5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★☆★☆★☆リコーダー★☆★☆★☆

1 :名無しの笛の踊り:03/10/01 00:40 ID:???
古くて新しい楽器リコーダー。
テレマンでもブリュッヘンでもなんでも書きこんでください。

2 :名無しの笛の踊り:03/10/01 00:41 ID:???
2

3 :名無しの笛の踊り:03/10/01 00:41 ID:???
吹くと蛇でる

4 :名無しの笛の踊り:03/10/01 00:43 ID:???
新スレおめでとう

5 :名無しの笛の踊り:03/10/01 00:45 ID:???
テレマンのリコーダーデュオ
ペトリ版って廃盤になったのか?

6 :1:03/10/01 00:54 ID:???
前スレ
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1056787306/

7 :1:03/10/01 00:56 ID:???
日本の誇るリコーダー奏者です。

篠原理華さん
http://www.t3.rim.or.jp/~akir/
花岡和生さん
http://www.tt.rim.or.jp/%7Ehanaoka/

8 :1:03/10/01 00:58 ID:???
>>5
確か廃盤になったと思います

9 :名無しの笛の踊り:03/10/01 01:21 ID:???
リコーダーの歴史は古く、その起源は有史以前にまで遡る。
リコーダーの活躍した時代はおもに中世・ルネサンスからバロック期である。
その後、近代的オーケストラ、改良楽器の波に押されて陰を潜めていたが、
近年古楽が見直され、古いオリジナル曲をオリジナルな楽器で、という風潮のもと、
再び世界各地で本格的な演奏が行われるようになった。

いわゆる「たてぶえ」というのが「プラスチック版」リコーダーなのだが、
たてぶえはリコーダーに似て非なるもの、本当のリコーダーというのは木で出来た
(歴史上では他の材質もありますが)ものを指す。
ところが、プラスチックのたてぶえをリコーダーだと認識してる人があまりにも多く、
「幼稚な」「小学生の」「だれにでもふける」楽器という認識に成り下げられているのが現状……。
しかし、あのプラスチックの安っぽい音ではなく、優美な本当のリコーダーの音を
聞いたことがある人がどのくらいいるだろうか?

10 :名無しの笛の踊り:03/10/01 01:23 ID:???
しかし人口少なそうなスレだな…
マターリやりますか

11 :名無しの笛の踊り:03/10/01 01:26 ID:???
オリジナルは違うんだが…
コレルリのラフォリアをブリュッヘンが録音したやつ
あれはヨカター

12 :名無しの笛の踊り:03/10/01 01:35 ID:???
マルチポストは止めれ。

13 :名無しの笛の踊り:03/10/01 02:13 ID:EjPL8llH
>>7
歯名岡ならわかるが、市乃原のどこが日本の誇るリコーダー走者なのか
説明きぼんぬ。

14 :名無しの笛の踊り:03/10/01 02:24 ID:???
>>13
ファンが多いってことぢゃないの?
花岡に比べるとだいぶ格下な気が…

15 :名無しの笛の踊り:03/10/01 02:30 ID:???
>>14
ファンが多いからって誇っちゃいかんだろ。
もっと上手で感動できる演奏家はいるぞ。

16 :14:03/10/01 02:36 ID:???
なんで二人が並んでるんだ???
1よ答えてくれ

17 :名無しの笛の踊り:03/10/01 06:24 ID:???
プラスチックのたてぶえをリコーダーじゃないなんて平気で書くような
狭量な椰子が多くて辟易するよ。煽っちゃうぞ。時代考証スレから来ました。w

18 :名無しの笛の踊り:03/10/01 14:07 ID:???
>>17
参考までに
http://www.t3.rim.or.jp/~akir/tatebue.html

縦笛がリコーダーじゃないってゆーのもどうかと思うが…
一応バロックモデルを再現したものもあるわけで…
プラ管は教育用に量産するためということで当初の目的が違う、
ということがいいたかったのか?
9よ?

19 :名無しの笛の踊り:03/10/01 14:08 ID:CSC+B8xc
まあそう言わずに
マターリ語りましょう

20 :名無しの笛の踊り:03/10/01 18:25 ID:???
イギリスのナイチンゲール

21 :名無しの笛の踊り:03/10/01 20:11 ID:???
>>18
ま、そのリンク先だって少しは狭量だと思うし。説明はあるわけだが。
アプリオリにそういうことにしようとしている>9に比べればずいぶんましだが。
なんちゃってな。

22 :18:03/10/01 21:17 ID:???
>>21
なんか楽器やってるのでつか?

23 :名無しの笛の踊り:03/10/02 05:37 ID:???
>>22
やってますが、何か?
そんなこときいてどうすんの?

24 :名無しの笛の踊り:03/10/02 09:28 ID:???
>>23
リコーダーもはじめよう!

25 :名無しの笛吹き:03/10/02 13:54 ID:slFsvCxo
リコーダーは難しいよ。
他の楽器と表現力で張り合える演奏はあまり無いんじゃないか。
演奏レベルは確かに上がってきているが、それでも、リコーダーにしては
よく頑張ったな、という次元にとどまっていることが多いように感じる。
楽器そのものの限界だとは思いたくないので、笛吹きの皆さんには大いに
奮起してもらいたい。

26 :名無しの笛の踊り:03/10/02 14:23 ID:???
>>25
あなたもリコーダーふきでつか?
たしかにむずかしいですね。
楽器そのものの限界だとは思いたくないが、
でもそれも現実かもしれない。
それを何とか打開しようとすると、ブリュッヘンぐらいの
ある意味型破りな演奏になってしまうんでないかな?
まあ、かなり否定的な意見も出ると思うが…
ただ一時期よりも演奏レベルも上がってきたし、
期待したいな。

27 :名無しの笛の踊り:03/10/02 19:58 ID:???
>>26
型破り?

28 :名無しの笛の踊り:03/10/02 20:11 ID:mxYHo6H2
ヴィヴァルディの「四季」のリコーダー版があるって知ってる?
ソロを吹いているのはあのリコーダーの妖精ミカラ・ペトリ。
ヴァイオリンのソロ・パートをほとんどそのままリコーダーで吹いていて、
もう期待をまったく裏切らない素晴らしい演奏だった。
とにかくテクニックが完璧!
テンポが速めで、しかも一音の誤りもなく吹いている。
音楽性も素晴らしく、弦楽アンサンブルとの「息」もピッタリ。
数年前に四季のリコーダー・アンサンブル版が出たが、
あれよりもテクニック、音楽性共にペトリの方が上。


29 :名無しの笛の踊り:03/10/02 20:54 ID:???
モダンじゃな…

30 :名無しの笛の踊り:03/10/02 21:00 ID:???
>>28
弦楽はだれなの?

31 :名無しの笛吹き:03/10/02 23:00 ID:IA7vy7oI
>>28
ペトリの演奏は、「リコーダーでここまでやりました」の典型だと思う。
四季にしてもツィゴイネルワイゼンにしても、吹けたからそれでどうなの?
と言いたくなってしまうのは、意地の悪い聴き方でしょうか。
リコーダー愛好家以外にアピールできる演奏ではないと思う。

32 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:01 ID:ntdGWUds
>>30
ギルドホール弦楽アンサンブルです。

リコーダー版の四季といえば、
マリオン・フェアブリュッヘンとフランダース・リコーダー・カルテット
によるリコーダー5重奏での録音もありますね。

33 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:26 ID:vw5DzikM
>>31
そりゃ意地悪な聴き方だよ。
「四季」愛好家に十分アピールできる演奏だと思う。
ちなみに私はフルート版の四季も2種類持っている。
ガッゼローニ盤とゴールウェイ盤。
いずれもその世界では良く知られた名手だ。
しかし双方共に技術的に無理を感じさせるところがないわけではない。
それに対してペトリ盤はテクニックだけではなく音楽性においても勝っている。
もっと素直に聴こうよ。
でもリコーダー版のチゴイネルワイゼンなんてあったの?

34 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:37 ID:???
ラウリンがプラ管で録音してたよね

35 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:39 ID:???
>>32
フェアブリュッヘンの録音ほしい!
週末買いに行こう。

36 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:42 ID:???
時代考証スレの人もう来ないのかな?
あそびにおいでYO!

37 :1:03/10/02 23:45 ID:???
バッハのフーガの技法、ルッキが録音したのを愛聴してます。

38 :名無しの笛の踊り:03/10/02 23:52 ID:???
Tis as easy as lying: govern these ventages with your fingers and thumb,
give it breath with your mouth, and it will discourse most eloquent music.

39 :名無しの笛の踊り:03/10/03 01:53 ID:???
しかし、ペトリはもちろんのこと、
ブリュッヘソも浜田しばらく聞いていると飽きる罠。

強烈な演奏よりかは、花岡やペールソンのようなストイックだが
深い演奏がイイ!

40 :名無しの笛の踊り:03/10/03 01:59 ID:???
花岡は味気ない演奏に思われ

41 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:06 ID:???
>>40
ぱっと聴きだとな。
もう一回聴いてみれ。
何故飾り立てないかが分かる。

42 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:08 ID:???
>>28
ややスレ違いだが数年前バルトルド・クイケンが来日したときフラウト・トラベルソの無伴奏で
四季を吹いてました。有名曲だからいろんな編曲があるんですね。

43 :40:03/10/03 02:09 ID:???
>>41
ヘンデルの4つのソナタの録音があるが…
なんかおんなじ調子で繰り返しをされても…とおもひました。
花岡の良さを回折してくれるとありがたい。

44 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:11 ID:???
>>42
リコーダーもトラベルソも兄弟(?)みたいなもんだし
いいんでないの。

45 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:13 ID:???
>>36
よんだ?盛り下がってますね...

46 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:15 ID:???
>>45
だいぶ荒らされてるようですが…

47 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:19 ID:???
ルッキといえば
ドルネルの四重奏ソナタの録音があるらしいが誰か情報きぼんぬ

48 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:26 ID:???
>>43
そりゃ聴き方が悪いだろ。

一本調子としか感じられないのなら、
とりあえず「リピート=装飾」という先入観をなくせ。
そんなことで演奏の本質を見失うのは本末転倒。


49 :43:03/10/03 02:29 ID:???
確かに「リピート=装飾」という先入観といわれるとそうなんだが…
じゃあなんのためのリピートナンダ…という疑問はいいとして、
彼の良さを教えてくれ

50 :48:03/10/03 02:38 ID:???
>>49
わからん香具師だなぁ。

いろんな先入観をとっぱらってもう一回聴いてみれ
というヒントをやっただろ。

演奏家の良し悪しなんて主観だろ。それ以上は手助けできん。

あんたは例えば「ラウリソがイイ!理由」とか言えるのか?



51 :名無しの笛の踊り:03/10/03 02:41 ID:???
まー もちつけ

52 :名無しの笛の踊り:03/10/03 03:53 ID:???
はて、花岡もら雨林もどこがいいんだろ???

53 :名無しの笛の踊り:03/10/03 06:58 ID:???
>>50
なんかなー…
その主観を語ってくれと43は逝ってるのではないのか?

>>あんたは例えば「ラウリソがイイ!理由」とか言えるのか?
みんな自分なりの「主観で」ことばにしてカキコしてんだろ!
良さが言葉にできんのならも前はここで何を支点だ?

マジレスすると…

54 :名無しの笛の踊り:03/10/03 21:32 ID:???
age

55 :名無しの笛の踊り:03/10/03 21:53 ID:???
パメラ・トービィが旬だと思われる

56 :名無しの笛の踊り:03/10/03 22:01 ID:???
テレマンみんな聴かないの?

57 :名無しの笛の踊り:03/10/03 22:49 ID:???
花岡の良さを語るのは難しい。
漏れにもさっぱりわからん。

58 :名無しの笛吹き:03/10/03 23:17 ID:ZUDkZ0Gl
>>33
ペトリはメックのモダンリコーダーを愛奏しているとのこと。
リコーダーという古楽器を演奏しながら、古楽演奏のトレンドとは一切
関わろうとしない彼女の姿勢が私には理解できない。
傷のないテクニックを追求するのはいいとして、その結果、かえって
楽器そのものの限界が露呈してしまっているように聴こえるのだが。
ツィゴイネルワイゼンは、2、3年前に出たばかりなので、まだ簡単に
手に入ると思いますよ。聴いて空しさだけが残ったけど。

59 :48:03/10/03 23:25 ID:???
>>53
マジレスするつもりなら、
もちついてもう一度レスを読むぐらいしろヴぉけ。

最初に「ストイックだが深い」と言ってるだろ。

その程度の読解力しかない香具師には、
花岡の良さは到底理解できんだろうが説明してやるよ。

先入観とっぱらって良く聞き込まないと
意外に情熱的な演奏だと分からないんだよ。
ほぼ完璧に近い音程の中に隠れた音のスピード感の緩急とか。

自分で聴いて発見する楽しみを残してやってるのに、
自ら台無しにしやがって。最近アルトでも吹き始めた厨房か?


60 :名無しの笛の踊り:03/10/03 23:38 ID:???
48,59は花岡(w


61 :名無しの笛の踊り:03/10/03 23:48 ID:???
>>58
禿どう
ただ、素直にペトリはイイ演奏してると思う。

まだ鼻崗ろんそうしてたのか。おちつけおちつけ。

62 :名無しの笛の踊り:03/10/03 23:56 ID:???
意外なのが、ブリュッヘンに否定的な人って少ないんですね…

63 :名無しの笛の踊り:03/10/04 12:20 ID:???
これぞ西洋尺八

64 :名無しの笛の踊り:03/10/04 17:53 ID:???
ここの住人でアンサンブルってできるのかな?

65 :名無しの笛の踊り:03/10/04 17:55 ID:???
ペトリちゃんは縦笛うまいんだよ!

66 :名無しの笛の踊り:03/10/04 18:07 ID:???
>>65
ペトリちゃん昔はきれいだったね
ハァハァ

67 :名無しの笛の踊り:03/10/04 19:42 ID:???
音程とかスピードが音楽の本質か???


68 :名無しの笛の踊り:03/10/04 20:07 ID:???
>>67
本質ではないけど、音楽に仕える「しもべ」のような物だよ

69 :名無しの笛の踊り:03/10/04 21:56 ID:???
ペトリはデザイナーと付き合い始めて
遅めの外見チェンジ。
急だったからびっくりしたが、
個人的には昔の純情路線の方がよかった。

70 :名無しの笛の踊り:03/10/04 22:28 ID:???
ペトリは知性の欠如が致命的。

71 :名無しの笛の踊り:03/10/05 05:36 ID:???
私見だが、ペトリの音はリコーダーの可能性を限定してやっているようにしか聴こえない。
こぢんまりとして、かわいい音だけどつまんない。
ブリュッヘンがブイブイいわせすぎたことへのアンチテーゼなのかも知れんが、「キャパシティが小さい」というイメージが常につきまとう。

72 :名無しの笛の踊り:03/10/05 15:15 ID:???
>>71
そうでつね。つまんないよなー。

やっぱりこのスレではブリュッヘンは髪なのか?

73 :名無しの笛の踊り:03/10/05 15:36 ID:???
オットテールをブリュッヘンが録音したやつを聞いてるが、
やっぱすごいね。こんなに面白い曲だとは思わなかった。


74 :名無しの笛の踊り:03/10/05 15:47 ID:???
∧_∧  _____________ 
     (・∀・)くササッ。とりあえずお茶でも・・・
     (⊃目と)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


75 :48:03/10/05 23:24 ID:???
>>73
オトテールもすごいが、「オリジナル楽器集」もすごいね。
ちょっとやりすぎな感もあるが、それも味。

76 :名無しの笛の踊り:03/10/05 23:48 ID:???
はじめてきました。
>>37
私も聴きました。とくにフーガの技法の一番に感激しました。
アムステルダム-ルッキにはガンガッテいろいろ録音してほしいです。

77 :名無しの笛の踊り:03/10/06 17:19 ID:???
テレマンの「リコーダーとトラベルソのためのコンチェルト」
どうよ?
ゲーベルのがイイと思うんだが。

78 :名無しの笛の踊り:03/10/06 22:36 ID:???
>>77
ハーツェルツェットとシュナイダーの組み合わせだぁね。
最終楽章かなり遊んでるよね。

ほかにどんな演奏があるの?


79 :名無しの笛の踊り:03/10/07 15:42 ID:???
>>77-78
録音古いし、モダンで吹いてるけど、ブリュッヘン・フェスター盤は、
今聴いても凄絶。

80 :名無しの笛の踊り:03/10/07 16:47 ID:???
>79

買ったばかり。早速聴いてみまつ。

結構ホ短調のドッペルコンチェルトは色々演奏があるので、CDをひっくり返してみよう。

81 :名無しの笛の踊り:03/10/07 18:03 ID:???
やっとテレマソでもりあがりそうだね。
age

82 :名無しの笛の踊り:03/10/08 01:16 ID:ZwS2n54i
ビオンディが参加しているトリオソナタ全集もスリリングでよい。

83 :名無しの笛の踊り:03/10/08 03:00 ID:LuKMe9X/
しかし今でこそブリュッヘンの音源はほとんど復刻されているが、
(サワークリームは例外か?)どこ行っても手に入らない
時期があったなぁ(80年代後半)。長生きするもんだ。

オトテールがSEON時代のLPのジャケットでビクターから
復刻されたのなんて、なんと15年ぶりだったし。
泣きながら聴いたもんだ。



84 :名無しの笛の踊り:03/10/08 15:56 ID:O1TaHxQS
テレマンの
「リコーダーとバスーンのための協奏曲 ヘ長調」
「リコーダーとガンバのための協奏曲 イ短調」
もいいね。

85 :名無しの笛の踊り:03/10/08 16:12 ID:O1TaHxQS
sage忘れスマソ。

ttp://infopuq.uquebec.ca/~uss1010/catal/telemann/telgp.html
↑眺めてるとリコーダーを使った作品がけっこうあることに感動。

86 :名無しの笛の踊り:03/10/10 23:32 ID:NTfBeXxt
保守

87 :名無しの笛の踊り:03/10/11 00:09 ID:oTCLZnmZ
音楽の練習帳全部聴くと疲れるね…

88 :名無しの笛の踊り:03/10/13 20:23 ID:Cjvu/I+6
保守

89 :名無しの笛の踊り:03/10/13 23:33 ID:zWnUVIbC
433 :名無しの笛の踊り :03/10/05 11:21 ID:???
大編成桶でリコーダーパートを書く香具師がいると面白いな。
シェーンベルクが「管弦楽のための変奏曲」でマンドリンを使ったみたいに。
この曲では、お決まりのセレナータ風の場面ではなくて、けっこう大音量の場面で使われている。


434 :名無しの笛の踊り :03/10/05 22:05 ID:???
ちょっと違うかも知れんが・・・・・・
間宮芳生はオペラ「ニホンザル・スキトオリメ」で
通常の3管編成のオケの他に、オルガン、バグパイプ、リュート、
ブロックフレーテを中心とした古楽器のアンサンブルを用いた。

90 :名無しの笛の踊り:03/10/14 00:09 ID:fSWhZDkn
ペトリはアルトよりもソプラノ、ソプラニーノで持ち味を発揮するように思うが、どうよ。

91 :名無しの笛の踊り:03/10/14 01:29 ID:JBaaSU5R
リンデとブリュッヘンと、なんて言ったっけ、アムステルダム・シンタグマ・ムジクムで
笛吹いてた爺ちゃん、この人達の演奏には感動したけど、ペトリにはいまだかつて感動し
たことがない・・・

ハッ!もしかしたら俺ってモーホなのか?

92 :名無しの笛の踊り:03/10/14 02:06 ID:AEv5KkBi
ケース・オッテンだと思うが。

誰か正確なところを教えてください。

93 :名無しの笛の踊り:03/10/14 11:42 ID:kPBagTDX
ケース・ブッケか?なかなかいい笛吹くね

それはそうとトービーだな 今は

94 :名無しの笛の踊り:03/10/14 23:12 ID:WzXGstQw
>>91-92
ケース・オッテンですね。
ブリュッヘンの先生で、飄々とした味わい深い演奏をする方だと。

95 :名無しの笛の踊り:03/10/14 23:27 ID:9Jh2nbpO
>>91
モーホじゃないかもしらんが、
その渋〜い選択からするとオサーンかと。


96 :91:03/10/16 01:12 ID:LGF8DUJv
>>95
アタリ。不惑の年を越えますた。

上記の笛吹き以外ではマンロウ、笛吹き以外ではヴェンツィンガーやノイマイヤー、
それにゲルヴィッヒやドンボワなんかが好きだったりする。

97 :91:03/10/16 01:19 ID:LGF8DUJv
↑「上記以外の笛吹きではマンロウ」と訂正
   中年板にでも逝ってくる

          あと20年したら熟年板に入れてもらおっと

98 :名無しの笛の踊り:03/10/16 01:27 ID:wIt1eEhm
>上記の笛吹き以外ではマンロウ、笛吹き以外ではヴェンツィンガーやノイマイヤー、
>それにゲルヴィッヒやドンボワなんかが好きだったりする。

一部の古楽ヲタのクラヲタ化(=往年巨匠病)が始まっているらしい
年取るっていやーね


99 :名無しの笛の踊り:03/10/16 23:10 ID:fghUmMSd
>>98
そういう、あんたも年とりゃ同じ。

100 :名無しの笛の踊り:03/10/16 23:23 ID:8Oday83x
コンラート師の笛はたどたどしいが、何とも言えぬ味わいがありましたなあ。
ゲルヴィッヒ師以上に心の琴線に触れるリュート演奏はその後耳にしたことがありませぬ。
ヴェンツィンガー師は、ガンバはともかく、何と滋味深い指揮ぶりであったことか。

小生の余生も残り僅かじゃが、あの世でお会いするのが楽しみですじゃ。

101 :91:03/10/17 01:34 ID:7k+JjAEL
>>98
まぁそう言うな。漏れがヒヨコだったとき最初に見た動くものがその年代だったということだ。
それに漏れはレオやピノやホグや・・中略・・ヘレやヘンゲを否定するつもりもない(ただし
奇抜さを売りにするアーノンと、自分だけが正しいと主張する庭師を除く)。

それに>>100氏も書いてるが、あの頃の先達たちの演奏技術は実際、(ブリュッヘンを除いて)
巨匠と呼べるほどたいしたものじゃないんだよ。今の演奏家に比べて。
でも心に滲みるんだ、何とも言えずに。

で、>>98、藻前がヒヨコの頃に最初に見た動くものは誰よ?

102 :名無しの笛の踊り:03/10/17 23:39 ID:q0Wsig4J
ジジイ、抜け目なくキリ番ゲットしてやんの

103 :名無しの笛の踊り:03/10/19 23:07 ID:xqGJn+bw
リコーダーで「音楽」をやれたのは、後にも先にもブリュッヘンただ1人ということで。

104 :名無しの笛の踊り:03/10/21 00:40 ID:qTBbiasM
>>103
つまらん煽りだ。

105 :名無しの笛の踊り:03/10/21 00:45 ID:7Wf46I/X
で、>>98、藻前がヒヨコの頃に最初に見た動くものは誰よ?

あ、返事が遅くなってすまん。
リンデ、ブリュッヘン、アーノンクール、レオンハルト、マンロウ、ドンボワです。

優れた演奏家が出れば乗り換えるのでだいたい親離れできたが、
いまでも聴くのはブリュッヘンとレオンハルトかな。

106 :名無しの笛の踊り:03/10/21 12:09 ID:gLkSIPRL
ブリュッヘンのラフォリア(コレルリ)
すごいよね〜
感激してしまった

107 :名無しの笛の踊り:03/10/21 12:19 ID:qYnLlnWH
リコーダー編のバッハのシャコンヌ(無伴奏Vnパルティータの)の録音ってあるの?

108 :名無しの笛の踊り:03/10/21 13:03 ID:wss4NLEf
>>107
さすがにそれは無いでしょ。
ブリュッヘンの編曲したVnパルティータ2番の楽譜が出てたけど、
シャコンヌ以外の4曲だけだったし。

109 :名無しの笛の踊り:03/10/21 23:01 ID:qTBbiasM
ブリュッヘンのチェロの無伴奏は
最近(と言っても相当前だが)山野楽器から再発されたね。
よろこび勇んで買ったが、さすがに笛びいきの漏れでもこれは苦しいとおもた。
全音から譜面も出てたな(今手に入るのかどうか知らんが)。

ブリュッヘンはリコーダーでやりたいことが出来なくなったことが
よくわかったよ。

110 :名無しの笛の踊り:03/10/22 13:50 ID:mzLFEdPh
ブリュッヘンはリコーダー奏者として来日した時のインタビューで、
「リコーダーには未来は無い」と答えていた。
極限までやりつくした人間にしか語れない凄みがあった。

ブリュッヘンの言葉をナンセンスなものとするような演奏を聴きたい。

111 :91:03/10/22 22:39 ID:cwylIOqG
>>105
まじか?
てっきり若手マンセーのアンチ年よりが煽ってるんだと思ってた。

ひょっとして藻前も若造ではないな?

112 :名無しの笛の踊り:03/10/24 22:38 ID:jSfLsA0F
もう話題切れかよ。じゃ、無理して話題提供してみるか。

この中でARCADIAというアンサンブルのEhrsamという奏者のことを
知ってるやつはいるか?

113 :名無しの笛の踊り:03/10/26 00:01 ID:yDK71ybP
>>112
知らんが、何か?

114 :名無しの笛の踊り:03/10/26 00:10 ID:qwZ1xfr8
音合わせだけに1時間かける先生ってどうおもう?
特に東大出の…

115 :名無しの笛の踊り:03/10/26 01:40 ID:4UNfqFDt
>>111
あんたとそう変わらんよ。古楽は20年聴いてるが
過去の巨匠に固執するのは嫌いなのだ。変遷歴は
リンデ→フェアブリュッヘン→トービー
アーノンCM→ゲーベルMAK→イルジャルディーノ→AAMB
マンロウ→ヒリアード→オルガヌム&セクエンツィア
ドンボワ→ユングヘーネル→スミス→ウィルソン→オデット
こんな感じだが、

残念ながらブリュッヘンとレオンハルトは代わりが居ない。

116 :名無しの笛の踊り:03/10/27 23:09 ID:GEQQZCXC
デラーにもサヴァールにも代わりは居ない。

117 :名無しの笛の踊り:03/10/28 00:20 ID:u8oGYvw+
確かに

118 :111:03/10/29 00:10 ID:1ojSDvaG
>>115
>残念ながらブリュッヘンとレオンハルトは代わりが居ない。
突っ込んでくる香具師がいるかもしれんが禿同。
俺もブリュッヘンやレオンハルトは(もちろんデラーもだが)別格だ。
ただ1つだけ残念なところがある。

なんでレオンハルトは、未完フーガをBWV1080と別の曲とみなしてしまったんだ〜〜〜

119 :名無しの笛の踊り:03/10/29 01:14 ID:sTm8Vr6j
>未完フーガをBWV1080と別の曲とみなして

レオンハルトにほれ込んだのはまさにその点なのだが・・・
1953年の録音なら未完フーガも弾いているし

120 :名無しの笛の踊り:03/10/29 17:35 ID:8ntDOTBM
>>110

そのブリュッヘンの発言、どういう意味でいったのか興味ある。

121 :名無しの笛の踊り:03/10/31 02:21 ID:J8eIQuis
>114
私も知ってるその人。リュックからむき出しのプラ管のリコーダー出す人だよね。


122 :名無しの笛の踊り:03/11/01 18:47 ID:iJL/1KwW
リコーダーの世界ってある意味狭いんですね・・・

123 :名無しの笛の踊り:03/11/03 17:36 ID:9NXKNpTr
マンロウのCDを買おうと思ったのに、ほとんど売っていない。すでに廃盤か。
次はいつ出してくれるんだろう。

124 :名無しの笛の踊り:03/11/04 03:24 ID:czxBee8B
ブリュッヘンは、そのときのインタビューで、バロックよりもルネサンス、将来は中世の音楽が盛んになるだろうといっていた。

実際はそうならずに、ブリュッヘン自体が、古典派に行ってしまった。

ただ、リコーダーに限界を感じたのだろうが、その意味では、他の楽器も同じだ。

テレマンのリコーダー関係の曲は、不滅の作品群だ。

バッハやエマヌエル・バッハのフルート関係の曲も、リコーダーで十分演奏できるし。

確かに、リコーダーの名演奏家となると誰がいいのか。しかし、フェアブリュッヘンや、ラウリンは結構よいと思うが。

125 :名無しの笛の踊り:03/11/08 17:38 ID:Osww5DvO
保守

ヘレのマニフィカトの初稿聞いた方いますか?

126 :名無しの笛の踊り:03/11/09 06:22 ID:ZjJugIxH
テレマンのリコーダーの作品は
傑作かどうかは別にして
リコーダー吹きにはなくてはならない曲ばかりだね

127 :名無しの笛の踊り:03/11/09 23:03 ID:huNxDS/R
テレマンはリコーダー吹きにとっての神ですよ。

128 :名無しの笛の踊り:03/11/14 01:44 ID:y/8x6Tf4
Nicolas Chedeville はどうですか?

129 :名無しの笛の踊り:03/11/14 11:58 ID:8DYn3Umw
リコーダーがマイナーになったのはテレマンのせいだ!!



なーんてオチはないでつかね?(´・∀・`)


130 :名無しの笛の踊り:03/11/17 06:40 ID:hkS2ZJtF
今、イタリアバロックもの中心にやってます。
マルチェロ、ヴェラチーニ、マンチーニ、コレッリ、ヴィヴァルディ。
あらかたやったらサンマルティーニもいってみようかな。

131 :名無しの笛の踊り:03/11/18 22:55 ID:cXqpSh0t
>>130
俺とずいぶん順番が違うな。
俺はサンマルティーニからイタリアものを始めた。
ヴィヴァルディなんか難しくて全然手がでない。

そういえば、最初に俺がダブルタンギングをマスターしたのはサンマルティーニの
トリオソナタだった。確かd-mollの奴。
トリオソナタ

132 :名無しの笛の踊り:03/11/21 18:00 ID:25Sel/vh
age

133 :名無しの笛の踊り:03/11/22 01:47 ID:GyHSMWHy
リコーダーなんて、いくら頑張ったって低音を大きく高音をちいさく吹く事
ができない。
ちょっと大きいホールじゃ響かん。
伴奏楽器に埋もれ、聴衆のわずかなざわめきにもかき消されてしまう。
クレッシェンドもあまりに難しく、実質できない。フォルテもピアノもない。
細かいニュアンスの音が出せないんだ!
だから、バッハはなんとか吹けても、モーツァルトは吹けない。

よくそんな楽器やってるよな?
フルートでも吹けよ! リコーダーよりずっと簡単だよ!

134 :名無しの笛の踊り:03/11/22 16:48 ID:iaUgSsM5
>>133
釣りなのか、はたまたただのバカか……。

135 :名無しの笛の踊り:03/11/22 18:40 ID:GyHSMWHy
>>134
単なる嘆きですわ

バカとは失礼な!

136 :名無しの笛の踊り:03/11/22 23:03 ID:GyHSMWHy
これだけは真実
リコーダーをハイレベルで修得したいなら、まずはフルートとかクラリネット
とかを先に学ぶべきだ。


137 :名無しの笛の踊り:03/11/22 23:15 ID:CmyPONI1
確かにリコーダーだけ吹いてると、リコーダーの難しさがわからないかも。

138 :名無しの笛の踊り:03/11/22 23:29 ID:GyHSMWHy
>>137
ま やる曲にもよるけどね

あと楽器の調整とか、山岡さんのリコーダーも吹いてみたいね、「シゲ」ってやつを

139 :名無しの笛の踊り:03/11/24 10:55 ID:MDa0vL4/
>>136
新規参加で純情レスします。

私は、古楽としてリコーダーやるなら、良い先生につくのが一番で、
その時は(少なくとも最初は)フルートとかはしない方が良いと思います。
良い先生がいない場合、フルートの先生から基礎を習っておくのも有りかも?と思いますが、
直接には役立たないような気がします。

古楽でないなら、リコーダーのためにフルートはしないのでは?
最初からフルートした方が良いんでないかしら?

140 :名無しの笛の踊り:03/11/24 11:09 ID:fDI2fZdp
ちょっとマジレス。
リコーダー以外の管楽器もそうだけど、できれば声楽も少しやっといたほうがいいと思う。
最近呼吸が浅くて、歌心に乏しい奏者が多い気がするんよ。

141 :140:03/11/24 11:12 ID:fDI2fZdp
3行目を訂正。読点の位置がヘンだった。

最近、呼吸が浅くて歌心に乏しい奏者が多い気がするんよ。

142 :名無しの笛の踊り:03/11/24 11:44 ID:MDa0vL4/
>>140
あ、それはそうですねー


143 :名無しの笛の踊り:03/11/24 19:52 ID:gZry86Fp
>>133

クレッシェンドが容易に出来る。それが何か?
どこからでもフォルテからピアノまで表現出来る。それが何か?
音域が広い。それが何か?



144 :名無しの笛の踊り:03/11/24 20:20 ID:2Fa/Yhar
>>140 禿どう
楽器の特徴を知りたいんならいろいろな楽器をやったほうがいいんだろうが
それは本質じゃなかろう。
呼吸、歌心というのを学ぶのは声楽がベストのような気がする。


145 :名無しの笛の踊り:03/11/24 21:41 ID:Qn7sgOvQ
>>144
あんまり関係ないような・・・・




146 :名無しの笛の踊り:03/11/24 21:46 ID:fmTY3YYn
>>143
そういう機能的に限られた楽器で「音楽」をやることの困難さを、リコーダー吹きは
知らなければならない。

147 :名無しの笛の踊り:03/11/24 22:15 ID:MDa0vL4/
>>146
その為の手段として、
@タンギングの柔らかさに変化をつけること
A音符の長さの内、どこまで音を伸ばすか(オンとオフ)
などを工夫するものと認識してます。

他の制約の少ない楽器でもそれは出来るし、それなりにやるでしょうが、
強弱が付くことで、そこはそれほど意識されないですよね。
リコーダーだとその辺しか無いようなので、比較すると真剣にやりますね。
他の楽器がそっちもキッチリやったら、差別化するところが無くなる?




148 :名無しの笛の踊り:03/11/25 04:24 ID:2FTY58j0
例えばフルートがリコーダーに比べて制約が少ないとは良く言われる。

だけれども、その制約の少ない部分というのは、
その部分を主役に使ってる楽器には到底かなわないと俺は断じるぞ。
フルートがその部分をあえて使う時、俺にはそれは音楽というより曲芸に聴こえる。
曲芸というのは初めてみたり聴いた時は驚く。しかし、慣れれば、あ、そう、で終わりだ。
バイオリン協奏曲をフルートでやる。これは作曲者のセンスにもよるけど、殆どは曲芸の範疇のもの。

俺は多機能な楽器というのは多機能なフリをしているだけであって、
実際はそいつが一番良く活きる音楽は多機能じゃない楽器と変わらない程少ない事を痛感している。

例えばリコーダーを吹くかフルートを吹くか、これは人生観が大いに関わってくると思うな。
例えば揺りかごから棺桶まで、音楽で全部まかないたいし、まかなえるという考えの奴は、
フルートを吹きたがるだろう。一番良い揺りかごはこの分野、棺桶の一番はここというように、
一番良いところしか興味のない人間はリコーダーのような一点集中型の楽器に行くだろう。
そして音楽で昇華出来ない精神は他の分野で解消するだろう。




149 :148:03/11/25 04:36 ID:2FTY58j0
だいたい制約があるなんていう言い方からしておかしいと思う。
本当に制約なのか?俺だったら音楽的な魅力のない部分、つまり曲芸をやらずに、
その楽器のおいしいところだけ吹けるのは素晴らしい事だと思うぞ。

ただし、例えば仕事などで吹かなければならない曲という既成事実があって、
それが見掛け上その楽器に制約があるかのように見せ掛けている面はある。

150 :148:03/11/25 04:46 ID:2FTY58j0
下の音域が音量が小さくて、上に行く程大きくなるという特徴がいきる奏法があるだろう。
またキーでない事がいきる奏法もある。これは分かりやすいだろう。
それを他の楽器が真似しようと思っても、まあ体裁を取り繕う程度の事は出来るが、
俺に言わせると情けない音になる。


151 :140:03/11/25 04:55 ID:V9qgZ1rS
>>145
なぜそう思う?
例を挙げると、ヤコブ・ファン・エイクの「笛の楽園」とかは
歌曲からのバリエーションのオンパレードだぞ。
そういう曲を、歌の知識や経験なしで演奏しきれると思うのか?

純粋な器楽曲として作曲されたものでも、そこには「歌」が存在しないというのか?

152 :名無しの笛の踊り:03/11/25 23:42 ID:+61UubCr
>>148-150
フルートに限らず、管楽器は全て、弦楽器や鍵盤楽器などと比べれば制約が大きい。
殆どの管楽器奏者は、あなたの言う「一点集中型」と言えるだろう。
その中でもリコーダーは楽器の機能、レパートリーなど、制約の度合いが際立っている。
しかし、かつてそのために書かれた作品は、他の楽器では決して代用できないのも事実。
古典派以降の音楽史の流れからは取り残され、ガンバ、リュートなどと共に、滅びるべくして
滅んだ楽器ではあるが、その儚さゆえの美しさに私は惹かれる。

153 :名無しの笛の踊り:03/11/27 09:35 ID:pm544Mdw
スレははかなくならないで

154 :名無しの笛の踊り:03/11/27 11:36 ID:98dp1H5d
リコーダーが一時期なくなったのは、なんでだろねー

意外とフルートとかって楽器が酷くてもアンブショアさえあるレベルまでマスターしてればなんとかなるでしょ?
リコーダーは製作面でかなり技術が必要でトップレベルの製作者しかつくれなかったとか?
そういう面はない?意外とシンプルシステムのフルートとかって素人でもそこそこ作れちゃうんだけど、
リコーダーだとそうはいかないんだよね。これは経験上の話だけど。

だから結果的に、一部の人の楽器になって、普及しにくかったのかなーと想像するんだけど。

それと、リコーダーは一時なくなった筈だけど、
その祖先というか親戚のフラジオレット系はずっと元気だったでしょう?

だからリコーダーの長所がクラシックよりも民族音楽に向いているという事で、
リコーダーがなくなったという面もあるのかな?

155 :名無しの笛の踊り:03/11/27 23:13 ID:QHMRPAAk
モーツァルト、ベートーヴェン、さらにはワーグナー、ブラームスetcと
リコーダとの接点はどう考えても無い。

156 :名無しの笛の踊り:03/11/28 22:31 ID:apNWNIW6
>>140 禿同
リコーダー全盛期の音楽は舞曲中心なので、更に古典舞踏を踊れるようになれば更によろしいかと。
また、かつてはダンス教師は剣術の教師も兼ねていたらしいのでそちらも研究すると面白いかも知れない。
そしてダンスでの全体の動きというのは軍隊の動きとも関連しているらしいので、兵法とかも・・・。

>>154
リコーダーが一時廃れたのは音楽の市場が貴族から民衆に移行したのに関係あると思われる。
民衆は派手な分かりやすい表現を求め、貴族はそれを嫌う傾向がある(制約の中での機智を求めたりする
ので、そういった意味ではリコーダーはとても貴族的なのではないかと思う)。
また演奏される場所も誰かの屋敷等の個人的な空間から、ホールへと移行していった。
こういった流れのなかで、リコーダーは様々な要求(音量や、調性等)を満たせなくなったので、
廃れたと考えるのが一番自然なのではないかと私は思う。

ところで、ブリテンやヒンデミットあたりからまたぼちぼち復活してきたってのは何ででしょう?

157 :名無しの笛の踊り:03/11/29 13:31 ID:b76nhnqv
>>156


音楽が宗教的、つまり個人個人が曲に参加する事で感動を得られるようにする音楽が主流だったわけで、
時代が新しくなるにつれて、宗教に使われる音楽という目的から離れていった。言い換えるとそういう事かな?

昔、バロック以前の音楽がなぜこんなにつまらないのかと思っていた時期があったんだけど、
これが実際参加してみると全く違う印象を持つ。これは他の現代の音楽の比ではない。
だから、ああ、これは参加する人達を意識した音楽なんだな、という印象を強く持った。
バッハのバイオリン曲なんかも、これは弾いて面白い曲だ、という言い方をする人を時々みかける。

ある個人が楽器を吹いていて、その人が聴く音と聴き手が聴く音は違うという基本的な事。
これが元になって様々なものが存在しているように思う。

今、商業のプロなんかだと、極端な話、楽器の自分への聴こえ方とか無視しちゃっても良いわけ。
そうすると今度は耳が馬鹿になっちゃうという現象が起きるんだけど、
これは今後どんどん問題になっていくと思う。


158 :名無しの笛の踊り:03/11/29 14:34 ID:Zftu/X3U
>>157
アマチュア演奏家です。
吹き手と聴き手で全然違って聴こえるのは、経験上良く知っていますが、
演奏の仕上がりについて言えば、録音を利用することで、それなりにギャップが埋まるように思います。
つまり、やっているつもりが一応できている状態ですね。
これについては、だから耳が馬鹿になるということはないと思うのですが、
おっしゃるのは具体的にどんなことなのでしょうか?


159 :名無しの笛の踊り:03/11/29 16:07 ID:b76nhnqv
>>158

出来るだけ分かりやすく言うと、例えば、プロのバイオリニストで稀に、弦も切れるまで交換しない、
楽器の調整もろくにやらない、そういう人が実際いるわけです。
これは現代では極端な例になってしまったけれども、これは十分プロとして、成立し得るんです。
なぜならプロというのは、
人に聴かせてある効果を発揮出来ればそれで十分成立出来る世界だからです。
その先の世界は個人個人の問題という事になる。

弦は一ヶ月もしない内に実際は音が悪くなるし、それは弾き手としては明らかな事の筈なんだけれども、
周りの聴き手としての音はそれ程悪くならない。それを利用しているとも言える。
もちろん弾き手と聴き手の距離が縮まれば縮まる程、その差違は誰の耳にも明らかになっていく筈です。
聴き手完全重視のやり方でやるとこのようなバイオリニストの例もアリなんです。
この人はこの人の意図した時期とは別に弦を交換して上げると、音が良くなると言うのは分かるし聴き取れる。
だけれども音楽を聴く時に、この弦を交換すると音が良くなった事に気付いた時のような聴き方をしない。そういう聴き方の習慣になっている。

その習慣が「耳が馬鹿」になっているという状態です。


160 :名無しの笛の踊り:03/11/29 20:15 ID:Zftu/X3U
>>158
なるほど。
商品として所定の水準を維持できる程度に手を抜く癖がつくということですね。
弾き手も聴き手もそれに慣れて、いつのまにかレベルが下がると。
アマチュアでは考えもつきません。


161 :159:03/11/29 22:12 ID:b76nhnqv
あえて単純に言うなら、聴き方が変わると楽器の評価も驚く程変わるという事です。
そういう話に止めておきましょう。

162 :名無しの笛の踊り:03/11/30 08:36 ID:ls+JWTM1
>>156
舞曲をリコーダーアンサンブルで演奏するのけっこう好きです。
プレトリウスとか。
パーカッションはいるとホントに曲が生き生きとしてきますよね。

163 :名無しの笛の踊り:03/12/04 22:35 ID:eC0TcX27
スザート、アテニャン、いいでつね。

164 :名無しの笛の踊り:03/12/05 23:58 ID:/vRqMMFa
リコーダー吹きとトラヴェルソ吹きは全く異なる人種であるとブリュッヘンは言ってた。
自分はリコーダー吹きであってトラヴェルソ吹きではない、と。

165 :名無しの笛の踊り:03/12/11 00:12 ID:uFYfn0Ec
リコーダーの演奏をダウンロードできるサイトがあったら教えてください。

教えて君でスマソ

166 :名無しの笛の踊り:03/12/11 06:29 ID:Uk074r7e
>>165
君、著作権って知ってる?

167 :名無しの笛の踊り:03/12/11 10:53 ID:IeXzN6yi
>>166
きっと演奏者が死んで50年後のものをくれって言ってるんだろう

168 :名無しの笛の踊り:03/12/11 11:02 ID:Zm2bR7uL
アマチュア演奏家の人がいくつかアップしてるサイトがある。
リコダーの広場などのリンク先を探せば結構あります。
海外の演奏家の視聴で丸々一曲聞けるのもあるよ。



169 :165:03/12/11 22:23 ID:8Lpje3EK
>>166-167 俺が言葉足らずでした。
アマチュアの演奏とかプロの演奏の試聴版とか、そういった合法的なやつを
ダウンロードできるサイトを教えていただきたいんです。

>>168 情報ありがとう。
リコーダーの広場はほとんど掲示板しか見ていませんでした。
探してみます。

170 :名無しの笛の踊り:03/12/12 02:39 ID:NaFbA3n2
テレマンがやってきた…
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1071070496/l50

171 :名無しの笛の踊り:03/12/12 23:19 ID:5x0kO5vX
>>165
ttp://www.baroken.com/

プロの演奏の試聴版が聴ける。
俺は外国語に詳しくないから外国の事情はよくわからんが、
外国にはもっと凄いサイトがあるかも。

172 :名無しの笛の踊り:03/12/15 00:19 ID:XQzqCiB/
>>165
ttp://home.wanadoo.nl/erensink/
リンク集発見。古典からJAZZやら現代モノの試聴がある所も。

173 :172:03/12/15 00:21 ID:XQzqCiB/
↑ 間違い
ttp://members.iinet.net.au/~nickl/sound.html
こっちが正しい。上は飛んだ先でした。

174 :172:03/12/15 00:23 ID:XQzqCiB/
↑ 間違い。これは飛んだ先でした。
http://members.iinet.net.au/~nickl/sound.html
が正しい。

175 :172:03/12/15 00:35 ID:XQzqCiB/
多重カキコすんません。
謝るついでに、感想を。
Jazzっているリコーダーもなかなか面白いものですね。
ただ、ドラムやらベースやらと合わせるとなると、リコーダーは
マイク等で増幅しなければ、明らかに太刀打ち出来ませんが、
そこまでして、何故リコーダーでJAZZをやるんですかね?
個人的には、増幅しなければならないようなのは端からやりたいと
思わないんですが・・・。

176 :名無しの笛の踊り:03/12/15 00:38 ID:mDvEgiDv
「愛のリコーダ」


177 :名無しの笛の踊り:03/12/15 18:00 ID:orFzP3CM
>>175
海外では、リコーダーのジャズ曲集がいくつも出版されているようです。
もちろん、ピアノ伴奏ばかりでしょうが。

178 :名無しの笛の踊り:03/12/15 22:36 ID:yrNk5cu4
グルダのヘタクソなリコーダーも面白かった

179 :名無しの笛の踊り:03/12/16 09:48 ID:hjngDREj
>>178

グルダは趣味だからな。

180 :名無しの笛の踊り:03/12/21 23:11 ID:fKiHWLz9
漏れも趣味だが、グルダよりは上手く吹けると思う。

181 :名無しの笛の踊り:03/12/24 09:28 ID:bw8hv/sp
age

182 :名無しの笛の踊り:03/12/24 10:26 ID:G1jfmUPA
質問でーす!(;`Д´)/
このスレの住人的には廣瀬量平の曲はどーなの?
漏れは神秘的な感じがして好きなんだけど。

同様に伊藤弘之氏や細川氏、石井眞木氏等の現代作品の評価を知りたい。

183 :名無しの笛の踊り:03/12/24 13:00 ID:/POlZKnu
182>>
 廣瀬量平作品は手元に楽譜も音源もなかったので
鈴木俊哉のCDに入っていた伊藤弘之&細川俊夫作品を聴いた感想を。
ただ聴いただけなので評価というほど大層なものではないのですが。

 伊藤氏の「SALAMANDERU」はタイトルを知らずに聴いていたら
メシアンの親戚のように感じましたね。楽譜をみて曲の構造とか
見ると全く違うのかもしれないけれども私には火蜥蜴というより
現代的に歪められた鳥の鳴き声にきこえてしまいまして。
 全体的な印象としては余りパッとした物ではありませんでした。

 細川作品はリコーダー曲を幾つかと、三絃曲を聴いたのですが、
この人は楽器をまともに鳴らすのが嫌いなんだろうか?と思って
しまう位、特殊奏法づくしですね。リコーダーの場合は尺八のよ
うに聴こえました。そういう音色が欲しいのなら、端から尺八を
使えば良い気がするのですが、なぜリコーダーなんですかね?
 となんだか批判みたいな事を書きましたが、この人の持つ
「間」や五音音階等を使っている訳ではないのに感じられる
「日本的」な雰囲気とかは好きです。
 あとこれもまた楽器をまともに鳴らしていないんですけど
ベリオの曲も面白いですね。
 それと尹伊桑のリコーダーソロ曲ってどうなんでしょう?
聴いた、または吹いた事がある人っていますか?いましたら
感想とか聞かせてください。
 では、長文失礼しました。





184 :名無しの笛の踊り:03/12/24 21:52 ID:OIkeh5Qf
Stairway To Heaven の冒頭だけ吹ける俺。カコイイ俺。

185 :名無しの笛の踊り:03/12/24 22:19 ID:fS3Bt847
>>182
廣瀬量平のリコーダー作品は、何と言ってもラメンテーションとイディールTの
2曲の四重奏が白眉かと。
日本人でなければ書けない、モノクロームで緊張に満ちた傑作。
やっとBISから出た録音はイマイチで、古い東京リコーダーQのライブ録音を
いまだに聴いてる。


186 :名無しの笛の踊り:03/12/25 00:38 ID:601IAkG2
>>184

ワロタ&カコイイYO!

187 :名無しの笛の踊り:03/12/27 07:55 ID:bvyp/Z1m
>>182
メディテーションも名曲だ。
花岡氏による録音キボン。

188 :名無しの笛の踊り:03/12/31 15:21 ID:KtlD2ddp
あげとこう

189 :名無しの笛の踊り:04/01/02 01:36 ID:UkhutbLg
さげとこう

190 :名無しの笛の踊り:04/01/03 14:29 ID:d/3GChmx


191 :名無しの笛の踊り:04/01/03 14:29 ID:d/3GChmx
安井サン知ってる?

192 :名無しの笛の踊り:04/01/05 05:43 ID:F97IbUwa
>>191
知ってるよ。で、何?

193 :Not191:04/01/10 22:28 ID:HOKumzCP
>>192
まあまあ、参加人数の少ないスレだから仲良くやろうや。
とは言っても、「知ってる?」とだけ言われても答えに困るのも事実。

安井敬+守安功のデュオによるCD, "YASU"はいいよ。
どっちかというとイロモノだけど。
(ALM Record ALCD-7017 ,1991年)

194 :名無しの笛の踊り:04/01/10 22:47 ID:HOKumzCP
【ソプラノも】リコーダーを吹くオフ【アルトも】
http://off.2ch.net/test/read.cgi/offreg/1065843909/l50

195 :名無しの笛の踊り:04/01/10 23:42 ID:kKKtMtS6
100円ショップのリコーダーってどうよ?

196 :>>195:04/01/11 01:12 ID:8UAc6ZZI
 誰もいない、夜中の露天風呂で吹くリコーダーで活用。


197 :名無しの笛の踊り:04/01/11 09:50 ID:Nemenw2n
高級な楽器のメーカーでお勧めを教えてください。

モーガン、平尾、斉藤、譜久島、プレスコット..
モーガンは手に入らないでしょうけれど。
日本人が多くなりましたね。


198 :名無しの笛の踊り:04/01/12 10:30 ID:nFMfMe0g


199 :名無しの笛の踊り:04/01/12 20:20 ID:SDfYeGFg
ちょっと前のアントレに、スコヴロネックのアルトが売りに出てたなあ。

200 :名無しの笛の踊り:04/01/13 12:44 ID:gGZ8c/tc
200


201 :名無しの笛の踊り:04/01/14 00:19 ID:Sb5ScJc3
>>199 あ、渋い

202 :名無しの笛の踊り:04/01/15 13:07 ID:wwxn0zsA


203 :名無しの笛の踊り:04/01/16 03:19 ID:igUVzarb
利口だ。

204 :名無しの笛の踊り:04/01/19 17:53 ID:X63QWXbh
コレルリのop5ブリュッヘンの録音は廃盤でつか?

205 :名無しの笛の踊り:04/01/20 00:37 ID:arY6WRNG
ふえ


206 :名無しの笛の踊り:04/01/20 00:42 ID:SF4ifS8Q
パメラのソロアルバム買ったら
譜久島さんの楽器吹いてました
http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/thorby.htm

207 :名無しの笛の踊り:04/01/20 12:14 ID:QcmOg8Sp
ベッキーはリコーダー吹いてるのか!

208 :名無しの笛の踊り:04/01/20 15:26 ID:SF4ifS8Q
ワロタ
なるほどベッキーの20年後って感じだな

209 :名無しの笛の踊り:04/01/27 22:52 ID:rim5DbBh
age

210 :名無しの笛の踊り:04/01/30 03:47 ID:iteAUkgr
何気に楽器版にきたらリコーダースレがあってここのリンク見つけたので
飛んできました。リコーダー懐かしいなぁ・・・

中学生の時、クラブ活動の時間ってのがあってリコーダークラブを選択したら
吹奏楽部の部長がいて、もともとクラリネット奏者だったこともあって
ものすごく上手かったです。音楽の先生もべた褒めでした。
リコーダーコンテストに独奏で出たらなんと1位になって全国大会出場権を獲得。
演奏した曲にはピアノ伴奏がついてるんだけど
彼女の演奏に釣り合う伴奏者がいなかったために伴奏なしで出場。
ところが審査員の一人がたまたまこの曲の楽譜を持ってて、
「ピアノ伴奏がついてなきゃいけない」と言い出して1位だったのに
後日失格になってしまいました。
先生と彼女は悔し涙を流していました。
でももしあのまま全国大会に出場したとして、
この曲にはピアノ伴奏ついてるのに伴奏無しで出たからと失格になったんだろうか、と
今でも少し気になります。

ちなみに私は四重奏の部で出場しようと頑張りましたが、
一部できないところがあって先生に「これじゃ君達出ても恥かくだけ」と言われ
独奏で出場する彼女の演奏を見てるだけでした・・・

211 :名無しの笛の踊り:04/01/31 20:06 ID:YuOpoupD
>>210
いい思い出だ

212 :名無しの笛の踊り:04/02/02 03:22 ID:zfstOFPc
>>210
良い先生の当たったんだね。思い出を大切に。

今、レッスン通ってる先生最低だ。もう死んで欲しい。

213 :名無しの笛の踊り:04/02/05 04:51 ID:ES8onnXN
えー?、
恥かかせてくれるほうが良い先生だとおもうけど?


214 :名無しの笛の踊り:04/02/05 22:20 ID:LZ4Whxb/
恥ってなんですか?
指導中のことではないんですけどね。

215 :名無しの笛の踊り:04/02/06 04:02 ID:ZcZ+gPAC
>>213-214
どっちもOK。習ってる人の状況によって”バカヤロー”とか”いいぞ!いいぞ!”とか。

216 :名無しの笛の踊り:04/02/06 18:39 ID:wmIuS+Lr
だからどっからそんな勝手な妄想が出てくるんだ?
なにが”どっちもOK”だ。そんな事じゃないんだよ。ヴォケ。


217 :名無しの笛の踊り:04/02/07 11:32 ID:neMKEKIF
>>216
あなたもOK

218 :名無しの笛の踊り:04/02/10 04:17 ID:Q3S74eCy
なんか語気の荒い人がいるようですが・・・

確かに厳しい先生でした。
リコーダーコンテストの前に県の音楽祭があって、
「リコーダーの部」に四重奏で地区代表として出場したけど
「地区代表になれたのはあの中で一番ましだったからだよ」と言われました。
(確かに私からみても他校もあまり上手とは言えなかったけれど)
コンテストには全国大会でよく金賞取ったり海外派遣(だったかな?)も
されたほどの中学校がいくつかいたから、あの中で私達の演奏は
聞くに堪えないと先生は思ったのでしょう。
それよりも独奏を集中指導したほうがいい、と。

厳しかったけど大好きな先生でした。
今はどこの中学校にいるんだろうな。

219 :名無しの笛の踊り:04/02/10 11:19 ID:wKcx21b7
今もリコーダーって教育の場でメインの楽器なんですかね?
なんか最近日本の伝統芸能の楽器が音楽の授業で云々と聞いた事があったような?

色々状況が変わってる?

220 :名無しの笛の踊り:04/02/12 23:27 ID:acwLTIig
きっと邦楽器も指導者の能力不足で、リコーダー同様
その魅力がきちんと伝わる事無く終わるのが大部分なんでしょうな。

私が聞いた話によると、最近は中学ではリコーダーを買わない所が
結構あるらしい。あと教育要綱から「リコーダーを使用」という項目が
何年か前になくなったという話も聞いたきがする。

221 :名無しの笛の踊り:04/02/13 12:06 ID:vhElPW5K
>>220

そうでしたか、まあ、リコーダーもちゃんと指導する人がいなかったためにすっかりバッドイメージが定着したというか・・.
今度は邦楽が犠牲者で、リコーダーが復権(w?

222 :名無しの笛の踊り:04/02/13 14:26 ID:0lDK49qw
222

54 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)