ワルター(NYP時代)やホグウッド、ガーディナー、インマゼール
はお薦めできるけど、ベームだけは聴くな!というよ。自分もベームの音楽で
当分の間、モーツァルトは大したことないと思っていたから。ワルター
は古い人の割にはよくモーツァルトを理解していると思う。
 この人がいなかったらモーツァルトの音楽ってどうなっていたんだろ
うね。ベームでガタガタになったのかも?

531 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 22:58 ID:cNUkUU86
>>529
文章の意味わからない?
僕の感想が『勝手な価値観で自慰行為』と指摘されたから、
そういう意味では個人の感想を語る行為はすべて自慰行為だと反論しただけ。
僕の感想も含めてね。

音楽のスレに来る前に日本語勉強して来いよ。

532 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:00 ID:mH4f6ecy
>>531
チンドン屋、正直すまんかた。
興奮するな。

533 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:11 ID:nhTE0G4j
520様
どうもありがとうございました。
1回目がツェラーと思われ2回目がゴールウエイの可能性更に増しました
ほんとにありがとうございます。
私はコッホのオーボエとドムスのトロンボーン(めったにソロないけど)に
魅せられてカラヤン=ベルリンが大好きです。
カラヤンの演奏で一番失望したのがチャイコの1番でした。
大阪フェスティバルで聴いたブラームスの1番が今でも実演では
最高の思い出です。
カラヤンをチンドンやに例えたり陳腐な芸術家と呼びたい人は
そう評価してるんだから別にそれでいいと思います。
カラヤンは顔がかっこいいし(晩年腹が出たけど)とにかく聴かせ
上手で演出がうまい クラシックを一般認知させた功労者だと思います


534 :カラヤンってチンドン屋:04/01/11 23:12 ID:cNUkUU86
>>530
確かにワルターのモーツァルトは評価が高い。
僕はあまり好きになれないけど。
ただ、ベームかワルターかというのはあくまでも(僕にとっては)
好き嫌いの問題。
カラヤンは違う。本質的なところでベートーヴェンを冒涜している
と思われてならない。

535 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:23 ID:2yP6yBsQ
笑わっしょんな〜。

536 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:27 ID:O5dLikmF
客観的な価値観なんて幻想。
「本質的なところでベートーヴェンを冒涜していると思われてならない」という
価値判断も幻想。


537 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:29 ID:1VbQB7uk
>>530って宇野広報と同じ精神構造だな

538 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:31 ID:O5dLikmF
>フルトヴェングラーの第五、泣けるよ。第五で唯一。
>ワルターの大地の歌、圧巻だね。
>ベームのジュピターもだよ。
>これがクラシック。
すべて幻想。天上と地上の区別も幻想。

539 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:31 ID:1VbQB7uk
536が書いてることも、
ね。
loop

540 :名無しの笛の踊り:04/01/11 23:32 ID:mH4f6ecy
      ,一-、
     / ̄ l |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■■-っ < わかった。くどいよ。CMでーす。
    ´∀`/    \__________
   __/|Y/\.
 Ё|__ | /  |
     | У..  |


541 :名無しの笛の踊り:04/01/12 00:06 ID:kPPJu7WY
個人的な趣味の変遷を述べます。
私はフルトヴェングラーのベートーヴェン全集からクラシックに入りました。
生まれた頃、父がクラシックに凝っており子守唄でフルトヴェングラーの
ベートーヴェンを聴いていたらしい。18歳の頃はフルトヴェングラーが一番
でカラヤンは聴きもせず馬鹿にしていました。それから15年。正直、フルトヴェングラー
のベートーヴェンを聴くのが苦手となりました。テンポをクライマックスに向け
速めていくのは人為的でわざとらしいし思うようになったし、音の悪さも耐え難い。
フルトヴェングラーの代表盤は大半所有しているが、20歳代の初めにあれだけ良く思えた
のが今となると何となく嘘くさく感じてしまう(全部ではないが)。逆に20代の初めにわからなかった
EMIのトリスタンとイゾルデがこの年になって良く聴こえるようになりました。
社会人になって10年超。今では指揮者といえばカラヤンと答えるようになりました。
セルやジュリーニの良さが最近わかるようになったし、人それぞれ年を積み重ねていくと
趣向も変わり、昔わからなかったものが良く聴こえるようになったりするものだと思います。






542 :名無しの笛の踊り:04/01/12 00:08 ID:sMS0BdVR
ベト5で泣けるヤツは正直すごいと思う。あの曲の場合、圧倒されるけ
ど、ほとんど共感はできんな。。
バッハは知らんが、モツはかなり人間くさい。ほんとにいい演奏で聴けば、
あれが天井の音楽だなんて思わんだろう。

カラヤンは別にベトやブルに共感してるように思わんけど、すごく誠実な
演奏であることは確かだ。だからじっくり聴くと聴き応えがある。カラヤン
のアプローチから見たらフルベンの演奏なんて冒涜もいいとこだろう。
演出が上手いところが目立ちすぎて偏見を招いたんだろうね。

543 :名無しの笛の踊り:04/01/12 07:59 ID:Tll06Ybc
>>542
 ベト5に関しては自分も禿同!べと5って、誰も知っていることだと思った
けど、本来は別の第2楽章、第3楽章が存在していた。しかしベートーヴェンは、
音楽の流れをより単純にするために、今の第2楽章、第3楽章を作曲しそれに
差し替えた。しかし学者からすると、元第2楽章、第3楽章の方がかなり出来が
いいそうだ。
 つまりある意味、ベト5に他の音楽に求められるような音楽の自然さは求め
ず、かなり客観的な立場が求められると思う。そして、それは作曲家の考えに
合っていると思う。フルトヴェングラーの演奏は確かに凄ざましい演奏が多い
が、その考えを尊重せず、あえて自分の芸術作品の1つとして演奏している。
1950年代はそれでいいと思うが、今から考えると違和感を感じる(同じことは、
尊敬していたサリエリの影響が著しいベートーヴェンの「フィデリオ」に関し
ても言える)。

 もちろん、カラヤンのベートーヴェンがいいとは思わないし、スタジオ録音
のものは、音を全て拾い出して綺麗に録音することを目的としているので、
音楽的なバランスがどうかな?と思う。ただカラヤンが、本来作曲家が目指
すべき方向を示したのは間違いない。トスカニーニもその点では画期的な演奏
だが、晩年の録音は、演奏内容が固すぎてイマイチ良さが伝わらなくなって
しまった。
 カラヤンの演奏がないと、今のオリジナル楽器による音楽ももっと違った
方向になっていたかもしれない。ただ古いな!という印象はあるけど。例えば
ガーディナーの演奏を聴いたあとでカラヤンの演奏を聴くと、モダン楽器の
音に頼りすぎている面がある。

544 :名無しの笛の踊り:04/01/12 09:39 ID:Xx6regEX
泣くことの医学的の効用は心身全体のストレスの解消だそうだから
(日常最も外界に触れる時間の長い、目や鼻の粘膜を保護し、その緊張を緩和する成分が
心身の緊張緩和にも効くってか? 何か週に一度は泣きましょうって話があったような。。。)
ストレスの種類によって泣ける演奏に違いが出るって事もありだと思う。

例えば強いストレスの連続によってストレスに麻痺してしまっている、
あるいはストレスを感じる機会がないアンニュイなヒッキー君とかだと、
より強烈なストレスを与えて引き摺り回し、その後のカタルシスに持ち込むって
形のフルベン的演奏の方に魅力を感じるかも知れないし、
逆に通常の日常的なストレスに疲れた心には、きっちり刻まれた節度あるテンポと
純粋な音色の美しさによって、普段弱みを見せる事を規制している精神に、
ここでは思い切り泣いたり笑ったりして構いません。さあどうぞ皆さんご一緒に。
と誘うような古典的な演奏の方が心にしっくり来るという事もある。

革命時代を体験したベートーヴェンの音楽には勿論フルベン的要素はあるでしょう。
けれど、同時に激動の時代のストレスを、欲望の解き放たれたロマン派的放逸にではなく、
それぞれの与えられた持分の中で精一杯生きるという、古典時代の美学に従わせようという
強い意志力も働いている、っていうか、歓喜や勝利っていう点に関しては(別に革命が
起きたからって耳が聴こえる様になる訳じゃないし(ry と考えたかどうかは知らぬが)
そっちがメインのように私には感じられる。

だから、成功しているかどうかは別としてカラヤン的アプローチが間違っているとは
思えないし、(少なくともストコは成功していると思う。)カラヤンのベートーヴェンで
泣くのは人間的にどこか可笑しいというのも変な話だと思う。
心身の健全な状態という尺度でものをみれば、ストレスを適度な状態に保つ事が出来ず、
フルベンでしか泣けないという精神状態の方が好ましくないって事もあり得るだろうし。

545 :名無しの笛の踊り:04/01/12 11:14 ID:hZeaJ8ou
ベトの音楽は泣かなきゃ、というのがそもそもおかしい。
泣くだけなら演歌でも泣ける。

546 :名無しの笛の踊り:04/01/12 11:23 ID:Xx6regEX
Ayuで泣くのはOK?w

547 :名無しの笛の踊り:04/01/12 15:00 ID:kPPJu7WY
>>541です。20歳前後の若い頃は極端な表現を好んでいたように思えます。
最近、フルトヴェングラーで聴くのはトリスタン全曲ぐらいになりました。
評論家の宇野氏はこのトリスタンの表現がおとなしいということでベーム盤を
推してられます。スレ違いですが、フルトヴェングラーのトリスタンのゆったりした
一緒に呼吸するようなテンポは素晴らしいと思います。
最近はジュリーニのブラームス全集やカラヤン/ウィーンフィルBOX(デッカ録音)などを
好んで聴いています。昨年もウィーンフィルは生で聴いてきましたが、ウィーンフィルも年々
他のオケと変わらなくなってきたというのが素直な印象です。1960年代の頃のウィーンフィルが
懐かしい。カラヤン/ウィーンフィルBOXは9枚組みで9,000円とお買い得なので皆様も是非お聴き
下さい。
スレ違いですが、フルトヴェングラーの音楽は女性好きだった彼の個人的な趣向が現れているように思えて
なりません。朝、ホテルで一緒に食事する女性が毎日違ったのは有名な話ですし、ある著名な日本人が、
フルトヴェングラーを知るあるドイツ人に色々質問した際、「あいつは大層女性を泣かした奴だぞ。それでも
尊敬するのか」と言った際、「それでもいいんだ」と答えた話も残っています。そういうことを踏まえて
フルトヴェングラーの音楽を聴くとまた違って聴こえてくるかと思えます。




548 :名無しの笛の踊り:04/01/12 16:38 ID:/rKO7fzv
例えばモントゥとかクリュイタンスのラヴェルやドビュッシー(クリュは
少ないが)には香水の香りみたいなものがある。リズム感とか色彩とか
ダイナミクスに。ブーレーズにはそれがない。その代わり精密な音の構築物
がある。反対にベートーヴェンの音楽には汗臭さみたいなものがあって、
それがないと「精神性が欠けている」みたいな批判が来がち。
フルトヴェングラーでもベームでも(トスカニーニですら)この汗く
ささはある。けれど、カラヤンでは近代的オケの機能に即して合理的に
音楽が構築されるから、この汗臭さは払拭されている。別な意味で古楽器
でもそれはないんだけどね。そういうことにすぎない。
因みに私はフランスものは香水派が好きで、汗臭くないベトも好きだが、
そうじゃないほうも意味は良く分かる。

549 :名無しの笛の踊り:04/01/12 16:45 ID:fRwUfWoa
>>547
まあ、人間のプライヴェートと力量の関係をどう評価するかだね。
若い知り合いに、来日したインバルの世話係だか何だかをやらされた奴がいて、
彼が「インバルさんって女好きで油断ならなくて困るんです」と苦笑していた。
ワルターの私生活も、シェーンベルクがボロクソ書いている。
曰わく、「ワルターは立派な指揮者である
(しかし、私生活での彼は常に腐ったケダモノで、
私は彼のことを考えるといつでも吐き気がし、
極力それを避けているのだ)。」
シェーンベルクがワルターの何をもって「腐ったケダモノ」と言ってるのかは知らないが、
芸術家としての実力と人格とはあまり関係がないんだろうな。
作曲家にも変な人は多かったわけだしね。
カラヤンについても、「人を見る目が絶望的になくて、
犯罪者でも雇ってしまうような人だった」とかなんとか、
最初だか二番目だかの夫人が言っていたのを見たことがある。

550 :名無しの笛の踊り:04/01/12 17:09 ID:10VSg7jT
>>549
>インバルさんって女好きで油断ならなくて困るんです

正直、インバルに幻滅しますた。

551 :名無しの笛の踊り:04/01/12 17:15 ID:eOwkYpoB
>> シェーンベルクがワルターの何をもって「腐ったケダモノ」
ホモのことなのかな?

552 :名無しの笛の踊り:04/01/12 17:19 ID:uJBRvJTp
まあチャイコも保茂だし、ブルックナーは炉利だし、ブラームスはマザコソだしね。

553 :名無しの笛の踊り:04/01/12 19:18 ID:/D4NDkWc
カラヤンでベートーヴェンの交響曲を聴くとしたら
どれがお勧めですか?

554 :名無しの笛の踊り:04/01/12 19:21 ID:3fmd0KkM
おい!今右隣にバーンスタインスレがあるぞ!

555 :名無しの笛の踊り:04/01/12 19:23 ID:+wfFqnin
ロリコン・ブルックナー、いいですね。
>>549
>インバルさんって女好きで油断ならなくて困るんです

インバルさんがますます好きになりました。
カラヤンさんもフルトヴェングラーさんも好きです。

556 :名無しの笛の踊り:04/01/12 19:26 ID:+wfFqnin
>>554
'80年代には、よく並んでいたものです。

557 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:23 ID:BRVM4TXc
インバルが異常なほどウイルス感染や寄生虫に神経質であり
(寿司のネタをひとつひとつ剥がして透かしてから食べるくらい)
その半面、変質者みたいにセックス好きなことを知らずに
今まで聴いていたのか?元「ショパン」の編集長のオバハンまでも
喰おうと狙っていたんだぞ。一度取材で会っただけで。

558 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:26 ID:W1fF5s9Q
>>552
カラヤンもホモ(というかバイ)だしね。

559 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:32 ID:10VSg7jT
>>557
インバルも期をつけないと(一歩間違えると)セクハラ・パワハラ
オケハラだわな。オケハラワの戦い。なんてな。

560 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:36 ID:fnrUtlIU
karajanモーホーてほんと?ちゃんと娘いるじゃん。相手は誰だろ。

561 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:40 ID:nhUMIHbA
>>560
ワイセンベルクあたりが怪しい。。。

562 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:47 ID:/GuJ4R4O
>>560
画家の2人目のワイフ?(w


563 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:49 ID:l+B+HP1J
ワイセツブルグか

564 :名無しの笛の踊り:04/01/12 22:35 ID:kPPJu7WY
カラヤンは映像みててもナルシズムを感じる。男や女より一番自分が好きだったというのが
本当のところだろう。

565 :名無しの笛の踊り:04/01/12 22:42 ID:WRW3ChGs
しかし、凄い才人だったことは否定できない。

566 :名無しの笛の踊り:04/01/12 23:16 ID:JSGxu0Hu
空ヤン氏は、楽団員を映す事を拒否し自分の凛々しい目を閉じた
指揮姿を映す事を強要したそうだ。
自分でいい男と思っていたとは、正直驚き。。



567 :名無しの笛の踊り:04/01/13 01:53 ID:RRv0G92Z
カラヤンのナルシシズムの投影は、S.ラウターヴァッサーを専属の写真家の一人として
起用したことからも明白だ。
彼の写真はいろいろあるけど、髪を乱したりしているのがつくづくいい写真だと思う。
晩年のブランデンシュタインのやつもいいね。マラ9のジャケ写。

オズボーンの本によると、女性からも「ウホッ!!いい男」って見られて、決して近づけないような存在
にみえるのが好きだったっとさ。

自分の最近好きな写真は、カラヤンレジェンド(バッハのバイオリン協奏曲の初出のやつ)です。
リマスターのヴァルキューレの輸入盤でも使われていてカッコイイです。

まぁ、彼のつくる音楽には関係ないけどね。


568 :名無しの笛の踊り:04/01/13 20:21 ID:LRAZ9X/k
スカパーでシューマン4番のリハーサルやってたの見た?
カラヤンファンでない俺でもおもろいぞ、これ。ただ本編は詰まらん。
カラヤンのリハ映像で俺が知ってるのはイン・ザルツブルクとこれだけだが。
「レガート、ノンアクセント!!!」を晩年までこだわってたのね。

でもこのシューマンリハ、karajan.info のフィルモグラフィをみると本番終わってからの
映像なのだろうか?
あれだけ完璧主義だったのだから、リハにも演出が加えられてるだろうが、やはりすごい指揮者だったと思うぞ。

でもメニューインを立たせたまま自己演出する映像は顕示欲丸出しで不快。
ヨアヒム・カイザーとの対談は可もなく不可もなく。
ほかにリハーサルでおもろいのってある?

ついでにオペラ以外の映像で他にこれは!というのはどれでしょうか?
カラヤンの映像では完全ライブ以外の「振りパク」と
「インチキライブ(ヤラセ客入り)」は一度見れば十分というのが殆どだが。


569 :名無しの笛の踊り:04/01/13 22:38 ID:Mt5EIPsS
>>568
たしかにカラヤンのリハはおもしろかった。
まあ演出もあるだろうけど、あれならオケはすごく練習しやすいだろうと思った。
けっこうブツブツ演奏を切るのに、不思議とストレスを感じないんだよね。
逆に、早朝やってたチェリビダッケのリハは、
オケにものすごくストレスがたまる気がする。

入手はできないと思うけど、カラヤン追悼番組で放映された
来日公演の「ローマの松」がおもしろかったよ。
最初の松の部分でトランペットが遅すぎたか長すぎたか
はたまたカラヤンがまちがえたかで、
一瞬アンサンブルが宙に浮いたようになるんだけど、
カラヤンは顔色一つ変えずに何事もなかったように進んでいった。

570 :名無しの笛の踊り:04/01/14 00:51 ID:qhaSZ3c+
>>511
自分もそれが結論だと思います
誰のでも好きな奴を聞けばそれでイイとも思うし
まぁカラヤンをチンドン屋とは思わないけど。w

571 :名無しの笛の踊り:04/01/14 01:10 ID:qBtQQ4Un
いい演奏で聴いてもモツの音楽が人間臭いとは思わないなあ。
共感できるのがいい音楽と限らないしね。
寧ろ人間臭さといった要素と一線を隔している所がモツの魅力。

572 :名無しの笛の踊り:04/01/14 05:30 ID:Qrcpbzdy
すごいのがオクにでている。
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c51128075

カラヤンの戦後初めてのコンサート・プログラムだ。ホスイ!

573 :名無しの笛の踊り:04/01/14 07:14 ID:bTvRRcXx
>>549
> ワルターの私生活も、シェーンベルクがボロクソ書いている。
> 曰わく、「ワルターは立派な指揮者である
> (しかし、私生活での彼は常に腐ったケダモノで、
> 私は彼のことを考えるといつでも吐き気がし、
> 極力それを避けているのだ)。」
> シェーンベルクがワルターの何をもって「腐ったケダモノ」と言ってるのかは知らないが、
> 芸術家としての実力と人格とはあまり関係がないんだろうな。

ワルターって守銭奴の嫌なやつだったらしいな。
アメリカで極貧生活の上に白血病で苦しんでたバルトークに金返せと迫ったらしい(w
知ってか知らずか人格者みたいに書いてる宇野には笑っちゃうけどな。
指揮者としては二流だがプライドの高いバルトークを気遣って曲を委嘱する形で
援助したクーセヴィツキーとはえらい違い。
そのお蔭で二十世紀の名曲のひとつオケコンが作られた。

574 :ghj:04/01/14 11:03 ID:o6pMM58x
abcdefg

575 :名無しの笛の踊り:04/01/14 17:31 ID:g8+V72F6
>>573
ワルターはユダヤ人だぞ
金に執着しているのは民族性もあるんじゃねーの?


576 :名無しの笛の踊り:04/01/14 17:41 ID:oSlrGf5E
>>575
確かシェーンベルクもユダヤ人だったはず。

>>573
クーセヴィツキーは金持ちの上、有り余る金を正しく使った人だね。
他には展覧会の絵のラヴェルの管弦楽版とか。

577 :名無しの笛の踊り:04/01/14 17:45 ID:q4sAnOQu
金貸しただけ偉いじゃないか

578 :名無しの笛の踊り:04/01/14 18:00 ID:Pc06QKAK
>指揮者としては二流だがプライドの高いバルトークを気遣って曲を委嘱する形で
>援助したクーセヴィツキーとはえらい違い。
>そのお蔭で二十世紀の名曲のひとつオケコンが作られた。

オケコンをクーセヴィツキーが委嘱した、というのはあくまで表向きの美談。
実際に裏で立ち回ったのはライナーとシゲティ。
ASCAPに働きかけて治療費を援助させたのがブロッホ。
あとは演奏会で積極的に紹介したのがメニューイン。
バルトークを支援したと言えるのはこういう人々。

579 :名無しの笛の踊り:04/01/14 18:05 ID:oSlrGf5E
>>578
こんなこと言っちゃ悪いのだけど、支援者にライナーがいたと言うのが意外。
そんなイメージじゃあないので。
スマソsage

580 :名無しの笛の踊り:04/01/14 18:11 ID:Pc06QKAK
クーセヴィツキーはいわば「名前貸し」てあげただけ。
初演の録音は大変名演だけどね。
バルトークに「天下のクーセヴィツキーBSOに委嘱された」と思わせ
(その目論見は成功)、元気付けようとしたライナーこそ陰徳の人。

作曲者生前の演奏会指揮もこの人のほうがはるかに積極的だったしね。

581 :579:04/01/14 18:20 ID:oSlrGf5E
>>580
ライナーが陰徳の人だったなんて。。。
人を見かけやイメージだけで判断してはいけないな。

582 :名無しの笛の踊り:04/01/14 19:42 ID:13+oznao
ライナーとバルトークの大まかな経緯は
xrcd盤の弦チェレのライナー(←wにも書いてあるよ。
ちと、値段が高いのがナンですが・・・

ま、漢の友情ってやつですな(泪

583 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:04 ID:AYXSj0nZ
そっか。ライナーたん恩義に篤いいいやつだったんだな。
バルトークの管弦楽のための協奏曲でもライナーいい録音のこしてるし。

584 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:14 ID:xh9WH+dg
クライスラーとライナーのブラのP−コン、最高。

585 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:15 ID:xh9WH+dg
>>584
Vn−コンですた。逝きます・・・・。

586 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:33 ID:Pc06QKAK
ワルターとライナーは好対照だね

587 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:36 ID:xh9WH+dg
テキサスとジョーがいくらいは違う。

588 :名無しの笛の踊り:04/01/14 22:46 ID:13+oznao
そろそろライナースレをフカーツさせてもいい頃かな?
いい加減カラヤンファンも怒ってしまうだろうし(゚∀゚)

↓とりあえず過去スレ、結構長寿だったんだぜ。
http://music.2ch.net/classical/kako/1001/10016/1001603430.html

589 :579:04/01/14 22:50 ID:Bx2OCGCE
>>588
ライナーあげ!

590 :柔道一直線:04/01/14 22:53 ID:xh9WH+dg
うけてみよ!ライナー投げ!

591 :名無しの笛の踊り:04/01/14 23:08 ID:IIw9EvuV
誰か立てて。
俺立てれなかった。>ライナースレ

592 :名無しの笛の踊り:04/01/14 23:40 ID:hlXmxJrS
珍ポしか立たない。鬱だし能

593 :名無しの笛の踊り:04/01/15 00:16 ID:oDTxfovB
ライナースレを立てました。

フリッツ・ライナー
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1074093336/

594 :名無しの笛の踊り:04/01/15 02:11 ID:RzSWru3G
アンダンテでマタイ受難曲出るのに無視か?

595 :名無しの笛の踊り:04/01/15 10:18 ID:NXawl/7C
>>594
      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >    あ あんだんてー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`



596 :カラヤン党だが:04/01/15 23:33 ID:+82zPBEz
EMIのチャイコSym.4、5&6。これをしのぐ演奏は、とても考えられない。
カラヤン自身も、これを超える演奏を残していないと思うのだが…。どうでしょ?

597 :名無しの笛の踊り:04/01/15 23:45 ID:zkQQavvw
>>596
でも、4番はマスターが破損していてリマスターできないらしい。
せめて世界中にあるすべてのコピーを集めて、最前の状態で再発して欲しい。

598 :名無しの笛の踊り:04/01/15 23:55 ID:nc+ssVOu
>>596

4番については意義ナシ
6番はEMI盤はちょっと浮ついているように聞こえる。
華やかすぎるというか。

599 :名無しの笛の踊り:04/01/16 00:08 ID:DMGHtG+9
カラヤンの軽騎兵序曲はいい。こういう曲は抜群に巧い。ユニテルのDVDは
見応えがあります。

600 :名無しの笛の踊り:04/01/16 00:11 ID:DMGHtG+9
>>596 EMIの4と5は良いが、悲愴は598の方と同様、私も違和感を感じる。

601 :名無しの笛の踊り:04/01/16 00:14 ID:d8u1uLnA
6番は晩年のウィーンフィルとのがいいなぁ。
いまいち評判よくないみたいだけど。

602 :名無しの笛の踊り:04/01/16 00:19 ID:7oy8RiOc
いまだにカラヤンなんてきいてんのかよ

603 :名無しの笛の踊り:04/01/16 00:20 ID:9BaQWix6
>>599
よく言われているように、そういう小品でも手抜きせずに精緻な演奏を
聴かせてくれるから好きだ。

>>596
このスレでも、既に何度も議論されているように4番、5番は名演だ。
東芝経由のCDは音質に難があったが、>>365が紹介しているように、
オランダのディスキー・コミュニケーションズ社が5番、6番を
リマスタリングして、昨年発売してくれた。
4番については誠に残念(>>597)。東芝盤で我慢するしかないのか…

604 :カラヤン党だが:04/01/16 00:42 ID:H7iyuTAD
「軽騎兵序曲」いいですねー。
フィルハーモニア、BPO(DG)、BPO(ユニテル)いずれも名演で手を抜いていない。
「ウイリアム・テル」もいいですよね。
実は83年のジルベスター・コンサートをベルリンで聴いたのですが(師匠がBPOなので)
皆さんご存じの通り「モルダウ」と共に素晴らしい演奏でした。鳥肌が立ちました。
ああいう管弦楽小品にも全力で演奏するカラヤンとBPOは、本当に「プロ」ですね。

チャイコフスキーSym.4のマスターテープの破損ですが、初発当時のオリジナルでも
確認することができます。
おそらくフィナーレのクリップが最大の原因ではないでしょうか?
完全にレヴェル・オーバーです(^^ゞBPO凄過ぎ!
トーンマイスターのW.ギューリッヒも、あそこまでは読めなかったのか!
東芝盤は米エンジェル盤がマスターらしく、悲しい音質。

605 :名無しの笛の踊り:04/01/16 01:04 ID:wYQ0O0xx
東芝グランドマスターすらも廃盤なんだってね、
悪名高い2088リマスターにもかかわらず
ヤフオクとかでそこそこ入札入ってるの見るよ。>チャイ4


606 :名無しの笛の踊り:04/01/16 01:35 ID:9BaQWix6
>>594
これですね。1950年、ウィーン交響楽団を指揮した有名な演奏。
http://www.webserve.ne.jp/cadenza/top.html
カラヤンのバッハというと、各方面から非難ごうごうとなりますが、
これはこれで一聴の価値アリだと思います。

607 :カラヤン党だが:04/01/16 04:39 ID:pesXa8oQ
カラヤンのバッハ、ヘンデル、ミサソレを、演奏者を言わずに聴かせたら、皆
「いい演奏だねー、指揮者は誰?」だって。アンチ・カラヤンも(爆!)

608 :名無しの笛の踊り:04/01/16 04:44 ID:UYxQeQ6I
まあそんなもんだろ
アンチなんて

609 :名無しの笛の踊り:04/01/16 09:29 ID:Qt4ngd5C
カラヤンの軽騎兵序曲はさすがにやりすぎだと思うけどなー。
チャイコはその点あってる気がする。DVDで4番5番もってるけど、
かなり凄い。もっとも相当わざとらしい映像で見てるこっちが
はずかしいくらいだがw。

610 :名無しの笛の踊り:04/01/16 21:10 ID:IDjWoh4t
>>597
そういえば最初に輸入盤で4〜6番で出たときは4番だけ1960年録音
が入ってました。

611 :名無しの笛の踊り:04/01/16 23:09 ID:Z4DcS1Cj
チャイ4は60年代のDGもイイと思うが…。
つぅか、EMI持ってねぇ〜。

オレ的には70年代EMIの「フィンランディア」がエエ。
チャイ4はこの「フィンランディア」以上なのでせうか?

612 :カラヤン党だが:04/01/16 23:41 ID:p4IgBkZz
>オレ的には70年代EMIの「フィンランディア」がエエ。

あれは凄いね!これでもかって感じで、善し悪しを飛び越えて「参った!」デスw
チャイコ4、凄いよ。ゴールウエイのソロもいいし、迫力は満点、壮麗!

613 :名無しの笛の踊り:04/01/16 23:52 ID:aA4Zr2o6
てか、カラヤンのフィンランディアなら1965年のDGだろ?
同時期のタピオラも、チョー名演。

614 :勘のいい人:04/01/17 03:05 ID:twQmwES3
>>カラヤン党だが さん、

あなた、こんなところに出没していて、いいんですか?バレますよ!!

615 :名無しの笛の踊り:04/01/17 15:51 ID:fM5aAtXh
>>614
>バレますよ!!

頼む。バラさないでくれ。

616 :名無しの笛の踊り:04/01/17 16:31 ID:QuLmw3xt
カラヤンカッコつけすぎで嫌いだったが、
死んでから好きになった。
若い頃のがいい。

617 :名無しの笛の踊り:04/01/17 17:12 ID:hwwBpbcu
フィルハーモニア時代の録音を集めたいんだけど、あんまり売ってないね。
ベートーベンの全集位かな。輸入盤でも見かけないし・・・。

618 :名無しの笛の踊り:04/01/17 18:00 ID:Fq3EBiox
カラヤンのリハーサル映像や音源は、CD化・DVD化されていますか?
あったらぜひ見てみたいものだと思います。

619 :名無しの笛の踊り:04/01/17 19:22 ID:Nd/7kn0E
>>617
少し前までだったら輸入盤が結構出回ってたけどそれも廃盤?
私は15年くらい前?に出た輸入盤でかなりの数を購入済み。
(当時はミドルプライスが今のフルプライスより若干安い程度
(1枚\1,800〜\2,000)だったから結構な出費になったけど・・・)

620 :名無しの笛の踊り:04/01/17 19:26 ID:p5tXrPzk
>>618
そういうのは、karajan.info(日本語)や
Herbert von Karajan Centrum(ドイツ語と英語)で調べる。
最初の1枚は「カラヤン・イン・ザルツブルグ」がいいと思うんだけど、
DVD化はまだみたい。

621 :名無しの笛の踊り:04/01/17 20:55 ID:mAMAVwMc
>>618
スカパーでまたやる。

622 :名無しの笛の踊り:04/01/17 21:28 ID:KEcfOx+s
カラヤン・イン・ザルツブルグ見た。
圧巻はノーマンとのリハーサルと、愛の死のライブが
映像で見れることだよな。
感動しちまうぜ、ほんと。

623 :名無しの笛の踊り:04/01/17 21:32 ID:KEcfOx+s
カラヤン・イン・ザルツブルグ見た。
圧巻はノーマンとのリハーサルと、愛の死のライブが
映像で見れることだよな。
感動しちまうぜ、ほんと。

624 :名無しの笛の踊り:04/01/17 22:00 ID:vrOKrA4L
立風書房から「200 DVD 映像で聴くクラシック」という本が発刊されており、
本日購入した。カラヤンの映像作品について随分ページをさいており、
ファンは必見だと思う。その稿は全編、桐朋大の野本助教授が書かれていた。
映像の話ではないが、普門館ライブの合唱の女性パートの「全員落ち」の話については
本当かどうか早速確かめてみた。Eの17分30秒のところである。出るはずの
ソプラノとアルトのひとりも声を出さないので、さすがのカラヤンも驚いて棒が
止まってしまい、棒にあわせていたオーケストラが止まりそうになったらしい。
著者は実演を聴いたらしく、その場でショックを受けたそうだ。なぜ誰もこのことに
ふれないのか不思議だと書いてられる。
確認したが650小節で歌うはずの、ソプラノとアルトが間違えなく歌っていない。
皆様も楽譜を手に確認してください。

625 :名無しの笛の踊り:04/01/17 22:29 ID:fM5aAtXh
>>624
マジかよ!


626 :名無しの笛の踊り:04/01/17 23:08 ID:vrOKrA4L
>>624 正確にいうと歌い遅れてテノールとバリトンと一緒になってしまって
いるように思える。テンシュテットの第9はアルトとソプラノが歌いだし、楽譜
どおりに遅れてテノールとバリトンが歌い出している。
私は専門家でないので皆様の意見を求む。

627 :名無しの笛の踊り:04/01/17 23:36 ID:gEz7F0fo
カラヤン指揮のシベリウスのCDを買うとしたら、
どの曲がおすすめでしょうか?

628 :カラヤン党だが:04/01/18 03:43 ID:vj1A3PVX
>>624さん

カラヤンの普門館での第九、実演に行きました。合唱は芸大+プロでしたよね?
第一楽章再現部でティンパニを2人使い、音に隙間ができないようにしていました。壮絶でした。
オンエア(当時のFM東京、録音担当和歌囃子氏)ではバスのソロなど、修正があります。
実はリハーサルの時、最初の「Freude!」でも、男声陣が全員落ちました。
歌った知人の話では、「なにか緊張して不思議な空気、歌えなかった」とのこと。
カラヤンのオーラに、みんなやられてしまったようで…。

629 :名無しの笛の踊り:04/01/18 08:18 ID:ZbFxludn
>627
70年半ばのEMIから出ている管弦楽曲集とか
5番とかどう?
60年代のDG盤推薦する人も多いが
俺のオススメはEMI。

630 :名無しの笛の踊り:04/01/18 13:53 ID:DKeMaj/h
>>626 バリトンでなくバスの間違えでした。すいません。

631 :名無しの笛の踊り:04/01/18 15:30 ID:pqiJL6Fn
もちろん例外はありますが、
基本的にカラヤンの良い演奏というのは
1975年の秋、脊椎手術で入院する前まで
と思います。
それ以降の録音にはどこかぎこちなかったり
どこか無理していたり、あるいは雑だったり、
いずれにしても、カラヤンらしくない演奏が
多くなります。


632 :名無しの笛の踊り:04/01/18 19:02 ID:Moy2vU3t
>>631
'60年代〜'70年代前半のスタイルを「カラヤンらしい」と定義するならば、
そういうことになるだろう。だが、晩年は晩年で、独特の味わいもあって
落ち着いて聴ける。俺はそのどちらも好きだな。

633 :名無しの笛の踊り:04/01/18 21:20 ID:c950ARO7
>>632
あと1950年代のも1960年代以降にはないカラヤンらしさ?があるから
この時代のも聴いてみる価値あり。

634 :名無しの笛の踊り:04/01/18 21:33 ID:c9o5MWPz
>>618
ヤフオクで時々出てくるよ。
こんなと〜んでもない値段だけどね↓
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f14847491

635 :名無しの笛の踊り:04/01/19 14:27 ID:1aYKdAJw
>631
>1975年の秋、脊椎手術で入院する前まで
>それ以降の録音にはどこかぎこちなかったり
>どこか無理していたり、あるいは雑だったり、

この説はよく耳にするけれど、サロメ(’77)、ローマの噴水(’77)、ドン・カルロ(’78)、パルジファル(’79-’80)、トゥーランドット(’81)、マーラー9番ライブ(’82)、薔薇の騎士(’82)あたりは上記範疇にとても収まらない演奏だと思うが?
俗論の類と思われ。


636 :名無しの笛の踊り:04/01/19 15:16 ID:iPmTPtPd
>>627
フィルハーモニアとの録音

637 :名無しの笛の踊り:04/01/19 18:11 ID:e2E6XfvZ
>>636
私も同感。ステレオで残ってる2&5番もだけどモノ時代のもいい。


638 :名無しの笛の踊り:04/01/19 19:09 ID:RYUQX99h
最後のベト全なんかではオケが乱れてもよしみたいなところがある(例えば田園)
けど、肝心なところはばしっと決めている(そこが分からない輩が表面的とかいう
わけだが)。ただほんとの晩年はリズムが何処か生気がないという感じはある。

639 :名無しの笛の踊り:04/01/19 21:08 ID:T7liELz+
>>638
その、最晩年(1987〜1989年ごろ)の「生気のない」演奏がまたいいんだな。
ブルックナーも、キーシンとのチャイコフスキーの協奏曲も妙な雰囲気で。

640 :名無しの笛の踊り:04/01/19 21:29 ID:T7liELz+
>>633
ありがとう。実は先週末、1950年のマタイ受難曲(>>594>>606)を注文した。
ウィーン響時代には面白い名演が多いようだけど、かなり埋もれてるんだろうね。
オルフェオのCDでヘンデルの抜粋とチャイ4(1954 ウィーン響)とか、
グラモフォンCDでN響の「悲愴」(1954)は持っている。
1960年代スタイルの萌芽というか、原型のようなものも感じ取れる。

641 :名無しの笛の踊り:04/01/19 21:57 ID:fynH2SDb
カラヤンアポジカ

642 :名無しの笛の踊り:04/01/20 00:03 ID:daspDIZS
バッハ「ミサ曲ロ短調 BWV.232」 3CD Guild(GHCD2260/2) 予価\3,600
(1950, 6/15、J・S・バッハ没後200周年記念コンサート)
フェリアー、シュワルツコップ、ルードヴィヒ、シェーファー
カラヤン指揮、VSO、ウィーン楽友協会合唱団、
ブラームス「4つの厳粛な歌」1949,1/12、

買うべし。聴くべし。

643 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:13 ID:daspDIZS
わかったYO!


644 :カラヤン党だが:04/01/20 20:35 ID:hlLYiN+W
個人的には60年代から70年代前半(EMI)がとても好きだけれど、結局SPから最晩年まで
みんなそれなりに聴いてしまう。各々の魅力がありますね。もちろん気に入らないところもある。
SPの頃のJ.シュトラウス、マイスタージンガー前奏曲、運命の力序曲etc.いいですね。
戦後すぐのWPOとの録音(ブラ2、第9その他)by、W.レッグも魅力的。
続くフィルハーモニアとのモノラル録音も、宝物の山のように感じる。凄い人だ。


645 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:40 ID:QEsZ1x1G
カラヤンはタンホイザー序曲のドレスデン版の録音を残していますか?
調べても、EMIとDGのパリ版しか見つからなかったもので。
事情通の方、教えて下さい。お願いします。

646 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:52 ID:58IZUjx5
>>645
1957年1月にEMIに録音したのがある(モノだけど)

647 :名無しの笛の踊り:04/01/20 20:53 ID:QEsZ1x1G
>>646
ありがとうございました。探してみます。

648 :名無しの笛の踊り:04/01/20 21:19 ID:AxTkUmL9
カラヤンの幻想交響曲が欲しいのだが…
DVDしか見たこと無い。
知ってる人いない?

649 :名無しの笛の踊り:04/01/20 21:53 ID:58IZUjx5
>>648
3種類の録音あるけど。
1954年のPOとの録音(EMI)
1964年と1974-5年のBPOとの録音(ともにDGG)


650 :名無しの笛の踊り:04/01/20 21:58 ID:Q8PrT81l
>>648
とりあえず、どぞ。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=298154

651 :名無しの笛の踊り:04/01/20 22:36 ID:cBf2MxVS
>645

モノだけれど、このBPOとのワーグナー序曲・前奏曲集はかなり良いですよ。

オランダ人のオケの鳴りっぷりとかカラヤンディスコグラフィの中でも屈指と思われ。



652 :名無しの笛の踊り:04/01/20 23:01 ID:v3jLcW5c
DVDでタンホイザーのドレスデン版映像残ってる。
超名演だとおもうけどなー。

653 :名無しの笛の踊り:04/01/20 23:20 ID:+lbO/53M
>>652
映像だったら、パリ版のバレエを見たかったなあ!

654 :名無しの笛の踊り:04/01/21 00:06 ID:7zYG6kv9
今日ユニテルの第九を買って、初めて動くカラヤンを見たんだが、
カコイイけどなんか不気味だな・・・(((( ;゚Д゚)))
猫背で目を閉じてよほどの強奏が求められる場面じゃない限り
フォルテだろうとユ〜ラユラと手が肘より下で蠢く。
こんな指揮は見たことないです。ビクーリしました。
あと思ったより小さかった。身長はいくつだったんですか?

655 :カラヤン党だが:04/01/21 02:39 ID:hSU0RULO
1985年頃、ベルリンのフィルハーモニーの楽屋で、カラヤン様と1mのニアミスを経験。
映像ではわかりにくいですが、確かに小柄な方だと思いますが、具体的な数値は、まぁいいじゃないですか(^^ゞ
この日はチェリビダッケ/ミュンヘンPO.が、ベルリン芸術週間のため来演し、
ブラームスSym.3とオケコンの日でした。楽屋にいたから二人とも仲が良いのかなと思ったが…?

656 :名無しの笛の踊り:04/01/21 03:12 ID:yyJQVhmb
>>655
ザルツブルクの楽屋で出くわして3時間の激論を交わした
という例の有名なエピソード以外にも
チェリとカラヤンってニアミスしてるんですねえ・・・意外。

657 :名無しの笛の踊り:04/01/21 12:58 ID:E/cYF/FN
>>656
どんな内容の議論をしたのか禿げしく知りたい。

658 :名無しの笛の踊り:04/01/21 13:31 ID:+7ZCFmyc
タンホイザー序曲はVPOとのものもあるよ。87年の録音。
カラヤン・イン・ザルツブルクにはそのリハも少し見れる!


659 :名無しの笛の踊り:04/01/21 23:56 ID:vfRW4VI+
DGのローマの松のアッピア最高。
華麗なBPOのブラスが圧巻。
今のBPOの金管てもうこんな音出せないんじゃないか。

660 :名無しの笛の踊り:04/01/22 23:02 ID:K4Kru2nq
>>654
小柄つっても173〜4はあると思うけど・・・

661 :名無しの笛の踊り:04/01/23 01:11 ID:cFqYl/iT
いや、165くらいじゃないか?


662 :名無しの笛の踊り:04/01/23 01:24 ID:s53455tz
168です。何か伝記にありました。ついでにアシュケナージが165、
バレンボイムもそのくらいです。

663 :名無しの笛の踊り:04/01/23 01:37 ID:ayDW/0Y2
正確な数字は伝わってないわけですね。

664 :カラヤン党だが:04/01/23 01:55 ID:FCHVbHf3
>>659さん
>今のBPOの金管てもうこんな音出せないんじゃないか。
当時のメンバーと比べると、金管セクションは約半数が入れ替わりました。
若返りましたが、系統は確かに違いますね。
ちなみに私の同期生も金管のメンバーです。優秀ですが。

>>660さん、>>661さん
カラヤンの身長ですが、横に並んだ時、思った以上に小柄でした。173〜4はありませんので、一応。
カラヤン本人の希望だと思いますが、プロフィールにも身長はないですね。
そういえばクラシックの演奏家のプロフィールには、身長・体重とかは載ってないことが多いですね。

665 :名無しの笛の踊り:04/01/23 04:12 ID:30zBjJAQ
バーンスタインも百六十センチ台じゃなかったけ?
カラヤンも百七十はなかったと思うぞ。
トスカニーニは更に低く百五十センチ台だったような記憶が…。

666 :名無しの笛の踊り:04/01/23 04:45 ID:w3/bYWjj
ワルター、クライバー(父)も150センチ台だよね。

667 :名無しの笛の踊り:04/01/23 06:32 ID:ZBQ/de17
バンスタもカラヤンも生で見たけど、バンスタは結構大きかったよ。
180はあるでしょ。カラヤンは170以下だと思う。
トスカニーニは・・・・・さすがに生で見てない(B

668 :名無しの笛の踊り:04/01/23 08:00 ID:G4Xt2Uae
空ヤソのどこがいいの? 空虚にしか思えないけど。。。。

669 :名無しの笛の踊り:04/01/23 13:15 ID:IBnP7zVT
宇野がそんな台詞を言ってたな

670 :名無しの笛の踊り:04/01/23 15:31 ID:zsAtkxc0
>>668
このスレの過去レス読め。同様の発言は既出だ。
アンチにしても、もっと高水準の煽りができないとツマラン。

身長は168cmということでいいだろう。

671 :名無しの笛の踊り:04/01/23 22:38 ID:y/RD8fWy
ハンス・リヒター・ハーザーと録音したブラームスの2番が手に入らない・・・

672 :名無しの笛の踊り:04/01/24 00:08 ID:bbDQ66/k
>671
大阪の中古屋で見かけたけましたが何か?

673 :名無しの笛の踊り:04/01/24 00:15 ID:xhtyXqbX
>>671
G.Anda盤で我慢しる!!! …って、これも廃盤か?

674 :名無しの笛の踊り:04/01/24 00:19 ID:SF6UJ+Gm
リヒター=ハーザー盤はええよ! バックハウスのよりもイイ!
「ギーゼキングとバックハウスの美質を併せもつ」とはその通り。


675 :名無しの笛の踊り:04/01/24 00:31 ID:bbDQ66/k
>671
大阪の中古屋で見かけたけましたが何か?

676 :カラヤン党だが:04/01/24 01:12 ID:G4SRvggV
>>671さん
>ハンス・リヒター・ハーザーと録音したブラームスの2番が手に入らない・・・

ハンス・リヒター・ハーザー、素晴らしい「音楽家」ですね。
実は私がいた学校の学長が、ハンス・リヒター・ハーザーの直弟子でした。
W.F.シュネーアという人で、数年前に勇退され、日本にも度々来ています。
ケンプ、バックハウス、リヒター・ハーザーなどの逸話や演奏法を教えて頂き、興味津々でした。
カラヤン/リヒター・ハーザーの「ブラ2」英コロムビアのステレオ盤は少ないけれどモノもなかなかよろし。
ドイツ盤も充実した音で、聴き応え充分。再発モノでも結構いけます。
繊細で美しく、スケールの大きさもあり、素晴らしい演奏ですね。こんな演奏、そう滅多に聴けません。

677 :カラヤン党だが:04/01/24 01:13 ID:G4SRvggV
W.F.シュネーア=×間違え
W.F.シュヌーア=○正解

678 :名無しの笛の踊り:04/01/24 04:15 ID:9Ofx9B8w
>>667
バーンスタインは170センチなかった。
肩組んで写してもらったツーショット写真が手元にあるんでな。


679 :名無しの笛の踊り:04/01/24 05:14 ID:BZjB2R4m
>>678
うp汁!

680 :名無しの笛の踊り:04/01/24 08:43 ID:Oohnwy2l
カラヤンの身長は167センチだったらしい。(ザルツブルク市立病院の
メディカル・レポートによる)

681 :名無しの笛の踊り:04/01/24 09:12 ID:Ua8Vjg7z
167センチじゃ相撲の新弟子検査に通らないだろう。

682 :名無しの笛の踊り:04/01/24 10:03 ID:6uYo77nF
シリコンでOK!

683 :名無しの笛の踊り:04/01/24 10:56 ID:3eLQqbXY
舞の海かよ


684 :名無しの笛の踊り:04/01/24 11:20 ID:gKAltsUa
167センチじゃジャン=クロード・ヴァン・ダムよりちっこいのでは?

685 :申村鉱子:04/01/24 12:48 ID:SYl7bNkr
指揮者は身長で指揮をする訳ではないから、167センチでも問題はないのです。

686 :名無しの笛の踊り:04/01/24 14:40 ID:6uYo77nF
ホセ・ファン・ダムよりも小さいね。

687 :中村ピロ子:04/01/24 15:00 ID:SYl7bNkr
ヒトラーは170センチ、ムッソリーニは173センチでした。

688 :名無しの笛の踊り:04/01/24 15:11 ID:xb+q75+d
カラヤンの167cmってのはシークレットブーツ込みですね。

689 :中木寸糸広子:04/01/24 15:22 ID:SYl7bNkr
ザルツブルク市立病院によるメディカル・レポートで167センチ
ですから、シークレットシューズ込みではありません。シーク
レットシューズ込みで167センチなのは金正日総書記です。

690 :名無しの笛の踊り:04/01/24 18:47 ID:W/SYvlb4
>>689
北朝鮮の金正日総書記の身長は(シークレットシューズ抜きで)
158センチと推定されています。

691 :名無しの笛の踊り:04/01/24 21:43 ID:ZFh90GYd
>>689
「ザルツブルク市立病院」は実在しない。

692 :名無しの笛の踊り:04/01/24 22:00 ID:zze9jb47
>>691
「ザルツブルク市立病院」ではなく、「ザルツブルク州立病院」の間違い
でしょう。
カラヤンはザルツブルク州立病院のドクター某に定期的な健康診断を受けてい
ました。


693 :名無しの笛の踊り:04/01/24 22:16 ID:ZFh90GYd
>>692

689=692
ザルツブルク州立病院も実在しない。
少なくともオーストリアでは患者のカルテが公表されることはない。

694 :名無しの笛の踊り:04/01/25 00:37 ID:9rhhXWCF
DGから出ているBPOとの「悲愴」(輸入盤)ゲット。
悲愴なんて飽き飽きで聴くの億劫、と聴く前思ってたけど、
やっぱり良かった!
これからヨッフム爺さんのモーツァルトを聴く所。

695 :660:04/01/25 05:07 ID:x8QMuC8U
>>664氏他諸氏

出鱈目言ってすいませんでした・・・。(汗)
一応ビデオを見て、BPOのシュヴァルヴェ氏他数名と見比べてみての判断でしたが・・・w


696 :名無しの笛の踊り:04/01/25 08:59 ID:p40qzEVv
>>693
ザルツブルク州立病院は実在しますよ。
また、メディカル・レポートとカルテは違います。


697 :名無しの笛の踊り:04/01/25 13:20 ID:8pfpiPH0
いずれにしても、カラヤンは170センチもなかったということですね。

698 :名無しの笛の踊り:04/01/25 13:25 ID:655BRhPv
そしてシークレットシューズを履いていたということですね。

699 :名無しの笛の踊り:04/01/25 13:43 ID:8pfpiPH0
カラヤンがシークレットシューズを愛用していたかどうかは
分かりませんが…

700 :ブルおた:04/01/25 14:07 ID:cwV1cek1
DeutschGrammophoneのブルックナー9('66)が1000で売っていたので聞いた。
全集とは違ってすごいどす黒い濃ゆい演奏。

701 :名無しの笛の踊り:04/01/25 14:30 ID:bNgmMgxz
>>657
 有名なエピソードなので、誰も書いていないと思うが、内容は
シューマンの交響曲第4番に関する議論だった。その議論で腹を
立てたチェリが、「あなたはフルトヴェングラーの演奏で、第4番の
第4楽章の出だしで何が起こったのか、想像だにしないでしょうね!」
と言ったという。

 しかし個人的にはこの意見は賛成できない。自分は、以下のレコードを
所有してたまに聴いている。
1.フルトヴェングラー指揮ベルリンフィル
  DGの初期盤(10インチ盤)
2.チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
  80年代後半の演奏
3.カラヤン指揮ウィーンフィル
  80年代半ばのザルツブルグのライブ録音
 (今は海賊盤で出ている)
4.カラヤン指揮(リハーサル付き)
  60年代後半のビデオ用録音

これらの演奏を聴く限り、フルトヴェングラーの演奏をよく理解している
のはカラヤンの3の演奏であり、チェリビダッケではなかった。ただ、
カラヤンの演奏も上記のアクシデントが発生した頃に録音した4の
演奏を聴いたことがあるが、そのときの演奏はチェリビダッケに似ていて、
大した演奏ではないと思ってしまった。

正直な話、この当時は、フルトヴェングラーの演奏をどちらも理解して
いなかったのではないかと思う。カラヤンは3の演奏を聴く限り、
考え直したのかな?と思ったが。

702 :名無しの笛の踊り:04/01/25 14:57 ID:/klZG02t
理解している=似ていることになるのだろうか?

703 :701:04/01/25 18:46 ID:bNgmMgxz
>>702
 別にそういう意味で言ったわけではないけどね。

 ただチェリは本当にシューマンのこの曲を理解しているのか?聴いていて
とても疑問に思った。他の曲の演奏がいい演奏だけにその点が変だと思った。
カラヤンのビデオ用録音(4の演奏のこと)もあまりこの曲を理解していない
ように思った。
 ただカラヤンの場合、晩年の演奏はフルトヴェングラーの演奏と似た演奏
ではないが、よく曲を理解して演奏しているように感じた。だから>>701
ように感じたのだが。

704 :ブルおた:04/01/25 19:25 ID:HDTiznnk
nagaiyo

705 :名無しの笛の踊り:04/01/25 20:04 ID:bh1y5Xjx
カラヤン&VPOによるプルックナーの9番の
1976年7月25日のライヴ盤は(・∀・)イイ!

706 :カラヤン党だが:04/01/25 22:10 ID:CmKxqmIA
>>700さん

>DeutschGrammophoneのブルックナー9('66)が1000で売っていたので聞いた。
>全集とは違ってすごいどす黒い濃ゆい演奏。

もっと評価されて良い演奏ですよね。私も好きです。ガツンとくる演奏。
このオリジナル盤、結構入手難なんです。オリジナルを¥1kで買ったのならばラッキー!


707 :名無しの笛の踊り:04/01/25 22:57 ID:OAEU4BaF
もっと評価されるべきカラヤンのブルは
EMIの7番(70年盤)もそうだと思う。


708 :名無しの笛の踊り:04/01/25 23:39 ID:SnFiRVSI
66年のブルックナーの9番、76年のVPOとの演奏は私も愛聴しています。
それより最近出たデッカのカラヤン、ウィーンフィルBOXはなかなか良い。
昔はあまり好きでなかったのですが、こうしてまとめて聴くと味があります。
ペールギュント、惑星、ブラームス1番、ベートーヴェン7番、ドボルザーク8番
、R.シュトラウスの管弦楽曲など。まだ全部聴けていませんが、晩年の録音とは
違った一面が垣間見れます。




709 :名無しの笛の踊り:04/01/25 23:44 ID:SnFiRVSI
>>708 追加。EMIのブルックナー4番はもっと評価されてもよいのでは。
輸入盤でART盤を持っています(7番も)。

710 :名無しの笛の踊り:04/01/26 02:18 ID:zvMBxBLO
EMIのブルックナー4・7は、俺としてはDGの方が好きなんだけど、
出た当時は、それはもうすごく評価が高かったんだよね。
故・大木正興が、これ以上ないというくらい絶賛していたのを、
古い「ミュージック・エコー」で読んだことがある。

711 :カラヤン党だが:04/01/26 02:27 ID:VS1NdoUa
>>707さん
>もっと評価されるべきカラヤンのブルはEMIの7番(70年盤)もそうだと思う。
>>709さん
>EMIのブルックナー4番はもっと評価されてもよいのでは。

ああー出ましたね!
実は私の最も好きなブルックナーなのです(嬉)
クナ・ファンやヨッフム・ファンにバカにされながらも、これ一筋、浮気しませんw
版については若干ありますが、そんなことはお構いなしの快演!
(クナやフルヴェンだっていじってるから、いいでしょ?)
EMIブルックナーの4&7については、無人島に持って行きたいディスクです。
LPは初発の3枚入りBOXが無難でしょうか。4、7各1枚半ずつのカッティングなので。
4番の1枚モノはちょっと辛い。ドイツ盤7番の2枚組も4面はブランクでした。

>>708さん
一連のDECCA&SOLIAシリーズ、いいですね。
私にとっては、こちらの方が原点で、晩年の方が新鮮に聴こえたりしますw

712 :名無しの笛の踊り:04/01/26 16:47 ID:h30eyc3a
カラヤンってやっぱり凄かったと思うよ。

713 :名無しの笛の踊り:04/01/26 17:08 ID:ia7yPq0X
よきにつけ、悪しきつけ「華」のある指揮者だったのは事実だ。

714 :名無しの笛の踊り:04/01/26 17:58 ID:ia7yPq0X
Beethoven Symphny N.8 の198* デジタル音盤はアインザッツ等カラヤンの演奏
を推しやす。


715 :バイロン・ジャニス:04/01/26 18:24 ID:0Dc3bRsv
漏れはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番はカラヤン指揮ベル
リン・フィル(&ワイセンベルク, Pf)の1972年盤がお気に入
りです。ワイセンベルクのピアノは漏れの好みに完全に一致し
ている訳ではないですが、カラヤンの伴奏は素晴らしいの一言
に尽きます。

716 :名無しの笛の踊り:04/01/26 20:21 ID:iKnefYpH
>>715
確かに、カラヤン&ワイセンベルクによるラフマニノフのPコンの2番は
オーケストラの伴奏がゴージャスに鳴っているので、聴いていると精神
が昂揚しますね。

717 :名無しの笛の踊り:04/01/26 22:30 ID:+OeRL1aQ
>>715-716
音がもう少し良ければねぇ。
EMIの録音ひどすぎ。

718 :名無しの笛の踊り:04/01/26 23:58 ID:B/SqHBNk
久々(何年振りだろう)、ムター/カラヤンのブラームスのヴァイオリンコンチェルトを
聴いています。宇野 功芳の本を見て15年前に購入。
その当時、もう一つでお蔵入りとなっていた。基本的にオイストラフの演奏が
好きなのと、宇野 功芳が勧めているということで以来全く聴いていなかった。
久々聴くと美しい演奏ですね。第2楽章が良い。
同じコンビのベートーヴェンのコンチェルトの第2楽章は愛聴しており、
これは絶品だと思います。


719 :カラヤン党だが:04/01/27 01:19 ID:tlJqDymg
>>715さん
>>716さん
>>717さん

私もカラヤン/ワイセンベルクのラフマニノフPf.協第2番好きです。
ワイセンベルクは、実は好き嫌いがあるのですが、このディスクでは冴えてますね。
数あるディスクの中で、オーケストラ・パートの充実では屈指の演奏だと思います。
日本盤LP/CD共に音はダメですねー(悲!)
英EMIのLPでは超Hi-Fiの優秀録音が、エレクトローラでは重厚な響きが聴けます。
機会があったら是非お勧めです。これ、ジャケットもキレイな色ですね。

720 :名無しの笛の踊り:04/01/27 09:14 ID:9PT57NJc
カラヤンって冗談言う人?

721 :カラヤン党だが:04/01/27 10:37 ID:j7f34+Fq
マジレスです。
テレモンディアルのリハーサル映像では、VPOを相手にかなり脱線した楽しいお話しをしてますね。
全然関係ない話をして、いきなり「さ、いこーか!」なんて感じです。
BPOよりも、故国オーストリアでリラックスしているのでしょうか。
やたら楽しそうな顔が印象的ですねー。

722 :名無しの笛の踊り:04/01/27 10:48 ID:LyKPBmA7
>>720
カラヤンの冗談として有名なものに次のような話があるよ。

ドイツのとある町に世界的に有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
の指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンがやって来た。町を歩けば「あっ、
カラヤンだ!」と皆が振り返るほどカラヤンは有名でした。ところがコー
ヒーを飲み過ぎたためか、突然尿意を催したカラヤンは喫茶店の主人に「変
なことを訊くようだが、お宅のトイレは個室か?」と尋ねた。主人は「私共
のトイレは小便用と個室が中にありますが」と答えた。しばらく考えたカ
ラヤンは「仕方がない、他を捜そう」と言って表に出、トイレの有りそうな
ホテル、レストランなどを尋ね歩いた。しかし、個室だけの男子トイレを
持つ所が見つからず、これが最後と思って入ったレストランにも無く、我慢
しきれなくなったカラヤンはそこの男子トイレに飛び込んだ。しばらくし
て出てきたカラヤンを見て、レストランの主人は驚いてこう尋ねた。「カラ
ヤンさん!全身びしょ濡れですが、一体どうしたというですか?」カラヤン
が答えた。「これだから個室のトイレじゃないとだめなんだ。僕がトイレに
入って行くと、おしっこをしている人たちがみんな『あっ!カラヤンだ!』
と言って、おしっこをしながら体ごと振り向くんだ。


723 :名無しの笛の踊り:04/01/27 11:22 ID:V1cNh4q6
ワロタ


724 :720:04/01/27 12:52 ID:ooxgV9jZ
>>721
その脱線した話の内容はどんなのですか?

>>722
面白いですね。

あんまりカラヤンの言ったジョークの話というのを
聞いたことが無かったので知りたくなりました。

725 :名無しの笛の踊り:04/01/27 23:44 ID:02B0YeoW
テレモンディアルのVPOとのリハーサルみてごらん
涙デテクルヨ・・・

726 :名無しの笛の踊り:04/01/28 08:07 ID:e7s/0RNs
BPOとの第九@63のリハ(あれは今聞けない?)とか聞くと
結構ジョークいってますよ。なんかの記号の意味を楽員が違うような
ことをいったら、それはこういう意味で、君みたいに学校で習った
というならそれは国民を欺瞞することになるよ、とかいってたような。

727 :名無しの笛の踊り:04/01/28 09:40 ID:VBZ/6JLq
その手のリハ映像、リハ音源で今でも手に入るのってあるの?

728 :名無しの笛の踊り:04/01/28 10:38 ID:ZFKB8Fmo
>>709
カラヤンって確かにブルックナーでいいものを残しているね。
あまり話題にならないけど俺も4番は良いと思う。

729 :名無しの笛の踊り:04/01/28 13:00 ID:019eAv5X
【カラヤンお得意の冗談】改訂版

ドイツのある町にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督であ
るヘルベルト・フォン・カラヤンがやって来た。町を歩けば「あっ!カラヤ
ンだ!」とみんなが振り返るほどカラヤンは有名だった。
カラヤンはその町のある喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいた。ところ
がコーヒーを飲み過ぎたためか、カラヤンは突然尿意を催した。カラヤ
ンは喫茶店の主人に「変なことを訊くようだが、お宅のトイレは個室です
か?」と尋ねた。主人は「私共のトイレは小便用と個室が中にあります
が」と答えた。カラヤンはしばらく考えてから「仕方がない、他を捜そう」
と言って表に出、トイレのありそうなホテル、レストランなどを尋ね歩い
た。しかし、個室だけの男子トイレを持つ所が見つからず、これが最後
と思って入ったレストランにもなかった。我慢し切れなくなったカラヤン
は已むを得ずそこの男子トイレに飛び込んだ。
しばらくして出て来たカラヤンを見て、レストランの主人は驚いてこう尋
ねた。「マエストロ・カラヤン!全身びしょ濡れですが、一体どうしたとい
うですか?」カラヤンは答えた。「これだから個室のトイレじゃないと駄
目なんだ。私がトイレに入って行くと、おしっこをしている人たちがみん
な『あっ!カラヤンだ!』と言って、おしっこをしながら体ごと振り向くん
だよ。」


730 :名無しの笛の踊り:04/01/28 14:14 ID:b1SNuPrJ
この(↓)ウェブページに下記のような記述があってピクーリした。

http://yuko.wmj.com/yuko/sand4.htm


先日、はなまるカフェに内田有紀が出ていて、「クラシック音楽が好きだ」という話をしていた。
司会の薬丸裕英の受け答えに「高尚な趣味ですねぇ、ほほぅ、クラシックとはねぇ」
というニュアンスが入っていたが、まぁそれが普通の反応だよな残念ながら。と思った。

しかし、彼女が「指揮者のカラヤンがかっこよくて大好きだ」と言うと(うんうん、かっこいいよな。)
薬丸が「僕はカラヤンさんって存知上げないんですけど、へぇ、そうなんですかぁ」というよーな発言を。

私はビビった。
「えぇ〜!薬丸って、カラヤン知らないのぉ〜!?ふ、普通カラヤンぐらい知ってるよな!?」

しかし弟は言った。
「それは姉ちゃんの偏見だよ。姉ちゃんはそーいうの(クラシック音楽)に興味あるから
知ってて常識、とか思うんだろうけど、そうじゃない人は知らないよ。別に知らなくても普通だよ。」

妹も言った。
「薬丸って、結構もの知りなほうだよ。」


731 :名無しの笛の踊り:04/01/28 14:26 ID:vjC+ea+1
例えばこの板の住人にマイルス・デイビスを知っていますか?ときいて
知らないけど普通だと思うかどうか、だな。


732 :名無しの笛の踊り:04/01/28 14:31 ID:Gk5q5wZQ
「チック・コリアて誰?」っていった音楽評論家がいたなあ

733 :名無しの笛の踊り:04/01/28 14:38 ID:/azMT1Dx
内田有紀がクラシックの話をしているのを
ラジオで一度も聞かなかったが・・・

まあ、それはともかく仲の良さそうな姉弟なのが羨ましい。
以前吹奏楽やってた妹(高校時)はマーラーを知らなかったな。


734 :名無しの笛の踊り:04/01/28 15:11 ID:b1SNuPrJ
1990年代前半頃までなら、クラシック音楽に興味がない人でもカラヤンの
名前は知っていたものだが、今は二十歳以下の人ならカラヤンを知らない
だろう。
いずれにしても、薬丸の年代でカラヤンの名前を知らないのは没常識では
ないのか?


735 :名無しの笛の踊り:04/01/28 15:42 ID:Gk5q5wZQ
小沢かピロコって云っときゃよかったのにな

736 :名無しの笛の踊り:04/01/28 16:38 ID:7TLu0DkV
クラシック=高尚という時点で既に間違っていて、
まあ、これはある種仕方ないが、
カラヤンを知らないのはどうだろう。
「結構物知りなほう」なら尚のことだ。
ということはだ、カロヤンアポジカのCMは
誰も理解していない、ということだろうか。

高校まで吹奏楽のみであればマーラーを知らなくても
それほどおかしい事ではないと思うが、いかがだろう。

737 :名無しの笛の踊り:04/01/28 18:13 ID:CL/p7A9z
>>736
確かに、クラシック音楽=高尚というイメージを持っている人が多いです
ね。別にクラシックのCDが他のジャンルのCDより高いという訳でもないし、
テレビのCFでも日常的に使われていることを考えれば、寧ろ最も身近な
音楽である筈なのですが。
高校のブラスバンドならマーラーやを知らなくても仕方がないと思います。
中学・高校の音楽の教科書にもマーラーやラフマニノフは出て来ないでしょ
う。

738 :名無しの笛の踊り:04/01/28 21:11 ID:nVn3nY6l
「若き日のカラヤン」シリーズとして40〜50年代の録音のCDが
100円ショップに並んでますた。

739 :名無しの笛の踊り:04/01/28 22:51 ID:yKXnPZPY
>>736
それの悲愴もってます。49年VPO。意外と音もよかったりして。同じモノラルものでも、いっちょまえに高いフルベンよりもダイソーのカラヤソのほうがましといえよう。


740 :739:04/01/28 22:54 ID:yKXnPZPY
すまん、>>738ですた。

741 :名無しの笛の踊り:04/01/28 22:59 ID:+p5Izn13
734を読んで、薬丸が2・26事件って何?と目を白黒させていたのを
思い出してしまった。

742 :名無しの笛の踊り:04/01/28 23:08 ID:jCDV/do9
薬丸って馬鹿なんだね。
実際は岡江久美子と凄く仲が悪いらしいが。

743 :名無しの笛の踊り:04/01/28 23:49 ID:vjC+ea+1
まあ芸能人は一般人とは違うかなり特殊な環境で育ってきているのが多いので、
あまり普通かどうかの基準にはならないな。

744 :名無しの笛の踊り:04/01/28 23:51 ID:vjC+ea+1
>>733
実は俺も高校ぐらいまで知らなかった>マーラー
実家にはクラシックの全集(出版社が出してたやつ)があるのに・・・・・
最もその全集自体、ブルックナーとマーラーは一曲も入ってなかったんだが。

745 :名無しの笛の踊り:04/01/29 09:32 ID:uFWX9jd3
>>730
カラヤンも2・26事件も知らない薬丸を「結構もの知りなほう」だと
認識している人がいるのですね。

746 :名無しの笛の踊り:04/01/29 10:04 ID:9LqynVu1
フィルハーモニアとの「未完成」 イイね!

747 :名無しの笛の踊り:04/01/29 19:27 ID:NT8lATLD
>>746
一応ステレオで残ってます。LPの時は疑似ステレオだったけど


748 :名無しの笛の踊り:04/01/29 20:40 ID:WUw7q+RZ
ウチの親は、クラシックに興味無くてもカラヤン知ってるのは普通だと言ってました。
マイルスも2・26も同様。

というか、物知りと呼べるのは、例えば昨日のヘキサゴンに出ていた松尾貴史くらい
でなければ、いけないんじゃないでしょうか。レベルがあまりにも低すぎます。

749 :名無しの笛の踊り:04/01/30 08:26 ID:uol0V+Om
俺の高校の吹奏楽部にカラヤンの名前を全く知らない男の子がいるよ。
「僕は吹奏楽は好きやけどクラシックは嫌いなんよ」が口癖。
当然ながらマーラーやブルックナー、ショスタコーヴィチなど知る由もない。
何か、オケと吹奏楽の間の壁を感じた。似て非なるもの。

750 :名無しの笛の踊り:04/01/30 15:51 ID:0c9RIxAY
カラヤンの名前は知らないけど
小澤は知ってるってのはたくさん居そうだな

751 :名無しの笛の踊り:04/01/30 18:05 ID:pyNTPejm
>>749
そういう言い方をする奴は大抵、
クラシックが嫌いなのではなく、クラシックを知らないだけだ。
知ろうとしていない。
吹奏楽に妙なアイデンティティーを求めて狭い殻に閉じこもっているんだ。
間違いない。

752 :名無しの笛の踊り:04/01/30 19:11 ID:2e1OhYiB
漏れは本格的にクラシックを聴き始める前からカラヤンの名は知っていた
が、トスカニーニやフルトヴェングラーは知らなかったな。今から思うと
慙愧に堪えない。

753 :名無しの笛の踊り:04/01/30 21:18 ID:MdfGISCj
僕 は 薬 丸 裕 英 さ ん っ て 存 じ 上 げ な い ん で す け ど

一般的な日本人として、カラヤン知らないのとどっちが普通?
いやマジで。

754 :名無しの笛の踊り:04/01/30 21:50 ID:5sXWevoi
>>753
どっちもどっち

755 :ブルおた:04/01/30 22:00 ID:WR8RM/71
nameは知らなくても音楽店のクラシックコーナーでよく見かける
渋い感じのかっこいい人といえば、ああ、あの人ね
というリアクションが帰ってくるYO!

756 :名無しの笛の踊り:04/01/30 23:28 ID:0c9RIxAY
>>755
それバーンスタインと間違えてる場合もあるぞ

757 :名無しの笛の踊り:04/01/30 23:31 ID:d4tlnI0u
>>755
それ朝比奈隆と間違えてる場合もあるぞ

758 :名無しの笛の踊り:04/01/30 23:34 ID:0c9RIxAY
ゲルギエフだって
「渋い感じのかっこいい人」といえないことないしな
クラシックコーナーでよく見かけるし

759 :名無しの笛の踊り:04/01/31 07:24 ID:vJNsX7NL
>>758
指揮姿を見たらだれも言わないと思うけどね。

760 :名無しの笛の踊り:04/01/31 07:29 ID:99f/F+ya
>>755
それフルトヴェングラーと間違えてる場合もあるぞ

761 :名無しの笛の踊り:04/01/31 08:19 ID:gHkbAJRw
>>756

 若いときならいざ知らず、晩年は肥満だった。
 肥満のアメリカ人を渋い、かっこいいと言っている人っているの?

>>757

 日本人のおじいさんで髪も禿気味なのに、渋い、かっこいいと言って
 いる人っているの?

>>760

 禿の人を渋い、かっこいいと言っている人っているの?

どちらもその人がフェチでない限り、可能性ないな・・・。このケースは別に
音楽で判断しているわけではないし。


762 :名無しの笛の踊り:04/01/31 08:41 ID:pfUYGa59
俗に言うだろ? ハゲは絶倫って

763 :名無しの笛の踊り:04/01/31 08:43 ID:vsoSXTlZ
たしかにフルトヴェングラーは女を手当たり次第食いまくったわけで・・・

764 :名無しの笛の踊り:04/01/31 09:51 ID:VpIXa8qL
フルトヴェングラーはもててもてて困る状態だったらしい。
全国1000万のハゲにとっては希望の星だ。

カラヤンは渋くてかっこいい、というのとはちょっと違うと思う。
まあ70年代ぐらいまでなら年の割にはかっこいい、というのは言えたかも知れないが、
「渋さ」とは生涯無縁の人だったと感じる。いくつになっても自分を若々しく見せたい、という
思いが強かった人だ。

まあそれはともかく、一般人でもカラヤンはおろかフルトヴェングラーや朝比奈隆は
結構知ってるぞ。



765 :名無しの笛の踊り:04/01/31 09:51 ID:hVyCuEG/
30歳以上の日本人でカラヤンを知らない人は
没常識ということでいいでしょう。

766 :名無しの笛の踊り:04/01/31 12:44 ID:kk1a00bn
まだカラヤンもバーンスタインも存命中だった1980年中頃のことですが、
私が都の西北の某私立大学に在学していた時、同じ大学の友人にカラヤ
ンは知っていてもバーンスタインを知らない者がいて驚きました。

767 :名無しの笛の踊り:04/01/31 13:22 ID:xW/aCQOL
バンスタは知らなくても問題なし

768 :名無しの笛の踊り:04/01/31 13:55 ID:urwVTN04
音楽の時間に「ウェストサイド物語」を観せられる学校がけっこうあるので
バンスタ氏を知ってる若者は多いと思う

769 :名無しの笛の踊り:04/01/31 14:26 ID:d2rVpZo/
国Tの教養問題でウェストサイドストーリーとロメオとジュリエットの関連性に
言及した選択肢があったぞい!

770 :名無しの笛の踊り:04/01/31 15:22 ID:QK9OPTqA
気になりすぎて、ラウンジの回転のはやい雑談スレで、どさくさに紛れて聞いてしまいました。
734 名無しさん? sage New! 04/01/31 15:00 ID:???
ねえ、カラヤンって知ってる?
736 名無しさん? sage New! 04/01/31 15:01 ID:???
>>734
唐沢くんのこと?
738 名無しさん? sage New! 04/01/31 15:01 ID:???
>>734
偉大なる指揮者
746 名無しさん? sage New! 04/01/31 15:02 ID:???
>>734
アポジカ

普通に生活していたら、クラシックなんて学校でしか触れないだろうし、
今の学生では知名度 バーンスタイン>カラヤン かもしれませんね。

771 :名無しの笛の踊り:04/01/31 15:22 ID:il24ixnJ
ふるべんが女を食いまくったってのは、若かりし頃もてなかった事の反動では?
リューベックに社交界の寵児だったアーベントロートの後任として入った時は
周りからそっぽを向かれたって言うし。

772 :今の学生:04/01/31 16:03 ID:RdmMxyBG
>>770
いやいや、クラヲタでない親の世代ではカラヤンの知名度は圧倒的ですから
今の学生、両方知ってないほうが多いけどどちらかというとカラヤン>バーンスタインです。

773 :名無しの笛の踊り:04/01/31 16:44 ID:kk1a00bn
カラヤン>バーンスタイン

774 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:19 ID:vsoSXTlZ
>>771
若フルヴェンはその愁いを帯びた表情が
有閑マダムをして「このコ、放っておけない!」と思わせて
凄かったらしいんすから、もう。

対するわれらがカラヤンは文句無しの美形だけど
なんとなく情事の相手を味気ない気持ちにさせそうなイメージが・・・

775 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:31 ID:d2rVpZo/
カラヤンとベームの二人に関しては婚姻関係以外の
情事があったことをなんとなく想像できないな。

776 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:41 ID:vsoSXTlZ
セックスは目を閉じて派だな。
最中は絶対に目を開けないタイプだ。カラヤンは。間違いない。

777 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:49 ID:BaHSQXAQ
>>775
カラヤンは意外にストイック。
ベームは尻に敷かれてて、それどころでは…。

いや、ただのイメージですけどね、漏れの。

778 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:53 ID:OOwTQTtt
フルヴェン→短期決戦。テンポを効果的に揺らしつつ、さっさと女をイカせて
        それに合わせて自分もイキ、フィニッシュ。
カラヤン→ゴルゴ13のような、自分はイカず、相手をイカせまくるSEX。
ベーム→実は痴漢プレイが大好き。

779 :名無しの笛の踊り:04/01/31 18:55 ID:vsoSXTlZ
チェリ→セックスが上手いと自慢しているが、それただの遅漏とちがうんか

780 :バックハウス:04/01/31 21:24 ID:kBMj1ndR
>>779
色自慢する男って実はセクースが下手なんじゃないか。

781 :名無しの笛の踊り:04/01/31 21:27 ID:7TogNtui
チェリって射精の瞬間、
でぇいっーーーー

782 :名無しの笛の踊り:04/01/31 22:47 ID:d2rVpZo/
>>779 IDがウィーン交響楽団
>>781 ワラ まじで叫んでそうでコワイ。

783 :名無しの笛の踊り:04/01/31 23:17 ID:vJNsX7NL
>>781
ケツ振りながら?w

784 :名無しの笛の踊り:04/01/31 23:21 ID:jBvqKWn5
限定のゴールドCDの方が、後に出た廉価盤の同録音の
ものより、音質は良いのでしょうか?
(私は「良い」と感じたのですが・・)

785 :名無しの笛の踊り:04/01/31 23:32 ID:EeWj+t4B
カラヤンのアルプス交響曲の日没、終結は感動的です。カラヤンゴールドのCD、LD
共に大変素晴らしい演奏です。このような演奏なら生で聴いてみたかったと切に
思います。裏青盤があるらしいですが、購入するほどの内容でしょうか。聴いた方の
感想を求む。


786 :名無しの笛の踊り:04/02/01 02:04 ID:IfyyKwHY
フルヴェン、カラヤン、ベーム

この中ではベームの嫁さんがずば抜けて派手だな
アイドル系に弱かったのかな

787 :名無しの笛の踊り:04/02/01 02:58 ID:r3Nh0975
派手にしないと、見栄えがしないからな。
フルヴェン、カラヤンの嫁さんは、すっぴんでもいけるほどの
美人じゃないの。

788 :名無しの笛の踊り:04/02/01 03:09 ID:IfyyKwHY
そうかも。
とにかくマダム・ベームは魔女度1000%
晩年の写真は凄まじい

789 :名無しの笛の踊り:04/02/01 10:37 ID:t8woxQBH
>>771
古便の若い頃の写真を見た事ある?
禿げてないどころかもの凄い美形だぞ!
とても若かりし頃はモテなかったとも思えない。

>>775
何となくわかる。

>>779
>カラヤン→ゴルゴ13のような、自分はイカず、相手をイカせまくるSEX。
いかにもナルシストのカラヤンらしいな。

>ベーム→実は痴漢プレイが大好き。
実はベームの愛読書は「ドリアン・グレイ」だったりする。
結構えっちな事には関心はあったみたい。
それにしては演奏に色気がないのはなぜ?

790 :名無しの笛の踊り:04/02/01 10:38 ID:t8woxQBH
>>788
クナの奥さんは、クナの死後だんだんとクナに似てきて最後には瓜二つになっていたそうだ。

791 :名無しの笛の踊り:04/02/01 16:27 ID:IfyyKwHY
>>790
そのままVPOの指揮台に立てばよかったのにな

792 :名無しの笛の踊り :04/02/01 18:31 ID:QivLKrFB
これはクナッパーツブッシュ・スレなのか?

793 :名無しの笛の踊り:04/02/01 18:37 ID:CbWtLAdt
>>791
てか、62年のパルジファル@バイロイトの最終日は
クナ本人はホテル自室でポーカーに熱中、
一幕は夫人が指揮したのだが、何か?

794 :名無しの笛の踊り:04/02/01 19:22 ID:e2yLwSmz
>>793
詳細きぼんぬ

795 :教えて君で申し訳ない:04/02/01 21:31 ID:M4BthxcF
大至急質問です!
シベリウスのEMIのシリーズ(70〜80年代)は現在、
・第1番、カレリア
・第2番
・第5・6番
を所有してるのですが4・7番は出ているのでしょうか?
教えて下さい

796 :名無しの笛の踊り:04/02/01 21:35 ID:h1AxH6bh
>>795
4番はある(5番は4種類の録音あり)。
7番はPOとの1955年録音(モノ)とBPOとの
1967年録音(ステレオ)の2種類のみ。


797 :名無しの笛の踊り:04/02/01 21:42 ID:4h+VZxDk
カラヤン・ウィーンフィルの1984年の悲愴、
初期盤と再発盤(OIBP)てそんなに違うんですか?
どこらへんが違うんでしょうか。

798 :名無しの笛の踊り:04/02/01 21:47 ID:M4BthxcF
>>796
おおーサンクス!早速ダブルffシリーズを買いますわ

799 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:02 ID:+JR68iup
確かシベリウスの第3番だけ無かったんだったよね?

800 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:05 ID:ARN4yh08
800ゲッツ (((((((・・;)サササッ

801 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:05 ID:h1AxH6bh
>>799
録音する予定はあったらしいけどね


802 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:10 ID:Pa7grTQY
うーん、カラヤンのシベ3・・・。
どうして早く録音してくれなかったんだ・・・。

803 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:13 ID:AUC2oTeJ
>>801
すると、カラヤンは第3を演奏していたのかな?
>>802
オーマンディは最初から第3をレパートリーにしていなかったんだけどね。

804 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:21 ID:0ACErzP6
POとの7番聞きたいんだけどなぁ
廃盤になっているのか入手できないよ
どこかに売ってないかな

805 :名無しの笛の踊り:04/02/01 22:32 ID:Pa7grTQY
カラヤンはシベ3は全く演奏していない。
POとの7番は大阪の中古屋で見かけた。

806 :名無しの笛の踊り:04/02/02 00:41 ID:VayAlQhu
>>797
このスレの>>167 >>183 >>185 >>298などを参考に。

>>804
カラヤン/フィルハーモニア管のシベリウス7番か、俺もどこかの中古屋で
見たことがある。根気よく各地の中古屋を見て回るといいよ。そのうち見つかる。

807 :Wilhelm Furtwängler:04/02/02 01:50 ID:KjUYiIrT
カラヤンはいいカッコするから嫌いだったが、死んでから好きになった。
50年代の「薔薇の騎士」のあたりが好きだ。
後年でもブルックナーはさすがによかった。
祈念しているような重みを感じる。

808 :名無しの笛の踊り:04/02/02 03:33 ID:6sf/ChKr
オルフの時の終わりの劇の対訳は
あるんでしょうか?

809 :名無しの笛の踊り:04/02/02 22:41 ID:mlqVxpfK
>>808
「時の終わりの劇」そのものが手にに入らないよー!

810 :名無しの笛の踊り:04/02/02 23:24 ID:dFy0MfbT
カラヤンは好きでも嫌いでもない。特別強い印象がない。
強いて言えば、50年代のいたオペくらい。あとシベリウス
いいっすね。 この方は重みのあるものよりさらりとした
美しさを強調したものがいい。

811 :名無しの笛の踊り:04/02/02 23:31 ID:sPqsm1ce
シューベルトの全集は買いですかねえ。現在デイヴィス・ムーティを所有
していますがart盤を見つけてしまったので。まさか全集で出ていたとは。
まようなあ。

812 :名無しの笛の踊り:04/02/03 02:51 ID:+tFJG+ic
カラヤンがシューベルトの交響曲全集を
録音したのが私にとってはなんとなく不思議です。
演奏は70年代後半のカラヤンそのもの。
音の強弱を極端にまで対比し、重厚・流麗
ってやつですね。
あくまでもベルリンフィルの機能を最大限に駆使し
た演奏・・・ですよね。

813 :名無しの笛の踊り:04/02/03 02:54 ID:OzBeCqWk
DGのシベ全(カムとの共作)に興味あるんですが、買いですか?

814 :名無しの笛の踊り:04/02/03 03:41 ID:+tFJG+ic
私はこれから60年代の4番〜7番の
OIBP盤を買うつもりです。
でもあれって、タピオラ入ってるのに
なんでフィンランディア入ってないんだぁー!!

815 :カラヤン党だが:04/02/03 05:48 ID:1+Tt/YVw
>>813さん
>DGのシベ全(カムとの共作)に興味あるんですが、買いですか?

基本的に悪い演奏ではないと思います。なぜかLPの時もあまり再発されず、DGの全集と、
単売が少しあっただけ。国内版では単売があったかどうかも不明です。
無難な演奏で、劇的な効果や強い叙情性は、それほど感じませんでしたが。
清潔感があるものを好むのならば、「買い」かもしれません。

>>811さん
ディヴィスのシューベルト全集で満足されているのなら、毛色はだいぶ違います。
カラヤンもディヴィスも共に充実した響きと演奏ですが、あとは好き嫌いでしょう。
>>812さんも書いているように、「重厚」「流麗」で、さらに「繊細」「豪壮」です。
でも購入しても、決して後悔するような演奏ではないので、私的にはお勧めです(^^ゞ

816 :名無しの笛の踊り:04/02/03 05:56 ID:OzBeCqWk
>>815
どうも
無難な演奏ですか・・・
4、6あたりが目的なんですが、他の人を買うほうがいいですかね

817 :名無しの笛の踊り:04/02/03 06:23 ID:nVL18eOa
DGのシベは後年のEMIの力づくが目立つ演奏と比べ
はるかに精緻に磨かれた、カラヤンとしても屈指の演奏。
マラ9とか、パルジファルとか指輪、新ウィーン楽派に通じる。
4,6目当てなら絶対に買うべき。

818 :名無しの笛の踊り:04/02/03 06:30 ID:OzBeCqWk
買います!

819 :名無しの笛の踊り:04/02/03 08:09 ID:fCODQYvC
>>811
 全集としてはアウトかな?カラヤンはこの録音には不満だったみたいで、
 初期の作品を録音していたころ、カラヤンが録音会場でぶつぶつ作品に
 文句言っていたらしい。

 ちなみにこれは噂ではなく、アバドのシューベルトが出たとき、その
 比較として、海外の批評家が書いていたこと。だからお薦めできないと
 いうわけではないですが、シューベルトとカラヤンはそもそも合う面が
 あまりないと思うのですが・・・。

>>813
 多くの人が(海外の批評家も含め)DGの方を薦めている人が多いです。
 確かに、劇的な効果や強い叙情性は確かにEMIの方が感じますが、
 作品からその分かけ離れており、なぜ録音したのか疑問に思うほどです。
 
 DGは特に第6番と第7番は屈指の名演奏です。自分はカラヤンの他に
 色々と聴きましたが、この演奏ほど作品を生かしてなおかつ、面白く
 聴かせる演奏はなかったです。


820 :名無しの笛の踊り:04/02/03 08:27 ID:+tFJG+ic
>>819
初期作品に文句ですか・・・。
カラヤンはシューベルト交響曲全集録音に
乗り気じゃなかったと?
でも?? シューベルトの交響曲で初期作品と
いうと、どこまでがそうなのか・・・。
第一番?
そう思って第一番から通して聴いてみると第一番
の演奏だけが「ん〜ちょっと」って感じはしますね。
(第一番だけがカラヤンの芸風に合わなさすぎる?)


821 :名無しの笛の踊り:04/02/03 08:33 ID:zjO1Y4JU
21世紀に入ってから富にカラヤンに対する評価に変化が現れ出した
いいことだと感じている、痘痕も笑窪にならぬよう冷静に評価しないと
第2次カラヤンブームが単なるブームで終わってしまう・・・



822 :名無しの笛の踊り:04/02/03 08:36 ID:OzBeCqWk
>>819
サンクス 迷っていたけどこれで決心つきました

>>821
コーホーの神通力と反比例ですね

823 :名無しの笛の踊り:04/02/03 08:55 ID:PXlT/xj2
♪ なんでだろう〜
同じart処理してあるのに 
  録音の新しいベルリンとのシベの方が
     録音の古いフィルハーモニアのより音が悪いの  なんでだろう〜

824 :カラヤン党だが:04/02/03 14:11 ID:Xsqcg7un
>>823さん

フィルハーモニアとの第2、第5のステレオ録音は、今聴いても素晴らしい演奏と録音です。
後年になってマルチマイク録音になり、善し悪しがでてきましたが、フィルハーモニア
との録音は、素直で伸びやかな感じが、とてもいいと思います。
これはシベリウスだけではなく、他の英コロムビア録音に共通した感じです。
あなどるなかれ、フィルハーモニア録音!(でも日本盤とCDはちょっと…?ですが)

825 :名無しの笛の踊り:04/02/03 17:39 ID:m4wnPH2y
>>824
いや、だから・・・

826 :名無しの笛の踊り:04/02/03 17:57 ID:OzBeCqWk
ベト全はフィルハーモニアとのが一番!
と云ってみる

827 :名無しの笛の踊り:04/02/03 22:08 ID:kBslZOzn
>>825
マスターテープ自体の音質が全然ちがうのでしょう
(フィルハーモニア時代のほうがいい理由)

828 :名無しの笛の踊り:04/02/03 23:14 ID:zFFCwWo0
>811
まようなら買ってしまえ。
このart盤全集はもう廃盤になっている。
店頭で見つけたらすぐゲットすべし。
欲しくなったときにはもう手に入らぬことになっているはず。

俺も店頭で見つけて思わずゲットしたが
別に後悔はしてないよ。
カラヤンのグレートは結構好きだ

829 :名無しの笛の踊り:04/02/03 23:51 ID:cZqn4MGl

カラヤンが演奏したピアノ演奏テープが
あるみたいですね


830 :カラヤン党だが:04/02/04 03:56 ID:jTl49gad
モソブラソから、カラヤンの万年筆とボールペンが発売になっていますよね。
先日、現物を手に取りましたが、ちょっとあの値段では「カラヤン党」でも買えないw

831 :名無しの笛の踊り:04/02/04 08:02 ID:iGG7HsUk
>>811
シューベルトの全集
俺が知っている限り、最高に音の悪いCDだったね。2088全集をレンタルしコピペ
したが。
これは、2088のGrand高利ますたー品質以前の問題という気がした。
EMIってピンポケ音質多いよね。まぁARTで随分改善されているが、、、

832 :名無しの笛の踊り:04/02/04 09:10 ID:zTSumQil
>>830
一体いくらですか?

833 :名無しの笛の踊り:04/02/04 10:29 ID:v++EMnrr
>>832

ttp://www.okahisa.com/new_page_405.htm
万年筆69000円
ボールペン39000円




834 :名無しの笛の踊り:04/02/04 14:11 ID:OM/gdMGS
>>833
(・∀・)タカイ!

835 :名無しの笛の踊り:04/02/04 15:08 ID:fmc3lEZl
しかも結構カッコ悪い!

836 :名無しの笛の踊り:04/02/04 17:05 ID:N/TGmznR
犬でンニーのDVDが安いようなので、
これだけは買っとけ!ってのがあったら教えれ
ttp://www.hmv.co.jp/fe/detail.asp?featurecode=401100001


837 :名無しの笛の踊り:04/02/04 17:10 ID:P/Ncpwn6
カラヤンと万年筆とどういう関係が?


838 :名無しの笛の踊り:04/02/04 17:23 ID:OEnppJgX
>>836
1枚! つーならニューイヤーだな、絶対。中継を見ていて、つくづく
カラヤン&ウィーンフィルの生を聴いてみたいと思ったのだった。特に
注目してほしいのは『ドナウ』の冒頭のカラヤンの指揮。右手をすーっ
と何かをつまみあげるような動作で最初の音を引き出したのだが、いや
参った。

『ばらの騎士』とも言いたかったのだが、ゾフィーのペリーが垢抜けな
くてね。それとカラヤンの演出も……? CDでいいんじゃないの。

というわけで漏れはニューイヤーをお薦め。

839 :名無しの笛の踊り:04/02/04 17:42 ID:abZRFbh0
そのNew Yearを、今回のセールを機に、犬に注文したのだが、
未だに来ない(´・ω・`)

840 :名無しの笛の踊り:04/02/04 19:38 ID:gRfRzzOI
カラヤンの遺産(レガシー)シリーズってどうなんですか?
今日新世界よりを買いました。そしたら>>836が・・・_| ̄|○

841 :名無しの笛の踊り:04/02/04 21:22 ID:4kpqsTAd
>>840
画像は悪いが、インチキライヴものより、
ジルヴェスター等の本物ライヴものがヨイ!

過去レスにあるとおり、100周年の「英雄」は絶対買い。

842 :名無しの笛の踊り:04/02/04 21:25 ID:iGG7HsUk
>>836
クンニーDVDのは、ぜっったーーーいい、 買わん!

843 :名無しの笛の踊り:04/02/04 23:13 ID:lNZ61JzA
ライブ物はどれもいいね。
エロイカも、R・シュトラウスもどれもいい。
死と浄化は唯一無二の演奏。
カラヤンが残した同曲の最高の出来栄えではないか。

844 :名無しの笛の踊り:04/02/04 23:34 ID:gI0iT5tM
モンブランの音楽家シリーズで買うならモーツァルトの方だな。
まだ残っているかは知らないが。

845 :名無しの笛の踊り:04/02/05 00:27 ID:+6ZOBqL+
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=283318
どうもシューベルト全集が国内盤ででるらしい
CCCDなのかな?これも

846 :名無しの笛の踊り:04/02/05 00:28 ID:+sRTuNjm
ナチス

847 :名無しの笛の踊り:04/02/05 18:01 ID:c8VzMm9f
http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=402050053&category=1&genre=700&style=0&pagenum=2

848 :カラヤン党だが:04/02/05 18:32 ID:UgRP6/DN
予約終了!

849 :カラヤン党だが:04/02/06 07:17 ID:J16ysLjq
間違え、「予約完了!」 予約はまだやってます。

850 :名無しの笛の踊り:04/02/06 07:18 ID:dIk0lsh8
販促かいな。

851 :名無しの笛の踊り:04/02/06 10:58 ID:J2ZL157w
>>838
カラヤン&ウィーンフィルは、自分がベームを好きなこともあってかどうも過剰に聞こえます。
ウィーンフィルの弦のビブラートのくどさと、カラヤンの過剰な表現力がどうもマイナスに働いている気がして食傷気味・・・。w

852 :名無しの笛の踊り:04/02/06 11:39 ID:K40ZybnS
ニューヨークフィルとの共演が未発売と聞いたのですが、なぜでしょう?

853 :名無しの笛の踊り:04/02/06 11:45 ID:ifaE2LYx
地獄帯電話経由「嫌」

いや、なんとなく書いてみただけ…

854 :名無しの笛の踊り:04/02/06 11:48 ID:+oIVB5Fp
>>852
そりゃまーいわくつきの演奏だから。。。

そういえば、カラヤンが欧州以外の桶を振った演奏って、N響との悲愴以外に何かあったかな?

855 :カラヤン党だが:04/02/06 14:56 ID:a8sUECTZ
CD化されてないけれど、N響との第5、N響+ベルリンフィル合同の第9なんかもアリ。

856 :名無しの笛の踊り:04/02/06 20:24 ID:IRSZ3V+0
>>855

1954年、初来日時にN響を指揮した演奏は悲愴、ベートーヴェン第5番のほかに
展覧会の絵とか、ブラームス第1番とかいろいろあるらしいですね。
なぜ悲愴しかCD化されていないのでしょうね?

857 :名無しの笛の踊り:04/02/06 21:19 ID:TblGLaQh
>>854
どういったいわくでしょうか?

858 :カラヤン党だが:04/02/06 21:28 ID:3/pBYbxo
>>856さん
補足をありがとうございます。ブラームスSym.1は知らなかったので、ためになりました!
CD化されない理由として、実は音源がないという噂もありますが。
または聴くに堪えない録音だったりして…。
当時の欧米と日本の録音技術の差は、悲しいくらい歴然としているから。
テレ朝系で放送した時のように、ドイツからトーン・マイスターを連れてくれば良かったのに…
って、もう遅いよね。

859 :名無しの笛の踊り:04/02/06 22:39 ID:wRv9gWBj
>>852 >>854
メトでの「ヴァルキューレ」Liveなんてのもある。
act.1終幕の煽り、盛り上げなんか凄くて、昂奮するんだけど
1969の割にぼやけたモノラル、音が悪ぃのがホント残念(NUOVA ERA 2405/8)。

860 :名無しの笛の踊り:04/02/08 00:11 ID:AcVk5v/U
>>859
 メトでは「ラインの黄金」もやっていますよね。当時はたしかザルツブルグ
でやった同じ演目をメトでやるという目的があったらしいのですが、レコ芸を
読む限り、「ジークフリート」の演奏予定だった年に労使のストライキがあっ
たこともあり、頓挫したとのこと。

 自分も同じCD持っていますが、ザルツブルグのライブより爆裂している
のがいいかな?と思います。カラヤンは、後々「彼らは勝手に演奏した」と
言っていますが、この数日前のライブ(チャイコフスキー交響曲第5番
・同じレコード会社でCD化されている)で既に爆裂していましたので、
カラヤンもかなり興奮していたのだと思います。



861 :名無しの笛の踊り:04/02/08 10:20 ID:YhJ7fS2v
>>856
テープの保存状態の良し悪しと思われ・・

862 :854:04/02/08 11:17 ID:dx07SR+D
>>857
カラヤンがユダヤ人奏者の多いニューヨークフィルに客演したときのこと。
通常なら演奏会開始時に指揮者が舞台に登場する時には楽団員全員が起立して迎えるけれど、カラヤンは大戦中ナチス党員だったので、それに抗議するため全員起立しなかった。
そのかわりニューヨークフィルはもの凄い本番を出したそうだ。
こんないわく。
このエピソードは、映画「愛と哀しみのボレロ」にも使われています。

>>856
そーいえば、テレビでN響を指揮してベートーヴェンの交響曲第5番を全曲演奏している録画を見たことがあるのを思い出しました。
モノクロで音声はたぶんモノラル。
という事は、CDとしてよりもDVDで出して欲しいな。
これはいい演奏だった。

863 :名無しの笛の踊り:04/02/08 11:34 ID:pL2yzqNT
http://www.deutschegrammophon.com/artist/whatsnew.htms?ART_ID=KARHE
2 CDs 474 955-2
Released: May.2004
JOSEPH HAYDN
The Creation
Gundula Janowitz Fritz Wunderlich Kim Borg Hermann Prey
Singverein der Gesellschaft der Musikfreunde, Wien
Wiener Philharmoniker
Herbert von Karajan

おそらく65年8月29日のライブと思う。海賊盤では既出なんだろうな。
これで「ウェルナー・クレン」などと記されていたら
スタジオ盤と間違えるところだった。

864 :名無しの笛の踊り:04/02/08 13:16 ID:MkpgKWTm
>>862
そうなんですか……。
別にそういったいわくがあっても、演奏が凄いんだったら発売してほしいんだけどな。CDだと、ベト9は全部ウィーン楽友協会合唱団なんだよね。
フルヴェンの戦時中のベト9だって、いわくつきの可能性あるんだし。

865 :名無しの笛の踊り:04/02/08 15:00 ID:rNYU1MkK
>>862
「愛と哀しみのボレロ」では、客席が空っぽだった、
という風に描かれてたはず。
そういう事実はなかったんだっけ?

866 :名無しの笛の踊り:04/02/08 18:18 ID:Oh2hhQES
>>865
その映画は観てないけど、ボイコット運動は実際にあったみたいだよ。客席が空だった
かどうかは知らないけど。

あと、その件とは直接関係しないけど、4月からCCさくらが再放送です。

867 :カラヤン党だが:04/02/08 20:47 ID:bDcm+yWU
>>863

あれま、本当だ。よく見たら正規録音盤じゃない、あやうく見落としそうだった。
これってステレオ録音…だといいんだけれど、どうなんだろう。
それにしてもヤノヴィッツ、ヴンダーリッヒ、ボルク、プライ、凄いメンツだ。

868 :名無しの笛の踊り:04/02/09 00:14 ID:8NVGHvE3
ところで何年か前にレコ芸で、カラヤンの同曲異録音の演奏比較ってあったじゃない。
あれってオモシロかったんだけれど、また復活しないかな。
詳しいデータやオリジナルのジャケットも見られて、オレは楽しみにしていたんだが。

869 :名無しの笛の踊り:04/02/09 01:14 ID:2IPfsn0f
あれね、日本のレコードやCDの音の悪さを、見事に言ってのけたのは感心。
他の評論家達は養護派なのか飼い犬なのか、そのへんにツッコミを入れないからな。
オレも復活賛成に一票!

870 :名無しの笛の踊り:04/02/09 16:11 ID:n08lLNgW
ずいぶん前の企画だな。
ベートーヴェンやブラームスの交響曲の比較をもっとして欲しかった。

871 :名無しの笛の踊り:04/02/09 18:53 ID:KepTfOSG
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000001GY6/qid=1076319954/sr=1-11/ref=sr_1_2_11/
スタジオorライヴどっちの録音?

872 :名無しの笛の踊り:04/02/09 19:42 ID:hzm+/lUj
これは79年のスタジオ録音のはず

873 :名無しの笛の踊り:04/02/09 20:51 ID:Otus9M19
>>871
内容(「CDジャーナル」データベースより)
誰が言ったか,カラヤンのマーラーは完璧なニセモノ。徹底的に作りこまれ磨き上げられた演奏は,マーラーの本質からは遠いかもしれないが,美しい嘘なら騙されていたいのも事実。

スタジオだったはず。

っていうか、評判悪いんだな。→内容

874 :名無しの笛の踊り:04/02/09 21:29 ID:L6+htzyO
どうだかね〜>マラ9の評判
たまに思うんだけど、
評論家が誉めるとき、やたらとその裏に潜むモノ(死とか)を強調するけど、
カラヤンのを聴くと、更にその裏(結果は表)を感じるときあるよ
作曲家は自己陶酔で曲作って、体裁よく格好よい曲を聴いて欲しかったんでは…
評論家に受けがいい演奏は、大概、おどろおどろしてるけど、
マーラー自身はそこまでやって欲しくなかったんじゃないかな、ってね。
あくまで個人的見解なので、あんまり突っ込まないで下さい(ニガ

やっとでNew YearのDVDがキタ
………バレエの部分そのままだったのね(´・ω・`)
ドナウ前の新年のご挨拶もカットなのね(´・ω・`)(´・ω・`)

875 :名無しの笛の踊り:04/02/09 21:34 ID:4Pos8ZK0
>>873
な、なんじゃこりゃ? 
「誰が云ったか」、その「誰」とは、今はもう消えちまった出谷とかいうオッサンだ。
よっぽど自説が気に入ったのか、何処でも「完璧な偽物」論を得々と垂れ流してた。
あの頃は、カラヤンを「偽物」呼ばわりするだけで飯が喰えてた甘ァい時代だったがね。
・・しかし、それの孫引きたァ恐れ入った。こんなの真に受けることないよ。

876 :名無しの笛の踊り:04/02/09 21:45 ID:yE4S/KsQ
俺の個人的な感覚から言えば、マーラーにドロドロした思い入れとか、精神性(?)
みたいなものを求めている人はバーンスタインとかテンシュテットとかを聴けばよい。
もちろんワルターもいいだろう。
だが、カラヤンのようにカッコ良く、磨き抜かれたマーラー像というものも当然あって
いいし、これはこれで大変な説得力がある。そのどちらかしか受け容れられないなんて
可哀想なほど貧しい度量の持ち主ですね。 …出谷啓って死んじゃったの?

877 :873:04/02/09 22:02 ID:Otus9M19
>>875
久しぶりにこういう文書を見たので、驚いたので載せたのだ。

へぇ、そういうヒトが書いたんだ。
ライブには劣るが、くらいにしておかないと、売れないし、カラヤンファンからは
苦情が寄せられるのではないかと、思ったのだが。

878 :名無しの笛の踊り:04/02/09 23:04 ID:Adprwe13
出谷は褒めてるんだよ
それがわからぬか

879 :名無しの笛の踊り:04/02/09 23:12 ID:XFAA06vO
出谷のオッサンはカラヤンのブルでも同じこと書いてた。
カラヤンのブル9は一流のニセモノだが三流の本物に勝る、だって。
あんがい出谷ってカラヤンの演奏好きだったんじゃないの?
でもアンチカラヤンに総すかん食らうのイヤで、
予防線はったような文章だ。
評論家たるもの、カラヤンの演奏は無条件には評価しないぞよ、
なんていう驕りも感じられる。
これは出谷だけではないんだがね。

880 :カラヤン党だが:04/02/09 23:14 ID:2d1yJpw5
カラヤンのマーラーになると、必ず「否定派」が頑張り出す。
ブルックナーでも似たようなアレルギー反応的現象が起こるのはなぜ?
作曲家、演奏者の元を離れ、一人歩きを始めた「名曲」「名演」が、遠い異国極東の
地で物議を醸し出す。おもしろいね。
日本では異国への憧憬の念もあってか、なにかと尾ひれが付きすぎる気がしますね。
>>876さんの言うように、色々なものがあっても良いと思う。それが楽しい。
カラヤンのマーラー、演奏者サイドから見れば、羨ましいほどの美演このうえなし。
いまさらながら、全曲録音して欲しかったなあ…。

881 :873:04/02/10 01:09 ID:An3bZesa
>>878
からやん かわらん、わからん、

882 :873:04/02/10 01:11 ID:An3bZesa
>>879
カラヤンのブル9が分からんヤツがいたのか。

マラ5(DG)は、第一楽章とりなおしてほしかった、残念。


883 :カラヤン党だが:04/02/10 11:02 ID:qvI29e54
>>882さん
>マラ5(DG)は、第一楽章とりなおしてほしかった、残念。

やっぱり同じ意見の人、いましたね。
編集による違和感、目立つミスなど、少々問題アリなんですよね、第1楽章。
あと録音がもう少し自然な感じだと嬉しかったのが、残念です。
でも第4楽章は他に例がないほどの美しさ。これを「人工的」といって嫌う人もいますが。

884 :871:04/02/10 16:37 ID:jCMm4ptY
Thanks!
安いので聴いてみようと思ったんですがスタジオの方だったんですね。
ライヴの方を聴きたいんだけど値段が結構しますね

885 :名無しの笛の踊り:04/02/10 21:30 ID:t3bC9MBt
>>876
バーンスタインのマーラーも本物とは思わんな。
特に晩年の録音は「トリスタン」だろうが「新世界」だろうが「悲愴」だろうがどれもこれも
スローテンポ&主観入りまくりのバーンスタイン調。
マーラーでも第九は正統的なドイツ音楽なんでカラヤンの方が本質に近づいてると思うね。
カラヤンはあくまで交響曲ニ長調として演奏してるが、バーンスタインだと交響詩「死と彼岸」
てな感じだな。



886 :876:04/02/10 22:45 ID:SxN+j085
>>885
そういうとらえ方もあるかとは思う。が、俺はもともと本物/偽物とか、
本質に肉薄/逸脱といった捉え方で音楽を聴いていないから、そのへんは
なんとも言えない。
カラヤンとバーンスタインはそれぞれ全然違う音楽を生み出してくれたが、
そのどちらも原曲自体が持つ豊かな可能性を引き出してくれたのだと思う。
概してカラヤンの音楽解釈は謙虚で誠実、決してエゴイスティックな感情
の吐露などを差し挟もうとはしないことは俺もわかっているつもりだし、
もちろん尊敬しているが。

887 :名無しの笛の踊り:04/02/10 22:52 ID:SQgUzxX+
>>885
それはその通りだと思う。
でも、マーラーの交響曲第9番の第1楽章は、それがつぼにはまって至高の名演をしたと思う。
でも、第4楽章はいけない。
カラヤンの第4楽章の方がずっと素晴らしいと思う。
(おれの聴いた限りでは2番だな。1番はザンデルリング/BBC。第1楽章ではカラヤンは3番。バーンスタイン、ザンデルリングの次。)

888 :名無しの笛の踊り:04/02/11 00:06 ID:og+9dHnJ
カラヤンとバンスタだとキャラが違いすぎて比べにくい部分もあるな。
同じベルリンフィルのアバドと比べて、カラヤンのマーラーは最高と
まではいかんかも知らんと思う。やっぱカラヤンはブルックナー指揮者
だな。

889 :名無しの笛の踊り:04/02/11 00:07 ID:U0mviK/M
1982年5月1日のベルリンフィル100周年のマーラーの第9はハイテンションな
演奏。個人的にはこれを正規盤として欲しかった。
これを聴くとカラヤンのマーラー演奏に対する認識が変わると思う。

890 :名無しの笛の踊り:04/02/11 00:19 ID:4X9nb7vh
>>888
おいおい、ちがうだろ。
カラヤンは、Rシュトラウス、ブラ、チャイコについては
多分、他の追随を許さない。といってみるテスト

891 :名無しの笛の踊り:04/02/11 00:20 ID:4X9nb7vh
>>884
そうだよね、レンタルだね。渋谷ツタヤにあったりして。OIBPが。

892 :名無しの笛の踊り:04/02/11 01:05 ID:bJzRLdPU
77年ザルツブルクのマラ6ライブ最高!

893 :名無しの笛の踊り:04/02/11 01:51 ID:QR099f3K
>>890
とりあえずは、シュトラウスは賛成。

894 :名無しの笛の踊り:04/02/11 03:37 ID:OUt28eqI
チャイコもまあいいだろう
ブラは
じゃねえよ
まったりしてんじゃねよ
なにが、ブラは、だ。

895 :名無しの笛の踊り:04/02/11 08:20 ID:ZET05Qnz
マラ5のライブなんてどうよ?
冒頭からすげーハイテンション。
アンサンブル崩壊しかけるわ、ラッパはこけるわ、
ハラハラドキドキの連続。

896 :名無しの笛の踊り:04/02/11 08:30 ID:WJCSCVE4

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)<  オマエモナー
  (     )  \_____
  | | |
  (__)_)

897 :名無しの笛の踊り:04/02/11 09:40 ID:f+j0Kmw2
カラヤンないけど、
ダイソーCDですごいものアリ。
フルトベンクラー指揮の第九。コーダがある意味スバラシイです。


898 :名無しの笛の踊り:04/02/11 13:51 ID:4X9nb7vh
>>894
ブラは、ブラジャーのことだよ、ヴぉけ。まーたりしてんじょねぇや。

899 :名無しの笛の踊り:04/02/11 16:56 ID:LXxWFMMY

>>894 >>896 >>898
ガキどもの喧嘩は↓こちらでどうぞ。貴族のスレにはふさわしくないのでね。
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1074735317/
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1055597573/


900 :名無しの笛の踊り:04/02/11 22:18 ID:mKZo0PDV

    カラヤンはヘビメタ

901 :名無しの笛の踊り:04/02/12 02:25 ID:rKtoC461
>>897
それ、42年のだから。
それ、ダイソーでしか手に入らないわけじゃないから。
それ、有名すぎるから。

902 :名無しの笛の踊り:04/02/12 11:51 ID:Cl02+5LR
ブルーノ・キッテル合唱団がはりキッテルやつですな。

903 :名無しの笛の踊り:04/02/12 13:36 ID:MtW41ne3
ライヴクラシックのCDを見つけたんだが、なぜ皆かわない?
青裏でないライヴなんてなかなか聞けないぞ。

904 :名無しの笛の踊り:04/02/12 15:29 ID:La/LHrpw
ああ〜 ライヴクラシックだよ〜
 ttp://www22.ocn.ne.jp/~yosijyun/anf.htm

905 :名無しの笛の踊り:04/02/12 18:54 ID:HBs2+QNk
>>904
おれは当時海賊盤に嫌悪感を催していたから買わなかった。
今にして思うと惜しい事をしたと思う。

>>903
今でも出回っているの?

906 :名無しの笛の踊り:04/02/12 21:00 ID:MtW41ne3
いや、中古やで時々みるがいつまでもあるんですよ。
俺持ってるし。ヴィヴァルディの四季なんか絶品だけれど。

907 :名無しの笛の踊り:04/02/12 21:01 ID:MtW41ne3
ごめん、中古やを、の間違い。

908 :名無しの笛の踊り:04/02/12 23:01 ID:+i3OyAGv
あのライブのシリーズはあてにならん。
カラヤンのブル4と9持っているが
あれってどう聴いてもカラヤンの演奏じゃないじゃん。

909 :名無しの笛の踊り:04/02/12 23:02 ID:+i3OyAGv
あのライブのシリーズはあてにならん。
カラヤンのブル4と9持っているが
あれってどう聴いてもカラヤンの演奏じゃないじゃん。

910 :名無しの笛の踊り:04/02/13 07:49 ID:AKIEvVgH
あのライブのシリーズはあてにならん。
カラヤンのブル4と9持っているが
あれってどう聴いてもカラヤンの演奏じゃないじゃん。

911 :名無しの笛の踊り:04/02/13 09:32 ID:QjFbPo/S
あれ、9番も違うの? 4番はザンデルリンクだと聞いたが。

912 :名無しの笛の踊り:04/02/13 17:48 ID:rC/BO36F
デッカのカラヤンボックス高い・・・・・
しかしリストラ中のユニバーサルにとってはまとめて手に入る最後の機会かも・・・・・
バラでいくつか持ってるんだけどねえ。


913 :名無しの笛の踊り:04/02/13 23:59 ID:vI7WQ8cr
>>904
そのシリーズでムーティ指揮チェコフィル(ザルツブルク・ライブ)と称する
チャイコフスキー5番のCDを持っている('90年代に上野駅で購入)。
こんな爆演をするチェコフィルなんて聴いたことないんだが…。
 (スレ違いでした)

914 :名無しの笛の踊り:04/02/15 00:14 ID:b7vM3U68
>>911
DG録音と聴き比べれば、別人の指揮であることは明白。
ちなみにVPOとのザルツLiveとされた「死と変容」はチェリビダッケ。
後半の山場で「イィー! イィー!」とチェリうなりがはっきり聞こえる。


915 :ネルガル:04/02/15 00:17 ID:lIM35tRV
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。
お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。お・だ・ま・り・2ちゃんねらーは死刑だわ。




916 :名無しの笛の踊り:04/02/15 00:25 ID:/wt7wVAc
いやあカラヤンは最高だべえ
カラヤン=クラシックだべえ
カラヤンが死んでクラシックも死んだべえ
そう思わん?

917 :名無しの笛の踊り:04/02/15 17:31 ID:GhjHV3g4
クラシック産業が死ぬこととクラシックが死ぬことは別

918 :名無しの笛の踊り:04/02/15 20:26 ID:BOwD0pZ5
>>912
あのデッカのボックスふは再発売されたじゃあない。たしか3000円ほど下がって
9000円くらい。枚数からみるとまあそれほどでもない。

259 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)