5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エッシェンバッハ

1 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:27 ID:???
自分の芸術のためならオケを壊すことも厭わない嫌われ者エッシェンバッハのスレ
過去スレはこのへん
ttp://music.2ch.net/classical/kako/1034/10346/1034647018.html
ttp://music.2ch.net/classical/kako/1018/10180/1018070725.html
ttp://music.2ch.net/classical/kako/1021/10217/1021740586.html
ttp://music.2ch.net/classical/kako/1025/10250/1025088071.html

2 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:31 ID:???
NDR
ttp://www1.ndr.de/ndr/ndr_pages_std/0,2570,SPM376,00.html
Orchestre de Paris
ttp://www.orchestredeparis.com/

3 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:35 ID:???
好かれようが嫌われようが聴衆にいい音楽を届けてくれればOK!

4 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:39 ID:???
あらら。ここでマンセーやったら袋叩きでつか?

5 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:40 ID:???
良い音がでてくるなら良いけれど、
オケのことを考えないから外れも多いんだよね・・・
自分ひとりでピアノを弾いているのじゃないのだから、
リハ通りのテンポでやってくださいって感じ。

6 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:43 ID:???
>5

パリ管かNDRの方ですか?

いっぱい不満を吐き出してください。

7 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:52 ID:???
>>2 どうでもいいこともしれないけど、NDRはもう終わったし、(ツァー
やらベルリンやら残ってるみたいだけど)フィラデルフィアが抜けてるよ。
スレ立て人は最新情報を正確に。

8 :名無しの笛の踊り:03/09/06 15:54 ID:???
Ondineと契約したらしいよ。

9 :名無しの笛の踊り:03/09/06 16:07 ID:???
>>5
なんだか情けなくね?
それであんたのオケはエッシェンバッハだといつも本番は
ぐちゃぐちゃなの?
それだったら、次の契約更改は無いだろうから安心汁!

10 :名無しの笛の踊り:03/09/06 16:29 ID:???
>>8
Ondine? どこと何をするのかな。

11 :名無しの笛の踊り:03/09/06 16:40 ID:???
>>10
っていうか、英語が読めないからよくわからんのだが、
ブルックナーのロマンティックを録音するとか何とか・・・。
パリ管と。
もしかして、ぜんぜん違うこと言っているかも。
しつこいがおいら、英語が読めないから・・・。

12 :名無しの笛の踊り:03/09/06 16:45 ID:???
>>11
すみません。塩すり込む気は毛頭ないのですが、出所は?

13 :名無しの笛の踊り:03/09/06 17:00 ID:???
>>12
ttp://www.ondine.fi/index.php?page=12&PHPSESSID=a7bbba8d5261869a9efd492511592dbe

14 :12:03/09/06 17:16 ID:???
>>13
有り難うございます。来年中にはリリースされそうですね。
パリ管とのブルックナーは聴いたことはないのですが楽しみ
です。

15 :名無しの笛の踊り:03/09/06 18:59 ID:???
何時の間にこんなスレが・…(w

16 :名無しの笛の踊り:03/09/06 20:18 ID:PwoNPHZW
彼はクナッパーツブッシュになり損ねた男といえよう!

17 :名無しの笛の踊り:03/09/06 20:29 ID:???
>>7
ん? 今シーズンはまだエッシェンバッハだよ。
ドホナーニに替わるのは来シーズン(2004〜2005)から。

18 :名無しの笛の踊り:03/09/06 20:43 ID:???
今のヘアスタイルは、いつ頃から?

19 :名無しの笛の踊り:03/09/06 20:52 ID:???
>17ええっ! 今シーズン3つのオケやるの?

20 :名無しの笛の踊り:03/09/06 21:04 ID:???
>>19
質より量(笑)
たたき上げの彼をなめてはいけません。

21 :名無しの笛の踊り:03/09/06 21:07 ID:???
なめても辛そうだし。

22 :名無しの笛の踊り:03/09/06 22:40 ID:???
あの頭をぺちぺちしてみたい。

23 :名無しの笛の踊り:03/09/07 00:22 ID:???
パリ管とやったことのないブルックナーをレコーディングするのかと思ったら
ハイテンコのキャンセルの時、4番やってたんだね。9番の方がよかったけど。

24 :名無しの笛の踊り:03/09/07 00:28 ID:???
NDRとの9番は、CD売ってるがね。
演奏はどうなんだろうな。

25 :名無しの笛の踊り:03/09/07 02:56 ID:???
来日で評価下げた気が。

26 :名無しの笛の踊り:03/09/07 03:27 ID:???
だからいったじゃない。
実演は外れが多いって。

27 :名無しの笛の踊り:03/09/07 06:25 ID:???
>>25
別に評価を下げたとも思わないが。
あのマーラー5番に賛否両論あるのはわかるが。


28 :名無しの笛の踊り:03/09/07 07:49 ID:PMYayaTL
>>25
レコード会社が盛り上げていたバブルだったところがあるからね。

29 :名無しの笛の踊り:03/09/07 07:57 ID:???
さて、このスレは嫌われ者エッシェンバッハがメインテーマ。
内部や周辺にいない俺としては・・…嫌われ者セルを嫌われ者エッシェンバッハ
が語っているお話を。
 「2年間というもの私はセルの行く所はどこでも、ウィーン、ニューヨーク、パリ
(正確な都市名は忘れたが、ようはベルリン、ロンドンかどうかぐらい)へ、後を
追って行きました。思えば、セルは親切にしてくれたもので、1日7時間も2台ピ
アノでレッスンしてくれました」。これはセルが亡くなる直前までの話。この後、
エッシェンバッハはブルックナー3番とモーツァルトP協K488でデビューしたらし
い。現在の嫌われ者というエッシェンバッハにも、20〜30年後、こんな話をしてく
れる指揮者が出てくるかも・・・・



こら辺の都市名は曖昧・・・・すまん)

30 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:14 ID:ovoMRaLG
>>28
どこのレコード会社が盛り上げたんでしょう?
少なくても日本の音楽雑誌は今だって別に評価などしてないでしょ。
エッシェンバッハの録音を知ったきっかけは、コッホだったけど輸入盤
だし後押しもへったくれもないような。


31 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:31 ID:???
レコード会社なんてもう今は力はありません
どこも青息吐息
E氏はどこでも評価されていますよ
パリ、ハンブルク、アメリカ、どこでも
われわれの評価とは違うのね

32 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:33 ID:???
少なくともパリではそれほど評価されているというわけではない。
適当なことを言わんように。

33 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:38 ID:???
>32
そのマイナス評価をきぼんぬ。

34 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:39 ID:???
パリ管のホール問題はまだ解決してないの?

35 :名無しの笛の踊り:03/09/07 08:56 ID:???
>>31

我々の評価って?よくわからない。私の評価というのならわかるけど。

36 :名無しの笛の踊り:03/09/07 09:10 ID:???
>>32
パリ管/エッシェンバッハの今季のプロ、力入ってるね。
実演ははづれが多いっていうから、これでこけて
めでたしめでたしですな。

37 :名無しの笛の踊り:03/09/07 09:14 ID:???
>>36
三年契約だったけ?
更新するのかな?

38 :名無しの笛の踊り:03/09/07 09:28 ID:???
>37
だって03〜04年から3年契約でしょ。
まだ間がありますって
05年にはリングをシャトレでするらしいし。
洩れ的には期待大。

39 :名無しの笛の踊り:03/09/07 10:06 ID:???
じゃあ延長したんだね。

40 :ondine情報:03/09/07 11:37 ID:???
録音計画の主なものは、
ラヴェルと彼の同時代の作曲家の音楽から録音の少ない作品、
パリ管弦楽団とエッシェンバッハによるスタンダードレパートリーの作品。
第1作として、ブルックナーの交響曲第4番のライヴ録音が、
2004年春にリリースされる予定です。

 



41 :sage:03/09/07 12:05 ID:???
>>40
どうもです。ラヴェルと同時代の日のあたらない作曲家ね。


42 :名無しの笛の踊り:03/09/08 13:27 ID:???
ラヴェルと同時代というとルーセルとかシュミットとか?
6人組は同時代ではないか・・・・
いづれにしても春先にはブル4ライブと録音に恵まれなかった
フランス近代音楽が聞けるんだ。とりあえず喜ぼう。

43 :名無しの笛の踊り:03/09/08 15:34 ID:???
>>36

3つのオケの中では、私としてはパリ管のシーズンプログラムが魅力的ですね。

NDRでは、パルジファル第3幕とマイヤーの歌うベルリオーズでしょうか。

44 :名無しの笛の踊り:03/09/08 17:00 ID:???
朗報だよね?

ベートーヴェン:
 ピアノ・ソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」/
 ピアノ・ソナタ第30番/
 ピアノ・ソナタ第31番/
 ピアノ・ソナタ第32番/バガテル集 Op.126

初CD化
EMIのDOUBLE FORTEにかわる新シリーズGEMINIから

45 :名無しの笛の踊り:03/09/08 20:02 ID:???
>>44
朗報も朗報、大変なものです。
指揮の仕事の場合、いずれ、待てばそれなりの録音はあるでしょうが、
本人も、もうする気のないピアニストとしてこのCD化は朗報以外の
何物でもありません。
 このCDを聴いたらエッシェンバッハがどんな芸術家かよくわかると
思います。どのみち、そんなに高価なアルバムではないと思いますので
これを読まれて興味を持った方は是非、お聴きになってください。

46 :名無しの笛の踊り:03/09/08 21:01 ID:Acwq0Ito
>>44>>45
これって、ショパンのプレリュードなんかと同時期に録音した、DGの音源とは
別物ですか?
あの、「ハンマー・クラヴィーア」であれば、是非、もう一度聴いてみたいものです。

恐ろしく張り詰めた、「楽しむタイプ」の音楽とは縁遠い代物でありましたが…。

47 :45:03/09/08 21:12 ID:???
DGとは別物です。
EMIに移籍してからだから80年代始目頃かな。
DGのは70年代初頭。
10年もたってないのに、DGに録音したベートーヴェン
の、「葬送」、「月光」、「悲愴」、「ハンマークラヴィ−ア」
も再録音してしまった。
こちらも身を削るような演奏ですが・・・・両方ともCD化して
ないのでもう記憶の彼方です。
特にOP111がすごかったように思うのですが。

48 :名無しの笛の踊り:03/09/08 21:22 ID:Acwq0Ito
>>47
早レス、ありがとうございます。
そうですか、再録音盤があったのですね…。

楽しみです、是非、聴いてみたいと思います。
彼の弾く、ベートーヴェンって、あのストイックさが堪りません!

49 :名無しの笛の踊り:03/09/09 04:15 ID:???

>>29
あなたが個人的に嫌ってるだけでしょ、エッシェンバッハを。
セルはエッシェンバッハに指揮を教えたんだよね。そんなに熱心に
教えてたのか。

>>30
RCAが今年の来日直前に、オイロディスク音源の「オルガン付き」と
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭のブル6、それにヒューストンで
録音したリヒャルトの歌曲集を再発したんだよ。雑誌などで取り上げられたかは
知らないけど。

>>34
サル・ブレイエルから移るの?

50 :名無しの笛の踊り:03/09/09 05:49 ID:???
29は別にエッシェンバッハを嫌っているとは見えないけど。
>1さんに敬意(wを表しただけじゃない?ホールは
昨シーズンから移っていて、1年ぐらい前のスレで延々
皆が心配してたよ。

51 :名無しの笛の踊り:03/09/09 13:31 ID:???
NDRってブロムシュテットは追い出したくせに
同じことやったこの人は円満辞任でしょ?
納得できん。

52 :名無しの笛の踊り:03/09/09 19:21 ID:???
事前に何度も話し合ってNDR側が納得してからの契約だったのでつ。

53 :名無しの笛の踊り:03/09/09 19:26 ID:???
エッシェンバッハの場合、演奏の失敗は確実に指揮者の所為に
できるからでしょう。

54 :名無しの笛の踊り:03/09/09 21:06 ID:???
>53
そんなの責任のない我々みたいな者の御託だよ。

55 :名無しの笛の踊り:03/09/09 21:28 ID:???
NDRとのさよならコンサートは、ベートーヴェンの「合唱付き」9番だね。
ヒューストンの時もそうだったし。
青裏のロンドンフィルを凌ぐ空前絶後の演奏を期待したい。

56 :名無しの笛の踊り:03/09/09 21:37 ID:???
>>49
エッシェンバッハは、最高の時間、教育だったといってる。
よく考えてみれば、レコード産業(DGか、この場合)の大目玉の
若いピアニストが、自分のキャリアより指揮者になりたい一身で、
セルに教えを受けるため世界中(ま、アメリカとヨーロッパ)彼の
行く先々に出向いたというのも凄いね。
69、70年代は今のような交通網ではなかったろうし。

57 :名無しの笛の踊り:03/09/09 22:27 ID:???
NDRの2月マラ3、4月パルジファル、6月第9も聞きたいね。

58 :名無しの笛の踊り:03/09/10 07:31 ID:???
でも思うんだけれど、出てくる音ってセルのとは
随分違うよね?

59 :名無しの笛の踊り:03/09/10 08:10 ID:???
だって先生のまねっこになるでしょ。

違って当たり前。

カラヤンからだって教わっても

全然カラヤンとも似てないし。

要はどういう影響を与えられたかじゃないかね。

60 :名無しの笛の踊り:03/09/11 17:01 ID:???
>>46
CD化などほぼ望み薄だったのにありがたい。
「ハンマークラヴィ−ア」はDGの6年後、
76年の録音。このライナーノートは、藁科雅美。
。。。。。こうした頭脳的作業とともに、エッシェ
ンバッハは心の耳で作曲者の声を聴き、それが彼の
感性に火を点じて大空を飛翔させる、とでも批評し
たらいいだろうか?
 それはまた、彼の旧盤の顕著な特質でもあったの
だが、今回は楽曲のアプローチにいっそうの大胆さ
と意志的な力強さが加わっている。これは、近年の
このピアニストの芸術的境地の範例として反復傾聴
すべきレコードであるだろう。。。。。。。。だそ
うですこぶる熱い。反復傾聴にはのけぞり。
 後期ソナタ集は、丸山圭介で、これも反復はない
けど傾聴しろと。
「。。。。このような演奏は好みの別を超えた次元
に立つものであり、充分に傾聴されるべきものであ
る。。。。。。あるいはさらに感動的な演奏を聴か
せてくれるかもしれないが、これは彼の演奏芸術の
頂点をなすものに変わりない。。。。。」
 ということでお楽しみに。

61 :名無しの笛の踊り:03/09/11 21:50 ID:???
指揮者としてどころかピアニストとしても
セルの足下にも及ばない。

62 :名無しの笛の踊り:03/09/11 21:53 ID:???
NDR & エッシェンバッハ聞いて来た。
昔からエッシェンバッハは嫌いなのだが
本当にいやになった。
オケもものすごく汚い。ていうか、アマオケ並でしたよ。
鳴らない鳴らない。
エッシェンバッハは下品な動きで見苦しく、
動く割にはオケはついてこない。強弱の幅も無い。
もうがっかり。
そのかわり、バイエルンはうまかったな〜。
エッシェンバッハじゃないけど。

63 :名無しの笛の踊り:03/09/11 22:04 ID:???
この人にマーラーは振れない

64 :名無しの笛の踊り:03/09/12 00:37 ID:???
何も振れないだろ。
よく動くけどな。

65 :名無しの笛の踊り:03/09/12 10:44 ID:???
10年位前かな?
盟友のフランツと来日したとき、ブラームスのPコン1番&2番の指揮とピアノを
2人で交代して演ってましたよね。
確か、エッシェンバンハが1番を弾いたんだっけか。
ああいうの、また聴きたいな。
ま、弾き振りでもいいけどね。

66 :名無しの笛の踊り:03/09/12 15:20 ID:???
ピアノ弾いてりゃよかったのに。。。。
指揮は醜すぎるからいい。

67 :名無しの笛の踊り:03/09/13 07:52 ID:???
パリ管聞いてきました。
最初のベルリオーズ「リヤ王序曲」は、「あんたら練習しとらんだろ」という感じで
縦は合わないし、音楽ブツ切れ。
そして、エッシェンバッハの指揮の色彩感のなさは、ベルリオーズとは合わないことを確認。
二曲目のラロのスペイン交響曲は、個人的に曲自体がつまらないと思うのでなんとも
言えないのだけれど、まあ普通に伴奏をこなしていたという感じ。
去年のミドリが独奏者のときのような掛け合いはなかったな、残念ながら。
ヴァンゲロフのバイオリンは、ちょっと音程不安定なところが気になったけれど、

後半のマーラーの一番は、持ちネタだけあって、悪くなかった。
最終楽章のTuttiでアンサンブルが破綻したのを一応つくろって持ち直していたあたりは
このスレで言われているほど無能ではないと思ったけど。
ただ、やはり色彩感のなさは致命的で、全体としては楽しめる演奏だったし、
マーラーのオーケストレーション自体のうまさのおかげで、
それほどモノクロームではなかったとはいっても、本来はもう少し表情豊かな音楽なのだと思うけれど。

パリ管は、もともと縦の線は合わないことが多いのだけれど、NDRの評も見ていると
エッシェンバッハの指揮との(悪しき)相乗効果もあるのかも。
強弱のパレットが少ないというのは事実かもね。p(とmp)とff。

68 :名無しの笛の踊り:03/09/13 19:51 ID:IvGcdDcL
だって、パリ管なんてもともとヘタクソじゃん。
そこにこのおっさんじゃ、だめだろ。

69 :名無しの笛の踊り:03/09/13 20:02 ID:???
あのすごい演奏にこんな冷静なコメントかけるとは、尊敬します。
わたしは他の聴衆同様熱狂してました。マーラーで色彩感は求めてないし、
あの鬱屈した感じが彼のよいところでは。

70 :名無しの笛の踊り:03/09/13 21:41 ID:5u9F+XtK
エッシェンバッハのサイト開始しましたね。

71 :名無しの笛の踊り:03/09/13 22:26 ID:hiHAuYCA
好きな人はいいんでない。
大嫌いだけど

72 :名無しの笛の踊り:03/09/14 05:15 ID:???
今日は、パリ管のシーズン開始記念イベント。
そこでの会話によれば、パリ管のホールの件は、まったく進展なしの模様。
現在の劇場はあくまでも仮で、その後をどうするかは未定との事。
場合によってはプレイエルに戻らず、このまま居続ける可能性もあるとか。
(でも音楽ホールではないので使いにくいらしい)
エッシェンバッハも頑張って、ちょっとたどたどしいフランス語で話していました。
(疲れてくるにつれて、言葉がでなくなってくるのが見ていて痛々しかったけれど)

で、パリ管のメンバーで室内楽をやっていたのだけれど、
彼もピアノで参加。ピアノはやはり悪くない。

しかし、弦をフランス国立管、金・木管をパリ管にしてオケを作れば
結構いいと思うんだけれどな。

>あの鬱屈した感じが彼のよいところでは。
まあそうも言えるのだろうけれど、うまく生かしてもらえないオケが
かわいそうな気も。

73 :名無しの笛の踊り:03/09/14 08:30 ID:???
エッシェンバッハだけではなく、パリの演奏会のレポートでは
「花月」のサイトが充実してますね。音楽の受容の仕方に何時も
感銘を受けます。

74 :名無しの笛の踊り:03/09/14 08:32 ID:???
今彼は誰とつきあっているのだろう

75 :名無しの笛の踊り:03/09/14 10:01 ID:???
>>70
中国語でも読めるようになるらしいけど日本語版は無いのね。う〜ん。
リンク先は面白かった。

76 :名無しの笛の踊り:03/09/15 03:17 ID:???
過去スレで散々ガイシュツかもしれませんが
ピアニストとして室内楽や歌曲の伴奏やってたのが気に入ってますね
ブラームスのホルントリオとかピアノ五重奏曲とかすごくよかった

77 :名無しの笛の踊り:03/09/15 06:09 ID:???
>>69
知人から聞いたのですが凄い演奏だったらしいですね。聴衆の熱狂も大変なものだ
ったとか。行けばよかったと後悔してます。72さんの行ったコンサートもあるし・・
と思ったのですがラロ?というのと一番か・・・で今回は見送りました。
 木管、コントラバスの翳りのある歌いまわしが素晴らしかったようで昨日から1人
で残念がっています。11月に都響/ベルティーニの歌手が良かったら、一月パリ管の
三番を聴いてこようかなと思っています。名前は失念しましたが同じ人が歌う予定
です。(出番なんてそんなにないんですが、行くきっかけとしてw)

78 :名無しの笛の踊り:03/09/15 06:43 ID:???
>>70
>>75
URLをおながいします。

79 :名無しの笛の踊り:03/09/15 08:14 ID:???
>72
なかなか、パリ的いいまわしですね。
滞在は長いんでしょうか?

80 :名無しの笛の踊り:03/09/15 09:45 ID:???
仮にエッシェンバッハ???でも、この9・10月、ブルュッヘン、ドホナニー、
ブーレーズ・・・・と客演があるパリ管のプログラムは素晴らしい。

81 :名無しの笛の踊り:03/09/15 10:50 ID:???
>>76
そうだね。
昨年出たブラームスのチェロソナタ、クラリネット三重奏曲のヴィオラ版もよかっ
た。と思ったら、このCDは配給元がクラシックから撤退でもう廃盤らしい。

82 :名無しの笛の踊り:03/09/15 11:39 ID:R+HZlNB5
岡田克彦ファンクラフ゛からのご案内です。
岡田克彦先生の「家路」「朝の海」などの傑作ピアノ小品
が、2ちゃんねるぷらす5月22日号の付録CDとして
絶賛発売中です。
下記の先生のホームページのご案内をお読みになり、
購入し、聴いてみましょう。

URL;http://www.geocities.co.jp/MusicHall/5933/



83 :名無しの笛の踊り:03/09/15 14:54 ID:???
>>78
www.christoph-eschenbach.com

84 :名無しの笛の踊り:03/09/15 14:56 ID:???
>>69
>マーラーで色彩感は求めてないし、

ずいぶん、思い込みの強い聞き方してるんだね。
マーラーがかわいそう。

85 :名無しの笛の踊り:03/09/15 18:40 ID:???
>>84
本人は、最近色彩が豊かになったと言ってるけど、私としては、
そうなったぶんだけ集中力が落ちているように感じます。
そりゃ、2つの面を持ち合わせたら最高の指揮者でしょうが、極端
な話、モノクロームと批判されようが、そこにおける階調があれば、
エッシェンバッハにそれ以上、色彩を求めるなと言いたい。(w

86 :名無しの笛の踊り:03/09/16 04:34 ID:???
>>75
確かに。でも、作りの方もこの前の「幻想」みたいで面白かった。

87 :名無しの笛の踊り:03/09/17 02:23 ID:???
今月号のモーストリークラシックを立ち読みして髪が毛ふさふさのエッシェンバッハ
を見てびっくりした。あと「直接、小澤さんから聞いた話だが、トロント時代に、斎
藤秀雄の指揮法を教えてくれとエッシェンバッハとバレンボイムがよくやってきたと
いうことで。。。」という話も載っていた。30年以上?も前のことだね。



88 :名無しの笛の踊り:03/09/17 16:55 ID:???
>>髪が毛ふさふさのエッシェンバッハを見てびっくりした。

ふ〜む、そういう時代なのか…。

89 :名無しの笛の踊り:03/09/17 20:38 ID:???
金持ちの未亡人がフィラデルフィア管弦楽団へ5000万ドル寄付だって。
何か、エッシェンバッハってついてるな。

90 :名無しの笛の踊り:03/09/18 09:03 ID:???
>>89
気の遠くなるような額ですね。
ホールも既に新しくなったし、あとは聞き応えのある演奏を待つばかり。
フィラデルフィア在住の人がここに書き込んでくれるといんですけどね。

91 :名無しの笛の踊り:03/09/18 18:46 ID:???
>>87
その当時、三人ともかたちにはならない野心を抱えて、日々研鑚を積んでいたんだ
ろう。面白くて発見に満ち満ちてて。小澤は「ピアノ弾いてりゃいいものを」と思
いつつも、今だって音楽的僻地のトロントに足を運ぶピアニストたちにきっと誠心
誠意斎藤秀雄の指揮法を教えたんだろうね。今では、三者三様の歩み方をしている
が。

92 :名無しの笛の踊り:03/09/18 21:13 ID:???
>>91
なんか、いい話だよね。

93 :名無しの笛の踊り:03/09/18 23:13 ID:???
>>87
で、エッシェンバッハとバレンボは斎藤メソッドが理解できず、苦悩のうちに
禿げてしまったんだな。

94 :名無しの笛の踊り:03/09/18 23:27 ID:???
エッシェンバッハはあれは禿げなのか。
見事にツルツルなので自分で剃ってるのかと思ってた・・

95 :名無しの笛の踊り:03/09/19 06:53 ID:???
>>94
剃っているらしい。
「髪の毛があると不便なので剃ってしまった。」とその写真家に言ったそうだが、
いくらスペースがなくてもこれではあんまりだ。誰も髪の毛があって不便なんか
してないんだし。こういう趣旨で補わないと。「例え薄くても髪の毛があると、
薄いところをかくそうとか馬鹿馬鹿しいことに気を使ってしまうので、いっそつ
るつるにしたら問題解決でしょ。で、50歳(?)を境に剃っちゃいました。」
 でも、ある程度親しいんだね。「どうして丸坊主にしたんですか?」なんてな
か聞けないよね。
 昨日の段階ではまだベートーヴェンは出てなかったけど、何時発売になるのかな。

96 :名無しの笛の踊り:03/09/20 00:30 ID:???
>>89
6月19日の読売新聞のインタビューなんだけど。
「オーケストラのユニオンが強くなってこのままでは、
レコーディングは無理。フィラデルフィアとは録音
したいので規約の改定もしたい」とか言ってますが
これで楽員との不協和音。。。。とならなければいい
んだけど。
そのお金は普通、どういう風に使われるのかな。
まさか、レコーディングの人件費には使えない?

97 :名無しの笛の踊り:03/09/20 02:03 ID:???
>>96
録音出来なくて、結局自分の首を絞めるんじゃないかと思いますがねえ。
自分のところで自主制作CD出してたりしませんでしたっけ?

98 :名無しの笛の踊り:03/09/20 07:41 ID:???
>>97
出してましたね。サヴァリッシュのシューマン全集とか。

99 :名無しの笛の踊り:03/09/20 08:19 ID:???
>>98
ならば、どうしてレコード会社の録音に応じないのでしょう?
というか、ギャラについてうるさい事ばかり言わず、
自分達の記録を残すと言う意味でも、自分達の演奏を
世界に聞かせると言う意味でも、録音しないのか
不思議で仕方がありません。
演奏会のライヴならいい、というのなら、
各社はライヴ録音すればいいのに、と思いますが。

100 :名無しの笛の踊り:03/09/20 08:22 ID:???
「音楽現代」(w にアメリカのオケの財政難とそのユニオンの
問題が載ってたけど、97さんのいうような結論でした。レコード
産業の不況のせいだけで自主制作盤を出しているわけではないみ
たいです。
 どこのオケでも新録音が出てなくて、シカゴ/ランランぐらい
と書いてありましたがそんなに酷い状況なんでしょうか。

101 :名無しの笛の踊り:03/09/20 10:41 ID:???
>>100
メジャーが軒並み体力がなくなって新録音をしなくなって
(DGGは頑張ってると思いますが)
旧録音の再発ばかりでお茶を濁しているということも
あるし、それは有名オケの出演料が高騰して製作費に
収まらないから新録音が出来ない(やってもそれに見合う
ほど売れない)ということもあるのでしょうね。
ならば、多少出演料を下げても、「今」の音楽監督との
録音をするほうがイイと思うんですが……。
準メジャーとかマイナー・レーベルはお金もないから
安く使えるオケばかり起用するし。
新録音だって、全然売れない訳じゃないと思うのですが。
エッシェンバッハの名演奏のCDだって聴いてみたいけれど、
FMをチェックするしか手段がない(現地に行けないんだから)
というのは、イビツだと思います。

102 :名無しの笛の踊り:03/09/20 11:40 ID:???
>>101
アンダンテのサイトで月/10ドル払ってザルツブルグ音楽祭、
ウィグモアホールのリサイタル、新旧のフィラデルフィア管
の定期演奏会などを聞いているが、エッシェンバッハの登場
した演奏会も全て含まれていた。あの録音は、どこがやって
いるンだろう。アンダンテ用とも思えないが

103 :名無しの笛の踊り:03/09/25 06:35 ID:???
下がりすぎ。なにかこの指揮者の演奏は強靭な植物(wという感じがする。

104 :名無しの笛の踊り:03/09/27 15:38 ID:XXFptPj1
友人宅でこの前、モーツアルトの幻想曲を聴きました。
話の流れから、最近の指揮者でベートーヴェンの9番の
いい演奏がないかなということになって友人からすすめ
られたのが、エッシェンバッハのCD−ROM. 
 びっくりして、「幻想交響曲」、「シューマン交響曲
全集」など聴き始めました。
 このスレも見るようになったのですが、最近あまり書き
こみがなくて残念です。自分の芸術のためならオケを壊す
のも厭わないっていうのもあまりよくわからなくて・・・
そうなんですか。


105 :名無しの笛の踊り:03/09/28 05:52 ID:???
>>104
いろんな捉え方があると思うんだけど、>>1や>>5みたいに思う人も
いるってことではないでしょうか。
重々しい音楽づくりが、ピアノでも指揮でもこの人の特徴だと思うのですが、
私はこの人の演奏好きです。オケを壊しているかどうかはわからないけど、
出来・不出来の差がかなり激しいですこの人。実演は特に。

正規のものだと、Virginから出ているブラームスの交響曲全集や、BMGから
再発された「オルガンつき」などは好演だと思います。
オケを壊していることが実感できるCDでは、ソニーの千円盤のブラ1があります。
84年、チューリヒ・トーンハレ管の演奏ですが、かなりイッちゃってます(w
自分の芸術のためにオケを壊したというよりは、指揮が未熟でオケがついていけず
壊れた感じの演奏です。こんなものを商品化する会社も凄いですが。

106 :名無しの笛の踊り:03/09/28 09:45 ID:8NVOpbAz
好きな人いるんだな。。。

107 :名無しの笛の踊り:03/09/29 01:58 ID:???
シューマンはなかなかでは?

108 :名無しの笛の踊り:03/09/29 19:39 ID:???
ベートーヴェン後期ソナタ集はいつ発売ですか。
知ってるひと、教えて下さい。

109 :名無しの笛の踊り:03/10/01 09:35 ID:???
>>104
結局、上のほうで話題になっていた「色彩感がない」というのは
オケのコントロールが下手ということなのだよね。
特に管の扱いが。
金管ががなり立てたがるのを押さえて、木管をたてるといった基本的なコントロールが出来ない。
結果として、弦が中心になって、それに金管・木管が雑多に濁った音で響き、モノトーンになる。
このあたりは、指揮のうまい下手というよりも、もしかしたら
そもそもピアノ的な発想から頭を切り替えられていないんじゃないかと思うんだけれど。

マーラーみたいに、オーケストレーション自体が良く出来ている曲なら
まだ良いのだけれど、個人的には、シューマンはよく言われる「濁ったオーケストレーション」
そのままの音になってしまっていて、聞けない。

110 :名無しの笛の踊り:03/10/01 09:45 ID:???
後は、実演で外れが多い理由。
一つには明らかに手抜き仕事(練習不足も含む)の場合。コンサート前半の曲はこのケースが意外と多い。
もう一つは、即興的にいじろうとしてオケがついてこない場合。
最も、個人的には、オケの「あの指揮者(エッシェンバッハ)は本番で何をやらかすかわからん」という緊張感が
良い方向に出た場合、彼の張り詰めた良い演奏が出てくるのだと思っているけれど。
というわけで、一面では、彼の外れの多さこそ、彼のあたりの場合の面白さの基礎なのです。

111 :名無しの笛の踊り:03/10/01 22:33 ID:SGFg95AZ
>>108
アマゾンで検索すると10月6日らしいよ。EMI Gemini。

112 :名無しの笛の踊り:03/10/02 10:36 ID:???
>>109
パリ管でいうとたまたま聴いた演奏会では
そんなに濁ったようには聞こえなかったたけど。
木管陣はどちらかといえば雄弁でとても自由な
音楽的感興を感じました。
 聴いたことがあるのは、モーツアルト、シュト
ラウス(ドン・ファン、カプリッチョ)、
ハイドン、ピンチャーの2回。
NDRとはバーデンバーデンで聴いた
シューベルトとブルックナー。確かにこの時は
金管のバランスが悪かったかもしれませんが
そんなことも少しの傷にしか思えない圧倒的な
説得力のある演奏だったと思います。
 私に限っていえばそんな不出来な演奏には
たまたまめぐり合っていないというところです。
数多く聴く機会があればまた異なった感想を
持つかもしれません。


113 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:56 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ

114 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:56 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ 

115 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:57 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ  

116 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:57 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ   

117 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:58 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ    

118 :名無しの笛の踊り:03/10/02 13:58 ID:jb29mhm9
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ
中田英寿態度がでかいぞ中田英寿態度がでかいぞ     

119 :108:03/10/04 00:31 ID:???
>>111
ありがとうございます。
5曲とも大好きな曲なので
楽しみです。

120 :名無しの笛の踊り:03/10/06 00:43 ID:???
よかったね

121 :名無しの笛の踊り:03/10/06 12:22 ID:AxafaYZ6
明日のBSのクラシック倶楽部に出るみたいよ

122 :名無しの笛の踊り:03/10/06 19:16 ID:???
この人の音楽を聴いてまず、テクニック的な問題点

が真っ先に感じられる人はきっとこの指揮者とは

無縁だろうね。

123 :名無しの笛の踊り:03/10/07 00:08 ID:GRJurb+Z
>>121
今日のグリモ−のドキュメンタリーにも出てた。
プロムスでパリ管とのベートーヴェンP協4番。
 今見終わったけど、2楽章の最後のとこだけで
小編成ながら重く充実した響き。グリモ−は
恍惚の人でこれはこれで魅力的だった。ビデオ
出してくれないかな。
 明日はモルクだね。これもパリ管?

124 :名無しの笛の踊り:03/10/09 22:56 ID:/ntKf4WH
ベートーヴェン後期ソナタ集、店頭では見かけないです。
注文しないとだめかもね

125 :名無しの笛の踊り:03/10/10 08:30 ID:QyQ7ILet
>124
「入荷しないと発売日はわかりません」とか。
山野楽器銀座店で。絶句。。。。
5〜6分だったけどモルクとのドヴォルジャーク
見た。「エッシェンバッハとの初めての共演は
刺激的なものでした。・・・・彼は曲の隅々まで
繊細な感覚で音楽を作り上げていくのです。
こうして迎えた本番は素晴らしいもので、ステージ
の上でなにかが起こり私は感情に突き動かされるような
高揚感で演奏することができました。」

126 :名無しの笛の踊り:03/10/11 07:22 ID:8Sb9Lp95
アメリカはニューヨークのカ−ネギ−ホールで今週の火曜日に
フィラデルフィアを振ったのをたまたま聴きました。
「トゥランガリア交響曲」、ピアノはジャン・イブ・ティボーテ。
エッジの利いたえぐい爆演でスリリングでした。

ちなみに年寄の定期会員とかどんな曲か全然知らずに聴きに来てるのも
多いようで途中で頭抱えて出て行くのが平土間部分だけで30人はいました。

127 :名無しの笛の踊り:03/10/11 23:24 ID:jslGZ5Vc
>>126

エッジが利いて
えぐくて
爆演
スリリング
この4つをトゥーランガリラを芯に
くくってどういう演奏だったか想像
するのは無理ぽ。
実演は2度しか聴いてなく、CDは
1枚しか持ってなく4回聴いただけ
のぽです。

128 :名無しの笛の踊り:03/10/16 07:08 ID:5YhEGAR5
フィラデルフィア管とは来るのにパリ管とは来ないんですか?

NBSは呼ぶ予定はないんですかね。

あんなヘンナおっちゃんとすら呼んでるのに。

129 :名無しの笛の踊り:03/10/16 13:41 ID:UPH0eQMI
11月21日パリ管@カーネギーホールの曲目は面白そうだけど
日程が合わなくて微妙に行けない残念。
「イタリアのハロルド」
「ローマの謝肉祭」序曲
メンデルゾーン交響曲4番「イタリア」

ううう残念だよう、

130 :名無しの笛の踊り:03/10/17 04:13 ID:CLGyM5hU
お金を無駄にしなくて良かったですね

131 :名無しの笛の踊り:03/10/17 13:16 ID:59o6ArtB
そんな無理やりなアンチレスしなくても。

132 :名無しの笛の踊り:03/10/17 18:16 ID:NgFaboGh
>>129
20日のオールベルリオーズも
駄目なのですか
人ごとながら残念ですね

133 :名無しの笛の踊り:03/10/18 22:37 ID:mkYFLdR1
>>126

トゥランガリラ好きなんでしょうね。彼としては。
NDR,パリ管ともやっている。
しかも開幕コンサートで。
普通、1人の指揮者が4〜5年のうちにこの曲を
3〜4回もしないのでは?

134 :名無しの笛の踊り:03/10/19 01:53 ID:3EOFwwR/
下世話で「売春宿の音楽」と言われたあの曲、彼にぴったりだね♪

135 :名無しの笛の踊り:03/10/19 16:26 ID:2CAES6+K
正直言ってこの人のトゥランガなんて聴きたくない。
シューマンとかはいいけど。

>>133
短いサイクルで同じ曲を違うオケでやるのは普通だろ?
難曲ならなおさら。

136 :名無しの笛の踊り:03/10/19 19:35 ID:dXMJtTEA
いや、あのムンムンした感じが良かったよ。それでいて引き締まってるし。
パリ管とやった時パリに住んでたのできいた。
ロリオおばあちゃんデュオが登場。名前が出てこないけどいhぉんぬじゃないほうが
オンド・マルトノ弾いたけど、ありゃ耳が遠くなってたな。
気が触れたようにギャンギャン鳴らしてた。

137 :名無しの笛の踊り:03/10/21 06:20 ID:+cRrwFIX
>>136
彼女はまだまだ元気でした・・・・・というのを
読んだ記憶があるが、そういうことかw

138 :名無しの笛の踊り:03/10/24 04:28 ID:hlpen0LU
もうすぐバレンボイムのマーラー9番だけど
以前、シカゴの定期で「千人」を振ったのは
エッシェンバッハだった。
どうしてこんな大曲をバレンボイムが振らず
客演指揮者に任せたのかいまだに不思議だ。

139 :名無しの笛の踊り:03/10/25 03:50 ID:eBQwDMof
emiのベト後期ピアノソナタ集入荷age

140 :名無しの笛の踊り:03/10/25 08:38 ID:04JF7fjr
>>139
ありがとう。
今週の東京は、マーラーラッシュでした。
18日 東響/井上 「復活」
23日 N響/メルクル「復活」
24日 バレンボイム/シカゴ 9番

そのうえ、「復活」はアバドの放送があったり。
3日間出かけ、あいまに「復活」は、テンシュテット
ケーゲル、エッシェンバッハでCDを聴いたので
私としては1年分の「復活」を聴いた気分です。
音の洪水にも疲れましたし、しばらくは静かにピアノ
ソナタや室内楽を聴くことにします。早速午前中に
山野かHMVにでかけることにします。


141 :名無しの笛の踊り:03/10/25 13:41 ID:/uma9ZrW
>>139
尼損も、10/6入荷予定って書いてたから他より多少高くても多少買ったのに、
結局、今日発送だったし…。

100円程度だけど(w

142 :名無しの笛の踊り:03/10/25 18:57 ID:04JF7fjr
>>141

でも正解だったかも。
私は、午後銀座で品のいいおばさまに
在庫の最後を持っていかれ、呆然として
しまいました。
明日が日曜だというのに山野にはもう
在庫が無いそうです。銀座祭りのパレードで
至るところ通行止めで、嫌気がさして帰宅。
明日、石丸をスタートに出直します。

143 :139:03/10/26 02:41 ID:6OVY71xY
ベト後期ピアノソナタ聞きました。
昔、初出時に試聴した時は、狭い部屋に閉じ込められて
ヒッキーの妄想を聞かされてる気がして、生理的に辟易した
ものでしたが、今聞くと深く静かに心に染み込んできます。
昔は何を聞いていたのだろう。


144 :名無しの笛の踊り:03/10/27 04:38 ID:w3zi8I8N
>>143
心を揺り動かし
 心を刺し貫き
 心の奥深く沈潜し
 心を静かになぐさめ
 心を遥か遠くへ飛翔させる

こんな演奏に出会えるとは。
想像をはるかに超えた経験をしました。


145 :名無しの笛の踊り:03/10/28 22:51 ID:Iwgedr7t
DGの旧録音のLPを引っ張り出してきて(Op.106)、たまに聴いているのですが、
今度出たEMIの再録(これは当時も未聴でした…)は、かなり印象が違いますね。
ただ、己を追い詰めるかのような、尋常ならざる緊張感は、どちらも共通。
故に、その後のピアニストとしての将来に不安を抱いた人も少なくなかったはず。

実演でこんな「ハンマークラヴィーア」を聴いてしまったら、どうなるのかな?
このEMI盤は、DG盤のストイックさに加え、とうとうたるロマンの息吹が堪りません…。
素晴らしい演奏と思います。

今のエッシェンバッハに、このレベルのピアニズムは果たして可能なのでしょうか?



146 :名無しの笛の踊り:03/10/29 02:06 ID:SHX5thtC
>>145
EMIに感謝だね。
特にあの長大なOp106の3楽章、Op111の2楽章。
もう、現在のエッシェンバッハはこんなピアノは弾けない
と感じた。さて、29、30日はパリ管の「大地の歌」。

147 :146:03/10/29 02:50 ID:SHX5thtC
書きついでに
録音データを見たらこれは30代の仕事なんだね。
まだ、プファルツフィルの常任にもなってない時期。
こんな凄まじい演奏をしつつ、指揮者として、一から
始めようと多分計画し実行してたんだと思うと、飛びぬけて
タフな人間だと感じ入ってしまった。
スタジオ録音でこうだったら、実演はどんなものだったんだろう?

148 :名無しの笛の踊り:03/10/29 12:53 ID:X7YWBtD+
まだ、髪の毛のあったころのお話

149 :名無しの笛の踊り:03/10/31 10:39 ID:qvktQqiP
堪能しました。もう未CD化の音源はないのかな。
ベートーヴェン中期のソナタも聞きたくなった。

150 :名無しの笛の踊り:03/11/01 10:42 ID:JnUnkhzO
>>149
シューベルトとかまだじゃなかった?

151 :名無しの笛の踊り:03/11/01 20:17 ID:A0/MStjj
ベートーヴェン後期ソナタはお茶組にあったな。
いまひとつ手が伸びなかった。
シューベルトは「20世紀の大ピアニストシリーズ」に
イ長調ソナタ(D959)が入っている。

152 :名無しの笛の踊り:03/11/02 16:31 ID:cTDtXxD/
今週のロイヤルシート、パリ管シリーズまで見ておお、やったねと
思ったけど再放映ですた。
マーラーー6番「悲劇的」です。

153 :名無しの笛の踊り:03/11/05 22:59 ID:rKDW4MkP
今月の裏青新譜のウェーベルンと
マーラー9番の2枚組、前に出たのと
違うんでしょうか。
2002、1月、初出となっているんですが


154 :名無しの笛の踊り:03/11/05 23:52 ID:aeyz8gDY
前の裏青は2001/1/14

155 :名無しの笛の踊り:03/11/06 23:17 ID:RTwWJ7gK
今回のは2002/1/14。

前のデータが間違ってた

という可能性は?

156 :名無しの笛の踊り:03/11/07 22:30 ID:sKk49FMz
>>153-155
どうやら同じらしい。今度の分がミスっているようだ。まあ音質が上がっているはず
なので買います。

157 :名無しの笛の踊り:03/11/09 19:43 ID:WbcIlslp
>>153-156
気になったので調べてみました。
マーラーは2002/1/14・15・16とNDRと演奏しています。
2001/1/14・15は、カーターのクラリネット協奏曲とマーラー5番です。
驚いたのは2002/1月の超過密スケジュール。
12・13・14 NDR マーラー9番、他(ハンブルグ、他)
16     パリ管 デュティユー、ラヴェル、メシアン、(パリ)
17     LPO ベート−ヴェン 1・2・6番
18     LPO ベートーヴェン 4・3番
19     LPO ベートーヴェン 5・7番
20     LPO ベートーヴェン 8・9番(以上バーデンバーデン)
21     パリ管アメリカツァー  シカゴ初日
30までアメリカツァー
どこでどう、リハーサルをしたんだろう?
ツァーの後2月5日からはフィラデルフィアでした。
もちろん、1月12日以前はスケジュールは空いていましたが、
その時リハーサルをしたとか?


158 :名無しの笛の踊り:03/11/10 12:11 ID:uPPrlvoM
>驚いたのは2002/1月の超過密スケジュール。
>どこでどう、リハーサルをしたんだろう?

だから何度も言っているじゃない。
仕事入れすぎで、荒っぽいのが多いって。

159 :名無しの笛の踊り:03/11/11 23:02 ID:gs4sHagc
でも、少なくとも2つの9番は裏青で聴けるが
素晴らしい演奏だと思う。
パリ管とのラベル他もよかったみたいだし。
そのあとのアメリカツァーの出来映えはわからんけど。
今年はこんな無茶苦茶なスケジュールは無いみたいだね。

160 :名無しの笛の踊り:03/11/13 21:54 ID:dIF+jp5p
フィラデルフィア管を覗いたら、16日、パリ管とフィラデルフィア管のメンバー
によるコンサートがあるんだね。
パリ管からのヴァイオリニストは、ソロの2人ではなく千々岩さんだった。
エッシェンバッハの信頼を得てるというのは、事実なんだね。定期でソリストを
努めたというだけではなく。
でも、確かこの人はエッシェンバッハに批判的な人だとどっかで読んだような気が
するけど、ま、必要かつ充分な仕事ができればいいんでしょうね。いい仕事をしてね。

161 :名無しの笛の踊り:03/11/14 01:18 ID:+FPRlTHK
今度石丸でNDRとの青裏買おうと思うんだけど(売ってるよな)
マラは何が一番いいの?他にお勧めは有松か?

162 :名無しの笛の踊り:03/11/14 07:34 ID:k5huhqJS
>>161
石丸は3号館(とは今いってないみただけど)では奥にコーナーが
ありますね。字数が多くて地べたに踏ん張っているようなエッシェンバッハ
という字は目立ちますね(w
マーラーは1(2種類。花の章付きもあった。でもこれはNDRではなく
ユースオーケストラです。)、2、4、9番が出ています。

163 :名無しの笛の踊り:03/11/15 05:04 ID:IFQSstmH
5番も出てます。

164 :名無しの笛の踊り:03/11/19 16:04 ID:+lbgnCxX
静かですね。あげときます。

165 :名無しの笛の踊り:03/11/19 20:15 ID:GKUh78AR
エッシェンバッハってクリストフ・エッシェンバッハですか?

166 :名無しの笛の踊り:03/11/20 06:30 ID:h5bSdOli
>>165
そうですよ。
あのエッシェンバッハです。
指揮をしてもピアニスト時代と同じ。
ぶきっちょで生真面目が滑稽の域に
突入してしまほどの。
あれこれいわれてますがこんな音楽家は
今の世の中ではなかなかお目にかかれませんね。
このスタイルでデヴュー以来、40年以上生き残って
きたことは、素晴らしいというか世の中捨てたものでは
ないですね。

167 :名無しの笛の踊り:03/11/22 03:17 ID:RYnIzygx
パリ管とのブル4が出る模様
http://www.ondine.fi/index.php?page=12&PHPSESSID=708c6a9af8d066477fbb1de68546cf6d

168 :名無しの笛の踊り:03/11/23 00:21 ID:yH7EwcWA
>>166
オペラも振れないヤツが指揮者なんていえるのかな。
自信満々バイロイトに乗り込んだあげく総スカン食って一年で尻尾巻いて
逃げ出す始末。
シンフォニーだけじゃ東洋の三流国じゃ褒められてもヨーロッパじゃ通用しないよね(w


169 :名無しの笛の踊り:03/11/23 06:07 ID:yEraJXRv
>168 そういう見方もあるかもしれないが、俺としては
その失敗バイロイト聴きたかったな。今度パリ/リングは行くつもり(w。


170 :名無しの笛の踊り:03/11/23 09:05 ID:kalp1+PN
ヨーロッパではオペラ指揮者と交響曲指揮者は結構棲み分けてるの知らないの?
ところで、カーネギーホールでのパリ管公演、大成功だったみたい。
ある批評を読んだら今シーズン聴いた中で最高だと書いてあった。

171 :169:03/11/23 09:44 ID:yEraJXRv
>>170
どっちのプロ?
今年のシュレスヴィヒの指揮者陣は、ゲルギエフとビシュコフと
なっていたけれど、この連中とはやはり親しいのかな。
パリ管はビシュコフ時代からの客演が縁みたいだし、ゲルギエフ
とも交流があるし、あとお仲間はブレ−ズとか・・・・。
バイロイトの話は罵倒か揶揄か、スキャンダル的な評しか分からん
けど、いったいどういう演奏だったんだろう?ゾーテンのテンポ以外に。
聴いてきた人はいないかね。ま、昔話になっちゃうけど。

172 :名無しの笛の踊り:03/11/23 09:59 ID:1ru5dKXg
>>168
お前もその東洋の三流国の国民だろーが(w

173 :名無しの笛の踊り:03/11/23 13:16 ID:C+CjXRMa
DGのピアノ録音は、復刻されないのかな?

174 :名無しの笛の踊り:03/11/23 17:10 ID:1yKD22hD
この人が長続きしたのってヒューストンぐらい?

175 :名無しの笛の踊り:03/11/24 10:34 ID:BEKpONw5
>>171
http://www.concertonet.com/scripts/review.php?ID_review=2141

176 :名無しの笛の踊り:03/11/24 20:30 ID:TzqhjoTX
>>171
ありがとう。ここ見ればよかったんですね。
感謝です。

177 :名無しの笛の踊り:03/11/26 00:40 ID:9eIGcsgA
さっき、エッシェンバッハのホーム頁を見てたらギムナジウム卒業まで住んでいた
アーヘンでは、当時ドイツで最も若い音楽監督としてサヴァリッシュが活躍していた
ことが書かれてた。よく聴いていたらしいけどもっと詳しく。。。と思ってしまった。ただ
単に同じ国の先輩でフィラデルフィア管を受け継いだというよりは、もっとつながり
があったんだね。

178 :名無しの笛の踊り:03/11/27 07:54 ID:6XLN4eBS
ザルツのメインはマーラー5番。
ディテール克明路線を徹底してやって欲しい。

179 :名無しの笛の踊り:03/11/27 10:52 ID:69xXkwMs
ドロドロ・アンサンブル崩壊路線を徹底してやって欲しい。

180 :名無しの笛の踊り:03/11/27 14:48 ID:+LwoAuM3
パリ管だってサヴァリッシュつながりだろ?

181 :名無しの笛の踊り:03/11/28 04:02 ID:vKHbsqt+
>>177
11月のギムナジウム

182 :名無しの笛の踊り:03/11/28 15:49 ID:84U4zrGd
>>180
ただのCAMIつながり。
サヴァもエッシェンバッハもCAMIのタレント。

183 :名無しの笛の踊り:03/11/29 19:46 ID:MnCZvxxc
>>181
はは…。面白い連想したね。
でも、ピアノやヴァイオリン弾いてる写真て
何かあの雰囲気だよね。
笑っちゃいました。

184 :名無しの笛の踊り:03/11/30 01:37 ID:GBzsw1Y4
11?
11人いる!

185 :名無しの笛の踊り:03/11/30 10:08 ID:zVgB8I2T
公式Web、なかなかおもしろいね。
経歴の欄にウィーン響はなかったな。
ロンドン・フィルの首席客演指揮者だったことも初めて知った。

http://www.christoph-eschenbach.com/en/10/2/index.html

186 :名無しの笛の踊り:03/11/30 10:17 ID:peg9gHi3
この1〜2年の多忙スケジュールでも、ロンドンフィルとは
1年に1〜2回演奏している。
ベートーヴェン全曲演奏会もこことだったし。
ウィーン響とは、一時密接だったようだけどそれだけなのでは?

187 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:21 ID:iPDPa6sL
ダルバヴィのV協がでるみたいだね。
ソリストは千々岩英一。
あとの収録曲知ってる人いる?

188 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:30 ID:AYrreMj4
>>187
レーベルどこですか?

189 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:38 ID:iPDPa6sL
NAIVE.
綴りこれでよかったっけ?
「幻想交響曲」だしてたとこです。

190 :名無しの笛の踊り:03/12/02 21:44 ID:AYrreMj4
>>189
おおトンクス

191 :名無しの笛の踊り:03/12/03 22:50 ID:H+uCFv81
エッセン、千々岩さんの推薦文にコンサートマスターなんて書いてまつよ。
監督としていいのかな。正式には、副がつくんだよね。
ソリストにも起用してるし確信犯?

192 :名無しの笛の踊り:03/12/05 21:28 ID:tLJczY6w
パリ管のホール問題は今、どうなってるんですかね。
モガドールはいかにも劇場でコンサートホールではない。
結構見栄っ張りのフランスとしてはいかにもお粗末なことだけど
エッシェンバッハのいるうちにホールは確保できるのかな。
フランス方面の方たちホール問題の情報を教えて下さい。

193 :名無しの笛の踊り:03/12/05 23:50 ID:AiXYZ1Gr
結局サル・プレイエルが買い戻され公立になり、そこへ戻ります。

194 :名無しの笛の踊り:03/12/06 19:13 ID:YXpkEVNo
>>193
とりあえず、落着したのですね。
あの音楽都市の計画の中で、大ホールの建設というのは
初めからなかったんでしょうか。少し不便な場所ですが
充分可能なのに。彼等にとって芸術とは美術、映画、芝居
であって音楽は比較するとあまり関心が持たれてないようですね。
サル・プレイエルだってそんな素晴らしいホールとはいえないし
唯一のコンサートホールがあれでは・・・・

195 :名無しの笛の踊り:03/12/06 21:38 ID:AcGoHD8n
落着といっても、まだまだ予断を許さないと思います。
政権が右に渡って経済の大粛正が進行していますから。
パリ市長のドラノエにがんばってもらわねば。
ヴィレットに作る計画は相当昔からあったみたいですけど、だめですね。


196 :194:03/12/06 23:15 ID:YXpkEVNo
>>195
そんな状況なんですか。
どうせ、フランスがコンサートホールを作るなら
チュィルリ−庭園の中に斬新な建物を作ればどうかと
思ったりしてました。( w
1階部分はそのまま庭園としてデザインして2階以上が
ホールとか。
オランジュリー美術舘とカルーゼル凱旋門との中間にね。
または、リュクサンブール公園の片隅にとか。札幌のキタラ
みたいで好いんじゃないかとか、よその国のことではあるんですが
あまりにホールに関しては貧弱ですよね。

197 :名無しの笛の踊り:03/12/12 22:02 ID:vizn0jwX
The Evergreen Question - Should the Conductor Be a Conduit for
the Composer or a Prism Refracting the Music?
( And One Conductor Who Can Be Both at Once )
http://www.andante.com/article/article.cfm?id=22812&adv
1=newsletter&advtype=nlett_12.11.03_22812

面白い批評見つけた。
乏しい読解力を駆使(!)して読んだけど、フルトヴェングラー、メンゲルベルク
果ては、レオナルド ダ ヴィンチまで総動員して述べるようなもんかねとも
思った。
こんなこと書かれてパリ管もむっとするだろうね。
パリのオケがエッシェンバッハの解釈に寄与するることが出来ない 
sheer majesty of the Philadelphia Sundって?
どう訳するんでしょう。どなたか教えてください。





198 :名無しの笛の踊り:03/12/13 20:19 ID:sj45NF2v
>>196
ベルリオーズの誕生日に(政治的ですね)文化相アイヤゴンが会見。
国がサル・プレイエルに当面金を払うことが正式発表されました。しかし、国単独による
コンサート・ホール建設は見送り。パリ周辺のどこかの都市と共同での建設の可能性を
図るそうです。一方でパリにも別のホールの建設の可能性を探るよう言ってます。
結局確かなのはサル・プレイエルだけで、このままズルズルいきそうな気がしますね。

199 :名無しの笛の踊り:03/12/13 22:52 ID:xbeoQfMa
>>198
まだしばらくはモガドールなんですかね。
ダルバヴィのCDはもう出てますか。
ナイーヴのごく一部しかこちらに輸入されてないようです。
以前、ハイテリンク、エッシェンバッハのCDがあるんだからと
モーツァルトのコンサートアリア集をお店に頼んだのですが駄目でした。

200 :名無しの笛の踊り:03/12/14 08:10 ID:5gWasVjF
>>198
しばらくはモガドールですね。でもあそこは時々コメディー・ミュージカルとかやるので
その間はシャトレとかシャンゼリゼを放浪です。練習場もなんか酷いらしいですね。

ナイーヴは197でもでてるアンダンテとくっついてますます重要なレコード会社になりましたね。
アリア集はサンドリーヌ・ピオーですか?彼女は声だけじゃなく顔も体も奇麗ですね。
ダルバヴィはどうなってるか、知りません。

>>197
批評というか小論文ですね。題は要するに「トスカニーニかフルトヴェングラーか?」
意訳すると、
エッシェンバッハはフルトヴェングラー型だが、じつは誰も気づかないようなスコアの細かい
所まで尊重してたりする(ハロルドの例)。また、モーツアルトなんかでは編成を絞って
流行りの古楽っぽい演奏をしたりする。彼はトスカニーニとフルトヴェングラーの両面を
合わせ持つようなユニークな存在。パリ管で彼の意図を浸透させるのに時間がかかったが
この前の大地の歌など超名演だった。フィラデルフィア間も長い目で期待しよう。
とくにこのオケの素晴らしさを持ってすれば、唯一無二の音楽が生まれるのではないか。

201 :名無しの笛の踊り:03/12/14 08:37 ID:ESpRMrDX
>>199
あろがとう。
フィラデルフィアもこの5年でかなり気合の入った
マーラーチクルスの開始ですね。

202 :201:03/12/14 08:41 ID:ESpRMrDX
あろうがとうとはあまりでした。
ありがとうございます。
そうそう、ピオーです。

203 :名無しの笛の踊り:03/12/16 21:39 ID:r6OoiYPk
>>197
実のところ、フィラデルフィアサウンドといわれるものが、今も健在なのかと。。
著者はそれを自明の理として結論づけてるが。
サヴァリッシュとの来日では優秀なオケとは思ったけど特別の音とは感じなかった。
でも、パリ管には対抗意識が強いね。
198さん、サルプレイエルをとりあえず国営にすることであとはまた口先だけの話に
なりそうだね。オペラが圧倒的に人気のある都市だからしょうがないかもしれない。

204 :名無しの笛の踊り:03/12/20 09:03 ID:KfbXwbUW
誰もあの無慈悲な「春の祭典」聴いていないんですか・・・・・

鋭利さと冷たい情熱!何度聴いても面白い。

205 :名無しの笛の踊り:03/12/23 14:05 ID:U0u7ly9A
>204
閑古鳥が鳴いてるね。
聴きましたよ。
堪能しました。
そんなに心配、落胆せずとも大丈夫。

206 :名無しの笛の踊り:03/12/23 15:56 ID:e0ppcraZ
EN LARMESのマラ9聴いた人いる?
前のより音質良い?

207 :名無しの笛の踊り:03/12/26 20:13 ID:XNXaww3C
>>206
前の方で音質がいいはずだから買うって言う奴いなかった?
このスレ、スレタイからなんだかなあって思ってたけど
オンディ−ヌとか、ベートーヴェン後期ソナタ集とかホーム
ページとか結構教えてもらったのでありがたいと思っている
ので上げます。

208 :名無しの笛の踊り:03/12/29 22:47 ID:Rq0+tSXI
パリ管とのブル4が出るというので久々NDRとのブル4を聞きました。
やはり重低音の中じっくりと解剖されるのかな。
パリ管のブルックナー、今から楽しみです。

209 :名無しの笛の踊り:04/01/02 09:59 ID:N+ppAfp3
ブル4の04年早い時期の発売とやらが新春早々だと嬉しい

210 :名無しの笛の踊り:04/01/02 17:54 ID:NywKuUQY
でも、パリはブルックナーの伝統無いからなあ。ちょっと心配。
もうすぐマーラー三番だね。

211 :名無しの笛の踊り:04/01/02 23:51 ID:LCb+Zm/2
>>210
まぁ伝統のないヒューストンであれだけ出来た人ですから…。

212 :名無しの笛の踊り:04/01/03 08:19 ID:+zreYsTM
>>210
大丈夫と思うけど。
211さんと同意見。それに国外だと
ラヴェル、ベルリオーズが多いけど
結構ドイツ音楽はやってる。
歴代の音楽監督の顔ぶれみても
そんな懸念はないような・・・・・

213 : :04/01/05 06:35 ID:K1Arc1Oy
ほっしゅ

214 :名無しの笛の踊り:04/01/06 21:12 ID:edOz1b56
バレンボイムがさんざん演奏してただろ?

215 :名無しの笛の踊り:04/01/06 22:43 ID:wDbON4QP
だね。
それにフランスでは一番ドイツっぽいとか

216 :名無しの笛の踊り:04/01/13 23:52 ID:Gk6WEtJc
裏青だけどパリ管とのベートーヴェンなかなかよいよ。
今度出るブル4は音質もよいだろうし楽しみ

217 :名無しの笛の踊り:04/01/13 23:53 ID:kHpN4hA6
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

218 :名無しの笛の踊り:04/01/14 20:34 ID:9FD5DKaj
パリ管のマーラー3番、失速寸前まで引っ張った

演奏だったとか。

誰か聞いた人いる?

ちなみにその人は付いて行けない状態だったらしいが。

219 :名無しの笛の踊り:04/01/14 21:19 ID:9FD5DKaj
218です。

オーケストラもとか言ってたな。

こういう時こそ1番さんの出番なのに。

220 :名無しの笛の踊り:04/01/15 00:44 ID:0h/EVH+/
>>218
放送か裏青キボンヌ

221 :名無しの笛の踊り:04/01/15 08:25 ID:BFmquRrQ
何でも二時間かかったらしい。かなりの奇演かも。

222 :名無しの笛の踊り:04/01/15 11:30 ID:XKvnzzdg
>>220
放送はないみたいね。
デュサパン、シュトラウス、ドビュッシーの予定。
でも、パリ管の裏青は
ベートーヴェン祭とかヴィーン芸術週間のものとか
みなドイツ語圏の放送が音源みたいですね。
提供者にフランスの人はいないんでしょうか。

223 :名無しの笛の踊り:04/01/15 13:18 ID:abhANQTK
今年から始まるフィラデルフィアとの全曲演奏シリーズの第一弾が
マラ3.2月19日−23日で、23日はカーネギー・ホール。
詳しくはフィラデルフィアHPのMahler's Worldのサイトで。

http://www.philorch.org/styles/poa02e/www/index2.html

正式録音されるとよいのだが。
ちなみにこれまでの最長はホーレンシュタイン/ロンドン?

224 :名無しの笛の踊り:04/01/17 19:32 ID:K1WaUl3X
>>223
アメリカでは1時間半ぐらいでまとめちゃったりってのもありかな。
いろんな解釈の可能性をその都度確認しながら練り直す人らしいから。

225 :名無しの笛の踊り:04/01/20 02:45 ID:8x/xYpex
>>223

今たまたま短期でNY在住なので、そのマラ3は見逃せないところですね。

226 :名無しの笛の踊り:04/01/20 10:11 ID:GW4nt2Hb
>>223
わー、いいなぁ、うらやましいなぁ。
聴いたら感想聞かせて丁髷。
何分ぐらいかかったかも、お願いし松。

227 :名無しの笛の踊り:04/01/20 10:16 ID:GW4nt2Hb
ご免! まちがえました
  × >>223 →  ○ >>226
わー、いいなぁ、うらやましいなぁ。
聴いたら感想聞かせて丁髷。
何分ぐらいかかったかも、お願いし松。


228 :名無しの笛の踊り:04/01/20 10:27 ID:GW4nt2Hb
ご免!またまちがえました
  × >>223 >>226 →  ○ >>225
わー、いいなぁ、うらやましいなぁ。
聴いたら感想聞かせて丁髷。
何分ぐらいかかったかも、お願いし松。

229 :名無しの笛の踊り:04/01/22 17:04 ID:/NsqgjXY
今日はパリ管で嘆きの歌だね

230 :名無しの笛の踊り:04/01/22 20:58 ID:ohzT3We4
ヘンシュルだっけ?
ゲルネはフィラ管?

231 :名無しの笛の踊り:04/01/23 20:29 ID:sg87jJQ0
フィラデルフィアはもう来季の発表がされたね。
日本公演にマーラーが含まれるとすれば、5番か9番。

232 :名無しの笛の踊り:04/01/26 20:47 ID:nQCZ4uRc
青裏マラ9、既出盤との音質比較をお願いします。

233 :名無しの笛の踊り:04/01/27 07:02 ID:hr7elGii
>>229
凄く深い演奏でしたよ。
特にべりオ。
現代音楽を聴いてあれほど心に染み入る演奏を
経験したことがありません。
もちろん「嘆きの歌」もよかった。でも当日の
ハイライトはべりオだったと思います。
終了後も深い静寂に包まれ、それすら聞き手の
参加する演奏の続きのようでした。

234 :名無しの笛の踊り:04/01/27 09:25 ID:j/3BBVni
233さんはちょっと勘違いしてると思う。
あの静寂は曲の終了後のものではなく、曲の最後部だよ。
恐らく、最後の小節が全休符で占められなおかつフェルマータ付と思われます。
それ自体は、特にベリオ特有なものではないけど、長さは尋常じゃなかったよね。
別に皆が感動のあまり拍手も出来なかったとかじゃない。
「演奏の続きのよう」ではなく、演奏そのもの(例え音が鳴っていなくても)ですよ。
静寂の具体的な長さは、指揮者=エッシェンバッハが決めて指示を出してたじゃないですか。

235 :名無しの笛の踊り:04/01/28 07:43 ID:iHZW1KmP
>>234
ありがとうございました。
「演奏中」だったんですね。
5曲目に至って心が揺さぶられ続けました。
自分としては静寂を強いられた感覚はありません。
べりオを聞いて翌日もっと他の作品を知りたいと
CD屋にいくくらいのインパクトがありました。
たまたま同じ演奏を聞かれてあなたはどのように
お感じになりましたか?
普段は首席奏者たちの妙技に感嘆することがあっても
今回は、パリ管の弦楽器群が素晴らしいと思いました。
これもこの演奏会へ行ってよかったことのひとつです。

236 :名無しの笛の踊り:04/01/28 08:04 ID:ePKMcTW7
別人ですが、ベリオは素晴らしかったですね。
作曲時、すでに病と闘い苦しんでいたとしか考えられない重さでしたね。
初日を聴きましたが、最後の静寂は一分はあったんじゃないでしょうか。
本当にベリオの指示なのですか?だとしても今後再現するのは難しいでしょうね。

237 :名無しの笛の踊り:04/01/29 19:39 ID:arsnQFWc
パリ管、そろそろ来てもいい頃だと思うんだけど・・・
本拠地では随分斬新な(・・・と思ってしまう。)プロを
組むんですね。来日公演だといつも「幻想」とか「ダフニスとクロエ」
とかばっかり。でも、エッシェンバッハだったら聞きたいなどと言ってるから
いつも同じプログラムになっちゃうのかな。
ダルバビィ、べりオ、ピンチャー等など聞いてみたい。
パリへ行かないと無理かなぁ。

238 :223:04/02/01 12:55 ID:zExFG5Bv
>>226
来月が待ち遠しいとこですが、ちなみにフィラデルフィアはこのあいだは
ラトル指揮でもカーネギーでやって(プログラムは「トリスタン」前奏曲、
ヘンツェ交響曲10番、ブラームス交響曲2番)、10ドルでチケット売って
たので見てきました。

ブラームスはテンポやダイナミックレンジにいかにもなアクがあって
でもそれが決まってて求心力のある演奏で良かった。

239 :名無しの笛の踊り:04/02/02 10:03 ID:nf6UDxaU
>>238
ニューヨークでは、フィラデルフィア/ラトル
ニューヨークフィル/ムーティでブラームス2番の
競演があったみたいですね
いろいろ読むと2人の演奏の特徴は一致して同意見なのに
オーケストラは、フィラ管が俄然精緻だと言う意見やら
ニューヨークフィルの方がずっと上手いと言う人やら。
238さんはこの比較の誘惑には乗らなかったのですか?

240 :238:04/02/02 10:30 ID:tpbUHTtG
>239
NYPOとムーティーの2番はうっかり気が付きませんでした・・。
NYPOとフィラデルフィアどっちが上手いかってのは難しい問題ですな。
(日によって波があるもんだし)
私が聴いたフィラデルフィアは他にはエッシェンバッハのトォーランガリア
交響曲なので、NYPOの平均よりはやはり精緻であったような気もしますが。
そういや前はNYPOの弦って良くも悪くもザクッザクッとした感触だった
ような気がしますけど、マゼールが振り出してちょっと滑らかな感じ
になってるかも。

ところでシカゴ響って意外とNYに来てくれないのですよね・・ここで
聴いてみたいのですけどねえ。いわゆる5大オケの他のとか
サンフランシスコ響などはこっちに来てくれるのだけど。




241 :名無しの笛の踊り:04/02/02 10:45 ID:tpbUHTtG
スレ違いの話題を申し訳ないのですが・・・

2月のカーネギーどれを行こうと悶絶してて、NYフィルの予定表見るの
をすっかり忘れていました↓
http://www.carnegiehall.org/CalendarServlet

242 :239:04/02/02 11:13 ID:nf6UDxaU
>>241
別にこのスレは少しエッシェンバッハにかすってればいいんではと
勝手に思ってます。
悶絶の結果を教えてください。

243 :241:04/02/02 12:22 ID:gCV7xk21
>242

スレの趣旨から云うとまず23日のフィラデルフィア+エッシェンバッハの
マーラー3番は行きますわねー。
「日本ではチケットとれないから勿体無い病」でウィーンフィル3日とも
行くことにして。コンセルトヘボウもチャイコの4番など実は好きだった
りするので多分2日行って、それからクリーブランド管+ブーレーズで
「パルジファル」2幕演奏会形式も多分行って・・・内田光子のはどうし
ようかなあ?

近くでは2月3日のロシア国立管のショスタコ「革命」とバルトークのピアノ協3番
は学生券が出ないかなあ〜と期待してます。2月のロシアモノといえば
メトロポリタンオペラの「スペードの女王」と「ボリス・ゴドゥノフ」もしょうが
ないから行くだろうし・・。

というのが悶絶の内容です。

244 :239:04/02/02 13:04 ID:nf6UDxaU
やはり、カーネギーのコンサートは悶絶の目白押しですね。
私だったら、17日、24日は逃せない所です。
ウィーンフィル1〜2回削っても。でも人それぞれですからね。

245 :名無しの笛の踊り:04/02/02 13:37 ID:lfs0O97j
このスレ初カキコ。

あの神経質なショパンの前奏曲集が好きでなあ。

246 :名無しの笛の踊り:04/02/03 05:53 ID:/Qs5L3LG
>>243
ふ〜む、うらやましいばかりの悶絶ぶりですねw
再来月で79歳になるブーレーズは行っといたほうがいいんじゃない?
まだまだ元気だけど、やはりそんな年令になるのでは、そうそう
何度もクリーブランドと、なんてないでしょ。う〜いいなあ、243さん。

247 :名無しの笛の踊り:04/02/03 06:52 ID:XsysFJ5j
>>245
またどうぞ。あのショパンよいね。
でも胸苦しくなって悪い夢みそうになる。
243さん、いいなあ。レポートお願いします。

248 :名無しの笛の踊り:04/02/03 09:55 ID:EMfMx9la
エッシェンバッハただの下手糞指揮者
おれはパリ在住
さんざん聞いたのだ
氏ねへたくそハゲ指揮者

249 :名無しの笛の踊り:04/02/03 12:22 ID:pN6a4LNr
>>248
幻想交響曲聴いた?
衛星でやってたんだが、あれは凄いと思ったけどねぇ。

250 :名無しの笛の踊り:04/02/03 13:20 ID:k9KYxiOV
>>248
では、誰が良いと感じた?

251 :名無しの笛の踊り:04/02/03 23:03 ID:Kd3Kjj7i
>>248は佐渡裕が好き。


252 :248:04/02/04 08:07 ID:819aKk12
チョン・ミョンフン
ちなみにマズーアもクソ
佐渡裕は聞いたことない
そもそもラムルーは年に6回くらいしか公演がない

253 :名無しの笛の踊り:04/02/04 08:36 ID:ikFU+MBU
結論だけ書かないで何聴いてどう糞だったかも教えてよ。
それも貴重な情報。ベリオは聴いたの?

254 :名無しの笛の踊り:04/02/04 08:52 ID:g2JrjdBy
>>253
>>248にそういうことがちゃんと説明できるどうか。。w

だって
 
 >おれはパリ在住
  さんざん聞いたのだ
 
ということを根拠にして

 >氏ねへたくそハゲ指揮者
っていう結論を正当だと思ってるみたいだしw

ただ、もしか248が去年度までのコンサートしか聴いてなくて物足りない
というのなら、多少は仕方ないかもしれない。

255 :248:04/02/04 09:23 ID:819aKk12
何をもクソもこのハゲにはパートバランスと言う概念がない
パリ管が見事にちんどん屋の様に鳴るのには驚かされる
まあもともとパリ管はフランス国立やラジオフランスに比べれば
アンサンブルは粗いのは確かだけれど

256 :名無しの笛の踊り:04/02/04 13:43 ID:RhQeIWCr
>>252
ミュンフンが良いのは認めるけど、少なくとも日本での公演は、90年代
後半と比べて勢いがなくなっているように感じる。キレた部分が徐々に
なくなって、冷静なお仕事になっているというのかな。

マズアはたいして聴いていないけど、録音と違ってかなり勝手なことを
やったブルックナーとかは面白かった。4月の来日公演でブラームスを
取り上げるので、安いチケットを買って行ってみるつもり。

エッシェンバッハの演奏にはかなり当たり外れがあると感じた。「新世界」
あたりは変化に富んでいて面白かったけど、ダメな日は全然つまらない。

257 :名無しの笛の踊り:04/02/05 08:56 ID:logwUjlB
カーネギーホールの次シーズンの定期購読申し込み用のパンフ
がさっき届きました。

フィラデルフィア+エッシェンバッハのマーラーシリーズですが
2004年11月23日にマーラー5番
2005年1月11日にマーラー9番という予定になっていました。
この他にパルジファル3幕演奏会形式の日があったりなので
全4回のフィラデルフィアシリーズを定期購読することにしようかな。
(ちなみに後の1回はデュトワ+アルヘリッチ)

マーラーといえばやっと念願のシカゴ響が来て、バッハ管弦楽組曲2番+
マーラー9番というプログラム(2005年5月13日、、この時期までいるかは
微妙だけど粘ろうと思いました)。

258 :257:04/02/05 11:07 ID:BnCdzS8/
そういや次シーズンのオープニングコンサートも
フィラデルフィア+エッシェンバッハで、オール・Rシュトラウスプログラム
となってますね。
「ドン・ジュアン」、「4つの最後の歌」、「ドン・キホーテ」
ルネ・フレミングとヨーヨーマも出るし、豪華ですね。

公演終了後のディナー付きチケットは1000〜2500ドル
(なんか知らんけどテーブルごとってのが10000〜50000ドルだって笑)
 

259 :名無しの笛の踊り:04/02/06 00:49 ID:gWgh/qmz
>>257
ゴージャスのてんこもり! 何もフレミングとヨーヨーマを並べなくてもねえ。
この前のカーネギーのスケジュール表でもレヴァインが伴奏するシューベルト
の歌曲の日の歌手の顔ぶれといったら。。。。
テノールは失念したけどオッタ−、フレミング、パぺの名前があったような。
誰か1人で充分というものでしょう。こういうのがアメリカ的なのかな。
ちなみにフィラデルフィアのカーネギー公演のその通し券はいくらぐらいなの
ですか
でも、マーラーの全曲演奏のレパートリー化も、定期で3〜4回してカーネギーで
1回、ツァーで5〜6回したら万々だね。同じ曲を何回も演奏するチャンスがある
オーケストラは恵まれてるよね。

260 :名無しの笛の踊り:04/02/06 10:35 ID:0hP4hHQj
>259
そうなんですよね、これみよがしな豪華さがアメリカなんでしょう。

レヴァイン伴奏のシューベルトねえ、レヴァイン余り好きでないし、まして
シューベルトって感じでないから・・・どうせ混んでるのを無理してって
気分なのです。

フィラデルフィアの4回セットは平土間中央部で365ドル、最上階の
バルコニー前列で134ドル、、私はそのあいだの2nd Tier=269ドル
を申し込もうと思ってます(上からの各奏者が見える席が好きだし)。

マーラーといえばレヴァイン余り好きではないけど来シーズン、ボストン響で
「千人の交響曲」をする予定なので、それに行ったら赴任中にマーラー
の交響曲を「生で一通り」も夢ではなくなりました。あとは4番がネック。

261 :名無しの笛の踊り:04/02/06 20:52 ID:l+6pIe1M
http://www.hmv.co.jp/news/newsDetail.asp?newsnum=402060007&category=1&genre=700&style=0&pagenum=1

262 :名無しの笛の踊り:04/02/07 01:48 ID:Zt0VuOad
エニグマの裏青、良かったわ.

263 :名無しの笛の踊り:04/02/07 09:46 ID:gWZ4pRws
>>260
わー、いいなぁ、うらやましいなぁ。
Levineの第8、聴いたら感想聞かせて丁髷。
お願いし松。

264 :名無しの笛の踊り:04/02/07 10:48 ID:owGjNpdx
>>261
いつも最新のニュース、感謝感謝。
この前のパリ管から次のNDRまで
随分時間がありそうだけどレコーディング
だったら嬉しいね。この4番も去年の今頃の
ライブだね。するともう1枚ぐらいライブ
収録済みも有り得るねとか限りなく妄想して
しまう。
260さん、カーネギーのオープンコンサートは
テレビ放映されるんですね、アメリカの番組は
NHKはそんなにしないからこちらでは無理かも。

265 :名無しの笛の踊り:04/02/08 23:07 ID:LbGsvHQu
http://www.orchestredeparis.com/
デュサパンの新譜出るね

266 :名無しの笛の踊り:04/02/09 03:00 ID:/rkBBBW+
エッシェンバッハを聴くCDではなかったです。デュサパンとペースが主役。
ヒンヤリとした色気のあるなかなかの名曲名演だとおもいました。
DVD付きですが、こちらもピアノソロの映像の方が断然面白い。
絵書きのオネイサンきれいだし。

267 :名無しの笛の踊り:04/02/10 23:34 ID:8DUMIoU5
ここの皆ってデュサパンみたいなのが好きなの?

268 :名無しの笛の踊り:04/02/11 02:06 ID:bAbkB/bu
わたしはラッヘンマンが好き。

269 :sage:04/02/11 06:28 ID:dwo08u9u
シカゴリリークの布陣は最強ですね。
バレンボイムの館での、ツィンマーマンと
ラヴェルのオペラって何なんだろう。
うとくて、「兵士」とか「スペイン」
「子供と魔法」ぐらいしか思い浮かばない。

270 :名無しの笛の踊り:04/02/11 08:34 ID:hMlI1teX
>>268
ああ、なんかそっちのほうが共感もてるな。
残念ながら最近はあまり、ラッヘンマン聴く機会に恵まれないけども。

271 :名無しの笛の踊り:04/02/11 10:11 ID:F4JKO+Sm
>>248=>>252=>>255

チョン・ミュンフンが良いのは同意。
そしてマズーアがクソなのも同意。
佐渡の指揮は(大)嫌いですが 
エッシェンバッハはまあまあ良いかと。

フランス国立は緊張感のない音出すし
しょっちゅう金管が音を外すので 
もうあそこのコンサートには行きません。

パリ管は管楽器がいいので(特に金管)
個人的には安心して聴くことができます。

272 :名無しの笛の踊り:04/02/13 05:47 ID:H21D/YvL
指揮とは直接関係ないけれど、コンセルヴァトワール・ド・パリの学生の
コンサートがなかなかよい。彼等のレベルは非常に高く感じます。
この間はベリオの曲を数曲、今日はピアニストのみのコンサートで
リストの巡礼の年でした。しかも無料!お薦めです。
以前のパリ管にはこういうプログラムなかったもんな。
これもエッシェンバッハのおかげかな?

273 :名無しの笛の踊り:04/02/13 06:22 ID:CNUKbbrr
べりオといえば、フィラデルフィアでも「偉大な作曲家の晩年の作品シリーズ」
でも取り上げるようですね。一昨年の秋ごろ、パリ管のホール、練習場問題で
コンサートをキャンセルして抗議行動をした時がありましたね。あの時誰かが
べりオの新作を予定していたとか報告してくれたんだけど。
それがこの作品なんでしょうか?
べりオは昨年五月に亡くなり今年パリ管によって初演されたという説明文が
ありました。
もしかして予定どおり初演されていれば、
べりオも聴くことができたんでしょうか?

274 :名無しの笛の踊り:04/02/13 08:55 ID:HoQnVA3B
ベリオは三月にシテでも特集なのに自ら目にする事なく逝ってしまいましたね。
ところで、モルクのアンコールの曲は何ですか?素晴らしかった。

275 :名無しの笛の踊り:04/02/13 09:18 ID:HoQnVA3B
そうそう、パリ管から手紙が来ましたが、2005年4月にエッシェンバッハと来日との事です。

276 :名無しの笛の踊り:04/02/13 09:26 ID:tFnbnOxm
>>273
その「誰か」が私だったりして と本気で思ってみたりして。
まあいい。

ベリオに関してですが 昨年の秋に新作発表予定だったもの(Stanze)が
1月22日、23日に新作として発表されたものです。

ちなみに昨年の秋 ベリオの新作を聴くためにチケットとってたのですが
コンサートのちょっと前に「ベリオの曲はやらずに ○○をやる」という手紙がきて
非常に残念に思った記憶があります。

なので パリ管の抗議行動の問題がなかったとしても ベリオは聴くことがなかったのでは?


277 :名無しの笛の踊り:04/02/14 00:00 ID:o7KhJATj
>>274
>ベリオは三月にシテでも特集なのに自ら目にする事なく逝ってしまいましたね。
うん、シテでのリゲティ&マーラー特集の真っ最中、リゲティの誕生日の前日にね。
かなりウワーンつД`)・゚・。・ってオモタよ。。
今年のプログラム、あの時もう出てたなあ。それによると三月の特集期間中の座談会
にも招待されてたのにねえ。。

278 :273:04/02/14 00:31 ID:NjqjVzsn
<<276
そうですか、去年だったのですね。
私の勘違いでした。それではもともと
彼は聴く時間を与えられなかったのですね。
ところでNDRとの裏青の「幻想交響曲」を
聴いて驚いてしまいました。あますことなく
表現することへの強暴とすら思えるような
熱狂。パリ管の洗練された演奏とは対極に位置
します。例えは悪いけどこの曲を人間の身体に
みたてたら、鋭利なメスでス−ッと切り開き
全ての臓器の色、形を見せかつその拍動を感じ
させるような演奏。ドイツ表現主義の絵画のような。
ヴァントの時もそうでしたがこのオケは時折ひたすら
献身的としかいいようのない演奏をしますね。
ソロだってパリ管の方がうまいしセンスもいいのですが
あのザラッとした音の感触と肺腑をえぐるような鋭い
音色には独特のものがあります。

279 :276:04/02/14 08:00 ID:z9ovdsWB
>>273=>>276
ごめんなさい 間違えました。
もともと ベリオの新作は
2002年の秋にやる予定だったので
正確には「一昨年の秋」ですね。

2002-2003シーズン、2003-2004シーズンと考えながら書き込みしてしまったので
勘違いしてしまいました。


280 :273:04/02/14 09:55 ID:NjqjVzsn
納得しました。
先日以来のべりオの書きこみとフィラデルフィア管の
来シーズン予定表をみて少し感じたことからたずねて
みたのです。
 フィラデルフィアではこの経営困難な状況下で、音楽監督
オケ団員、招聘指揮者、ソリスト全員に報酬の1割カットを
要請しているという記事を読みました。
ここからは私の単なる想像に過ぎませんが、その中で、あえて
晩年の作品と銘打ったシリーズの中にべりオがあったことから
経費もかかるこの曲をなぜ?という疑問が沸いたからでした。
おそらく、このオケの現状からは最大限現代曲の演奏が締占める
割合が高いのではないかと。その上あえてプログラムに組むのは、
生前に聴いてもらいたかったという思いも強いのではないかなと
感じた次第です。

281 :名無しの笛の踊り:04/02/14 16:50 ID:v3+5ZiJD
パリの花月っていうサイトの主の趣味の悪さには目を覆いたくなるね。
だいたい今週のモルクのどこが良かったのか。耳ほじくって出直してもらいたいね。
いい加減な情報が多いレポートも自粛お願いしたいもんですなあ

282 :名無しの笛の踊り:04/02/14 20:56 ID:FSvP692R
そのコンサートのレビュー見つけたんだけどフラ語でわからん。
誰か訳して。
http://www.concertonet.com/scripts/review.php?ID_review=2287

283 :名無しの笛の踊り:04/02/15 18:19 ID:V6dt2A15
>>275
ほんと?
すると05年は4月パリ管、5月フィラ管ということになるね
ソリストがエマール、テツラフ、モルク、だったらうれしい
フィラ管はシャハムの悪寒。。。。。

284 :名無しの笛の踊り:04/02/15 20:06 ID:hANrKnWZ
来シーズンはベートーヴェンとメンデルスゾーンの交響曲全曲演奏が目玉。
さらに来日直前の二月と三月はブラームス祭りとあります。
なんかマズアの後追ってますね。

90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)